2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

日々の出来事

2019年7月11日 (木)

Wedge 漂流する部長課長②

前回のブログはこちら 漂流する部長課長①

http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2019/07/post-c433a3.html


前回のブログの最後に若者に蔓延しているある考え方、で終わってました。


まず、その考え方を話す前に・・・ 40代、50代、またはそれ以上のシニアの方には、どのような心構えが必要になってくるかを考察します。


・キャリアと働き方を作り直す覚悟が求められている

40代、50代の方にとっても、これからのキャリアは現役労働者と同じように多様化してくると思います。

どのキャリアを取るにしても、同じ企業で働く場合であっても、社外で働く場合であっても、キャリアを転換することは

「自分の能力の売り方を変える」


つまり、何ができるかを考える、重要な事は2つあります。

①これまで経験した事が、そのまま活かせる場を見つけることは難しい事をある程度理解しておく事

②企業、あるいは労働市場の人材ニーズをみながら蓄積してきた能力のどの部分を活かせるかを見極める事

40代、50代、シニア労働者は「何ができるか」を考える必要が出てきますし、会社の中での役割を明確にする事も必要になってくるでしょう。最初に40代、50代のキャリアについて


・やりたい事とできる事は違う

「やりたい事を仕事にしよう!」 「好きな事を仕事にしよう!」

最近、この手のセミナーが多い気がします。参加している人も、シニアよりも若い人たちが多いです。

好きな事を仕事にすることは、大変素敵な事です。特に、若い人たちに言いたいのは「やりたい事」「好きな事」も大事ですが、「できる事」自分には何ができるのかを考えてほしいのです。私の素質論アドバイスで、学生の就職相談を受けることもありますが、同様の事を話すようにしています。先にも書いたように40代、50代、シニアの人も「できる事」を考えて・・・いや考え抜いてほしいです。

「やりたい事」「好きな事」だけで、仕事になるまでは時間がかかります。だからこそ、自分にできる事も考えてほしいのです。いくら好きで始めた仕事でも嫌いになってしまう瞬間もあります。せっかくの好きな仕事が嫌いになってしまっては、元も子もありませんよね。しかし、ビジネスでは、そのような事だって十分起こり得るのです。

まだ、若くて人生経験もない人達が「やりたい事を仕事に」「好きな事を仕事に」何となく得体の知れないキラキラ感に惑わされてほしくないですし、自分を見失ってはいけないと思ってます。もう1度言いますが

「好きな仕事でも嫌いになる瞬間は必ず訪れます」


それでも「やりたい事を仕事に」「好きな事を仕事に」しますか? できますか? 覚悟がある人なら大丈夫でしょう。

今、あなたが始めようとしているやりたい事、好きな事は10年間無報酬でも続けられるくらい情熱を持って取り組めることなら大丈夫です。お金は後からついてきます。

2019年7月 4日 (木)

Wedge 漂流する部長課長①

Cimg0468  

Wedge、タイトルを見たときに思う事がありましたので、立ち読みで済ませていました。でも、何か引っかかたんですね。気になってしょうがなかった。

翌日、立ち読みした本屋さんに寄って購入しました。改めて記事を読むと、明日は我が身と言いましょうか。5年後、10年後の世の中になるのか、わかりませんが、40代、50代の働き方の未来予想になるかもしれないなと思いました。まずは、見ていただきたいデータがあります。それは、大手企業で進む中高年社員のリストラです。


2018年7月 大正製薬 勤続10年以上の40歳以上の正社員が948人
2018年10月 NEC 45歳以上の勤続5年以上の正社員が2170人
2018年10月 富士通 45歳以上の正社員が2850人
2018年12月 エーザイ 勤続5年以上の45歳以上の正社員が300人
2019年2月 カシオ計算機 勤続10年以上の45歳以上の社員と50歳以上管理職が156人
2019年2月 ルネサスエレクトロニクス 35歳以上の社員が最大で900人

人数はあくまでも応募者数となっていますが、いやあ~ 人手不足と叫んでおきながら、生涯現役社会と謳っておきながら、中高年のリストラを着々と進める大手企業。確かに、高齢社員を雇い続けることで、給料、社会保険料の事業主負担も増加し、コスト負担が大きくなります。

そして、データからもわかるように、肝心の企業に受け入れる体力がなければ、生涯現役社会なんて実現はしません。

「経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っている」中西宏明・経団連会長の言葉は偽らざる本音だろう← Wedgeの記事をそのまま引用。

終身雇用というシステムがあったからこそ、社員一人一人が能力を上げ、会社のために奉公し、若い人も安心して働くことができました。しかし、上記のデータをみた20代、30代の若者が会社にずっといたいと思えるでしょうか?

私は、思えないと思います。


そして、20代、30代の若者の間に蔓延しているある考え方、私はこの考え方に対し、非常に危惧しています。

漂流する部長課長②へ続く




2019年5月31日 (金)

ウイルス人間


まだ、半年先の話しですが、冬前になると多くの方がインフルエンザの予防接種を受けると思います。ワクチンを打ち、免疫体を作ることによってインフルエンザウイルスから守るわけです。ちなみに、私は予防接種はしません。手洗いとうがいのみです。


人間関係にもインフルエンザとまでは言いませんが、中にはウイルスのような人間もいます。では、どんな人間かと言えば、例えば仏教でいう「貪」「瞋」「癡」この3つを三毒と言ってますが、その三毒が多い人です。(人間は、誰しもが三毒は持っています。健全な人は、三毒が少ない人です)

「貪」 欲張りな人

「瞋」 自己中心的な人

「癡」 実体のないものを真実のように思い込む人

このほかに挙げるとするならば

・人の人脈を平気で奪う人

・あなたにいつもピンチを持ってくる人

・暗い人

・教わるばかりで与えない人

う~ん、まだほかにもありそうな気がしますが、皆さんの中で色々な価値観、経験側もあると思いますし、ここで挙げた事以外にも出てくると思います。


私は、このような人達を一括りに「ウイルス人間」と呼んでいます。不用意に接すると、こちらがウイルスに感染してしまいます。なぜか、わかりませんがウイルスに感染されるとピンチにさらされる事が多くなるのです。

さらにあなたがウイルスに感染してしまうと、あなたの周りにいる人達にもウイルスが感染していきます。

もしかして、私感染してるかも・・・と思った方、まずすることは、自分にウイルスを持ってくる人間との関係を責任を持って断ち切り、自分から親しい人間にウイルス感染させないことにも責任を持ちましょう。


ウイルス人間と付き合ってもいいのは、あなたがワクチンを持っている場合だけです。素質論でアドバイスする時も、対象者がウイルス人間ではアドバイスが役に立たない事もあります。むしろ、そのような人と付き合うなら、関係性を断ち切った方がいい場合もあります。どうしても付き合わなければならない場合は、自分の人脈や立場が被害を受けないように付き合いをすることは可能です。


素質論でその人がウイルス人間かどうかまで判断はできません。私も生年月日だけで人を視るのではなく、会った時の印象や話した時の会話の感覚、相手の表情など、素質論以外の要素も大事にして、たくさんの人と会っていこうと思います。

2019年5月22日 (水)

A≠B

A=Bの打ち間違えではありません。


①「あなたは気が利かないから、営業に向いていない」
②「押しが弱いから、お客様が振り向かない」

前の会社で、営業をしていた時に、部長から言われた言葉です。当時はかなりへこみましたし、気が利かない事に対して後ろめたい気持ちが強くなって、人と会うのが段々と億劫になりましたし、その事を気にし過ぎて、人に会う事に対しての不安も感じるようになってしまいました。

今は、全然平気で一人でもパーティーや異業種交流会に行ってしまうくらいです。

では、どのように克服したのか?

克服・・・ 克服とは言い難いかもしれません。実は、これはトリックがあります。


トリックの種・・・ いきなり答えちゃいますけどね。


     「気が利かない」   「営業に向いていない」

この2つの別々の要素があたかも同じ意味にとられるように結合されてしまっている事です。


脳の性質の中に「歪曲」というのがあります。歪曲とは物事に因果関係や前提を勝手につけて、自分なりの解釈でものごとを考えてしまう事です。では①、②の文で考える自分なりとは「当時の部長」ですよね。部長の解釈も歪曲であって、その歪曲をそのまま受け入れてしまった私。だから、当時の私は気持ちが滅入ってしまったのだろう。

皆さん、冷静に考えて下さい。気が利かない事が、必ずしも営業に向かない、そんな事はないですよね。無論、気が利いたほうがいいですよ。しかし、必ずとは言えないですよね。気が利いた方が交渉時に若干、有利になるくらいです。

特に②の文に関しては、押しが弱くてもお客様が振り向いてくれる人いますし、押しが弱い、押しなんかしなくてもたくさん集客してる人もいますよね。そこら中にいるじゃないですか!だから、②なんて完全な歪曲と言えてしまうわけです。推定有罪ではなくて、完全有罪のレベルです(笑)


歪曲は、中立でいい悪いはありません。また、自分が何をどのように歪曲するか、してしまうかにもよります。普段の生活や仕事の中でも、今の表現、言い方は歪曲してないか?と思ったら

「どうして、AがBを意味するのか?」

と問いかけてみて下さい。AとBの相関性があるかないかに気づくための問いかけでもあります。

悪い言葉のトリックで、自らの可能性や素質が封じ込まれてしまう、こんな勿体ない事はありません。

2019年5月 4日 (土)

平成から令和

令和になって4日目。令和になって初のブログです。

私が平成の時代に積み上げてきた素質論(今でも積みかさねていますが)を少しずつではありますが、令和仕様に変えていこうと思います。

今までの素質論講座は、使用するテキストの重要な箇所、これはテキストには書いていないが知っておくと、日常生活ではかなり役に立つ事を話してきました。もちろん、それは続けてきます。


そして、プラスアルファとして、皆さんの日常生活の事もそうですが、例えば営業・接客に関して、このタイプならではの気をつける事、恋愛では、○○のようにしたら上手くいく、または○○のような愛情表現を求めているなど、もう一歩踏み込んで講座をしてみようと思います。これが冒頭に書いた令和仕様です。

営業・接客業の方のみを対象にした素質論講座。

恋愛では、もっと恋愛の事を知りたい、婚活事業者や婚活のアドバイザーの方だけを対象にした素質論講座。

ご家族が円満に、お子様が伸び伸びと自分の力を発揮できるための素質論講座。


カテゴリー別に分けての素質論講座もしてみたいなと思っております。今年も秋に素質論講座を開催する予定ですので、ご興味のある方は声かけて下さい。

2019年4月 6日 (土)

似て非なり

似て非なり


ちょっと見た限りでは、似ているが、実際は全く違う事。

素質論を勉強したり、日常生活で活用し続けていると、似て非なりの場面によく遭遇します。素質論においては何が似て非なりなのか?

それは一見すると行動が似ていても、心の中では全く違う事を考えていたり、心理が全く逆であったりすることがあります。これは、素質論を勉強した方、私の素質論アドバイスを受けた事がある方ならご存知かと思います。


一言で言ってしまえば「その方が生まれつき持っている価値観の違い」です。生まれつき持っている価値観の違いが、その時の行動、言葉の選び方が変わってくるからです。

先日、こんな事がありました。


ここは、私も何度か参加している朝活なんですね。改めて参加者の皆様に、話をうかがうと

「幹事の方がガツガツと営業らしい事をしないので、私たちも参加しやすい」
「幹事さんの物腰が低いので、みんなが気軽に話せる雰囲気を作ってくれている」

など、好意的な意見がほとんどでした。

私も何度か参加してますが、確かにそうです。確かに・・・ 皆さんの言ってる通り、そう見えるんです。


この朝活は、幹事さんが二人います。偶然にも幹事さんの生年月日を知る機会がありまして、二人の素質を調べたらお一人は、皆さんが思っている通りで、物腰が低くて自分の事よりも、相手を立てたり、相手の事を考えて、相手の気持ちを優先していていく、そんな人です。

もう一人の素質を調べたら、朝活や交流会のように、人が集まる場は少々苦手という方です。この人の心理を考えると、ちょっと切なく聞こえてしまうかもしれませんが、人が集まる場が少々苦手なので、敢えて隅の席に座り、自分からあまり言葉を発せず、雰囲気作りに徹したのではないか、と私は考えています。


  「物腰が低くて自分の事より相手を立てた」    「人が集まる場が苦手なので、自分からはあまり言葉を発しないようにしてた」


傍から見ますと、二人とも隅の席に座り、営業らしい事もせず、皆さんが話しやすい雰囲気を、初めての方でもまた参加したくなるような雰囲気を作ってくれているのです。同じように見えるんですよ。カッコ内を比較すると、全然深層が違いますよね。


このような違いは大事ですよね。微妙な違いではありますが、営業のポイント、接客のポイントになる事もあります。

4月は、歓送迎会のシーズンでもありますし、多くの人と会いやすい季節でもあります。日常の人間関係を注意深く見ていくと、思いもよらない発見があるかもしれません。

2019年3月30日 (土)

覚醒①

人間は覚醒してくると、物事を覚えるスピードが格段に速くなったり、出来なかったことが急にできるようになったり、通常では考えられないくらいの速さで、進化や飛躍をします。

今年度、最後のブログなので、今回は自らの体験を基にした覚醒した瞬間の話しをしようと思います。素質論を勉強して覚醒した事がたくさんありますが、一番最初に覚醒したときの話しです。


素質論を始めて習い始めてから12年目です。11年も続けているなんて、習った当初を振り返ると想像できませんでしたね。

そもそも私が素質論を習おうと思ったのは、人間関係に悩んでいたからです。本当によく衝突して、人間不信にもなりましたし、窮地に追い込まれた事もありました。

習い始めてから3ヶ月くらいで、人間関係がいい方向に変化してきたので、少し仕事が楽しくなりかけてました。「これ、いいなあ!」と思えてくると、人間って人に話したくなりますよね。日常で言えば美味しいラーメン屋さん見つけたり、くつろげるカフェを見つけたり、「いいなあ~ この場所、人に教えたいな~」まさに、この感覚です。


その感覚が残ってるうちに、素質論インストラクターの資格も取りました。当時は楽しくて、楽しくて、自分が素質論講座をしたかったし、自分で話してみたかったんですね。でも、基礎理論講座Ⅰを受けた人ならわかると思いますし、私が直接お会いして、チラシをもらった方もわかると思いますが、講座時間4時間なんですよ。


「4時間?」 「お~っと!!!!! さて、4時間何を話そう???」

いざ、講座のテキストを目の前にすると、これ1冊で4時間講座をするのは、楽しいだけではできないな。

「4時間の素質論講座をできるようにする!」これが最初のハードルでした。

もちろん素質論インストラクターの養成講座も行ってきましたよ。必死で話せるように練習してた事は、今でも覚えてます。でもね・・・練習と実戦は違いますから。楽しいの裏腹では不安だらけ。


・インストラクターの資格を取った年に最低1回は講座を開催しようと思いました

せっかく取った資格でしたから、その年に最低1回開催してやろうと画策してました。10人とは言わず、1人でもいいからと思って、片っ端から声をかけて、誘ってみたら、運よく1人来てくれる方がいて、さらに友人も興味があるようだからといって、初めての開催で2人も来てくれたんですよね。

普通だったら「よし!」と心の中でガッツポーズをするくらいでないといけないのですが、弱気で・・・「え~!? 2人も。余計に恥をさらせなくなってしまった・・・」

こうなってくると、やらざるを得ない状況になってしまったわけです。


・最初の覚醒は4時間の講座をできるようになったこと


何となくではあったんですが、話す事は好きだったんですよね。(後日、自分には言葉による表現力が長けている能力があった事がわかる)ミサワホームにいた頃は、営業はさっぱりの成績だったんだけど、お客様と話すのは好きだったんですよね。商談ではなく雑談ですよ(笑)

自らが講座を開催してお金をもらって人前で話す。これって、全く経験のない事だったんですよね。楽しいだけでできるレベルではないという事を痛感させられました。皆さんの会社でもあるかもしれませんが、朝礼での1~2分スピーチとは次元が違いすぎます。

あの時は、とにかく必死で、教えたい事、気づいてほしい事、これは言っておいた方がいい、ここは知りたい事、事例をはさんで分かりやすく表現する、受講生とワークしたり、最後に素質論を通して何を伝えるべきか、何を訴えるべきかなど、ありとあらゆる事を考えて、何とか4時間講座ができるように、1ヶ月~2ヶ月くらいにノートとにらめっこしてました。


そして、迎えた基礎理論講座当日、始めの挨拶から緊張してましたね。講座を進めていくうちに、緊張もほぐれてきました。途中、詰まったらどうしよう?なんて思ったりもしてましたが、その中でも受講生の調子や仕草も見る余裕も出てきて、いい調子で講座が終わりました。

ドッと疲れましたね。でも、その日は寝られなかったんですよ。色々な事を考えてしまって、興奮状態だったんですね。

次は、もっといい講座にしよう、いい講座にするにはどうしたらいいか、ずっと考えてました。

これも、何とか4時間の講座をしたからです。だからこそ、色々な事が見えたり、考えたり、繋がったり、深まったりしたんですね。少しずつの積み重ねでしか自分を越えられない。


この経験が自分にとって、覚醒したと実感する瞬間でもありました。

2019年3月20日 (水)

メールやラインの返信スピード

ここ数年、通信のスピードが速くなっていますよね。

ラインが普及し始めた頃から、既読や即レスがある意味で当たり前、と感じている人もいるでしょう。

「稼ぐ人はメール、ラインの返信が速い」
「仕事ができる人は、メール、ラインの返信が速い」

このような事を聞いたことがある人もいるかもしれません。中には、即レスしない人とは付き合わないという人もいるでしょう。私は、即レスにはこだわっていません。私は、返信のスピードが速い、遅いはその人の素質によるものだと考えています。


個人によって、指示・命令を受けた時の反応パターンは2つあります。素質論では、この反応パターンをレスポンスといい、1つはアクション、もう1つはマインドと分類されてます。

タイトルにあるように、メールや返信のスピードが速いタイプは大体アクションを持っている人が多いのが特徴です。中でも速いのが、素質タイプ012、888、919を持ってる人は、本当に返信スピードが速いですよね(笑)

アクションは、読んで字の如く、「体を動かす」というのが基本線にあり、じっくりと考える事よりも、まずは行動を優先する事で、指示・命令を達成しようとする精神性があります。

一方のマインドは、まず「頭で考える」というのが基本線です。考えられる事は、できるだけ考え、情報収集や背景、全体像を捉えて初めて行動を起こし、指示・命令された事を達成しようとする精神性があります。


「体を動かす」     「頭で考える」

基本スタンスの違いが、メールやラインの返信スピードという現象に現れているだけです。


・仕事上でよくあるシーン

アクションタイプの部下とマインドタイプの上司がいたとしましょう。マインドタイプの上司がアクションタイプの部下に、会議資料を用意するために原本のコピーを渡し、コピーを取る指示をしました。

部下「はい、わかりました。」
上司「少し、待って!」

この時、アクションタイプの部下は、考えをじっくりまとめるよりも、早速行動を起こし「資料のコピーをする」という目標を達成しようとしていますよね。

これを見たマインドタイプの上司は、説明の途中でコピーを取りに行ってしまった姿を見た時に、不安に感じたりしたので「少し待って!」と部下を呼び止めたのだろうと考えられます。コピーをする際にも、資料は何部必要で、次にどこへ持っていくのかなどを伝え、確認した上で部下に行動を起こしてほしいと考えているのです。

上記の事例は、皆さんの会社の中でも、よく起こり得るシーンかもしれませんよね。


・本当に即レスは大事でしょうか?

前にも触れましたが、通信のスピードは数年前と比べても格段に早くなっています。即レスがある意味で当たり前の世の中かもしれません。しかし、私は即レスができない、即レスをしてくれないからと言って、その人の事を仕事ができない、評価をしないと断罪するのはいかがなものか!と思います。

例えば、苦言を呈する必要がある場合、強い主張が必要な場合、利害関係をきちんとはっきりさせなければならないなどの場合は、即レスを意識しすぎるとかえって問題になることだってありますよね。

スピードを意識しすぎるあまり、大切な事実関係を誤認して伝えてしまったり、表現や言葉選びを間違えて不信感や相手を怒らせてしまう事だってあります。

返事の仕方が大事な場合でも読むだけ読んで、1,2日経つと、問題が整理されて文章になる事もあります。


・相手の素質がわからなくても大丈夫!

問題になるときは、相手の素質、CANCODEが分からない時ですよね。その場合で、返事が数日後になりそうな時はこんな事を心がけて下さい。

「拝受しました。」
「2,3日後にお返事します」
「○○日までに連絡します」
「確認して連絡します」

マインドタイプしかない人にとっては、悶々としてしまうかもしれません。でも、相手がわからなくて、かつ、アクションタイプを持っていそうな時でも、この返信方法はかなり使えます!そして、先方もこれで一旦は納得してくれます。


私は、即レスするかどうかは、メールやラインの内容と相手次第で決めればよく、100%即レスする必要はないと思います。ただし、即レスしないからと言って、その人の人間性や価値観まで断罪することは許されないと思います。そういう人たちとは、付き合いたくありません。

2019年2月28日 (木)

鬼上司になるのもハードルは高い

3月に高校、大学を卒業して、4月から新社会人になる方もいるでしょう。自分がこれからお世話になる会社や事業所の上司は誰もが気になるところだと思います。

気にしているのは、新社会人になる皆様だけではありません。迎え入れる会社もあなた方を気にしています。

職場の上司ですから、やはりやさしい方がいいですよね?やさしいほうがプレッシャーがないですよね?その気持ちは小学校、中学校の時に、恐い先生よりやさしい先生のクラスに入りたい、その気持ちと大差はないと思います。


事実、今の20代の子達は「叱られる」という事に慣れていません。私も素質論でアドバイス・カウンセリングの現場からでも、今の若い子達は打たれ弱い傾向にあると感じています。職場でも、いくらこちらの指摘が正しくても、大きな声で怒鳴れば、萎縮してしまう子も多いと思います。

これは、今も昔も変わりませんが、職場の上司になる人は鬼上司よりも仏上司の方が圧倒的に支持されると思います。


でもね、鬼上司も全く必要ないわけではないのです。どの業界でも、尊敬があるけど厳しい人っていますよね。むしろ、私は何事にもユルいが許されてしまう昨今の世の中では、このような厳しい人は、もっといてもいいのではないかと思ってます。


このような鬼上司の存在が許されるのは、それはその人に大きな尊敬があるからです。大きな尊敬があるから通用する。能力、実績がある大きな存在だから許されているのです。


今の時代に、鬼上司になるのはそれだけハードルが高いという事です。私は、鬼を目指しますけどね。あからさまな鬼ではなく、基本は仏でいますけど(笑)

2019年2月 7日 (木)

統計不正問題に思う事

最近どころか、ここ数年ですが、国会中継は小学校の学級会レベルよりも劣っているように感じます。


私は、厚生省の統計不正問題は国の根幹を揺るがす事件だと思います。調査した統計に不正があっては、何が真実で、何が起こっていたのか、そこから導き出される結論、考察が全て間違った方向性で出てしまいます。

例えば、数学には公式があります。公式は、複雑な計算式、仮定があったものを、簡単にした式が公式でもあります。公式1つ生み出すだけでも大変な労力が要る事が、想像できると思います。


私は、理工系の人間です。学生時代、ゼミのほとんどが実験、データ取り、定点観測など、統計、データ、数字を扱う機会が多かったです。もちろん、統計を作る上で、データを取る時に、異常値と言って、正規分布から大きく外れた数値が出てくることもあります。考察や検証はしますが、それでも生のデータとして残しておくのが常です。


理工系の人間だからこそ、統計やデータには、先人たちへのある種の尊敬やデータ内容によっては畏怖を感じる事もあります。


私が基礎理論講座で教えている素質論も、アドバイスで活用している素質論も何百万枚を超える分析カルテの元に作成されています。またの名を生年月日統計学でもあります。これが、もし、最近の統計不正があったら・・・と考えるとゾッとしますよね。私が今までアドバイスしてきた事が、全くのでたらめになる事ですから。

そして、私が自分自身、または私に相談してくれた方の人間関係を良くするために活用している素質論、テキストにある一文も、全ては先人の方々の積み重ね、目に見えないものをここまで統計的に仕上げるのに、先人の方々がどれほどの苦労があったのか!という事です。

遊び道具のように、お話ししている方も見受けられますが、もし、先人たちが現代のこんな姿を見たら嘆くのではないかと思います。


私は、先人の方々の積み重ねてきたものを活用させてもらっている立場です。これからも人間関係で困っている方、自分自身の針路をお探しの方など、素質論が少しでもそのような方達への力になるように、普及させていきたいと思ってます。

より以前の記事一覧