2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月28日 (月)

サブスクリプションサービスの罠

略してサブスク。

サブスクのサービスは、うっかりしてると自分でも気づかないちに「まっいいか・・・」みたいな思考停止状態になっています。

継続するのか、解約するのか、ためらってしまうサービスもありますよね。サブスクとは、定額制サービスの事です。

典型的な例でいえば、月額980円で映画やドラマ、音楽が好きなだけ視聴できるといったサービスがよくある事例ですし、ダイエットを頑張ろう!と決めて、入会した月額制のスポーツジムもこれにあたるでしょう。定額制ですから利用すればするほどお得です。逆にあまりサービスを使わない場合は、割高になる可能性があります。

静岡県に住んでいる人ならご存じかと思いますが、実は、私はエニシアの会員にもなっていました。契約時間は朝9時~午後2時までの月額980円のコースに入っていました。エニシアは入った事ある人ならわかると思いますが、施設も豪華で、中のサービスも充実もしており、これで月額980円ならお得だな、と思って入会しました。また、会員になりますと、エニシア主催のイベントは会員価格で、若干お安くなったりもしましたので、しばらく会員でした。


でも、でも、でも、エニシアの凋落ぶりは周知の通りでして、運営が変わってからはイベントが行われる事はなく、そこに行く面々もあまりいいものではなく、程なくして会員を退会しました。

すみません。ちょっと自分事を話してしまいました。


さて、話を本題に戻していきます。サブスクは皆さんの身近にあるという事が、わかっていただけたと思います。このようにハッキリとわかるものならまだしも、巧妙にお得感を出しているものがあります。それは


携帯電話の料金表です。菅さんが携帯料金を下げるぞ!!!!みたいな感じで躍起になっているのは、さておき・・・

皆さん、携帯ショップで携帯電話を購入した時を思い出して下さい。

携帯電話の契約は2年単位の形態が多いですよね。その時、料金プランを掲示されると思います。その時の料金プランは「月額2980円、3980円」と掲示されませんでしたか?

ここがポイントなのです。本来は2年契約ですから2年契約なら合計で7万1520円になり、月額が3980円なら合計で9万5520円になります。ここを敢えて小さな単位に分割することで

「お値打ち感」を出しているわけです。この効果を「デノミネーション効果」と呼ばれています。ダイエットに励んでいる人ですとサプリメントも1日当たりの金額で表示でされている事もありますよね。うっかり深夜のショップ番組を見てしまうと、その気になっちゃいますからね。注意しましょう。

でも、これもデノミネーション効果なんですね。だから、我々消費者は購入する際は分割前のトータル価格を頭に入れて、買い物する事が大事だと思います。

2020年9月25日 (金)

briller交流会

briller

Cimg0669
フランス語で輝くという意味

デジタルな今だからこそ、顔を合わせて話をする事を大切に。

多種多様な商品が溢れてる今だからこそ、素敵な人柄、信用できる人柄を大切に。

一人でも多くの人生を豊かにする出会いと、一つでも多くの確かな情報と商品で、brillerに参加する皆が輝く事を目指す交流会。


すごくいい言葉で、コンセプトが載ってます。でも、写真がぼやけてしまいすいません・・・名刺に書かれている言葉をそのまま打ちました。いい言葉ですよね。何か行ってみようかな~!みたいに感じますよね。


団長からの紹介もあり、実際に行ってきました。会場はこちら

Cimg0667

浜松市の野口町にありますPaoさんの所です。(知っている人もいるかな?)

会場は、本当に静かで落ち着いて話ができる素敵な空間でした。ここでヒーリングやカウンセリングしたら気持ちがいい方向に向かいそうな場でしたし、ヨガでもいいと思いますよ。私が注文したハーブティー、甘みがあって美味しかったです。

コロナ禍で、春先から今まで交流会はあまり参加できませんでした。その間にZoomの交流会にも参加したりしましたが、何か物足りない・・・briller交流会に参加した皆さんも物足りなさを感じていたかもしれませんね。

私自身もそんなモヤモヤもありました。やはり、リアルで会う方が話もしやすいし、人となりもわかってきます。


私自身が、よく異業種交流会に参加しますので初めての方や参加してみたい方に

「交流会ってどんなところ?」って聞かれる事があります。交流会にもビジネス系とそうでない系があります。私が参加したbriller交流会は、まず知り合いやお友達を増やしていきましょう。そんな交流会です。がっつりビジネスでいきなり営業かけられる・・・

ビジネスメインではありません。

地元のお友達やお知り合いを増やしましょう。あなたができない事を代わりにできたり、やってくれたり・・・そんなお知り合いやお友達が増えたら心強いと思います。困ったときのお話相手でもいいですよね。


Zoom交流会も悪くはないと思います。でも、ソロソロ飽きません?ちなみにZoom交流会ですと

・ファシリテートできる人は印象に残りやすい
・話の上手な人が印象に残りやすい
・一目置かれる肩書、役職、社名がある人の方が印象に残りやすい

話したいのに話せなくて、かえってストレスがたまる。そんな事もありますよね。

だから、ちょっと外に出てみませんか?

外へ出て、実際に人に会いに行ってみませんか?

お互いに会いに行ってるから、色々なモノやアイデア、新たなイノベーションが生まれます。そして、何よりも気軽に話ができるから楽しいです!楽しい!とまた行きたくなりますよね。


ブログを読んでbriller交流会が気になる方は、https://briller-meet.com/meeting shizuoka/ で検索してみて下さい。

2020年9月17日 (木)

リクエスト検証!菅新総裁誕生 素質で見る菅総裁の閣僚人事

14日の自民党総裁選が終わり、改めて菅氏が内閣総理大臣に任命されました。そして、組閣も着々と進み、布陣も固まりました。

今回はリクエストをいただきましたので、菅内閣の組閣、閣僚人事について素質論で検証してみようと思います。菅総理の素質は次の通りです。この組閣は手堅く、ディフェンス力が強い、さらにいえば非常に奥が深く、随所に菅総裁の素質が出ています。1つ1つ解説していきますね。


菅義偉:789-024-125-7892-J-i-f


現政権からは、大阪・関西万博の特別措置法に基づき、担当大臣は20人になります。20人の内訳をみると

・初入閣が5名
・前の内閣と同じポストでの再任が8名
・閣僚経験者の再入閣が4名
・ポストを代えて、引き続き閣僚を務めるのが3名

20名のうち15名は、一度は閣僚経験者なのです。

ここが最初のポイントです。ここに菅総理のファーストエレメントの素質タイプ789の特徴が出ています。ファーストエレメントは長期的に関わる物事について考える時は、ファーストエレメントの傾向が出ます。

素質タイプ789を持つ人が、人を選ぶとき、決める時はその人の過去の実績、経験を重用する傾向があるのです。今回の閣僚人事もほとんどが閣僚経験者を起用している点で、789の特徴と符号が一致しています。

過去の実績、経験を重用している点について、少し掘り下げて言えば、岸田派の上川陽子氏(静岡1区)を法務大臣に起用した点です。一部報道では、岸田派からは閣僚ポストの要望はなかった、と報道されていましたが、それでも上川陽子氏を法務大臣として再入閣させたのは、上川さんの過去の実績、法務大臣としての仕事を高く評価した事だと思っていいでしょう。

静岡1区の有権者の皆さん、意外にも女性初の総理大臣は上川さんかもしれませんよ・・・年齢があと5歳若かければ十分チャンスあったけど・・・

自民党の党3役も幹事長の二階氏だけは変えていない。まずは、この内閣で実績で積み上げるんだ!という意思と短命では終わらない意思を感じます。


次に、私が注目した点は各派閥から1人以上、連立のパートナーである公明党からも1人起用している点です。ここには、サードエレメントの素質タイプ125が出ています。125の人は、物事を長期的に考え、コツコツと足元を固める事が上手です。トラブルや最悪の事態になっても乗り切れるリスクマネジメントを心掛けます。


何だ!?昔の自民党の派閥政治そのものじゃないか!と揶揄している方もいるでしょう。各派閥から1人以上、公明党からも1人と、一見バランスを重視しているかのように見えるかもしれません。よく布陣をみると、トラブルは起こりにくいとも考えられますよね。菅総理は無派閥ですから、各派閥から1人以上を閣僚に起用して、派閥の力学を均衡させて安定した政権運営を目指していると読み取れます。

色々揶揄されても「党内基盤」を盤石にすることが長期政権への必要条件です。短命では終わらない意思も感じますよね。


セカンドエレメントの素質タイプ024については、メッセージ性ですね。口先よりもまず行動、実行力、明日からでもすぐに仕事して!なりふり構わず取り組んでいくんだ!というメッセージを感じます。


潜在資質や能力面からも菅総理の素質が出ていますね。ベースポテンシャルJは先人の教えを踏襲したり、知恵のある人の教えを素直に聞く傾向が強く、演説にもあったように「安倍政権を引き継ぐ」というのは、ベースポテンシャルJの影響かもしれません。

Jに続くポテンシャルiとfですが、fは閣僚人事が慎重な点に出ています。iは新しい事が好きだったり、新しいアイデアを出せる人が多い。まさにデジタル庁の創設がこれにあたると思います。ベースJに続いていますから、踏襲を踏まえつつ独自のカラーを出していくのではないでしょうか。

最後は、この人を語るうえで忘れてはならないのが素質コア7892です。このタイプの特徴は一言でいうと

「忍耐」の人です。

「私のような普通の人間でも、努力をすれば総理大臣を目指すことができる」

と演説されていましたが、この事を極めるために、全ての事を犠牲にして。この瞬間のために、耐えて、耐えて耐えまくる!私は、菅総理の言う努力は忍耐も含まれていると思います。縁の下の力持ちからスタートして、忍耐に忍耐を重ねて・・・今は総理大臣です。


私は、これから菅総理のこだわりをとことん出してくるのではないかと思ってます。皆さんは、どうせ来年で終わりでしょ?って思ってるかもしれませんが、ミスさえなければ、長期政権になる可能性もあり得ます。第一関門の閣僚人事は上手くいっているとみていいでしょう。

今は、日本だけでなく世界がバタバタしていますから、安定感を出して、仕事を確実にする事を専念したように思います。皆さんは、今回の菅内閣をどうみますか?


2020年9月13日 (日)

良心会

コロナ禍ではありますが、異業種交流会に参加してきました。

久しぶりに、純度が高い交流会だったな~と思います。まず、ブログのタイトルである「良心会」は、良心を軸とした経営者、リーダーの心から繋がる出会いの会です。

私が、参加しようと思ったきっかけは、
・掛川Sキューブのオーナー様から直接お誘いいただいた事
・良心会とな何ぞや?、
・いつもの直感で何となくお金だけ・・・ビジネスとか・・・強引な営業をする人はいないだろう・・・というカンも働いた


私は、主催者の方と立場は違って、実際に人を雇っているわけではありません。素質論で経営者、事業者の方の人間関係の悩み、相談事に関する事を解決する立場です。参加してもいいのかな?という思いもありましたが、同年代よりも下の方々の思いや意見も聞ける場もそうはないので、参加してみました。

自己紹介ではぎこちなくても、30秒くらい経って、皆さん自分の思いを語り始めるとドンドン熱を帯びて、それがエネルギーとなり次の人にバトンタッチされる、少人数ながらも会場には熱気、活気がありました。純度が高いから、分かりあえるスピードも速いです。ちなみに純度は、純粋度の純度。


参加して、いくつか共感できる事、思いもありました。主催者の方の人のため、世のため、社会貢献活動、どうやって社会に還元するのか?という思い、様々なビジネス展開している行動力に、頭が下がりますし、私も見習わなければなりません。

事業とは社会の課題、誰かの悩みを解決する事だと考えている。この事についても私も全くの同感です。事業として行う意味は

・悪いもの、悪いイメージ → いいもの、いいイメージに変えていく
・よくわからない? → ハッキリ!と世の中に認知させる

私はこのような意味合いもあると思います。


参加者同士で分かれて、各グループごとで自己紹介もしましたが、私よりも若い年代の方が多かったですが、考え方がしっかりしている点、将来に実現したいことをイメージできている点、中にはある程度の道筋をつけて、人を巻き込んで展開してらっしゃる方もいました。

すごいよね。自分がこの年代の時に、ここまで考えもしなかったですよ。

そして、行動力の原点は「夢」「思い」「良心」「志」ではないでしょうか?

・子ども食堂を1つの憩いの場として、様々なつながりから地域に雇用を創りたい
・サウナが好きだから、いや好きすぎて・・・かな(笑) 地元でテントサウナ、キャンプの事業したい
・音楽療法士を目指して、音楽で人の心を治癒していきたい
・閉鎖的な教育業界に風穴を開けてやろう!
・お母さんがスナックで働いていて、自分のお店の開店資金作りのために経営を学びたい
・昔、お世話になった人たちに、成長した自分を見てもらい、自分から少しでもその人たちに還元したい


このような思いを持っていたことは、誰でも多かれ少なかれ、必ずあるはずです。最初から歪んだ思いを持つ人はいませんからね。誰にとっても「夢」「思い」「良心」「志」は理想なのです。私も、もう一度この部分をハッキリさせようと思います。

これがあれば、壁にぶつかっても立ち戻れる場所があります。迷った時の判断の基準にもなります。


今、振り返っても純度の高い会だったと思います。だから、やりたい事、実現させてみたい事がある人、やりたい事あるけど、今一つ勇気が出ない人、社会問題に興味がある、または社会問題を解決したい人など、

迷わず参加してほしい! 純度の高い会だから感化されるよ!吹っ切れるかもしれないから。

また、この会を開催するようでしたら、情報発信をしていきます。気になる人がいたら、

#掛川Sキューブ
#良心会

で検索して下さい。良心、志のある方なら大歓迎の会ですよ。

2020年9月11日 (金)

検証!自民党総裁選 3人の候補者

8日の告示、14日開票の自民党総裁選です。国会議員票の7割、8割は菅さんで決まっているという情報もあり、菅さんの圧勝ムードが高まっていますが・・・ それでも14日の開票を迎えるまでは、何が起こるかわかりません。

今回、自民党総裁選に出馬する3人の候補者を素質を調べてみました。意外にも共通点が多い事に驚きました。

菅義偉 789-024-125-7892-J-i-f

岸田文雄 125-108-888-1259-H-f-f

石破茂 012-024-919-0124-D-h-a


共通点は4つあります。①~③まで簡単に解説します。

①三者三様、素質ベクトルH、E、Aを持っている。

これは、時の政治状況、政治日程、世界情勢によって価値観が変わりやすく、国民から見たら朝令暮改のような感じになる。しかし、その状況に応じて何を一番大事にしているかが見えて、その事が当人にとって本当に実現したい事なのか、やらなければならない事なのか、それとも切羽詰まっているのか、スクランブルなのかも見えてきます。

②モチベーションにコンペティション(919、125)パワー(024、888)を持っている。

お三方、権力志向を持っているという事とコンペティションは競争心と言う意味で、ライバルがいないと燃えてこない、売られたケンカは買ってしまうような所がありますね。

③ポジションにアジャスト(125、024、025)を持っている

自分らしさを発揮できる地位の事を、素質論ではポジションと呼んでいますが、ポジションにアジャストを持っている人の特徴としては、短い期間ですと力を発揮しづらい事と、グループ、組織のトップよりもトップと自分を「繋ぐ」位置、またはNO2、番頭の方が力を発揮できる人が多いです。実際にトップに立った時の実力に疑問符がつきます。

④全員、素質ベクトルH(012、025、789、108)を持っている。

次は、お三方の素質を見て、印象に残っている事とこのような立場でいる方がいいのではないか、という私見を述べます。

菅さんの素質コア7892ですが、トップよりも組織の縁の下の力持ちのような地位が力を発揮しやすいですから、官房長官という役職は正に菅さんしかできないと思います。素質タイプ024も125も、先ほど解説したポジションではアジャストなので、トップよりも「繋ぎ」の所ですよね。

菅さんは慎重な性格に見られていますが、私はそう思いません。素質タイプ024と125を持っていますから、いざという時に「勝負」に打って出てくる可能性は十分にあり得ます。現状は5派閥のみこしに乗っているだけで、手段として派閥を利用した一面も考えられます。派閥間の力学が強ければ、菅さんが考える政権運営は難しい、コロナ次第ではありますが、解散に打って出てくる可能性は十分に考えられます。

菅さんは、我々が思う以上にしたたかな政治家です。世間や永田町では、ショートリリーフと見られがちですが本人は来年の10月以降もやる気満々でいる可能性はあると思います。

私は、菅さんの素質が強く出てたなあ~と思うシーンが1つだけあります。少し前に、東京新聞の某女性記者とすったもんだありましたよね。あの件です。

菅さんの素質タイプ789とコア7892の部分です。まず、素質タイプ789は興味のある事はありますが、興味のない事は本当に興味がないし、見向きもしない傾向があります。かつ、素質コア7892は質問に応じて答えられる人をシビアに見る傾向が強いです。私は、この記者の質問力、取材力を見極めたうえで、菅さんが

「そのような質問に答える必要はありません」

と厳しい態度になってしまったのではないか、と思います。この会見を聞きましたが、記者の質問は自分の感想、意見を述べているだけで、質問になっていませんでした。会見の時間も決まっています。記者の質問時間も決まっています。そのような最中で記者の質問は時間の無駄と思ったかもしれません。


岸田さんは、言われている通りで・・・ 私は、今回の総裁選にも自分が出馬する事に躊躇していたと思います。それは岸田さんの持つ素質にあります。岸田さんの素質タイプ108は、おぜん立てをしっかりしてもらわないと前へ出られない一面があります。おぜん立ては、安倍総理のお墨付きですよね。

更に言えば、品行方正のベースポテンシャルHと慎重な面が強いポテンシャルf、私たちから見て、何となく「お坊ちゃん」のような感じに見えてしまうのは、108とベースH、ポテンシャルf、これらの要素が重なっている影響もあると思います。自分が取り乱した姿を世間にも、身内にも見せたくない面も強いんじゃないかなと思います。

今ひとつ、現状を打ち破れないモヤモヤ感も残っているように感じますし、皆さんが思う様に発信力の弱さはこのような一面も影響しているでしょう。

真相は定かではありませんが、ある政治記事によると麻生さんを怒らせてしまい、麻生派の協力が得られなかったとありました。つい、最近まで安倍さんは岸田さんを後継総理に・・・という報道も流れていました。安倍さんの素質をみたところ

安倍晋三:108-555-888-1087-B-d-e

岸田さんの共通部分である素質タイプ108と888がありますよね。もしかしたら、安倍さんにとって岸田さんは、何となく考えが似てるし、ウマが合っていると考えていたかもしれませんから、後継者にと考えていた可能性もあります。

今となっては、それも水泡に帰しています。


石破さんは、総理大臣というより一大臣の方が力を発揮しやすいと思います。なるべくなら専門性の高い分野、防衛とか地方創生の再登板かな。石破さんの素質から見ると、職人気質でとことんやるベースポテンシャルDと自分の意見をしっかり言える強さがあるポテンシャルaもあります。

そのような潜在能力を発揮できる環境として、素質タイプ012の自分がイニシアチブを取れる環境、スマートにリーダーシップを取れる環境ならばOKです。そのように考えると総理大臣で全部を考えたり、取り組むよりも専門性の高い分野の一大臣の方が、力を発揮しやすいのではないかと思いました。

地方票をアテにしているような所がありますが、世論調査では地方票も菅さんに水をあけられています。私は、総裁選の結果次第では自民党を出てしまうのではないかと思います。自民党に居続ける事ができたのは「地方」がありましたし、実際に地方票も獲得していましたから、石破さんにとって地方は、1つの居場所として考えていたかもしれません。


総裁選は、もうすでに決してる感もありますが、週明けの14日に誰が自民党総裁に選ばれるか注視したいです。

2020年9月 4日 (金)

リクエスト検証!鹿島アントラーズ 内田篤人選手の引退会見

日本代表サポも、鹿島アントラーズサポも

「まだ、できるだろ!」 「まだ、やれるだろ!」

内田選手出身の静岡県、エスパサポからは

「現役続けて」 「エスパルス来て!~」と思ってます。 まだ、早いんじゃない!?と思うくらいの突然の引退発表でしたね。

日本代表サポかな? 鹿島サポかな? それとも静岡県民からかはわかりませんが

「なぜ、内田選手は引退を決めてしまったのか?」

を検証してくれませんか?というリクエストがありました。ゲキサカの引退会見文から、内田選手の引退を素質論で検証してみました。


内田篤人:024-000-025-0248-E-e-j-2-6-1


私が、ゲキサカの引退会見文を読んで印象に残った点は3つ

①「自分をセーブしながら、プレーしてきたのは変な話、試合に出る出ない、試合に勝つ負けるよりも自分の中ではすごくつらかった」

②「練習中もケガをしないように、少し抑えながら、ゲームでも少し抑えながらが続いた。中略
例えば永木、小泉、土居くんとかが、練習を100%やる中で、その際に立つのは失礼だなと思った」


この2文に共通してるのは、内田選手の持つ素質コア0248の部分です。素質コアは、自分らしさの究極の部分で絶対に譲れない核となる部分です。素質コア0248の特徴は、いいものはいい、悪いものは悪い、是々非々、白黒ハッキリとした面も強く持っています。

内田選手のファーストエレメント024もプロ意識が強く、行動、実践に全力投球して自分の存在感を示す傾向があります。つまり、内田選手に「妥協」という文字はないのです。身も心も100%の状態ではない中で、練習を続けいくうちに、心の中で収まりがつかなくなっていた事が考えられますし、そこだけは、どうしても譲れなかったと考えられます。

そして①、②の文脈と素質タイプ024のプロ意識、素質コア0248の是々非々が、内田選手の深層心理の部分で引退に気持ちが傾いたのではないかと思われます。ヤフコメ等の中には、鹿島以外のJ1チームで・・・ カテゴリーを下げてJ2のチームでも、というコメントが散見されました。

しかし内田選手にとって、100%の状態で練習できない事が何よりもつらい事をであって、鹿島以外のチーム、J2に行けばいいというものではないのです。


3つめは、チーム環境が影響しています。そのことを話していたのが、以下の文です。

③「先輩たちがグラウンドで、やるべきことをやっていたのを見ていました。僕自身、満男さん、ヤナギさん、剛さん、僕が入った年は本田さんもいた。鹿島の選手らしい振舞いというか、立ち姿は自分の中で感じるものがあって、それが今の自分にできていないな」

○○しなければならない・・・とか、○○すべき・・・ 主に仕事関係で表れやすいのはセカンドエレメントなんですね。内田選手のセカンドエレメントは000、カッコよさ、オーソリティーを感じられる環境では、モチベーションが上がりやすい特徴があります。

③の文脈に、そのことを裏付けるコメントとして「鹿島の選手らしい振舞い、立ち姿」という事を話しています。私は、内田選手が偉大な先輩、きちんとしている先輩たちの姿を見本にして、自分もそうなるべきだ・・・という思いが、ここまでモチベーションを保つことができたのではないかと考えられます。

しかし、今の内田選手はそれができていない・・・歯がゆく思っていたかもしれません。


最後に注目したのがタイムコード2-6-1の部分です。

この部分はタイムコードと呼ばれ、人生のバイオリズムエネルギーを表しています。内田選手の今年のタイムコードは2(トライアル)で、気力、体力が落ち込みやすく、生き方や将来に迷いや疑問も感じやすい年でもあります。

拍車をかけたのは、ひざの状態が思う様にならない、100%の状態で練習できない自分、精神的にも肉体的にも追い詰められていたのではないかと想像します。


サイドを電光石火のごとく駆け上がる姿を見られないのはとても残念です。エスパにもきてほしかったですが、静岡県民は内田選手の事をとても誇りに思っています。とにかく今は体を休めて下さい。

お疲れさまでした。


« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »