2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月27日 (水)

ブログを書き続けてきた理由

記念すべき第1回を書いてからもうすぐ10年経ちます。

そのブログがこちら
http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2011/02/1-4cfa.html

読むと、青臭い事も書いてあって恥ずかしい気持ちにもなってしまいます。


時代を感じるのは、10年前はまだmixiがあったんだよね。始めは、mixiの日記の中で書こうと思っていたのですが、たまたまココログのアカウントが残ってまして、今まで書いていたプライベート日記を全部消して素質論ブログ専用にしました。

いきなり文章を書くことも抵抗がありましたので、最初はmixiの日記で練習してました。文は書かないと上手くならないですし、書けるようになるためには、常に日頃の生活、仕事などの出来事に対してアンテナを張っていないと言葉が出てこないんですよね。


あの時に考えた事、思った事を言葉にしておきたくて、もしかして、このブログで取り上げた人が有名になるかも、そんな思いを活字にしたくて・・・ 胸にしまってブログを立ち上げてみました。

今でこそ、毎週何かしらの事は書いてあるけど、ブログを立ち上げて1年目なんて、10本も書いていないかもしれない。

よくある言い訳で

「忙しくて書けなかった、書く時間がない。」

はい!まさにその理由。このままだと立ち上げて終わってしまうので、何か思いついたら書こう!と心に決めて、気が赴いた時だけ書いてました。

気が赴いた時でもいいけど、せめて月刊で更新できるくらいにできないかな。人間って、物事ができるようになってくると、欲が出てくるんですね。思いだけだと、また更新が止まってしまう可能性もあります。その時に思いついたのがブログのタイトルを変えてしまおう!そこで思いついたタイトルが


「月刊!素質論」

月刊だから、月に1回以上更新すればタイトルとしては成立です。月に2、3回くらい更新してました。このタイトルでブログを書いていたのが6,7年前です。ちょうど、この頃から匿名で○○さんの件を検証して下さい、とか、○○さんの発言は○○さんの素質とどのような関係があるのか、検証してもらえませんか?匿名でちょいちょいメールが来て、それにお答えしてた頃でした。

アドバイスやカウンセリングの依頼もありまして、時折、ブログを見てますよ。というお話をいただくこともありまして、意外にも皆さんが見ててくれているのだと実感しました。このブログが縁で、お客様になった方もいらっしゃいますし、色々な所、地方にお呼ばれされたり、ご縁にも感謝しております。

そして、今では週刊!素質論のタイトルで、とにかく毎週何かしらの発信をしていこうと決めて取り組んでいます。


記念すべき第1回のブログの締めの文章には


「やるべきことを見極めて、人生の質を上げて生きていこうと思います」

と書いて締めてありました。あの時から成長したのかな俺?それは、自分ではわかりません。周りの方々に判断してもらおうと思います。ただ、あの頃と比べたら積み重ねた事はたくさんあります。積み重ねた事を少しずつでいいから、お返しできるものは皆さんにお返しして、少しでも皆さんの人生に役立てられれば最高です。


そのために、日々研鑽を積んでいこうと思います。これからもよろしくお願いいたします。

2021年1月20日 (水)

世の中に意志が強い人はいない②

前回の続きです。

前回ブログ 世の中に意志の強い人はいない①
http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2021/01/post-3ae93c.html


周囲との環境によって誰でもとる行動は変わってきます。

例えば、あなたは意志が弱いという自覚があるとします。この時の気持ちは「どうせ自分には無理、続かない」というように可能性を限定してしまいがちです。

逆に考えれば、いい習慣(決めた事を継続できる)を身に着けたかったら、それなりの環境を整える事、もう1つは自らがモチベーションが上がるポイントを把握することが大事です。

「意志が弱い」という自覚があるとするならば、それがどのような場面で意志が弱い行動を取っているのか、自分の行動を観察して記録してみる。そうする事によって、置かれている環境が問題なのか、モチベーションが問題なのか、両方なのか、の見分けはついてきます。


◎継続に必要なのは決意よりペン!

仕事でもダイエットでも何かを続けるために、強い決意が必要だと思い込んでいる人は多いのではないでしょうか?どんな人でも今日からできる方法が1つあります。記録する事です。

私は、継続に必要なのは決意よりもペンだと思ってます。私も記録している事があります。それは、日々刻々と変わるバイオリズムを毎日記録して、今日の自分はどうだったのか、体調やその時の精神状態、その日に起こった出来事を簡単に記録しています。

記録することには、多くの人が想像している以上の効果があります。それは思い込みではなく、自分自身を客観的に分析できたり、記録する事によってある種の達成感を得やすくなる利点もあります。もし、うまくいかなかったとしても戦略を変えて、その結果を記録する、記録と分析の繰り返しで自分に合った続け方、自分にあった環境、モチベーションの上げ方を発見できるのです。

ベクトルH、Eの人は記録する事自体は嫌いではないですよね。ベクトルHの人は記録する事自体が好きですし、ベクトルEの人でしたら、記録して成果が出てくるとモチベーションが上がってきますよね。

では、細かい作業が苦手なベクトルAの人は? 今日は何ができたか、項目だけ書いて○×だけにする。気分が乗らない時は無理はしない。それでいいと思います。

どの人にも言えますが、やらなかった罪悪感を感じるなら、書いた用紙、出来た事を眺める方が続ける力になりますし、モチベーションも上がってきます。


あなたの継続している姿を見て、周りの人があなたの事を意志が強いか弱いかを決めているだけなのです。

2021年1月14日 (木)

世の中に意志が強い人はいない①

週に1回のブログ、週刊!素質論も始めてから4年半です。このブログを見ている人から、いしかわさんは意志が強いですね~ 毎週続けられますね~ と言われる事があります。

私にそのような声をかけてくれる人は、私の事を意志の強い人間であると認めている事になります。

私は、素質論を勉強し始め、様々な場面における人の性格や特徴の検証を続けて10年以上になります。素質論基礎理論で使用するテキストを見ても、このタイプは意志が強い、弱い、という言葉や文はありません。つまり、行動科学の観点から言えば意志が強い人、弱い人は存在していません。


では、何がその人の意志が強い、弱いを決めるのか?

それは、その人の性格だと思います。性格は、その人の行動を観察した結果、行動の傾向を分類してまとめた概念にすぎません。

例えば、素質タイプ888を持っている人は、体の調子がよく、気持ちが乗っている時は陽気に声をかけてくれたり、歩き方を見ても軽かったりします。その行動を見た人から見れば「明るい性格」と思うでしょう。

しかし、それらの行動は環境によって影響されます。先ほど事例で挙げた素質タイプ888の人も仕事でミスが重なったり、営業先、得意先で怒られる事が多くなれば、笑顔が減り、声のトーンも落ちる事もあるでしょう。

性格と行動の関係は、川の流れに例えるとわかりやすいかもしれません。ゆるやかに流れる川と流れの激しい川があります。流れの速さの違いは、傾斜の角度と地形の違いです。人の性格もそれに似たような所がありまして、


「周りの環境によって、誰でもとる行動はいくらでも変わります」

素質論では一面性だけに捉われず、その人の多面性を理解しましょう、という事を提唱しています。自分が本当にリラックスして物事を考えられたり、オープンハートした時に出やすいファーストエレメント、初対面であったり、まだ対人関係が浅い、建て前で人に見せようとするときに出やすいセカンドエレメント、集中した時や突発的な出来事に対応する時に出やすいサードエレメントの3つがあります。

この3つのエレメントは、周りの環境、置かれている立場によって、変化します。だから、行動はいくらでも変わってくるわけです。


人には多面性がある事を理解しておく方が自分にも自分以外の人にも気持ちの余裕を持てるようになります。


世の中に意志の強い人はいない②に続きます。




2021年1月 5日 (火)

風の時代の生き方

あけましておめでとうございます!

巷でよく言われている、今年からは「風の時代」の到来だそうです。風の時代の由来を簡単に言いますと

「2020年12月22日、木星と土星が最も接近するグレートコンジャクションが起こりました。占星術の世界では200年以上続いた地の時代からの大きなターニングポイントで、それによって人々の生き方、価値観が大きく変わる」

詳しい事は、占い好きの人に聞いてもらうか、ご自身で調べていただければわかると思います。


さて、風の時代と言われる時代に突入したわけですが、無責任な雑誌の占いコーナーに目を通すと

「何か新しい事を始めてみましょう」
「今のままでもいいですよ」
「自由に好きな事をして生きられる」

とか、ゆるいスピリチュアル系の一文が多いです。幸運を呼び込むアイテムとか色とか・・・ 何を根拠に言ってるんだ!(怒)って思います。

このご時世ですが、どうか皆様! 開運という言葉には惑わされないように。


風の時代、風の時代と言われていますが・・・私は、疑問を感じてます。

それは、どんな風が吹くのか?という事です。どの占い系、どのスピ系の記事を見ても、どんな風が吹くか?までは書かれていません。そこまで言及できないよ!というのが、この人たちの本音だと思います。だからこそ、私たちは自分にどんな風が吹くのか?をイメージしておく必要もあります。

風と言っても追い風、向かい風、横風、ななめ風など、風の方向性。

熱波、寒波、上昇気流、ダウンバースト、つむじ風など、風の種類もありますよね。


あなたにとってどんな風が吹くか?もわからないのに、あたかもあなたに追い風だけが吹くような事を言ったり、書いたりしている人もいます。本当にスピ系の雑誌は要注意です。ただし、私自身は、あなたが何かを始める事に反対ではありません。風の時代になって、どう生きたらいいのか?ですよね。


◎風の時代の生き方

あくまでも、下記の箇条書きは私の考えです。参考にできる事は参考にして下さい。思いっきり無視したい人は、無視でOKです。

①何かを始めるならば、しっかりとした自分、自分軸が必要。自分に興味を持ち、自分を知る。
②本物である事が大事。本物になる事を目指し、自分自身を育てて鍛える。
③やるべきことをキチッとやる。マインドが大事で、自分自身をしっかり持つ。自分という存在が世の中でどんな役に立つのかを真剣に考える。
④物質的な根ざし(例えば、居を構える。モノを持つ、など)には、あまりこだわらなくても大丈夫。むしろ、精神的な根ざしが必要。
⑤独占はダメ、一人勝ちよりもみんなで勝つ!

ちなみに①は、素質論アドバイス・カウンセリングで答える事もできます。

もし、あなたが実現したいことがあったとして、向かい風であっても、自分をしっかり持っていれば前に進むことができますし、横風であっても軌道修正ができますよね。

これも私見ですがおそらく、風の時代は本物である事が大事であって、本物しか生き残れないのではないか・・・と思ってます。だからこそ、私も皆さんから本物と認められるように精進して参りたいです。


それでは、本年もよろしくお願いいたします。

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »