2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« リクエスト検証!鹿島アントラーズ 内田篤人選手の引退会見 | トップページ | 良心会 »

2020年9月11日 (金)

検証!自民党総裁選 3人の候補者

8日の告示、14日開票の自民党総裁選です。国会議員票の7割、8割は菅さんで決まっているという情報もあり、菅さんの圧勝ムードが高まっていますが・・・ それでも14日の開票を迎えるまでは、何が起こるかわかりません。

今回、自民党総裁選に出馬する3人の候補者を素質を調べてみました。意外にも共通点が多い事に驚きました。

菅義偉 789-024-125-7892-J-i-f

岸田文雄 125-108-888-1259-H-f-f

石破茂 012-024-919-0124-D-h-a


共通点は4つあります。①~③まで簡単に解説します。

①三者三様、素質ベクトルH、E、Aを持っている。

これは、時の政治状況、政治日程、世界情勢によって価値観が変わりやすく、国民から見たら朝令暮改のような感じになる。しかし、その状況に応じて何を一番大事にしているかが見えて、その事が当人にとって本当に実現したい事なのか、やらなければならない事なのか、それとも切羽詰まっているのか、スクランブルなのかも見えてきます。

②モチベーションにコンペティション(919、125)パワー(024、888)を持っている。

お三方、権力志向を持っているという事とコンペティションは競争心と言う意味で、ライバルがいないと燃えてこない、売られたケンカは買ってしまうような所がありますね。

③ポジションにアジャスト(125、024、025)を持っている

自分らしさを発揮できる地位の事を、素質論ではポジションと呼んでいますが、ポジションにアジャストを持っている人の特徴としては、短い期間ですと力を発揮しづらい事と、グループ、組織のトップよりもトップと自分を「繋ぐ」位置、またはNO2、番頭の方が力を発揮できる人が多いです。実際にトップに立った時の実力に疑問符がつきます。

④全員、素質ベクトルH(012、025、789、108)を持っている。

次は、お三方の素質を見て、印象に残っている事とこのような立場でいる方がいいのではないか、という私見を述べます。

菅さんの素質コア7892ですが、トップよりも組織の縁の下の力持ちのような地位が力を発揮しやすいですから、官房長官という役職は正に菅さんしかできないと思います。素質タイプ024も125も、先ほど解説したポジションではアジャストなので、トップよりも「繋ぎ」の所ですよね。

菅さんは慎重な性格に見られていますが、私はそう思いません。素質タイプ024と125を持っていますから、いざという時に「勝負」に打って出てくる可能性は十分にあり得ます。現状は5派閥のみこしに乗っているだけで、手段として派閥を利用した一面も考えられます。派閥間の力学が強ければ、菅さんが考える政権運営は難しい、コロナ次第ではありますが、解散に打って出てくる可能性は十分に考えられます。

菅さんは、我々が思う以上にしたたかな政治家です。世間や永田町では、ショートリリーフと見られがちですが本人は来年の10月以降もやる気満々でいる可能性はあると思います。

私は、菅さんの素質が強く出てたなあ~と思うシーンが1つだけあります。少し前に、東京新聞の某女性記者とすったもんだありましたよね。あの件です。

菅さんの素質タイプ789とコア7892の部分です。まず、素質タイプ789は興味のある事はありますが、興味のない事は本当に興味がないし、見向きもしない傾向があります。かつ、素質コア7892は質問に応じて答えられる人をシビアに見る傾向が強いです。私は、この記者の質問力、取材力を見極めたうえで、菅さんが

「そのような質問に答える必要はありません」

と厳しい態度になってしまったのではないか、と思います。この会見を聞きましたが、記者の質問は自分の感想、意見を述べているだけで、質問になっていませんでした。会見の時間も決まっています。記者の質問時間も決まっています。そのような最中で記者の質問は時間の無駄と思ったかもしれません。


岸田さんは、言われている通りで・・・ 私は、今回の総裁選にも自分が出馬する事に躊躇していたと思います。それは岸田さんの持つ素質にあります。岸田さんの素質タイプ108は、おぜん立てをしっかりしてもらわないと前へ出られない一面があります。おぜん立ては、安倍総理のお墨付きですよね。

更に言えば、品行方正のベースポテンシャルHと慎重な面が強いポテンシャルf、私たちから見て、何となく「お坊ちゃん」のような感じに見えてしまうのは、108とベースH、ポテンシャルf、これらの要素が重なっている影響もあると思います。自分が取り乱した姿を世間にも、身内にも見せたくない面も強いんじゃないかなと思います。

今ひとつ、現状を打ち破れないモヤモヤ感も残っているように感じますし、皆さんが思う様に発信力の弱さはこのような一面も影響しているでしょう。

真相は定かではありませんが、ある政治記事によると麻生さんを怒らせてしまい、麻生派の協力が得られなかったとありました。つい、最近まで安倍さんは岸田さんを後継総理に・・・という報道も流れていました。安倍さんの素質をみたところ

安倍晋三:108-555-888-1087-B-d-e

岸田さんの共通部分である素質タイプ108と888がありますよね。もしかしたら、安倍さんにとって岸田さんは、何となく考えが似てるし、ウマが合っていると考えていたかもしれませんから、後継者にと考えていた可能性もあります。

今となっては、それも水泡に帰しています。


石破さんは、総理大臣というより一大臣の方が力を発揮しやすいと思います。なるべくなら専門性の高い分野、防衛とか地方創生の再登板かな。石破さんの素質から見ると、職人気質でとことんやるベースポテンシャルDと自分の意見をしっかり言える強さがあるポテンシャルaもあります。

そのような潜在能力を発揮できる環境として、素質タイプ012の自分がイニシアチブを取れる環境、スマートにリーダーシップを取れる環境ならばOKです。そのように考えると総理大臣で全部を考えたり、取り組むよりも専門性の高い分野の一大臣の方が、力を発揮しやすいのではないかと思いました。

地方票をアテにしているような所がありますが、世論調査では地方票も菅さんに水をあけられています。私は、総裁選の結果次第では自民党を出てしまうのではないかと思います。自民党に居続ける事ができたのは「地方」がありましたし、実際に地方票も獲得していましたから、石破さんにとって地方は、1つの居場所として考えていたかもしれません。


総裁選は、もうすでに決してる感もありますが、週明けの14日に誰が自民党総裁に選ばれるか注視したいです。

« リクエスト検証!鹿島アントラーズ 内田篤人選手の引退会見 | トップページ | 良心会 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リクエスト検証!鹿島アントラーズ 内田篤人選手の引退会見 | トップページ | 良心会 »