2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

異業種交流会

2018年5月24日 (木)

交流会あれこれ

昨日は、浜松の異業種交流会に参加してきました。月に1回以上は、異業種交流会に参加する事を決めて、今年も様々なところに顔を出そうと思ってます。

「石川さんは、フットワークが軽いですね~」
「石川さんは、初めてのところでも緊張しないのですか!?」
「石川さんの社交術を見習いたいです」

中には、うれしいお褒めの言葉をもらうこともあります。

そんな私でも、初めてのところに参加するのは、正直に言いますと若干、緊張します。特に、自己紹介付きのところでは「何て言おうかな?」と思ったりもするのです。また、このような会に初めて参加する方、個人事業主になって間もない方、法人を立ち上げて間もない時ですと、もっと積極的に名刺交換をしなければ・・・という思いで参加している方がいますが、私はそのような心配は必要ないと思ってます。


・積極的に名刺交換するだけが交流会の目的ではない

誤解をしないでいただきたいのは、本来なら、交流会は積極的に名刺交換する場でもありますし、積極的に自らが動く方がチャンスが生まれやすいのは確かです。月1回など、定期的に開催される会でしたら、2,3人でもいいのでじっくりとお互いの話しを聞き、人間関係を丁寧に築く事だって、考え方としてはありではないでしょうか。会場の雰囲気や参加している方々にもよりますが、ガツガツ営業して参加者に不愉快な思いをさせては、本末転倒ですよね。

・無構え、聞き8、話し2

私が、意識している事でもあります。まだ、意識が足りていないと自分の中では思ってます。無構えとは、文字通り無構えです。リラックスした自然体そのものです。あとは「傾聴」とかですね。あれ話そう、これ話そうとすると、つい力んじゃうのが人間なのですね。自分から話したい事がなければ、相手の事を聞いてあげればいいと思います。意外に、これが相手のニーズを把握できたり、相手が好印象を抱く可能性が高いです。

・あなたの素質タイプも影響してるかもしれません

これは、素質論を勉強した人ならば、わかるかもしれませんが、素質タイプで言えば、012、108、789、555、100、001、ある意味で「人見知りをしやすい」方の素質タイプをお持ちの方に、「積極的に」と言われても、少々辛く聞こえてしまうかもしれませんよね。

・あなたは「船」、もしくは「港」の方か

交流会の参加者の動きを海に例えて言いますと「船」のように積極的に動く人と、「港」のように一つのところ、席にとどまって動かない人もいますよね。どっちがよくて、どっちが悪いというのはありません。自分が「船」なのか、「港」なのか、はたまた状況に応じて両方出来るタイプなのか(私は、両方の方ですが)これについては、ご自分の素質タイプを知るとハッキリわかります。ただ、参加者や会場の雰囲気によっては、全員「船」、全員「港」のケースになってしまう時もありますけどね。


今回のテーマは、ある方の悩みでもありましたが、もしかしたら皆さんの中で同じことを悩んでいた人もいるかもしれません。ブログを読んで、異業種交流会に対して心配事や不安が少しでも緩和されたらいいなと思っております。SNSが発達してもリアルに人と会う事は、とても大切な事だと思います。

2018年4月13日 (金)

久しぶりのところへ行ってきます。

明日ですが、久しぶりのところへ行ってきます。

1つは藤枝あさかつ!

もう1つは異業種交流会ディア・ジャパン


藤枝あさかつ!は2か月ぶり。ディアジャパンは1年ぶりです。どんな方に会えるか今から楽しみです。

藤枝朝食会は、来週の19日で一応最後です。お時間がある方は、ぜひご参加下さい。にぎやかにしましょう。

2018年1月31日 (水)

第7回げんた会レポート

今年も年に2回のげんた会、冬の決起集会です。思えば、げんたさんにお誘いいただいた第3回からずっと参加させていただいております。

よくあるのが、会にまぎれて、仕事の話しとか・・・そんなのは一切ありません。本当にいい大人がエスパルスが好きで、ただただ楽しくお酒を飲み、語り合う、そんな会でございます。女性も参加しやすい温かな雰囲気で素敵な会だと、毎回思います。

今回も初参加の方が1名いらっしゃいました。ようこそげんた会へ、皆さまで温かく迎え入れました。


私が会の始まりの乾杯を音頭することになりました。ただ、突然のご指名で、挨拶が普通になってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ 突然、振られても気の利いたジョークを交えながら、話せるようにならなきゃダメですね(笑) 

げんたさんの皆さんが楽しむだけの会なので、皆さんの腕にキャプテンマークを巻いているつもりで参加していただきたい ← 仰る通りでしびれました。


恒例の参加者のキャッチフレーズと同時にプレゼント交換タイム、スタジアム用の声で「オーレ!」と叫んでしまうと、他のお客様に迷惑&ドン引きされてしまいますので、声のボリュームは落としました。今回も、大鐘さんご自身が麺を作られている鐘庵グループの麺をいただきました。毎度の事ながらですが、感謝です。いつも美味しくいただいております。


皆さんが用意するプレゼントは、趣向にこだわっていて、ほとんどがこの会でしか手に入らないモノばかりではないですか!

楽しい会は続いていき、私が素質論で今シーズンのエスパルスがどうかを話すのですが、これは後日、ブログでしっかり書こうと思います。いい方へも悪い方へも流れる、本当に予測が難しいシーズンになりそうです。


メイン料理が遅れてしまい、予定も1時間オーバーしてしまいましたが、それでもいい仲間と楽しい時間を多く過ごせたと思います。最後は恒例の3本ロゴ締め 藤カラーさんの掛け声と伴に

ヨ~

バン、ババン、ババババババン  ヘイ
バン、ババン、ババババババン  ヘイ
バン、ババン、ババババババン  ヘイ

次は、夏の会でお会いしましょう。アイスタでもお会いしましょう。あいちゃんから私宛への宿題も出ていますので、それも1テーマずつブログで書いてきますので、それもお楽しみに


2017年10月25日 (水)

こちらも「好評!継続中」 浜松異業種交流会

週刊!素質論をご愛読いただきましてありがとうございます。ここ数か月のカテゴリー別のアクセスを見ますと、異業種交流会のアクセスが伸びています。

このブログは、会社員の方、自営業の方、士業の方、経営者の方、主婦の方など、幅広い年齢層で様々な立場の方に読まれています。そこで、異業種交流会のアクセスが伸びているという事は、皆さん交流の場を求めているという事が考えられますよね。


異業種交流会に関しては、当ブログでもいくつかは紹介してきました。今回は静岡県西部地区の浜松異業種交流会を紹介したいと思います。実は、私は、浜松異業種交流会は1年前から参加してきました。この交流会は雰囲気も良く、職種も様々な方が多いので、西部地区で人脈を広げたい方には、ピッタリです。


名称:浜松異業種交流会

費用:1500円(当日、お支払下さい)

人数:15人くらい~多い時は30人を超える事も

時間:18:30~21:30(どたんば参加、遅刻、途中退席OK)

年齢層:30代~60代 男女比は7:3(男女比は会によって変動)

場所:浜松市南部協働センター 浜松市中区海老塚2丁目25番17号

詳細を挙げると、こんな感じですね。浜松異業種交流会は、他の交流会を違ったところがあります。


◎ここが違う!浜松異業種交流会(特に②番!)

①夜の異業種交流会の大半は、お酒が入るのですが、ここはノンアルコールですよ!

②会の途中に、じゃんけん大会があり、勝ち抜くと思わぬ豪華景品が当たる事もあります。このじゃんけん大会は盛り上がりますし、後で話のネタにもなります。

③一人一人、PRタイムを1分~3分くらい取ってくれます。名刺交換では個人対個人の人間関係を築きやすいです。


異業種交流会でじゃんけん大会は、なかなかないですよね。ノンアルコールですから、セクハラもありませんよ。女性の方も参加しやすい環境です。

Cimg0332


                                       Cimg0325

Cimg0333_2










去年の夏から、浜松異業種交流会をきっかけに、静岡県西部地区の様々な交流会に参加してきました。西部は、知り合いゼロから始まり、今では私を受け入れて、繋がって下さっている方が100人以上になりました。ありがとうございます。継続して参加しますので、今後ともよろしくお願いいたします。


やはりですが、浜松の方と静岡の方は気質が違いますね。どっちがよくて、どっちが悪いという事を語るつもりは全くありません。同じ静岡県の人間ですから。参加し続けてきて、直接感じた事です。こうした事も含めると、自分から積極的に会いに行く、自分が他地域へ出向く事も必要ですし、出なければわからないことはたくさんありますよね。私にとっては、貴重なのです。せっかく貴重な場がありますから、ブログを読んだ皆さんも勇気を出して、行ってみましょうよ。


ぜひ、静岡県中部にお住いの方でも、西、東の隣町に足を運んでみてはいかがでしょうか?思いもよらない幸運と縁が待ってることがありますよ。



初対面でも信頼関係を早く築ける、初めての場でも動じない、自分を知り、どんなところでも力を発揮できる自分になりたい、なってみたいと思う方、そんな方には素質論がピッタリです。今年最後の素質論講座はこちらからお申込み下さい。

                         ↓

                   https://goo.gl/6Apnp6

2017年10月14日 (土)

「好評!継続中」 藤枝あさかつ!と藤枝朝食会

もしかしたら、同じ週に藤枝朝食会と藤枝あさかつ!の両方に参加したのは初めての事かもしれません。

藤枝朝食会は、このブログでも度々紹介をしてきました。藤枝あさかつ!は、このブログで紹介するのは初めてだと思います。


藤枝あさかつ!の詳細情報

日時:毎週土曜日 朝7:00~10:00(大体、皆さんが引き上げるのは10時くらい)

場所:藤枝市高柳のジョイフル

年齢層:30代~60代の男女(男女比は大体同じくらい)

職業:主に自営の方が多いですが、会社員の方でもよくいらっしゃいます。

地域:藤枝を筆頭に、焼津、島田、静岡、清水、

FBページ 藤枝あさかつ!


・ここへ来れば人に会える、会いに行ける環境があること、人と会える環境が継続的にある事は素晴らしい事

朝活も含めてですが、「異業種交流会ばかりに行く人は、見込み客がいないからそのような場へ出続けている」

どなたに言われたか、わかりませんが、言われた事は今でもはっきりと覚えていますし、実際に男女問わず、そう思っている方もいるでしょう。自営等でも、本当に忙し人は、あまりこのような場には来ませんからね。

私は、このような考え方も受け入れられます。視点を広げると、別な理由もあります。それは、過去にこのブログで異業種交流会へ出続ける理由というタイトルで書きましたので、そちらを参考にして下さい。

参照ブログ http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2017/08/post-4f90.html


私が、異業種交流会に出続ける理由はここに書かれている通りです。


・第三の居場所を持つ大事さ

職場があり、結婚している方は家庭があります。第一の場を職場として、第二の場を家庭とすると、その第一、第二の場所に不満があると、いつか爆発してしまいます。自分を保つために我慢が必要なそのような時、人間はセカンドエレメントの影響が強くなってしまいます。

素質論でいうセカンドエレメントは、~しなければならない自分、短期間なら頑張れる時、努力が必要な状況にいる時、何らかの制約がある時に出やすい自分とされています。そうした影響が強くなってくると、本来、持っていた自分らしさ、リラックスした状態の自分、一番自分らしく感じられるファーストエレメントの自分を見失ってしまう事があるのです。

だからこそ、この場にいると自分らしさ、自分という一つの人格に戻れる場があるのが、とても大切な事ではないでしょうか?ファーストエレメントの自分を取り戻せる場ですよね。それは、趣味でもボランティアでも、何でもいいですよ。そこに同じ価値観を持つ仲間に巡り合えたり、これがあるから大丈夫と思えるものがあれば、閉鎖的な環境からも脱する事ができるのではないでしょうか。素質論でも人に会う事によって、問題が解決したり、ホッとする素質タイプの方もいますからね。


第三の居場所を持つ大事さはもう1つありますよ。

自分以外のいろいろな人に興味を持つ事で、そこから自分とは異なる価値観の人を理解しようとしてみる事で、人間観も一段と深まっていきます。そこから新たな繋がりもできてくるのです。

皆さんの売上に繋がる人脈作り、交流会の在り方もそれはそれでありだと思いますが、日々の生活の中で、時として自分を見失いそうな時もあると思います。そのような時にふっと自分を取り戻せるような朝活、交流会があってもいいと私は思っております。

今では、この2つの交流会は藤枝市内の2トップです。これからもここに来れば人に会える環境を提供し続けてほしいと思ってます。

気になる方は、ぜひFBページで検索して下さい。両方のメンバーの方、これからもよろしくお願いいたします。


FBページ 藤枝あさかつ!

FBページ 藤枝朝食会


           11月19日の素質論講座、こちらは「継続!受付中」です。
                           ↓
                           https://goo.gl/6Apnp6

2017年8月31日 (木)

私が異業種交流会に行く理由

「石川さんは、よく異業種交流会出られるんですか?」

「異業種交流会に何で行くのですか?」

「異業種交流会は楽しいですか?」


私最近、聞かれる事が多いです。私が、このような会に行くのは、私自身が異業種交流会に出るのを月1のノルマにしているからです(笑)

異業種交流会に行く理由は、もう1つあります。それは


「初対面であっても、臆せずに相手と適切なコミュニケーションが取れるか」 例えば、問い合わせや相手を介してご紹介をいただいた場合、ほとんどが初対面です。初対面であっても、キチッとしたコミュニケーション、相手を不快にさせないコミュニケーションが取れれば、自信を持って接することができます。これは、アドバイスやカウンセリングの中で活きてくるからです。

世の中には、色々な職業があり、人と会う事で繋がったり、話を聞いて刺激になったり、時には素質論で活かせるアイデアが出て来たりもします。

私にとって、異業種交流会は出稽古の1つの場です。人と会える環境があるのは、すごく有り難い事だと実感しています。


2,3年前くらいからでしょうか。

「石川さんの周りで〇○してくれる人いない?」

「石川さんのお知り合いの中で、○○できる人いない?」

こういった事も聞かれるようになりました。該当する人の性格や素行に問題がなければ、紹介をいたしております。


素質論を知った2007年から2011年くらいまでは、自分の講座を受けてくれるお客様、アドバイスをしたいお客様ばかりを探していました。もしかしたら、私の取り組みが、その方が大事にしてきた人脈を奪おうとしていたように見えたのかもしれません。


時が経ち、交流会に出続けているうちに、上記の事を聞かれるようになって、実際に私を介して紹介をしたら、紹介する方からも、された方からも感謝されるようになりました。その人の仕事を応援したい人が何人かいて、その方の代わりに私が探しに行く。日本語で言えば「人つなぎ」外国語なら「エージェント」と言ったところでしょうか。


今では、名刺交換した後にやることが3つあります

・いつ会ったのか

・1,2人くらい会わせたい方を名刺の裏に記入

・稀ですが、名刺に生年月日書いてある方は、CANCODEとその方と会った日のタイムコードまで記入


これからも、予定が合えば人に会いに行こうと思ってます。素質論の人だから、いきなり生年月日を聞かれるのではないか?と不安に思っている方、安心して下さい!私は、初対面では生年月日は絶対に聞きませんから。素質論に興味を持っていただいた場合、相手から生年月日を話してくれた場合のみ聞くようにしています。


秋もたくさん交流会がありますので、たくさん人に会いにいこうと思います。

2017年7月23日 (日)

第6回げんた会レポート

昨日は、半年に1回のエスパルスサポーター同士の交流会(通称:げんた会)でした。私も去年の第3回から定期的に参加させてもらってます。今回は初参加者が4名という事もあり、いつもと違って新鮮な感じがしました。


私の時もそうでしたが、この会は初参加でも気軽に参加できるのが特徴です。エスパルス博士、サッカーマニアである必要はありません。和気あいあいですが、景品交換のじゃんけん大会は、男子、女子、年上年下関係ない仁義なき戦いにもなります。

・サッカーの事も知らなくてもよし

・高校の時、サッカー部ではなく野球部でもよし

・今のJ1チーム全て言えなくてもよし

・ただ、ひたすらお酒を飲むもよし

・じゃんけん大会の景品目当てでくるもよし(意外に、豪華賞品や掘り出し物がそろいます)


まあ、いつもこんな感じで、エスパルスの事を憂いつつも、ただ楽しくお酒を飲む、そんな会です。ちなみに、仁義なきじゃんけん大会の私の景品は、この会のオフィシャル?Tシャツでした。これを着て、藤枝朝食会、鐘壱さんにでも行こうかなと(笑)

ここで、私は素質論で今シーズンのエスパルスはどうか?という事をお話ししています。後日、ブログにUPしますので、お楽しみにどうぞ。次は、新年会も兼ねて来年になると思いますが、このブログ、他の参加者のブログを見て、ぜひ、参加したいという方がいらっしゃいましたら、来年、お会いできるのを楽しみにしております。

2017年4月18日 (火)

異業種交流会 ディア・ジャパン

今年も毎月1回以上は、必ずどこかの異業種交流会に参加する事をノルマとしています。

今回、参加したのはディア・ジャパンの異業種交流会でした。実は、この交流会は昨年9月に参加しようと思っていたのですが、仕事の打ち合わせが長引き、泣く泣く当日にキャンセルせざるを得ませんでした。


このディア・ジャパン異業種交流会は、東海4県で主に愛知県名古屋市を中心とした異業種交流会で、静岡県で開催したのは、まだ4回目です。4回(そのうち2回は浜松)ですから、静岡市の方でも知っている方は、少ないかもしれません。当日も静岡市で開催されているのに、浜松からお越しの方が参加者の半分くらいおりました。


ディア・ジャパン交流会はこんな流れで進行していきます。この日の司会・進行の方のハキハキとした進行で和やかな雰囲気でした。

①最初は着席方式で、お互いの対面の方からの名刺交換からスタート。

②名刺交換して、数分経ったら順番に席を移動。

③ ②の繰り返しで、余った時間で名刺交換していない人と名刺交換をしていく


このブログを見ている方で、EXEOというお見合いパーティーに参加した事ある方はいますか?もし、いらっしゃれば、EXEOの異業種交流会バージョンと認識していただければ、間違いないと思います。開催歴が少ない交流会にはメリットがあります。


開催歴が少ない異業種交流会はこんなメリットがありますよ!

・開催歴が少ないと、交流会にありがちな独特の色(株、投資等)がついていないので、誰でも気軽に名刺交換ができる

・様々な職種の方と出会いやすい

・人数が少ない時なら、1人に時間をかけることができ、濃密な話ができるので、後日お会いした時も覚えてもらえている(多少の努力は要りますが・・・)

・会費が安い

・ディア・ジャパンさんの場合は、1人1人と確実に名刺交換できる


ディア・ジャパンさんの交流会は、ネットワークビジネスしている方もOKです。中には「え~!?ネットワークビジネスの人いるの!?」と拒絶反応を示す方もいると思います。

ここから先は、ネットワークビジネスのお話しします。

ネットワークビジネスでは、その場ではあえて話さず、セミナーで聞かせるという手法を取る事があります。ここで、あなたの事を誘う相手が、セミナーに誘う目的を伝えずにセミナーに連れて行ったり、会社名や報酬プランを伝える前に勧誘する事は、特定商取引法で違法となっています。俗に、ブラインド勧誘と呼ばれてます。

特に、美容関係!お前らの事だぞ!ちゃんと守れよ!


また、騙して連れて行かなくても、相手が断っているのにおがみ倒して、強引にセミナーやABCなどに連れていくのは、消費者取引法の違反です。


ネットワークビジネスしている方、ちゃんと会社名と目的を話しましょう。相手に話すのはそこからですよ。会社名を堂々と言えないようならば、そのビジネスは怪しいという事になりますからね。


ネットワークビジネスの法律に関して、ほんの一部ではありますが、このような法律になっています。どうしてもなら、しっかり断りましょう。「交流会には興味あるけど、ネットワークビジネスの人達がいるとねえ・・・」という方もいますので、ここで防衛策だけお話ししておきますね。だから、皆さん安心して交流会に参加して下さいね。


交流会や出会いの場は、行ってみたいなと思った時が、タイミングです。


興味のある方、行ってみたいと思った方は、FBページで有限会社ディア・ジャパンで検索してみて下さい。


6月4日 静岡市で開催される素質論講座の申し込みは

                                          
 こちらからどうぞ →  https://goo.gl/6Apnp6

2017年2月19日 (日)

初!新たに

月に1回以上は、異業種交流会に参加する事をノルマとしている私です。

静岡市にも、また新たな異業種交流会が出来ました。その名も静岡カフェ異業種交流会です。昨日に関しては、番外編として初めてお酒を入れての異業種交流会でした。何をしているかよりも、どういう人か、「人」を厳選した交流会でした。また、交流会の会場になったお店の紹介も兼ねる、そのような趣旨もありました。


何となくの直感でしたが、「いい交流会だろう」と思っていました。その通りでした。男女比率にしても、世代別にしても、職業(医者、サロン経営者、個人事業主、学生起業家、会社員、これから自分で事業を考えている方等)にしても、絶妙なバランス感でした。


こういう方の集まりでしたから、いい雰囲気になるのもある意味当然だと感じました。そして、このような会を主催してくれた方が、フェイル・ドミニク・マリオン・デラ・クルーズさん(呼び名でドムさん)です。ドムさんの年齢を聞いてビックリ!!しっかりした方で、さわやかで好青年、振る舞いを見ても芯が通っている印象を受けました。


特に、静岡県、それも中部圏内にお住いの方、新たな交流の場が出来ましたよ。気になる方は静岡カフェ異業種交流会で検索してみて下さい。行ってみたいと思った時が、あなたのタイミングですよ!

https://www.facebook.com/shizuokacafemeeting(静岡カフェ異業種交流会)

2017年1月30日 (月)

2017年 エスパルスサポーター同士の交流会

通称で、げんた会と呼ばれています。メンバーはエスパルスを愛するサポーター、ブロ友、愛知からもエスパルスを応援して下さる温かい仲間もいます。エスパルスの永世名人まで極める必要はありませんよ。少しでもエスパルスを応援していただける方なら、大歓迎です。


今年も去年同様、新体制が発表されて、必勝祈願が終わるこの日になりました。とはいえ、新チームの主将が誰になるかは、まだ決まっていません。静岡人ののんびり型の気質が、こういう所で出てますね(笑)


そんな中で、第5回げんた会が始まりました。


冒頭でげんたさんがげんた会の趣旨の説明をしてから、ほわぴいさんの乾杯でスタート!皆さんの近況報告を兼ねて、プレゼントの交換会。


欲しいプレゼントは、仁義なきジャンケンバトルです。今回は、プレゼントをゲットした方が、その方の自己紹介とプレゼントのプレゼンターになるという流れでした。中には、げんた会のプレゼント交換でしか手に入らないレア物、こ~んなに高いモノをもらっちゃっていいんですか?という高価なモノ、実質、中身重視のモノ、色々とありまして、それがジャンケンで手に入ってしまいますから、それは仁義なき戦いになるのは、ある意味で当たり前です。


私は、咋シーズンのエスパルスを小林監督のバイオリズムから検証しました。ブログを読んでいただいてる方には、周知の通りですが、エスパルスは1年でJ1返り咲きました。今シーズンのエスパルス、そして小林監督は、去年ほどのバイオリズムの後押しはありません。実力を問われるシーズン、何年か後に優勝をするための実力を伸ばすシーズンになりますよという事とどの辺がポイントになるかだけをお話ししました。詳しくは、しっかり検証して後日、ブログに書こうと思います。ただ、心配しないで下さいね。愛情を込めて書きますから。


歓談の中でブログに書こうと思った事が2つあります。

①げんた会参加者の皆さんが気にしていましたが、今シーズンから背番号10番をつける白崎選手の今年のバイオリズム

②これは、ほぼあいちゃんのための企画ですが、ゴールキーパーに共通する素質タイプはどのタイプが多いのか?


この2本を特別企画でブログに書こうと思います。実は、②に関しては、ちょっとだけ調べましたが、世界の名ゴールキーパーには、やはり先天的(生まれつき)な共通点がありましたね。これも楽しみにして下さい。


何やかんやで閉会を迎え、閉会はもちろん三本の勝ちロコ締め

よ~お!

バン、ババン、ババババババン、ヘイ!
バン、ババン、ババババババン、ヘイ!
バン、ババン、ババババババン、ヘイ!


最後になりましたが、いつも素晴らしい会を企画してくれるげんたさん、幹事の立林さん、ありがとございました。今回も美味しくお酒が飲めました。

その他のカテゴリー