2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

リクエスト検証! Jリーグ開幕 2021シーズン注目の優勝チーム、残留争いチームは?

5年前からですが、シーズンが始まる前に清水エスパルスの今シーズンの展望をブログで書いています。

シーズンの展望を書くうえで、大事なのは各チームの監督のバイオリズムです。長いシーズンを戦う中で、チームの調子の良しあしが出ます。素質論で各チームの監督のバイオリズムを調べて、それに基づいてシーズンの展望を書いています。もちろん、100%当たるとは思っていませんので、見るサポーターの皆さんには、あくまでも参考ぐらいに留めてもらえるといいと思います。残留争いチームの方に入ってしまったチームのサポの方はすみません。謝っておきます。

清水エスパルスについての今シーズンの展望はこちら
http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2021/02/post-85f5df.html


今シーズンは、コロナ禍での開幕ですから、シーズンとして成立するかどうかの不安もあります。レギュレーションに変更が出てくるかもしれませんし、何よりも降格チームが4チームに増えた事で、昨シーズン以上のプレッシャーを感じているチームもあるはずです。

このような特殊なシーズンは、例年以上に監督の手腕がチームの命運を握っています。という事は監督のバイオリズムによって、チームの調子の良しあしにも影響が出やすいかもしれません。


そのようなシーズンである事を踏まえて、優勝チーム、残留争いチームを予想していきましょう。


優勝チームは、名古屋グランパスではないでしょうか。

川崎も強いですが、盤石感はありますが、昨シーズンのような勢いはあまり感じなかったですし、ACLの影響がどのように出てくるか心配です。シーズン途中まで首位はあっても、最後に失速する可能性もあります。鹿島もいいところまでいくと思いますが、何かが1枚、2枚足りない感じがします。油断していると格下チームに足元をすくわれます。その影響でザーゴ監督が迷走しなければいいですが・・・

名古屋は、フィッカンディティ監督が「完成」の年に入ってます。加えて補強も上手くいっている感じがします。まさに「時が来たな」という印象を受けます。また柿谷選手、斎藤学選手次第ですが、チームと監督に好気配を感じます。


残留争いチームは?


と言いますと、冷静に考えれば対象チームが多くなってしまいますよね。昨シーズンの上位チームで残留争いになるかもしれないなというチームは、C大阪と柏レイソル、横浜FMですね。

C大阪は名将ロティーナ監督が清水エスパルスに引き抜かれた事、柿谷選手の移籍が大きいですね。柿谷選手の移籍分を大久保選手でカバーできるかどうか、運営母体の迷走も気になりますし、ロティーナ監督が築き上げたものをクルピ監督が壊してしまわないかが気になります。最悪は空中分解にならなければいいのですが・・・。

柏レイソルは、オルンガの抜けた穴が大きすぎます。元々、攻撃に力を入れているチームの印象が強いので、守備については未知数です。加えてネルシーニョ監督が「焦燥」の時に入ってますから、チームの歯車が狂ってきた時が心配ですね。最初の3か月が大事ですが、ここで結果が出ないと、解任の憂き目にあう可能性があります。

横浜FMのハイラインサッカーは見ていて、気持ちがいいのですが、今年はそのサッカーが通用するかを考え直さなければならないかもしれません。ポステコグルー監督が「整理」の時に入ってます。ここは、色々な事を考えて判断して、物事や現象を整理していかなければならない時です。2けた得点のFWが2人抜けています。ハイラインサッカーも、徐々に各チームが対応できるようになっていますし、今年は、オリンピックの影響もあり、昨シーズン同様に過密日程になっています。モデルチェンジが失敗すれば、残留争いに巻き込まれる可能性があります。


私が個人的に気になるのが、浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督ですね。

私はエスパサポですが、ロドリゲス監督は徳島ヴォルティスに残ってほしかった!それは、ヴォルティスに残った方がいい成績を出せるかもしれないと思っていたからです。ロドリゲス監督は、じっくりと時間をかけてチームを作る方が得意な人ですから、浦和の親会社の企業体質が合うかどうかが心配です。徳島がロドリゲス監督だったら「ヴォルティスはやってくるぞ!」と思っていました。

徳島ヴォルティスで伸び伸びやる方が結果が出た気がしますが、結果は神のみぞ知るという事で。ちなみに、徳島ヴォルティスのポヤトス監督は、シーズンの前半と10月にいい波が来ますから、ここでの成績次第で残留はあるかもしれないですし、ロドリゲス監督の遺産を十分に活かす事ができれば、残留する可能性はあります。


ボトム10で残りそうなチームは、清水エスパルス、大分トリニータ、サガン鳥栖の3チームですね。エスパルスはブログを参考にして下さい。トリニータの片野坂監督は、長い目でみて考えて実践できる監督ですから、やりくり上手な面とシーズン中のペース配分が上手い。

サガン鳥栖は、特別な根拠はないけど何となく残りそう。自力ではなく他力ですけどね。

確実に残留争いをするであろうチームは、湘南、福岡、神戸、横浜FC、仙台の5チームかな。


リクエストに応えて、私見で今シーズンのJリーグ優勝チームと残留争いチームを予想をしましたが、皆さんはどのチーム推しですか?

2021年2月25日 (木)

Jリーグ開幕直前! 2021清水エスパルス Revelation

今週Jリーグが開幕!

ブログのタイトル数が400というキリ番に、このテーマがきた事に何かいい予感を感じさせます。タイトル名のReverationは、天啓、お告げという意味です。守備を立て直さなければタイトルはおろか、残留さえ厳しい。それを立て直すのに打ってつけの監督が来てくれた!これは、天啓だと思います。

毎年、開幕前の恒例となっていますが今年も素質論でロティーナ監督のバイオリズムを調べて、清水エスパルスの今シーズンを予想します。

ロティーナ監督の今年のバイオリズムから予想をしていますので、あくまでも参考であり、こんな見方もあるくらいにとどめてもらうのがいいかもしれません。バイオリズムが良くても悪くても、文句や小言を言われますが、そこは受け流します。ご了承下さい。ドンピシャで当たるときもあるそうで、関係者が驚く事がありますので、参考にしてシーズンを追うのもサポーターとしての醍醐味ではないでしょうか。

予想する方は心臓に悪いです(笑)


そして、今年は例年以上に監督の手腕がチームの命運を握っています。理由は2つ考えられます。

①コロナ禍で迎えるシーズン、オリンピックの中断期間、降格チームが4つになり、何もかもが初めてでシーズンを迎えます。チームによっては経営が苦しいチームもあるため、序盤からシーズン中の成績が悪くても監督を代えられない事情もある。

②チームの監督のバイオリズムが、そのチームに影響を及ぼしやすい。


早速ですが、清水エスパルスの監督であるロティーナ監督の月ごとのバイオリズム(毎度、おなじみの☆いくつ評価で、最高は☆5つ)とポイントになりそうなところと絶対にこれだけは気を付けて!!!!! という所も解説していきます。まずは、月ごとのバイオリズムから見ていきましょう。


 2月  ☆☆ 
 3月  ☆☆☆
 4月  ☆☆
 5月  ☆☆☆☆
 6月  ☆☆☆☆☆
 7月  ☆☆    (オリンピックによる中断期間あり)
 8月  ☆☆☆☆☆
 9月  ☆☆
10月  ☆☆☆☆☆
11月  ☆☆☆    (12月4日の試合は11月扱いです)


昨シーズンのクラモフスキー監督よりは、全然マシです(笑)


ポイント① 開幕戦から4月末まで(第12節の大分戦まで)

2月から4月末までは、☆の数ほどバイオリズムはよくないので、勝ちきれなかったり、不運な展開で勝ち点を取りこぼしたり、まだまだチーム内の連携が上手くいかなかったり、空回りしたりで波に乗れずモタつく事が十分予想されます。私は、モタつくであろう原因は2つ考えられます。

・ロティーナ監督は、選手に求める要求が高いので、選手が上手に対応しきれなかったり、試合で修正できなかったりが多少は出てきたりで、選手も完全に理解するまでに時間がかかる。

・昇格チーム、昨シーズンの下位チームほど、シーズン序盤から飛ばしてくるから番狂わせも十分あり得ますし、強豪チームに対しても思った以上の善戦をしてくる。

ロティーナ監督のC大阪時代も序盤はモタつきましたけど、見事に修正して上位に食い込んでいます。そのような事例もありますので、エスパルスとしては戦術の理解度を深めたり、連携の精度を上げたり、選手同士のコミュニケーション、相互理解を深まるなど、チームとして成長期ですね。おそらくは、試合をするたびに選手の力が引き出されるのではないでしょうか。カップ戦もありますから、上手に活用してほしいです。


ただね・・・

サポーター側から見て、大分までの対戦相手を考えるとモタついてほしくないよね、というのが本音だと思います。鹿島以外は、エスパルスと互角かやや劣るチームが多いです。だから、勝ち点はほしいと考えるのは当然です。

チームとしてのプロセスが正しい方向であっても、サポーターが望む結果ではない。サポーターの中には、ある種「囚人のジレンマ」に近い思いを抱える人もいると思います。

私は、試合をしながらチームを作りあげていく事を考えれば、この3か月はモタついた方がいいと思ってます。もし、モタつこうがモタつかまいが、勝ちを上手く拾うような事であればベスト5も見えてくる可能性はあると思ってます。サポーターの皆様も「チームとしての成長期」と見るほうが結果に一喜一憂しなくてすむかもしれません。他のチームであれば、この3か月で結果が出なかった監督は解任の憂き目にあう人も出てくると思います。


5月は、名古屋、FC東京、札幌、強敵難敵が多いので、2月から4月で積み重ねてきた事をこの時期に発揮するチャンスでもあります。ここを勝ち切る事が続くと先は明るいですよ。


ポイント② 9月(第28節~第32節)の4試合

9月はエスパルスにとっては変革や変動の時に差し掛かります。いい方にいくか、悪い方にいくか、ここでの成績次第で浮上か下降か、重要なひと月になります。昨シーズンの事例で言えば、平岡さんが変革の月で監督になりました。そこから、悪かった流れがいい流れに変わりました。さすがに今年は、監督が変わる事はないだろうと思ってますけどね。

例えば、けが人続出、選手の移籍、主力選手の累積イエロー、レッドカードによる出場停止など、何かにつけてチーム戦術・フォーメーションの変化や変動が起こりやすい時なので、モタつく事も予想できます。結果によっては、ロティーナ監督のエスパルス仕様を見直す時かもしれません。


8月も対戦相手から見れば、勝ち切りたい相手ですけど、私はポイントになる方は9月と読んでます。


◎絶対にこれだけは気を付けて!!!!!


毎年、言ってるかもしれませんが、特に今年はけが人は少なくしてほしい。理由は、

ロティーナ監督をはじめ、今シーズン補強したい選手はほとんど獲得できたのではないかと思います。大熊GMの手腕でありプランAでしょう。もしかすると、今シーズン途中の補強を考えずに、獲りたい選手を取ったならば先行投資です。バックアップも含めて、大量にけが人が続出するようであれば、シーズンの戦い方、フォーメーションが総崩れになる事も十分考えられます。

だからこそ、けが人だけは少なくしてほしいです。

あとは、外国人枠の問題くらいかな。


私の結論は、以上の2つのポイントと◎を乗り切れば、残留は当たり前、あわよくばベスト5までくる可能性はあり得ると思ってます。この監督で降格したら、エスパルスの未来は暗いですよ。それはあってはならん事ですけどね。

そして、残留ラインは勝ち点44プラスマイナス2と読んでます。エスパルスは最後から6試合はハードルがきついから、早く勝ち点44到達してほしい。


下記の写真の表でロティーナ監督仕様(写真はクラモフさんの時)を作ってあります。Jリーグが開幕したら、エスパサポの皆さん、全力で応援しましょう!選手の皆さん、けがだけは気を付けて!シーズン終了後に喜びたいです。今年は○が多くつくといいなあ~

Cimg0679_20210225211701

2021年2月23日 (火)

Jリーグ開幕前、緊急アンケート!

今週末、いよいよJリーグが開幕します。

今シーズンはJ1は20チームとなり、シーズン終了後の下位4チームはJ2に自動降格、という例年以上にサバイバル感が漂います。

個人的に以下の表を作り、素質論で対象チームの監督のバイオリズムを出して、シーズン中は対象チームを追跡していきます。100%バイオリズム通りとはなりません。あくまでも参考程度ですが、対象チームの浮き沈みを知る事ができます。Cimg0679_20210223185001

今のところですが

J1は清水エスパルス
J2はギラヴァンツ北九州
J3は藤枝MYFC

この3チームは決まってます。J1、J2で残り1チームを決めたいのですが、皆さんはどのチームがいいですか?J1はアビスパ福岡と徳島ヴォルティス、J2はジュビロ磐田が優勢です。

ブログを見た皆さん、Jリーグに興味がある方、応援しているチームがある方、ぜひコメント欄にチーム名(複数でもOK)を書いてください。多いチームを優先してシーズンを追っていきたいと考えてます。まれにバイオリズムが全く同じケースもありますので、その時は諸事情を考慮して次点のチームにします。


たくさんのコメントお待ちしております!

2021年2月14日 (日)

リクエスト検証!なぜ、ロティーナ監督が率いたチームは躍進できたのか?

プロ野球もJリーグも球春で、各地でキャンプを張り練習も試合も熱気を帯びています。予定通り開幕できれば、Jリーグは2月26からです。
各チームとも監督が変わり、選手が変わり、26日の開幕に向けて臨戦態勢を整えています。

我らが応援する清水エスパルスも監督が変わり、選手も大幅に変わりました。そして、今回の検証人物はもちろんこの人!


ミゲル・アンヘル・ロティーナ

なぜ、ロティーナが率いてきたチームが躍進してきたか?← これは、皆さん知りたいですよね。

サッカーでは監督が変わると低迷していたチームが躍進する事は珍しくありません。東京V、C大阪もあそこまで躍進してしまう事には、サッカーを抜きにしても興味深かったですし、私も注目してました。

こういう時こそ素質論の出番という事で、ロティーナ監督を検証してみました。


ミゲル・アンヘル・ロティーナ:100-125-100-1008-J-g-h

東京VとC大阪の躍進は、やはり偶然ではなかったですね。躍進できた秘密は、ロティーナ監督の素質が影響してますね。ロティーナ監督のコメントやインタビューを聞いていても論理的な口調が印象的でした。

「正しい判断と複数の選択肢を持たせる、正しい判断でプレーを支配できる選手にならなければ、競争の激しいエリートの世界で生き抜いていけない」


ロティーナ監督の持つ素質タイプ100は物事を細部に至って完璧に仕上げたいという性質、頂点を目指すために細部にこだわる、95点じゃダメ!100点にこだわる所。素質タイプ125は、仕事においてはリアリズムさを求めるところ、また、1つの選択肢だけではなく、複数の選択の中から現実を見て考えたい特徴があります。

コメントからもわかるように、選手に求めるものはレベルが高そうですよね。なぜ、ここまで求めるのでしょうか?

それは、ロティーナ監督の持つ素質コア1008の部分です。1008を持つ人が、満足する事はあまりありません。また、深層心理では自分自身が常に高い評価を受け続けたい、もしくは高い評価を受け続けられる人、チームになってほしい。そんな思いがあるからなのです。だから、厳しくなる、要求も高くなる、理詰めで論理的にもなるからです。

でも、エスパルスの選手は、理詰めくらいがちょうどいいかもしれません。

ロティーナ監督は、本を読む事もあるのですが、ジャンルは小説やノンフィクション、または歴史も好きらしく、敵対する国に勝つためにどんな戦術、戦略で戦いに挑んだのか、それはそれでサッカーにつながる部分もあって面白いと思うそうです。


◎躍進させてきた秘密はロティーナ監督の組織を築く力


躍進の秘密は、ロティーナ監督の持つJ-g-hにあります。Jを持つ人は、反省心がとても強く、判断力、分析力に優れている面があります。勝っても常におごらずですね。当然エスパルスが、なぜ失点が多いのか?も分析済みだと思いますし、エスパルスの歴史や市民にとってどんな存在なのかも勉強しているかもしれません。

Jに続くg-hはポテンシャルと呼ばれ、その人の潜在能力を示しています。g、hも組織やチームを持った時に力を発揮できる素質です。ポテンシャルgは、組織拡大、組織開発、人材運用力、チームを強くできる、選手を上手く使う事ができる能力に長けています。

ポテンシャルhは、組織やチームを統合する力、管理力に長けています。例えば、チームに不満を持つ選手がいたとしても、不満をすくいとったり、様々な意見を拾い、修正しながらまとまていく事ができます。管理や育成はお手の物です。

つまり、ロティーナ監督は組織やチームを強くする能力に長け、かつ、チーム内も引き締め、選手たちの特徴、能力を把握して1つの目標に向かわせることができる優れた監督なのです。これがロティーナ監督が率いたチームが躍進した秘密で、ロティーナマジックの種です。シーズンが始まれば、東京V、C大阪とは違ったエスパルス仕様になっている事でしょう。


◎最後に・・・信念を感じると思ったロティーナ監督のコメント

「大事なのは選手、どんな選手がいて、トレーニングしたいと思えるか。条件のよいオファーでも魅力的な選手がいなければ、私はその仕事は受けません」

大事なのは人であって選手、今いる人達で結果を出す。適材適所で人を活かし、チームとして機能させれば人もチームも強くなる。これがロティーナ監督のチーム作りに対する信念だと感じました。


今シーズンの清水エスパルスの躍進を期待したいと思います。


2021年2月12日 (金)

静岡県民は朝型です

静岡県民は朝型の生活を送っている人が多いです。

Cimg0343




総務省が5年毎に行っている社会生活調査というのがあります。この調査結果によると、私が住んでいる静岡県は平均朝食開始時刻が、午前6時55分で全国1位、また、平均起床時間も午前6時18分で岩手に次ぐ2位です。調査結果から静岡県民は他県に比べて朝型傾向であることが立証されました。


・静岡県民が朝型になりやすいのは、こんな背景があります。

例えば東京、大阪、名古屋等の首都圏、都市圏で午前中に大事なビジネスの商談があったとします。そうすると、朝一番、二番の新幹線に乗らなければ間に合いません。高速バスを利用した場合もしかりです。だからと言って、上京して前泊するかと言われれば、前泊するには微妙な距離なんですよね。普段より早く起きて、新幹線に乗れば間に合います。この事例ですと私も含めて、ほとんどの静岡県民がそうだと思いますが・・・

山梨や長野へ行く時も、普段より早く起きて移動すればいい、そのくらいの考えなんですよね。浜松から名古屋、大阪方面へ行く時も、沼津・三島から東京方面へ行く時も同じ考えです。

朝食時間も早ければ、起床時間も早くなりますよね。


もう1つの理由は、小・中学校の朝活があるからかもしれません。もしかしたら、他県の小・中学校もあるのかもしれませんが、静岡市は朝7時30分くらいから小学生は、校庭で運動したり、遊んだりしています。当然ですが、親も早く起きて朝食の支度をしなければなりません。

 

余談ですが、藤枝には「朝ラー」と言って、朝にラーメンを食べる習慣すらあります。これも実は理由がありまして、新茶のシーズンになると茶業の関係者は朝3時、4時から仕事をします。ちょうど小腹が空く時間が朝7時~9時くらいです。皆さんが、朝起きてからランチをする時間までと同じくらいの時間です。


・地方都市ですが、朝活も盛んですよ。静岡県民で気になった人はFBやグーグル等で検索!

ゆるい朝活 静岡駅で朝食会(静岡新聞さんが取材に来ました)

美女揃いの藤枝朝食会(男女比が男2:女8)

和気あいあいで賑やかの藤枝あさかつ!(ジョイフルのモーニングファンになりました。)

1週間の予定は、日曜の朝から始まる  週末カフェ


私は、朝活に参加しますが、朝活に参加する人で悪い人、人相のよくない人にはあまり会いません。それは朝活に参加する人達の雰囲気や意気込みがそうさせていると思います。

考えてみて下さい!休日でも仕事前でも、わざわざ朝早く起きてそこに参加する人達は、ちょっと変わっている人ですよね。前向きでいい人達でなければ、まず参加しようと思いませんよ。


静岡県民の人のよさは、気候が温暖、のんびり主義の他にも朝型の生活にも起因しているかもしれません。素質論以外の要素でもその人が育った「地域性」は、クライアントが抱える問題に起因しているケースもあれば、解決の要素にもなる、大事な要素です。交流会等で他県出身者にお会いした時、ぜひ色々なお話しを聞かせてもらえればと思います。

2021年2月 6日 (土)

あけましておめでとうございます!

今年は2月2日節分でしたので、立春はその翌日の2月3日です。

素質論では、その人が生まれ持っているバイオリズムを知る事ができ、そのエネルギーの変換が大きく変わるのが立春の日なのです。そして、バイオリズムのエネルギーは日々変化します。

このバイオリズムエネルギーを素質論ではタイムコードと呼んでいます。私の場合は、今年はタイムコードで年間を表しているところが5(インタラクション)から6(プロフィット)になりました。一言で言えば、今まで積み重ねてきたことが収穫となって表れやすい年でもあります。


まだ、年が明けて3日しかたっていませんので、何とも言えないですが、例年よりは自分の思い通りの行動ができる年なので、コロナ禍ではありますが、積極的に行動を起こすほうが良い結果をもたらしてくれると思っております。期待通りの結果が出せるように、持てる力をフルに発揮して臨むことも大切だと思います。

何となくではありますが、闘志が宿ると言いますか・・・・ 体から湧いてくる力みたいなのを感じる時もあります。これが続いてくれたら何でもできそうに思うかもしれません。パワーを持続させるためには、適度な休息も必要ですよね。


ただ、調子がいいと人間は謙虚さを忘れてしまうもの。周りにも協力してもらわなければいけない時も出てきますので、細かい配慮と感謝の気持ちは忘れないように過ごしたいです。


私の事はさておき・・・


先日、アドバイスの依頼がありまして、タイムコードに関する相談でした。その方は今年は7(エクスパンション)の年です。エクスパンションは、いい方に振れる時はいい方に、悪い方に振れる時は悪い方に、手の打ち方を少しでも間違うと取り返す事に苦労します。いい方から悪い方へ、悪い方からいい方へ、振れ幅が大きくて対応にも苦心します。

事によっては、全くの想定外であれば、パニックになってしまい、対応が遅れ、事業に支障が出たり、頓挫する可能性もあるかもしれません。

アドバイスの内容は、個人情報も含みますので公開できません。

クライアントだけでなく皆さんにとってタイムコードを知る価値は、起こるかもしれない不測の事態を予測出来て、それに対する心構え、対策ができ、心の準備もできる事にあると思います。

このように心の準備ができている事をカウンセリング用語で「レジネス」と言います。


タイムコードは運勢ではありません。運勢と捉えてしまうと、流れが悪ければ何もしようとしません。確かに、失敗のリスクを避ける考えも理解できます。しかし、どの程度までがリスクかという事を考えられれば失敗を防ぐことも考えられるはずです。例えば雨が降るとわかっていれば傘を持っておく。傘を持っておくことで、ずぶぬれになるリスクは避けられますよね。


タイムコードに翻弄されてしまうと、対応も後手後手になってしまいます。逆に、タイムコードを知り、活かすようにすると、対応も先手になり、攻めどころ、守りどころも理解できるようになります。

人生のタイミングを活かして生きぬくようにしたいです。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »