2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 最近 | トップページ | 検証!自民党総裁選 3人の候補者 »

2020年9月 4日 (金)

リクエスト検証!鹿島アントラーズ 内田篤人選手の引退会見

日本代表サポも、鹿島アントラーズサポも

「まだ、できるだろ!」 「まだ、やれるだろ!」

内田選手出身の静岡県、エスパサポからは

「現役続けて」 「エスパルス来て!~」と思ってます。 まだ、早いんじゃない!?と思うくらいの突然の引退発表でしたね。

日本代表サポかな? 鹿島サポかな? それとも静岡県民からかはわかりませんが

「なぜ、内田選手は引退を決めてしまったのか?」

を検証してくれませんか?というリクエストがありました。ゲキサカの引退会見文から、内田選手の引退を素質論で検証してみました。


内田篤人:024-000-025-0248-E-e-j-2-6-1


私が、ゲキサカの引退会見文を読んで印象に残った点は3つ

①「自分をセーブしながら、プレーしてきたのは変な話、試合に出る出ない、試合に勝つ負けるよりも自分の中ではすごくつらかった」

②「練習中もケガをしないように、少し抑えながら、ゲームでも少し抑えながらが続いた。中略
例えば永木、小泉、土居くんとかが、練習を100%やる中で、その際に立つのは失礼だなと思った」


この2文に共通してるのは、内田選手の持つ素質コア0248の部分です。素質コアは、自分らしさの究極の部分で絶対に譲れない核となる部分です。素質コア0248の特徴は、いいものはいい、悪いものは悪い、是々非々、白黒ハッキリとした面も強く持っています。

内田選手のファーストエレメント024もプロ意識が強く、行動、実践に全力投球して自分の存在感を示す傾向があります。つまり、内田選手に「妥協」という文字はないのです。身も心も100%の状態ではない中で、練習を続けいくうちに、心の中で収まりがつかなくなっていた事が考えられますし、そこだけは、どうしても譲れなかったと考えられます。

そして①、②の文脈と素質タイプ024のプロ意識、素質コア0248の是々非々が、内田選手の深層心理の部分で引退に気持ちが傾いたのではないかと思われます。ヤフコメ等の中には、鹿島以外のJ1チームで・・・ カテゴリーを下げてJ2のチームでも、というコメントが散見されました。

しかし内田選手にとって、100%の状態で練習できない事が何よりもつらい事をであって、鹿島以外のチーム、J2に行けばいいというものではないのです。


3つめは、チーム環境が影響しています。そのことを話していたのが、以下の文です。

③「先輩たちがグラウンドで、やるべきことをやっていたのを見ていました。僕自身、満男さん、ヤナギさん、剛さん、僕が入った年は本田さんもいた。鹿島の選手らしい振舞いというか、立ち姿は自分の中で感じるものがあって、それが今の自分にできていないな」

○○しなければならない・・・とか、○○すべき・・・ 主に仕事関係で表れやすいのはセカンドエレメントなんですね。内田選手のセカンドエレメントは000、カッコよさ、オーソリティーを感じられる環境では、モチベーションが上がりやすい特徴があります。

③の文脈に、そのことを裏付けるコメントとして「鹿島の選手らしい振舞い、立ち姿」という事を話しています。私は、内田選手が偉大な先輩、きちんとしている先輩たちの姿を見本にして、自分もそうなるべきだ・・・という思いが、ここまでモチベーションを保つことができたのではないかと考えられます。

しかし、今の内田選手はそれができていない・・・歯がゆく思っていたかもしれません。


最後に注目したのがタイムコード2-6-1の部分です。

この部分はタイムコードと呼ばれ、人生のバイオリズムエネルギーを表しています。内田選手の今年のタイムコードは2(トライアル)で、気力、体力が落ち込みやすく、生き方や将来に迷いや疑問も感じやすい年でもあります。

拍車をかけたのは、ひざの状態が思う様にならない、100%の状態で練習できない自分、精神的にも肉体的にも追い詰められていたのではないかと想像します。


サイドを電光石火のごとく駆け上がる姿を見られないのはとても残念です。エスパにもきてほしかったですが、静岡県民は内田選手の事をとても誇りに思っています。とにかく今は体を休めて下さい。

お疲れさまでした。


« 最近 | トップページ | 検証!自民党総裁選 3人の候補者 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近 | トップページ | 検証!自民党総裁選 3人の候補者 »