2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Jリーグ開幕直前! 2021清水エスパルス Revelation | トップページ | 自爆経営者 »

2021年2月28日 (日)

リクエスト検証! Jリーグ開幕 2021シーズン注目の優勝チーム、残留争いチームは?

5年前からですが、シーズンが始まる前に清水エスパルスの今シーズンの展望をブログで書いています。

シーズンの展望を書くうえで、大事なのは各チームの監督のバイオリズムです。長いシーズンを戦う中で、チームの調子の良しあしが出ます。素質論で各チームの監督のバイオリズムを調べて、それに基づいてシーズンの展望を書いています。もちろん、100%当たるとは思っていませんので、見るサポーターの皆さんには、あくまでも参考ぐらいに留めてもらえるといいと思います。残留争いチームの方に入ってしまったチームのサポの方はすみません。謝っておきます。

清水エスパルスについての今シーズンの展望はこちら
http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2021/02/post-85f5df.html


今シーズンは、コロナ禍での開幕ですから、シーズンとして成立するかどうかの不安もあります。レギュレーションに変更が出てくるかもしれませんし、何よりも降格チームが4チームに増えた事で、昨シーズン以上のプレッシャーを感じているチームもあるはずです。

このような特殊なシーズンは、例年以上に監督の手腕がチームの命運を握っています。という事は監督のバイオリズムによって、チームの調子の良しあしにも影響が出やすいかもしれません。


そのようなシーズンである事を踏まえて、優勝チーム、残留争いチームを予想していきましょう。


優勝チームは、名古屋グランパスではないでしょうか。

川崎も強いですが、盤石感はありますが、昨シーズンのような勢いはあまり感じなかったですし、ACLの影響がどのように出てくるか心配です。シーズン途中まで首位はあっても、最後に失速する可能性もあります。鹿島もいいところまでいくと思いますが、何かが1枚、2枚足りない感じがします。油断していると格下チームに足元をすくわれます。その影響でザーゴ監督が迷走しなければいいですが・・・

名古屋は、フィッカンディティ監督が「完成」の年に入ってます。加えて補強も上手くいっている感じがします。まさに「時が来たな」という印象を受けます。また柿谷選手、斎藤学選手次第ですが、チームと監督に好気配を感じます。


残留争いチームは?


と言いますと、冷静に考えれば対象チームが多くなってしまいますよね。昨シーズンの上位チームで残留争いになるかもしれないなというチームは、C大阪と柏レイソル、横浜FMですね。

C大阪は名将ロティーナ監督が清水エスパルスに引き抜かれた事、柿谷選手の移籍が大きいですね。柿谷選手の移籍分を大久保選手でカバーできるかどうか、運営母体の迷走も気になりますし、ロティーナ監督が築き上げたものをクルピ監督が壊してしまわないかが気になります。最悪は空中分解にならなければいいのですが・・・。

柏レイソルは、オルンガの抜けた穴が大きすぎます。元々、攻撃に力を入れているチームの印象が強いので、守備については未知数です。加えてネルシーニョ監督が「焦燥」の時に入ってますから、チームの歯車が狂ってきた時が心配ですね。最初の3か月が大事ですが、ここで結果が出ないと、解任の憂き目にあう可能性があります。

横浜FMのハイラインサッカーは見ていて、気持ちがいいのですが、今年はそのサッカーが通用するかを考え直さなければならないかもしれません。ポステコグルー監督が「整理」の時に入ってます。ここは、色々な事を考えて判断して、物事や現象を整理していかなければならない時です。2けた得点のFWが2人抜けています。ハイラインサッカーも、徐々に各チームが対応できるようになっていますし、今年は、オリンピックの影響もあり、昨シーズン同様に過密日程になっています。モデルチェンジが失敗すれば、残留争いに巻き込まれる可能性があります。


私が個人的に気になるのが、浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督ですね。

私はエスパサポですが、ロドリゲス監督は徳島ヴォルティスに残ってほしかった!それは、ヴォルティスに残った方がいい成績を出せるかもしれないと思っていたからです。ロドリゲス監督は、じっくりと時間をかけてチームを作る方が得意な人ですから、浦和の親会社の企業体質が合うかどうかが心配です。徳島がロドリゲス監督だったら「ヴォルティスはやってくるぞ!」と思っていました。

徳島ヴォルティスで伸び伸びやる方が結果が出た気がしますが、結果は神のみぞ知るという事で。ちなみに、徳島ヴォルティスのポヤトス監督は、シーズンの前半と10月にいい波が来ますから、ここでの成績次第で残留はあるかもしれないですし、ロドリゲス監督の遺産を十分に活かす事ができれば、残留する可能性はあります。


ボトム10で残りそうなチームは、清水エスパルス、大分トリニータ、サガン鳥栖の3チームですね。エスパルスはブログを参考にして下さい。トリニータの片野坂監督は、長い目でみて考えて実践できる監督ですから、やりくり上手な面とシーズン中のペース配分が上手い。

サガン鳥栖は、特別な根拠はないけど何となく残りそう。自力ではなく他力ですけどね。

確実に残留争いをするであろうチームは、湘南、福岡、神戸、横浜FC、仙台の5チームかな。


リクエストに応えて、私見で今シーズンのJリーグ優勝チームと残留争いチームを予想をしましたが、皆さんはどのチーム推しですか?

« Jリーグ開幕直前! 2021清水エスパルス Revelation | トップページ | 自爆経営者 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Jリーグ開幕直前! 2021清水エスパルス Revelation | トップページ | 自爆経営者 »