2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

勉強会、心理学

2017年8月23日 (水)

地理風水術について

今回は、素質論と少し離れて地理風水術について語りたいと思います。

素質論では生年月日を取り扱うので、その際に必ずといっていいほど聞かれるのが、「いつ、結婚できますか」「私はお金持ちになれますか?」「今後の運勢は?」などと、運勢や運命について聞かれます。いわゆる地理風水術の相談です。

私は地理風水術は好きではありません。というのは運命論的な判断は、その方の主観が入りやすい事と解釈の幅がありすぎて考慮することが難しいからです。

事例を挙げてお話していきましょう。「金銭的なトラブルが起こりやすいときです」と言われたとしましょう。ある方は10万円を失くしただけで、途方に暮れる方もいますし、会社の経営者の方では100万円失くしても平気と言う方もいます。つまり、その方の人生経験や役職、立場などによっても感じ方が大きく違ってきます。

もう1つ引越しを例にお話しますと、不動産取引などはその分野の専門知識があればトラブルに巻き込まれる確率は低くなると思います。風水でいう「最高にいいとき」に引っ越したにもかかわらず、いわくつきの物件を手にしてしまったという話もいくらでも聞きます。


風水は、単なるゲン担ぎぐらいにとどめる方がいいかもしれません。前にも書いていますが、ちまたの占いでこの星に生まれた人は、ラッキーカラーが何色で、方角は東がいい、西がいいという話も聞きますが全く根拠がありません。誰も確実な裏づけが取れないと思います。生まれた星と地理風水術は結びつかないというのが現実の答えです。

よくテレビでは風水術が紹介されているのを見ますが、お茶の間向け、一般大衆向けを狙ったものが多いように感じます。こんな批判めいたことを言うのも理由があります。地理風水術は、国家や組織のトップが重要な決断、決定を行う時の最高戦術の1つだからです。個人レベルであっても数百万単位のお金がかかるでしょう。それを数百円、数千円で都合よく運気が上がったり、魔をよけたりできません。成果がほしければしっかりと対価を払う覚悟が必要です。


風水は、香港やシンガポールでは、盛んですが、中国では禁止されているんですよね。

人生は誰でもいいときもあれば悪いときもあります。いいときでも悪いときでもしなければならない事、気をつけなければならない事はあると思います。あまり、根拠のない風水や占いにとらわれず、やるべき事をしっかりやる事に意識を向けていく方が賢明な生き方ではないでしょうか。

2017年6月18日 (日)

人儲けワーキングセミナー

先月の事ですが、大変興味深いセミナーを聞いてきました。その名も「人儲けワーキングセミナー」タイトルからすると、人を使う等のような、いい発想を持てないかもしれませんが、そうではありません。


人儲けとは、様々な出会いの中で、この人のためにと本気で思える方々との人間関係を広げていく事です。


パソコンやスマートフォンがない時代に名刺交換からの人間関係を発展させていた手法があった事に驚きでした。


・一見、無関係なものを関係づけるところにチャンスがある。

これが出来るようになるのは、2つのツボがあります。

①相手が求めているものを知る

②普段から、名刺を整理しておく

異業種交流会に行くと、様々な職種の方とお会いします。私が心がけていることは、しっかりと相手の話を聞くこと、相手が何をしている人なのかを知る事です。話の展開では、私が先に話してしまって終わってしまう時もありますが・・・そこは質問力を上げて、対応できるようにしたいです。もし、そのような事が出来るようになればお互いにいいチャンスが生み出せると思ってます。


相手の話をよく聞いてくと、何回も繰り返される言葉が出てくる時があります。いわゆるキーワードです。このキーワードをいかに拾っていくかが、無関係なものを関係づけるチャンスになり得ると思います。


例えば、私は素質論を教えています。初対面で会った方が、営業職の方でした。お互い話している事がお客様の事、職場での上司と部下の事などが出てくれば、この場合のキーワードは「人間関係」ですよね。営業職の方が、人間関係に不安を抱えているのか、困っているのか、それとも発展をさせていきたいのかなど、相手が求めているものをいかに知るかがポイントだと思います。

私が教えている素質論でお役に立てることがあれば、その場で対応すればいいですし、もし、別のどなたかという事になっても、今ある私のリストから、この方にふさわしい方を紹介すればいいだけの話です。

事例を挙げて話しますと、普段からの名刺の整理も大事な要素になりますよね。


セミナーの中で学んだ名刺整理方法は、マンダラートを取り入れた手法でした。この手法はお金を払ってでも、聞いたり、体験したりする価値があります。これを実践すると今までの考えや価値観がガラッと変わり、目の前に世界が広がっていく感覚を味わったり、体験できますよ!


・もう1つの出会いは「紹介」

これは結論から言います。紹介をしていただくには、信頼・信用を得る、何回も会う事です。

視点を変えて、1回の名刺交換で終わらせないで、また会うにはどうしたらいいでしょうか?これは3つのツボがあると思います

・会いたい環境が継続的にあるか、会える環境・条件があるか

・会いたい方のどこまでご存じか

・会いたいと思っていただける情報発信をしているか?相手にGIVEできる発信で、TAKEはダメ!


まずは、以上の3つのツボを確認してみてましょう!自分が人と会える環境をいかにつくっていく事、そして何回も会う事によって自らをCM化していく事も心がけながら、人と会ってみてはいかがでしょうか?


きっと今よりも人脈を活かせるようになってくる、そう思わせるようなセミナー内容でした。

気になった方は、人儲けワーキングセミナーで検索してみて下さい。

2017年4月23日 (日)

ビジネスマン気楽勉強会

先日、久しぶりのビジネスマン気楽勉強会に参加してきました。実を言うと、このビジネスマン気楽勉強会は、mixiのころから、その時の自分に合いそうなテーマの時や私の知人、友人がセミナーする時も参加していました。今回は、2年ぶりの参加です。このビジネス勉強会自体は、東京、名古屋、静岡で15年以上の開催実績があります。


この勉強会のいいところは、何と言っても人数が少ない事!人数が少ないと

・セミナー内容も通常より細かく伝えてくれて、奥深いところまで納得できる

・質疑応答は、その方の営業や実践に特化して、実践に即したことをお伝えしてくれる

・参加者同士の個人とのつながりを持ちやすい

・タイトル通り気楽に勉強ができ、色々な知識、知恵が得られる(笑)

上記のようなメリットがあります。


今回の講師は、このビジネスマン気楽勉強会自体の主催者でもある鈴置貞治さんです。

鈴置さんは、経営創研株式会社の取締役でもあり、ジャガービジネスコンサルティング代表でもある方です。この度、鈴置さん自身の出版記念講演を兼ねながらの勉強会でした。


私は、この手の営業セミナーは行きません。以前もこのブログで営業セミナーに行かない理由を語ってました。それは、今となってもこの手のセミナーに積極的に参加しようとは思いません。しかし、それでも参加しようと思ったのは主に3つです。

・目移りしてしまうくらい、色々な素晴らしい営業セミナーがありますが、今の自分の立ち位置なら鈴置さんの話が一番ヒットするだろうと思った

・接客販売ってどんな販売なのかを知りたかったし、私自身が、いつもこれをするわけではないけども、私以外の誰かに、この知識がきっと役に立てるだろうという確信があった

・素質論の中でも活かせる事がきっとあるはず!と思った


セミナー内容についての全部をここでは書きません。私が、感銘を受けたのは、販売は自己発揮が必要という事と、論理的な話し方と情緒的な話し方について学んだ事です。情緒的に話すのは、あまり得意ではありませんので、これから取り入れて、より多くの方に素質論を知ってもらえるようにしていきたいと思います。また、鈴置さんの著書がありますので、最後に著書の紹介をしますね。ここで書いているブログは、素質論に関することなので、このセミナーを聞いて、素質ベクトルや素質タイプ別に、活用できそうなクロージング事例を3つだけ紹介します。


①希少性(主にベクトルEタイプ、素質タイプ025、素質タイプ789の人に有効)

文言として該当するのは、「数量」「制限」「時間」「季節」「限定品」以上の5つです。特に、ベクトルEタイプのみしかない方は、コストとの兼ね合いもあるでしょうが、これらの言葉が並ぶと、気持ちが動いてしまいますよね(笑)

②ステータスの活用(主にベクトルAタイプ)

トークとしては、女優の○○さんも使っている、この○○は、イギリス王族が使っていたもの・・・ こんな感じです。これは、ハロー効果もありますが、その先にある思いは「間違いない」「私もこれを身に着けて○○さんのようになりたい」という思いを抱くから、ベクトルAタイプに有効なんですね。

③コスト分割(主にリスクマネジメントをしてから、物事を判断するタイプ)

まず、素質論ではリスクマネジメントしてから、物事を判断するタイプをケアタイプと言っています。(素質タイプ100、555、789、125、024、025)
コスト分割は、支払いが大きい場合に限ります。大きな金額であれば、購入すること自体に大きな心理的負担がかかり、躊躇してしまう事もあります。そのような時に、月々払い等の分割払いにしたりして、リスクを分散させることによって、意思決定をしやすくする方法です。


この他のクロージング事例としては、ザイオン効果(主にベクトルH)やフレーミング効果、未来志向があります。クロージングは、急がず、気持ちに余裕をもって、お客様をスムーズに導きましょう。


まずは「どんな商品でもしっかりアピール・演出することが必要」です。今でも、営業に必要な事はお客様を探す、定期的にフォローするという考え方に変わりはありません。ここで、得た事、著書の中にある事を実践のレベルまで積み重ねていこうと思います。


もし、ビジネスマン気楽勉強会に参加してみたい方は、FBページで「ビジネスマン気楽勉強会」で検索して下さい。


そして、今回講演してくれた鈴置さんの著書もあります!

「誰でもスゴ腕販売員になれる接客販売のコツがよ~くわかる本」 出版元:秀和システム
                                          定価:1500円+税



        営業にも活かせる素質論講座の申し込みはこちらからどうぞ 

                        ↓

                https://goo.gl/6A/pnp6

2016年8月11日 (木)

Lie To Me 嘘は真実を語る

今年から、山の日という祝日が入り、お盆休みも例年より長く取れる方が多いようですね。お盆やお正月の長い休みの時は、親戚の家に行ったり、同窓会があったりで何かと人と会う機会が増えますよね。

素質論を習った方は、ぜひこれを機に検証を進めていきましょう!

と言いたいところですが、実は「検証」の仕方がわからないという人がいます。まず、検証とはどんな作業かをお話しします。


・検証とは?(以下、広辞苑から)
①実際に調べて証明すること

②ある仮説から論理的に導き出された結論を、事実の観察や実験の結果を照らし合わせて、その仮説の真偽を確かめる事

素質論における検証の目的は、素質論にある特徴と実際の人と会い、照らし合わせていくことによって、身の回りの方とのコミュニケーションに活かす事を目的としています。基礎理論を勉強した方は、テキストに「ホログラフィー化」と書いてありますよね。


このホログラフィー化していく中で、参考になる海外ドラマがあります。


その海外ドラマがLie To Meというドラマです。このドラマ自体は、精神行動分析学者の主人公が、「微表情」と呼ばれる一瞬の表情や仕草から嘘を見破ることで、事件を解決していくサスペンスドラマです。ドラマの中で、実際の写真をフラッシュバックさせて挙げたり、登場人物のセリフで微表情や仕草の解説をしています。そして、このホログラフィー化していく過程が素質論の検証とよく似ています。このような検証を続けていくと、なぜ、そういう表情をしたのか、なぜ、あのような行動を取ったのかなど、相手の素質で行動や出来事、心理を把握できるようになり、色々な対応方法が考える事ができるようになります。そして、その対応にも幅が出来るようになってきます。


事例を挙げますと素質タイプ919を持っている人が、真剣な話をする時は、男女問わず眉間にしわが寄り、こちらの目を一点に見つめる傾向があります。これは、相手の言っている事、話している事を全て拾おうと意識しているから、あのような目になるのです。ですから、素質タイプ919の人に真剣な話をする時は、こちらも相手の目をじーと見て話をするようにします。


比較的発見しやすいものならば、素質ベクトルAを持っている人は、興味があったり、話す事によって興味が出てきたものには、目の瞳孔が上に開きやすい傾向が見られたりします。


検証の仕方がわからない人にとってLie To Meはおススメです。素質論だけでなくNLPや日々の会話の中でも活用できますので、ぜひご覧になって下さい。Lie To Meのドラマ自体はシーズン1が一番面白いと思います。

2016年5月21日 (土)

チラシ勉強会

このブログも通算100タイトル達成です。色々な職種な方が見ていて、かつ、全国各地からアクセスがある限り書き続けようと思います。どうぞ飽きずにこれからもよろしくお願いいたします。

先日「あなたの来てほしいお客さんが集まるチラシの作り方」のセミナーに参加しました。まず、この場を借りて講師のサラコーデ代表小林千春さん、主催者の静岡住まいのマネープラン相談代表立林毅士さん、ありがとうございました。少人数でも会場の熱気はすごかったですね。まるで冷房なんて入っていないんじゃないかと思うくらい(笑) 講師の小林さんは、過去に恋ナビ婚活パーティーのチラシを作成してもらいました。

私も素質論で、チラシにどんな文やフレーズ、コンテンツ配信をどうしたらいいかという相談を受けた事が過去にあります。その時は、このような文を・・・このようなフレーズを・・・その都度相談者にアドバイスはしてきました。しかし、いざ自分が1から作る側になると、私の美的センス、デザインセンス0もあってか、反応はなし。過去に相談してくれた方が、それなりの成果を出してくれたのは、当然ですがチラシ製作者が私よりも美的センス、デザインセンスが遥かに上で、それだけでも通用するチラシで、かつ、素質論を織り交ぜた内容になっていたからです。

料理に例えると、単品で出しても十分に美味しいものを素質論という隠し味を入れてさらに美味しくしているようなそんな感じです。

隠し味だけを持っていても、基本的なレシピを知らなければ美味しい料理は作れません。今回のセミナーはチラシ作りのレシピを学ぶセミナーでした。今までの私は、隠し味だけを教えてました。正確に言うならば隠し味を目的に分けて、選んでいた感覚です。偉そうな事を言ってすみませんでした・・・

私の悩みは2つありました

①載せたい情報が多くなってしまい、無意識にきれいにまとめる事にいってしまう

②きれいにまとめるとインパクトに欠ける

素質論の情報を載せるとどうしても入れなければならない文章が多くなってしまいます。無意識にきれいに整えることにいってしまうのです。どうしたら、この2つが改善されるかを常に悩んでいました。そして、悩みから逃げるようにして行きついた境地が「自己満足」です。きれいにまとめただけの自己満足です。当然、お客さんに見向きもされませんよね。

そして、今回のセミナーで改善されました。内容は、参加者だけの特典ですから、ここで明かすことはできませんし、聞かれても話しません。ワークを通じて感じたことは、チラシを作成するにあたってアバウトに作りすぎていたかなと。ワークの考え方を取り入れて、今までのチラシ作成の価値観を一度壊して、もう一度1から新しいモノを作り出そうと思います。

インターネットやSNSが大半の時代に、チラシは効果がない、効率が悪いと思う方もいるでしょう。しかし、私の考えは違います。あなたに信用や信頼、この人はすごい、自分にとって価値があるなど、あなたに何かしらのメリットを感じた時に渡されたチラシは絶大な効果がありますし、あなたの心を動かすものなのです。そう考えたらチラシ作成にも力を入れたほうがいいに決まってます。

お店作りはファン作りでもあります。あなたに来てほしいお客様が集まるそんなチラシを自分でも作れるようにしたいと思います。ただ、美的センス、デザインセンスは生まれつきの部分もあるので、そこだけはデザイナーにお願いしようとも思ってます。

2016年3月 9日 (水)

素質論とゲシュタルト療法④

間が空いてしまいました。前回は、ゲシュタルト療法の基本的な考え方と各エレメントにどう影響してくるのかをお話ししました。今回は、事例を挙げてゲシュタルト療法に素質論的なアプローチをします。


・ゲシュタルト療法の気づきの3領域(外界、内界、空想領域)を活用します

例えば、素質タイプ555の男性の方がいたとしましょう。素質タイプ555の方は、非常にバランス感覚が優れている方が多いです。この方が紳士服のお店へ行きました。そこで、1着のスーツに目が留まりました。

外界の気づき 上下のスーツのバランスがいい

内界の気づき バランスが整っていて格好いい

空想領域  白のYシャツを中に着たら似合いそうだ。ネクタイは赤色系を選ぶ方がしっくりくる。もう1着同じスーツがほしい。商談のクロージングの時に着ていこうかななど。

素質タイプ555で事例を挙げてみましたが、大事なことは外界の気づき⇔内界の気づき⇔空想領域と3領域がどんな風にチェーン化させるか、また空想領域が多ければ多いほど、どう広げるか、どんな対処していくか、どう受け入れるかをイメージしていくことです。ここでは、何が間違っていて何が正しいというのはありません。普段の人間関係の中でも、その人の全体を捉えて「あれもある、これもある」と認めていけば、ストレスも大分減ってくるようになります。また、素質タイプによって「外界の領域における気づきの傾向性」「内界の領域における気づきの傾向性」「空想領域における気づきの傾向性」が全く違います。


・ゲシュタルトは知らなくても素質論CANCODEを勉強した人なら客観的に自分を見ることができます

素質論との融合を実践していく場合、内観していく過程において素質論CANCODEを通して客観的に自己を見つめる事はできます。基礎理論Ⅰでファーストエレメント、セカンドエレメント、サードエレメントがどんな状態、どんな場面で現れやすいのかを勉強しますよね。つまり、場面毎に現れる自分自身の状態を注意深く見ることができます。そして、調和が思うように取れていない部分に気づき、意識に上がってきて、対処しようとするのです。そのことから、自分自身が「本当にどうなりたいのか?」が見えてくるため、欲求が湧いて成長のエンジンがかかってきます。外界の環境の中に生きる有機体としての「人の心」と「身体の内部」の統合していないものを図り、その中にある人間との密接な関わりを「今、ここで」という一瞬において把握し、その時々にそれに気づき、またはそういう人であることを意識化していくことが大切です。



ゲシュタルト療法は、文字にして順序立てて説明すると、今回の連載のような流れなのですが、これら理論を全く知らなくても、もしかしたら皆さんが日常生活の中で、何気なく実践されている事かもしれません。そうして考えると人間はすごいですね。

2016年2月26日 (金)

素質論とゲシュタルト療法③

前回は、主にゲシュタルト療法における気づきの3領域についてお話ししました。今回は、ゲシュタルト療法の基本的な考え方についてお話ししようと思います。

・図と地の反転

ゲシュタルト療法の基本的な考え方の1つに「図と地の反転」というのがあります。人が1つの部分(図)に注目する時、他の部分は背景(地)となって見えなくなってしまいます。まず、ゲシュタルト療法では、意識に現れてくるものを「図」、それ以外のものを「地」と呼んでいます。人間の意識には、2つ以上の欲求が同時に現れてくるのもよくある話ですよね。例を挙げていきますと、明日までの仕事を終わらせたい、ご飯を食べたいし、眠たい、あっ!トイレにも行かなきゃ、などたくさん同時に現れたときは、「図」としてまとまらないし、それらの欲求に同時に応える事はできません。

ここで、多くの欲求の中で、今、自分にとって一番大切な欲求が何であるかを考え、それを「図」として選択することが大切になります。今は、高校、大学受験シーズンですね。例えば、ここまでに勉強を完成させたいが眠たい自分がいたとしましょう。受験勉強をした方なら、誰もが経験がある事だと思います。この時、明日までに勉強を完成させたい欲求と眠たい欲求と2つあります。ここまでの勉強をしようとしても眠たくて勉強に集中できません。この場合では、少しでも仮眠を取ってから勉強する等の手段を取りながら、その時々に一番大切な「図」を処理していくことで、スムーズに日常生活を続けることが出来るのです。


・各エレメントコードに影響

やりたいこと(WANTS)よりもすべきこと(SHOULD)を重視すると、どちらを「図」にするか選択できずに、やりたいことを抑えてしまうこともあります。抑えられたやりたいことは未完結の経験となり、何度も「図」に現れようとするので、常にどちらを「図」にするか悩み続けることになります。素質論の融合で考えると、ファーストエレメントやサードエレメントよりもセカンドエレメントばかりを意識しすぎたり、または意識せざるを得ない状況が続くような状態です。感情としては一旦「図」として表面に現れないと自分のなかで統合されていきません。このような状態がずっと続くと自分の中でバラバラになったり、ファーストエレメントを殺してしまったり、セカンドエレメントの自分が「本当の自分」であると思い込んでしまいます。本当の自分の欲求ややりたいこと、実現したいことが何かということすら分からなくなって、とうとう生きている実感が持てなくなってしまう事さえあります。


次回は、いよいよゲシュタルト療法に素質論的なアプローチ方法をお話しします。

2016年2月21日 (日)

素質論とゲシュタルト療法②

前回は、ゲシュタルトの意味となぜこの理論が創設されたのか?ゲシュタルト療法の気づきについてお話ししました。今回はゲシュタルト療法における気づきを深めていきたいと思います。

・気づきには3領域がある

ゲシュタルト療法における気づきは、外界の気づき、内界の気づき、空想活動、この3つです。例文を挙げてみながらお話しします

外界の気づき・・・目、耳、鼻、舌、皮膚等の五感を使って知る領域

           例) 今、ここで見る  この写真は鮮明だ

内界の気づき・・・身体感覚、自分の身体の内部で感じている「快」「不快」「緊張感」等の

           内観領域 「快」 例)お酒を飲んで気持ちがいい

空想活動・・・   過去・現在・未来等を自分の頭の中であれこれと考えを巡らす領域

           「思考」 例)どうしようかな 「心配」 試験受かるかな



     

心理的事実と具体的事実を組み合わせを気づきの3領域として捉える事によって「新たな気づき」があり「意識化」されていきます。そうすることによって観察自我(現実の自己を外から客観視する存在)が出来あがってきます。  


ここで初めてゲシュタルトが形成されます。人の心と身体の内部の統合していないものの統合を図り、時間的な流れと空間的広がりを持つ環境とその中にある人間との密接な関わりを「今、ここで」という一瞬において把握し、その時々にそれに気づき、または、そういう人であることを意識化します。


自分で言うのも難ですが、今回は難しいですね。次回、もっと掘り下げて書くようにします 

2016年2月20日 (土)

素質論とゲシュタルト療法①

素質論は心理学と融合させると高い効果を発揮できます。色々読んだ中で、今回はゲシュタルト療法と素質論の融合について考えてみたいと思います。

・ゲシュタルトって何?

まずは、ゲシュタルトが何か?って事ですよね。ゲシュタルトはドイツ語です。意味は姿・形・状態などを意味する言葉で、部分の寄せ集めではなく、それらの総和以上の体制化された全体的構造を指す概念。広辞苑からそのまま抜粋しました。数年前にゲシュタルトと名付けられた競走馬もいました(笑)

これだけでは、わかりづらいので踏み込んで解説します。人間というのを「全体」と捉えた時、ヴントをはじめとする実験科学としての心理学(実験により一つの細かな要素を集め、「人間はこういう時にこういう反応をする。こういう時にはこういう考え方をする」こうした組み合わせの要素主義に異議を唱えて出来た理論です。ヴントの構成主義の心理学に反対しています。また、ゲシュタルト療法は「気づきの療法」とも言われています。


・事例を挙げて説明すると

例えば「あることに対して怒っている」としましょう。この現象は「様々な要素が組み合わされている状況ではなく「全体としての反応」と考えます。人間の様々な要素を組み合わせれば、人間がわかるようになるはずというのではなく、人間はもっと複雑で「ブラックボックス」のようなものであり、何かの刺激(言葉、状況)にどのような反応をするのかはわからないということを示しています。



ゲシュタルト療法の気づきの中で一番大事なのは、瞬間瞬間の自分に気づくことです。この気づきについては長くなってしまうので次回にします。

2015年9月 8日 (火)

あなたの潜在能力は何ですか?

大学生の就職活動が解禁になってから1か月が過ぎました。会社説明会はもちろん、採用面接対策のセミナーやエントリーシートの書き方、自己分析や自己PRの仕方などの勉強会が活発になってきました。しかし、この自己分析や自己PRは意外と難しいものです。学生の皆さんも何をアピールするのか、自分にはどんな能力があるのか、それがどんな場面で発揮されるのか、あまりご存じでない方がほとんどで、多くの学生が悩んでいるのが現状です。

この事は、単に学生だけの事ではなく我々、大人もご自分の事を十分に理解されていない人が多くなっているように感じます。

私は月に1回以上は異業種交流会に出かけます。最近、女性と名刺交換をする機会が多いです。そのような方のほとんどが、サロン(ネイル、マッサージ、エステ、アロマなど)開業して間もない方、若しくはもうすぐ開業するという方です。会う人が多くなればなるほど、1つ疑問がわいてきました。


・その仕事で成功するにはご自分に合ったやり方や環境が整っていますか?

このような時代ですから、「ご自宅で気軽に開業・・・」「少ない資本で月○円以上」など言葉に乗って、何かをして自分も稼ぎたい、少しでも家計を楽にしたい気持ちはよく理解できますし、そのような方向けのセミナーもありますよね。その成功論が、万人共通であるとは限りません。例えば、自己主張が強い人のやり方とそうでない人のやり方は全く違います。数字を設定した方が伸びる人と全く伸びない人がいます。最も大切な事は、方法論や今の環境で自分の力が発揮できるかどうかを知ることです。


・一度、CANCODEでフルコード分析してみませんか?

CANCODEのフルコードは、、基本的な性格や心的傾向のほかに、潜在資性、資質、仕事の場面などでの、その人ならではの潜在能力もわかります。自分の「売り」「技」「武器」です。そして、自分の潜在能力や才能などがわかることによって、今後どのように持ち味を活かしたらいいかがわかり、自分らしい成功のイメージがつかめ、他人と比べずに自分らしく堂々と生きていく事ができるようになります。冒頭にあった学生の就職活動が上手くいかない原因もサロンを開業して売り上げが伸びない原因も根本は同じところにあるケースがほとんどです。フルコードで分析するメリットは、自分だけでなくて、他の方も同様で得意な事や潜在能力がわかります。あなたの苦手な事でも、身近にそれを得意にしている方もいらっしゃると思います。逆に他の方が苦手でもそれを自分が得意としている事もありますよね。チームやグループで仕事を行う時も活用できます。自分が成功するには、どんな能力を持ったパートナーが必要なのか、また、このチームで自分が貢献できる能力は何か?こんな事だって考える事も出来るわけです。



興味を持っている方は、ぜひフルコードで自分を分析することを勧めます。

その他のカテゴリー