2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

日々の出来事

2019年2月 7日 (木)

統計不正問題に思う事

最近どころか、ここ数年ですが、国会中継は小学校の学級会レベルよりも劣っているように感じます。


私は、厚生省の統計不正問題は国の根幹を揺るがす事件だと思います。調査した統計に不正があっては、何が真実で、何が起こっていたのか、そこから導き出される結論、考察が全て間違った方向性で出てしまいます。

例えば、数学には公式があります。公式は、複雑な計算式、仮定があったものを、簡単にした式が公式でもあります。公式1つ生み出すだけでも大変な労力が要る事が、想像できると思います。


私は、理工系の人間です。学生時代、ゼミのほとんどが実験、データ取り、定点観測など、統計、データ、数字を扱う機会が多かったです。もちろん、統計を作る上で、データを取る時に、異常値と言って、正規分布から大きく外れた数値が出てくることもあります。考察や検証はしますが、それでも生のデータとして残しておくのが常です。


理工系の人間だからこそ、統計やデータには、先人たちへのある種の尊敬やデータ内容によっては畏怖を感じる事もあります。


私が基礎理論講座で教えている素質論も、アドバイスで活用している素質論も何百万枚を超える分析カルテの元に作成されています。またの名を生年月日統計学でもあります。これが、もし、最近の統計不正があったら・・・と考えるとゾッとしますよね。私が今までアドバイスしてきた事が、全くのでたらめになる事ですから。

そして、私が自分自身、または私に相談してくれた方の人間関係を良くするために活用している素質論、テキストにある一文も、全ては先人の方々の積み重ね、目に見えないものをここまで統計的に仕上げるのに、先人の方々がどれほどの苦労があったのか!という事です。

遊び道具のように、お話ししている方も見受けられますが、もし、先人たちが現代のこんな姿を見たら嘆くのではないかと思います。


私は、先人の方々の積み重ねてきたものを活用させてもらっている立場です。これからも人間関係で困っている方、自分自身の針路をお探しの方など、素質論が少しでもそのような方達への力になるように、普及させていきたいと思ってます。

2019年1月 5日 (土)

謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします。

昨年は、色々な場に出向き、ご縁をいただき、温かく迎え入れてくれた皆様に感謝いたします。

そのご縁から

「プロジェクトを立ち上げたいので、ぜひ一緒にやりませんか?」

「こんなアドバイス・カウンセリングが欲しかったので、新たなビジネスパートナーになりませんか?」

「今年、素質論講座を受けてみたい!」 

 

このような声までいただき、誠に感謝しております。

今年も引き続き、新たなご縁を求めて、色々な場に出向きます。そして、その中から私に依頼してくれた皆様には、自分に出来る事を精一杯やろうと思ってます。


少しでも皆様のお役に立てるように、精進していきます。毎年、恒例の私自身の年間バイオリズムについては、2月4日に書こうと思います。

2018年10月30日 (火)

言葉は時代とともに変わる

先日、こんな事がありました。

20代の若いご夫婦から素質論アドバイス・カウンセリングの依頼があり、様々なお話しを聞かせてもらいました。

ご夫婦間の価値観の違い、意思決定の違い、子育てに関する事、お子様の能力的な事やこれからの事なども、私からお話しし、ご夫婦と談笑しながら、気が付けば2時間くらい経っていたんですね。そして、アドバイス・カウンセリングを終えて、私から最後の一言

「気のおけない関係ですね」と言いましたら、お二人の表情が曇ったんですね。内心慌てて、

「今、何か私気に障るような事を言いましたか?」と聞いたら

「気のおけないは、油断ができないという事ですか?」と言われましたので、「気のおけない」は「気を遣わない、気軽に付き合える」と言う意味ですよ、と返したら、お二人が笑顔になったので、私も救われました。

この事例と同じように意味を捉え違えている言葉で、皆さんがよく使うのが「腑に落ちない」という表現です。これは、否定形の使い方が多く、肯定系は誤用という説があります。
しかし、古くは、夏目漱石が「彼岸過迄」「明暗」などからも「腑に落ちる」と使用しており、もともとは肯定系として使われていた言葉です。

「腑に落ちる」の意味は、口から入った食べ物が一度口の中で咀嚼され、食道を通って胃に入り、消化される事です。行動学で言うならば、腑に落ちるは、聞いたことが体の奥底まで届き、しっかり行動するレベルに達している状態です。


・接客業、販売業の方は、ぜひ知っておいてほしい言葉

このような業界では「フリーのお客様」という表現をする事が度々あると思います。「フリー」ではなく「ふり」「ふりのお客様」が、元々の言葉です。

「ふり」は紹介、予約なしでくるお客様、なじみでないお客様を意味しています。似たような音のフリーと混同しやすいですが、本来は「ふり」です。


時代とともに言葉は変わっていきます。そして意味も変わったり、混同したりしていきます。素質論がデータを取り続けているのも、その時代に合った素質論にするためです。

ビジネスで活用できるのもこういう所に理由があるのかもしれません。

2018年9月11日 (火)

思わぬ効果!

素質論は、勉強してきた人によって、受ける恩恵は違うと思います。例えるなら

「人間関係がよくなった」
「人と会い、コミュニケーションを取るのが楽しくなった」
「自分のバイオリズムを知る事ができ、経営や人事に活かすことができた」
「部下のモチベーションが上がるポイントがわかり、組織をまとめやすくなった」

など、他にも色々あります。

昨今のデジタル社会、SNSが発達した今だからこそ感じた事かもしれません。私にとって思わぬ効果は、「なりすまし」「乗っ取り」がわかる時があるという事です。ただ、なりすましや乗っ取りを見破るために、素質論を勉強し続けているわけではありません。人間関係を良くしていく、そのためにコミュニケーション力を上げていく事をメインテーマにして勉強し続けています。その過程の中で、思わぬ効果を得られました。

・なぜ、「なりすまし」「乗っ取り」を見破れるか?

何となく直感の鋭い方なら、「この文は、この人が書いた文ではない」というのが、分かる事もありますよね。普段から会っているとか、1~2ヶ月に1回会うとかなど、関係性が強い場合なら、尚更だと思います。

私は、素質論に携わり、勉強して10年になりますが、その人の性格・特徴は文体、文型にも現れやすいです。(中には、例外もありますが)

例えば、ある方からメールやラインが送られてきました。

普段なら文章が簡単で、用件のみやポイントを絞って伝えてくる方が、今日は文章が長い・・・いつもより!マークや、語尾の後の~が多い。変に行間が空いている・・・など、その人の素質から見た性格・特徴と文体・文型が違えば違うほど、見破りやすいです。

逆のパターンもありますよね。普段は、!や語尾の後の~が多いけど、送られてきたメール、ラインはそのようなものがなく、無味乾燥に感じたりするケースもあると思います。


・メルマガを書いているのが本人かどうかも分かる時があります

最近は、メルマガを個人のメールアドレスに送っているケースも見られます。これも、送信している内容が、確率的には少ないですが、ご本人が書いているかどうかも分かってしまうケースがあります。(もし、わかったとしても、ご本人には言いませんよ)

見破ろうと思って見てるわけではないのですが、書いている本人の素質と文体・文型が合致していないところが多すぎる場合は「?」と思わざるを得ません。

こういった事も、素質論を勉強してきた思わぬ効果であると私は考えています。また、これを機に私も文体・文型を変えてブログを書いてみようと思います。コンテンツ配信や発信に磨きをかけていこうとも思います。

2018年9月 7日 (金)

ちょくちょく聞かれる事にお答えします②

これも、ちょくちょく聞かれる事ですが・・・

「ネタはどこから仕入れるのですか?」 「ネタが尽きる事はないのですか?」

毎度のツッコミで、YOU!さ、それを私に聞いてくるか!?そんな思いもあるのですが、ちゃんとお答えします。

実を言うと、ブログを本格的に書き始めた頃(月刊!素質論にした頃)は、一度だけネタが尽きてしまった事がありました。その時は、ブログ読者や日々色々な方にお会いして、ブログのネタを求めた事はありました。でも、書いてほしいネタ、検証してほしい著名人がいましたら、直メール下さい。それはありです。

人間関係の事、人の性格・特徴、それが素となる能力、深層心理については、人が生まれ続けて生きている限り、コンテンツが尽きる事はないと思います。そして、書けば書くほど、調べれば調べるほど、人と人と関わるほど、交流するほど、書きたいテーマが増えていってます。

この道は、あまりにも深いので、私がや~めた!と言わない限り、死なない限りは、私が死ぬまで様々なテーマを探求して、書き続ける事になると思います。むしろ、広い世界で生きていて、ネタが尽きる事を考えていたとは、実に傲慢に聞こえるかもしれません。

ちょくちょく聞かれる事第1弾

http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2018/09/post-68e8.html

ここにも書いた事ですが、自分が見た事、聞いた事、感じた事、やってみたい事、座右の銘、意気込み、こんなのあったらいいな~っていう願望、珍しい事、嬉しかった事など、一杯あるじゃないですか!文章に自信がなければ、写真だけでも動画だけでもいいと思うんです。それだけで数千アクセスまでいくときもあるのですよ!私のブログは、四分の三は文章ですから、写真や動画を載せられる事は、うらやましいです。

そして、文章を添えるなら、「自分が(は)・・・」で書き始めればいいのです。最初からお客様目線で・・・ 他人に・・・ とかね、最初は他者評価を気にする必要は全くありません。

「ネタを見つけたら、まずは書く事、写真なら、まずはブログに載せてみる事」

ネタの仕入れは普段の生活、仕事、プライベートなど、少しだけ視点を広げて、視点を深めてみると、いくらでもあるんだなという事を体感すると思います。

ネタが尽きたら読者に呼びかけてもいいですし、親しい友人・知人に書いてほしい事、写真で載せてほしい事を聞けばいいです。ネタが尽きてしまう心配はあまり考えなくてもいいと思うのです。

考える必要のない事は考えない、これもブログを続けていくには大切な事だと思います。

2018年9月 1日 (土)

ちょくちょく聞かれる事にお答えします①

週刊!素質論にタイトルを変えてから3年目になります。多くの方に読んでいただいて誠に感謝しております。

直接、いただいてるメールの内容は感謝や安堵のメールもあれば、手厳しい意見のメールもあります。意外にもこのブログを通じて、深まった縁や人探しのお役にも立った事がありました。

直接のメールでもありましたし、ちょくちょく言われる事があります。それは

「どうすればブログは続けられるのですか?」

YOU!さ、それを私に言ってくるか~ どうすればブログを続けられるか? う~ん、この事は私よりも他の人の方が適任なのでは?と思いますよ。一つ言える事は、続かない人は

「皆さんのためになる事を書こう」
「面白い記事を書こう」 
「お客様の視点で・・・」

確かに、「」の部分大事です!私も、その心意気には敬意を表したい・・・ですが、ブログを書いたことがないのに、いきなり自分でハードルを上げてしまう方が多いです。続けるには、まず15~20分くらいでいいですし、簡単な文章でもいいですから、とにかく書き続ける事ではないでしょうか?野球の素振りではありませんが、バットを振り続ける事によって、だんだんと書けるようになっていきます。

特に、最後の「お客様の視点で、またはお客様の目線で・・・」 この事については、私は業種・業態、若しくは集客を考えるなら有効だと思ってます。ただ、ブログを書いたことがない人が、ブログを書いてみようと思った時は、どうなんでしょうね。私は、ハードルが高いのではと感じます。

ブログを書く、続ける、大事な事、まず自分目線でいいじゃないですか。自分が思った事、思っている事、考えている事、感じた事、見た事、聞いた事など色々ありますよね。主語は、自分が・・・でいいんですよ。自分ありきですよ。そのようにして、書いているうちに、段々と書いたものがストックされます。どんな記事がアクセスが多かったかを解析していくと、どのような事に興味・関心があるかがわかります。

そこで、初めて「世の中の動向」や「あなたにとってのお客様」を意識できるのではないでしょうか。どんな事でもいいですから、自分という軸を大事にして書いてみて下さい。ブログは小論文、コンテストではありませんし、ブログは、デジタル日記の記録だと思ってトライして下さい。

私も最初は、mixiの日記を書くことから練習しました。ブログを立上げて、月刊で書き、そして、今では週刊で書けるようになりました。検証については、今でも自分の視点で、自分が感じた事を書いています。「言葉が難しい」とか「文字が多くて、わかりづらい」そんなメールもいただきましたし、知人から直接言われた事もあります。それも、自分が書き続けたからなのです。

そこで、初めてお客様に気づいてもらうにはどうしたらいいか?お客様目線で考えられるようになると思います。言葉が全てのブログで、初めからお客様の事を考える事は、ハードルが高いと思ったのは、そのような理由と体験からです。私も、お客様を意識して書くことについては、まだまだ未熟ですから、一緒に頑張って高め合えればと考えています。

ブログは立ち上げたら続けましょう!

それが私からのメッセージです。

2018年7月26日 (木)

3年目に突入!

気が付いたらですが、週刊!素質論も3年目に入っていました。

「毎週、楽しみにしています!」

「交流会ネタがあれば、交流会ネタを多く書いてほしい」

「自分だけしか思ってない、考えていないだろうと思ってたことでも、自分と素質が似ている人、著名人も同じような考えを持ってる事に、親近感を覚えたり、ホッとする事もあった」

「ブログがきっかけで素質論講座を受けてみたいと思いました」

「もう少し文章を簡単にして書いてほしい」

本当に、様々な意見をいただいております。こうした皆さんの意見が、私にブログを書く力を与えてくれます。時には、ブログを読んだ皆さまの中には、検証ネタまで提供して下さる方もいて(笑) 週に1,2回更新して3年目に入りました。

私のブログは、ある人にとって、ある団体にとっては、実は大切な事であったり、重要な事であったりするものです。どうでもいい事の中に、重要な事が隠されている事もブログを通して実感した事です。

これまでのブログを読んだ方なら、わかると思いますが、今まではプロのスポーツ選手、監督、芸能人などが多かったですが、今年は、例えばマイナーなスポーツ選手、スポットライトが当たらなくてもすごい人など、少し裾野を広げて、その方が持つ素質の検証はもちろん、人間が持っている可能性なども追及してみたいと思ってます。


週刊!素質論、3年目もよろしくお願いいたします。

2018年7月15日 (日)

第8回げんた会レポート

しばらくW杯に関連した検証記事が多かったので、少しここでブレイクします。

昨日ですが、年2回、恒例のげんた会が行われました。このげんた会は、エスパルスを愛するサポーターのみで、開催される会です。こんな方でしたら、どなたでもOKです。今回は、前回のげんた会で大当たりしたShizuoka Genta ClubのオフィシャルTシャツを着ての参加でございます。

・ひたすらエスパルスの事について語るもよし
・今年は、W杯もあったから、W杯について語るもよし
・日本のサッカーはどうあるべきかを語るもよし
・実は、この会は、じゃんけんでプレゼント交換もありますが、ここでしか手に入らないレア物を手に入れるもよし
・皆さんと、楽しくお酒を飲みたい方もよし

ここに集まるユニークな仲間たちと、ホスピタリティー溢れる幹事が、皆さんをもてなしますよ~

いつもでしたら、私が素質論でエスパルスの後半戦の展望を発表しますが、今回は発表を控えました。と言うのも今年はW杯もあり、W杯に関連した記事ばかりになり、エスパルスの後半戦に関して検証しきれていなかった事と、シーズンが始まる前に

「ちょっとした事がいい方に向かうし、ちょっとした事が悪い方へも向かう」結果で言えば、ベスト5もあり得るが、降格もあり得る、浮き沈みの激しいシーズンになる、と話しました。ここまでは、本当にそのようなシーズンになってます。上位と下位の差がなく、連敗しようものならあっという間に下位に沈みます。

なので、この件に関しては、もう少し視点を広げてブログにまとめようと思い、発表は控えました。楽しみにしてた方には、申し訳ないです。

げんた会でお会いできた方、後半戦もぜひスタジアムで会いましょう!前半勝ってる時の、お菓子交換タイムは、楽しいですね。選手には、ホームで全部勝ってもらいたいです。


ブログの締めは

ヨ~ バン ババン ババババババン (ヘイ!)
 バン ババン ババババババン (ヘイ!)
 バン ババン ババババババン (ヘイ!)

皆さま、お疲れ様でした。

2018年5月30日 (水)

言葉が乏しくなった現代

「今の人たちは通じる言葉を持っているが、人を動かす言葉ではない」 出久根達郎

Cimg0357



ご覧になった方もいるかもしれませんが、5月18日の静岡新聞夕刊の特集欄に載っていた記事です。私もブログを読んで下さっている皆さまにより正確に、より簡潔に伝えるようにするために、言葉については勉強や研鑚を積んでいかなければなりません。私もまだまだですので、このような記事が目についたのだと思います。

色んなセミナー、勉強会に参加するとパワポ、進化したプレジを使ったものが多く、大変見やすいし、1つにまとまっているから、ポイントも整理されていて分かりやすいです。それが、今のセミナーの主流です。

私も、素質論インストラクターとして素質論講座を開催しますが、4時間の講座の中で、ホワイトボードに書くことは少ないです。テキストに書かれている事以外の事例を紹介したり、事例を紹介しながら受講生と対話したり、質疑に答えたりしながら、体感的に学びながら、講座を進めているせいもあるかもしれません。

セミナー、講座、勉強会等の名目で、登壇してお話しした事のある方ならわかるかもしれませんが、一番難しいのは「つなぎの言葉」をどうするか?ここに一番神経を使うのではないでしょうか。講師をされている方は、特に言葉を勉強する必要がありますし、講師業をしていない方だって、写真の真ん中にあるように、自らも会話をして言葉を口に出していく事も重要なのです。


・記事の中で気になった事が2つあります。

1つ目は言葉の種類が少ないと書いてありました。何とかの1つの覚えのように、特定の語を繰り返し用いる傾向があります。若者言葉が特に貧弱で、

めっちゃ、マジ、やばい、草食系、最近ですとエモいとか・・・

気が付けば、これだけしか話していない人もいますよね。

2つ目は冒頭にも書きましたが、「今の人たちは通じる言葉を持っているが、人を動かす言葉ではない」この一文を見た時に、頭を殴られたような感じでした。まだまだ、私には言霊が弱いのです。言葉で伝える仕事に関わっている以上は、もっと語彙力を高め、何より相手に寄り添ったコミュニケーションを適切に取れるようにしなければ、言葉で伝えられません。

・最近、歌を聴くのも歌詞を見てから

10数年前まで、メロディー重視でCDを買っていましたが、今は詩を見て購入しています。いい歌はメロディーよりも詩が心に響くんですよね。何ていうか・・・詩を聞いて、心が澄んだ気持ちになるものもありますし、詩から自分たちが住んでいる場所、関わっている人の愛情を感じたりもします。

それは、私も歌手も言葉を紡ぎ出す者同士だからこそ、理解できるのかもしれません。

これから私もたくさん本を読んで、たくさん人の話を聞いて、たくさん自らも話して、語彙力や言葉の精度を上げていきたいです。

2018年3月 6日 (火)

後からでないと絶対身につかない事

CANCODEの事を話したり、教えたりしていると

「石川さんは、人の心に関して何でもわかるのですか?」と聞かれる事がありますが、答えはNOです。素質論もCANCODEもいくら勉強してもわからない事はたくさんあります。むしろ、私はCANCODEで分かる事は、人の事がわずかに分かるくらいの認識でいます。

CANCODEで分かる事

・その人が生まれつき持っている心の傾向性

・その人が生まれつき持っている潜在的な資質、能力

・その人が生まれてからのバイオリズム

特に、バイオリズムに関しては目には見えませんが法則的な動きを観察する事もできます。

CANCODEで分からない事はどんな事があるでしょうか?・・・

・お金持ちであるかどうか   ・お金持ちに自分がなれるかどうか

・病気に強いか弱いか     ・寿命は長いか短いか

・背が高いか低いか      ・善人か悪人か

上記に挙げた事以外にもたくさんありますが、後天的な努力によって変えられるものや宇宙的なリズムと直接関係のないと思われる事は、CANCODEでは分かりません。


アドバイス・カウンセリングのお問い合わせがあり、その方と初対面の場合もあります。私は、その時は、相手方の素質だけでなく、生い立ち、家族構成、住んでいた地域や学歴などもお聞きしています。

誰にでも言える事ですが、これだけは後からでないと身につかない「決定的」な事が1つあります。


◎人を見る目は後からでないと身につかない!

私は、月1回以上は異業種交流会に参加しております。参加する理由はたくさんの人と出会い、初対面であっても、どんな立場の人であっても、適切なコミュニケーションを取るように心がけていますが、もう1つは「人を見る目」を養う目的もあります。

もしかしたら、近い将来、スマホのアプリでこの人の言っている事は本心から言っているのかが、読み取れるような事が分かるような時代がくるかもしれませんが、人を見る目を養いたいのであれば、自ずと人が集まる所に出向くのが、一番の近道で手っ取り早いのではないでしょうか。

過去のブログにも書きましたが、人を見る目を養うのに、参考になる海外ドラマがあります。

Lie To Me 嘘は真実を語る
http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2016/08/lie-to-me-b103.html


春は出会いの季節でもあります。いい人材と出会い、いい人間関係を築くには絶好の季節でもあります。多くの人に会いにいこうと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー