2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月28日 (土)

検証!木内マジックの種

木内幸男氏

アラフォー アラフィフ世代で高校野球好きの人なら一度は聞いた事がある方だと思います。この世代で高校で野球部に所属していた人のほとんどは知っているでしょう。

高校野球界では超有名人です。そして名将中の名将でもあります。

簡単に経歴をお話しますと、甲子園は夏4回、春2回 全国制覇を3回、茨城県の甲子園勝利数のうち半分は木内監督で勝利したものです。高校野球ファンの間で語り継がれているのは、木内監督が取手二高の監督だった1984年夏の甲子園当時2年生のKKコンビ(桑田、清原)擁するPL学園との対戦で勝利して全国制覇は伝説にもなってますよね。


私自身は、今でこそですがメジャーで活躍しているダルビッシュ投手率いる東北高校との決勝戦で勝って優勝、この試合の方が印象に残ってます。リアルタイムで見ましたが、当時から超高校級と言われていたダルビッシュ投手に、確かバントなしの強硬策オンリーでもぎとった優勝だったんですね。木内マジックの凄さが強く印象に残ってます。


でも、どんなマジックにも種は必ずあるものです。今回は、木内監督の素質を検証してマジックの種を明かしていこうと思います。

木内幸男:012-789-789-0125-J-h-d


私は、高校で野球部に所属していましたので、甲子園の試合も見ていましたが、常総学院が勝って木内監督へのインタビューの時、何か勝負師とは違った顔からにじみ出る人柄の良さは、ベクトルHを持つ人が見せる笑顔です。

木内監督と対戦した監督から見た「木内マジック」は、
・大胆な用兵や戦法
・読みが当たる
・選手をうまく操縦する
・監督の意図とする野球を選手が理解している


ですが、木内監督の教え子からは

「采配は当たり前の事しかしない人」だそうです。

ここに木内マジックの種があり、その種は木内監督の素質が影響してます。素質タイプ012、789はベクトルHに属し、ベクトルHの人が行動を起こす基準は「なぜ、どうして?」などの理由がわからないと、行動を起こしにくい一面があります。

選手起用に関しても、それなりの理由と根拠が必要なのです。素質タイプ789は積み重ねや経験をすることによって確実に能力を伸ばしてきます。野球には勝ち負けが必ずあります。試合に勝つ経験を選手にたくさんさせて、監督として勝ってきた実績を積み上げる事によって、より自分の采配に自信が持てるようになったのではないか、と私は思ってます。

また、素質タイプ789は経験を積み重ねる事によって自信を得ていくタイプでもあります。たくさんの経験、実績を積み重ねているからどんな事が起きても対応できる、不安がない、不安がないから相手からすれば大胆な作戦に映る。でも、自分たちは当たり前の事を当たり前にしてるだけ。


なぜ、このようにギャップが出るのか?と言えば、その種はJ-h-dの部分にあります。まず、木内監督の持つベースポテンシャルJは判断力や分析力に優れています。選手を見る目、自分のチームの選手の個性、コンディション状態、対戦チームの状態、グラウンド状況、全国大会なら審判、試合時間の長短、その日の天候など多岐にわかれます。

それに続くポテンシャルhは、チームやグループをまとめる力に優れており、まさに育成なんてお手のもの。上手くチームやグループ内にある意見をまとめたり、モチベーションを上げていくのが得意なんですよね。ポテンシャルdは観察眼に優れています。

だから、木内監督が自分のチームの選手だけでなく、相手チームの選手もよく見ているのは素質からもうなずけます。マジックの種を示唆するコメントが

「上手いやつはそのままやらせて、下手なやつに回ってきたら、上手いやつに代える」

これが、相手から見ると大胆な作戦、用兵に映り、自分たちからすれば当たり前の事を当たり前にしているだけ。それを可能にしているのは、木内監督の観察眼であり、分析力、判断力、組織をまとめる力ですよね。そして、大会で勝ちあがってくるからいつしか「木内マジック」と呼ばれるようになっていた。私は「木内マジック」の真相はそう考えております。


最後に、高校野球界の屈指の名将にお悔み申し上げます。

2020年11月19日 (木)

金運がいいと言われたら

紅葉のシーズンですね。今週が一番いい時期だと思います。

私は行きませんが、GO TO トラベルのキャンペーンを利用して観光地へ行く方も多いと思います。

紅葉を見に、山へ行く方もいれば、神社や寺院にお参り行くと同時に、その境内にある紅葉を楽しむ方もいるでしょう。


神社、寺院に行くと、ほぼほぼあるのがおみくじ。運試しに引きたくなってしまいますよね~


おみくじを引いて「大吉」と書いてあれば、後の旅のテンションも上がりますよね。グループならば、なおさら盛り上がると思います。そして、もう1つ盛り上がる要素は「金運」ですよね。

「金運」がいいです。と書かれていたら、皆さんはどう解釈しますか?

・宝くじやロトの高額当選が当たって大金が入ってくる

・臨時的にお金が入ってくる

・事業を営んでいる方でしたら、事業がヒットして莫大な収入につながる


上記に書かれている事をイメージすると思います。


「金運」「運」は音読みはウン、訓読みにぶをつけると運ぶです。金運を漢字の読み通り解釈すれば、お金を運んだり、運び回るわけです。

つまり「金運がいい」というのは、適正にお金が入ってきて、適正にお金が出ていく事なのです。

適正にお金が入ってこなければ、適正にお金を出せません。嫌かもしれませんが、お支払いもできないわけです。私たちがお支払いをしたもので食べている人たちもいます。もちろん不用、不当なお支払いはする必要はありません。

この時期に入りますと、事業者の年間バイオリズムに関してのアドバイスが増えてくる時期ですが、

「来年の金運はどうでしょうか?」

と聞かれる事もありますが、素質論で金運がいい、悪いは答えづらいです。なぜか、と言いますと、お金に関して、細かく言いますと金額の大きさは、その人によって全く解釈が異なるからです。

また、この色を身に着けると「金運」がよくなる、とかそのような本、そのような事を言っている人もいますが、

ハッキリ言います!それは何も根拠がありません。検証もできていません。


「金運がいい」と言われたり、おみくじに書かれていたら、適正にお金が入ってきて、適正にお金が出て行っているんだなと思って下さい。お金のいい流れができていると解釈する方が、周りに惑わされることはないでしょう。

一攫千金で大金が入ってくる、と解釈を改めていただけると幸いです。

2020年11月11日 (水)

喜捨

喜捨

この言葉は仏教用語です。読んで字のごとく喜んで捨てると書いて「喜捨」なのですが、意味は寺社ではお布施という意味もありますし、慈善的な善意という意味もあります。

また、イスラム教、ヒンズー教にも喜捨の精神はあるようです。イスラム教では、ザカートと言われ貧しい人に寄付をする慈善活動があります。

それはさておき

タイトルにある喜捨。実は、私も喜捨しています。何を喜捨しているか?

4年前からですが素質論講座の料金、素質論アドバイス&カウンセリングの料金の2%は寄付する事にしています。寄付するところは、その年によって違いますし、合算してまとめて寄付した事もありました。


私は、嫌々寄付しているわけではありません。少しでも世の中が良くなるように、寄付をしたところが少しでも良くなるように、喜んでお金を捨ててます。

寄付したところが、適正にお金が使われているかどうかなんて、私にとってはどうでもいい事です。極端な話、管理団体の飲み代に使われていても構わないです。それなら、君たちの飲み代に使ってくれ~みたいな感じで出す方が後悔はしないかもです(笑)

これで、何か見返りを得ようとするのではなく、喜んで差し出す。捨ててるわけですから、何か還ってくるわけではありません。

私の中では、時々でいいから何か差し出す行為はとても大事な事だと思っています。


そうでないと、何でも抱えそうだから。


最近の事ですが、ギフトというカードゲームの体験会を開きましたが、ギフトも喜捨の精神かもしれません。ギフトのタイトルが

「与えて与えてみんなで勝つ」

ですからね。カードゲームギフトの件は下記のブログに書いてあります。興味のある方はご覧になって下さい。

http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2020/11/post-9575eb.html


素質論のタイムコードでも、できれば、気持ちに余裕があれば寄付をした方がいい時期があります。その時期は思いっきり自分のバイオリズムがいい時期、最もバイオリズムが悪い時期です。最もいい時期は、何となく理解できると思いますが、最も悪い時期は解せない方も多いと思います。

そうですよね。最も悪い時期の出費は、確かに気持ちは普段の倍以上に気持ちが沈みますね。心掛けとして

「これまでの恩返し」と心掛けたほうがスッキリします。

こんな世の中でなかなか実践することは、難しいかもしれません。まあ、難しいかな・・・


できる事から実践しようと思います。

追伸:考え方や価値観の違いで、寄付と喜捨は行為やニュアンスが違うと考える方もいます。このブログは、私の考え、実践してきたことについて書きました。その点はご了承下さい。







2020年11月 2日 (月)

カードゲームギフト体験会を開催しました!

私自身もこのカードゲームの虜になったのは、カードゲームギフト体験会からでした。

その時の様子は・・・

このブログに書きました。http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2020/10/post-3a806b.html


そして、今回は自らが主催です。きっかけは、このカードゲームを開催したいと、掛川Sキューブのオーナー様に打診したら

「ぜひ!開催して下さい!」

と即答をいただき、今回の開催に至りました。開催場所が掛川という事情もあり、今回は県西部にお住まいの方を中心に声をかけ、またコロナ禍でもありますから最大で8人までという人数で開催しました。


ただ、開催当日まで自分を含めて2人・・・ 2人ではゲームにならないので、中止も頭の中によぎりましたが、願いが通じたのか、開催数分前に2名ご参加いただけることになり、合計4人。本当にK野さん、K野さんの甥っ子には感謝です!ゲーム会が開催できたことにまさに写真の中にオールサクセスでした。

Cimg0675

このカードゲームギフトですが

「与えて与えてみんなで勝つ!」

がコンセプトの新感覚のカードゲームです。カードゲーム、ボードゲームの大半は、一人勝ちをメインにしたゲームが多いように感じます。もちろん、それは十分に楽しめるゲームばかりですし、どうして勝つか?という思考力の強化にもつながります。カードゲームギフトも一人勝ちを狙うゲームは用意はされています。

自分が最初に勝てば「やった~!」という満足感を味わうことはできるでしょう。

しかし、カードゲームギフトが他と違う所は、コンセプトにある「与えて与えてみんなで勝つ」というものです。みんなで協力して勝つ、ミッションを達成するというところです。

Cimg0672

そもそも与えて与えてみんなで勝つ? そんな事がカードゲームでできるのですか?

答えはYESです。できるのです!

達成するために、皆さんで知恵を出して協力し合うのです!ミッションを達成すると全員が満足感、達成感、高揚感、一体感を味わうことができますよ。ミッションを達成すると、ハイタッチが生まれます。

私が、このゲームを通して感じたのは満足感、達成感、高揚感、一体感もありますが、思いやりと洞察も大事と感じました。

ゲーム中も赤をコミットした人には、自分が持っているこのカードがないと上がる事ができない・・・とか、ここでこのカード出してくれたら有難いんだよな~と思っていて、そのカード出してくれたりとかね。初めて会った人同士なのに、こうも通じるものか・・・とそんな心が温まる局面が何度もありました。

思いやりと洞察、大事ですよね。それもこのカードゲームで学ぶこともできます。学ぶというより感じる事かな。

他にも目的思考力、空間認識力、瞬間判断力、全体調和力の4つの力が遊びながら養われていくのです。これ、すごいよね!!


このブログ読んで、参加したい方、体験してみたい方がいたら、ぜひ参加してください!! みんなでオールサクセス目指しましょう。


今度は、静岡市内か浜松市内で開催しますから。今回は4人でしたが、次回は倍の8人くらいで。席替えしながらゲームしたら、きっと盛り上がると思う。お楽しみにしてください。イベント立ち上げたらFBで発信します。





« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »