2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 検証! 素質論で診る森保ジャパン カタールW杯アジア最終予選の展望② | トップページ | 空飛ぶおたまじゃくし事件 »

2021年8月14日 (土)

造り言葉に潜む現実逃避

キラキラネームに近いものがあるのですが、妙な造り言葉ってありますよね。下記に挙げる言葉が、いつからかわかりませんが

例えば「人材」を「人財」と言ってみたり「仕事」を「志事」と言い出したり「頑張る」を「顔晴る」企業は、起業、輝業、喜業とかね。企業に関しては最近のニュースを見てると気業、危業、棄業、奇業の文字が当てはまる企業もあります。世間からはブラック企業といわれています。

あとは、ネットワークビジネスやスピリチュアル系ですと「円」を「縁」と書かれていたり、「最高」が「最幸」になっている。コロナ禍で少ないですが、異業種交流会に参加して名刺交換したら、「」の文字を見つけたり、名刺に書かれていたりしたら

ちょっと怪しいかも?


と思って交流して下さい。


ところで、皆さんはこれらの「」で挙げた言葉は好きですか?好感が持てますか?私は、これらの言葉が好きになりかけた時期もありましたが、今は好きではありません。

なぜなら、これらの言葉は言葉のイメージだけが先行して実態はかけ離れている。こういう言葉を使わなくても自らを奮い立たせる事はできるからです。逆に、こういう言葉を使わないと自らを奮い立たせることができない人は、ちょっと危ないかな~と思いますけど。

20代の若者が使うならまだしも、40代、50代のおじさんが使うような言葉ではないです。

「仕事」を「志事」ハードワークさせているのに・・・・前向きに感じさせる言葉、過労死しちゃっても志事を全うできたんだから・・・ 美談に持っていかれそうですしね。


◎これらの言葉を使いたがるのは現実逃避させたいから

働くことは大変な事です。起業することも大変です。大変な現実を逃避させるために前向きな言葉を使いたがるのです。それは企業のイメージアップ、業界のイメージアップにつながっていきます。

ここで、皆さんに注意していただきたいのは、これらの言葉は労働者側からではなく、経営者側から発せられている言葉であることです。社会に影響を与えている側が好んで使っていることが多いのです。過酷な仕事ほどこれらの言葉を使っている印象があります。

輝業、望年会も成功を夢見ているからこそ、出てくる言葉のように感じます。


転職を考えている方は、これらの言葉が入っていないかをチェックする必要がありますし、起業をする方もこれらの言葉を使わない方がいいと思います。世間は、あなたが思っているほど甘くはありません。

« 検証! 素質論で診る森保ジャパン カタールW杯アジア最終予選の展望② | トップページ | 空飛ぶおたまじゃくし事件 »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 検証! 素質論で診る森保ジャパン カタールW杯アジア最終予選の展望② | トップページ | 空飛ぶおたまじゃくし事件 »