2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月29日 (水)

検証!ASローマ、ファビオ・カペッロ監督 スクデットを大きく引き寄せた采配の深層

ファビオ・カペッロ・・・

サッカーに詳しい人なら、ご存じの方もいると思います。あのカペッロ監督です。カペッロ監督に強烈な印象を残した選手が中田英寿選手です。

この試合覚えている人も、そうでない人、知らない人もいますので時系列でお話をします。

これを見たら思いだす人もいるかもしれません。
https://www.footballchannel.jp/2020/03/22/post367816/2/

セリアA00~01シーズンは、ASローマが22勝9分け3敗でスクデットを獲得しました。ローマにとって18年ぶりのセリエA制覇です。シーズンの中でターニング・ポイントになった試合があります。その試合が19年前の5月6日で、首位ローマと2位ユベントスの直接対決です。この試合で大活躍したのが中田英寿選手です。私は、中田選手の活躍を今でも鮮明に覚えています。


この試合ですが、ユベントスは前半6分で2点をあげていました。前半終了で0-2。後半に入ってもなかなかゲームの流れが変えられないローマ。

後半15分、その時が訪れます。

なんと!ローマの王子、ゲームキャプテンであるトッティを下げて中田をピッチに送りました。交代からの11分後、エリア外からの強烈ミドルシュートを決めて自らで1点返し、2-1になる。終了直前のシュートは惜しくもキーパーに弾かれたが、詰めていたモンテッラ選手が押し込み、2-2で同点。同点のまま試合終了。

 
シーズン終了時のローマは勝ち点75、ユベントスは勝ち点73、結果的にもこの試合がターニングポイントだったと言えると思います。

前置きが長くなりました。


私は素質論を勉強してからある時に気づいた事は、この試合の采配に関して、カペッロ監督の素質が試合を制したように感じたからです。今回は、18年ぶりのセリアA制覇へのターニングポイントになったあの試合を引き合いに、カペッロ監督の素質を検証しようと思います。

ファビオ・カペッロ:555-000-789-5550-G-d-f


カペッロ監督のチーム作りは、規律と組織を重視したチームで、これが基本線です。素質も一致している部分もありまして、素質タイプ555の人は「こうだ!」と決めたら、負けない組織を作る事が上手な人が多いです。かつ、加えておきたいのは、当時のイタリアサッカーの風潮である攻撃よりも守備重視、3-2で勝つよりも1-0で勝つ方が美しいと言われている国ですので、お国事情も素質に影響を与えていたかもしれません。

また、カペッロ監督の持つGはベースポテンシャルと呼ばれ、その方の潜在資質、物事の判断や行動指針の原動力にもなります。ベースポテンシャルGを持っている人は、人材を発掘してその人の能力を出させる事に優れています。

カペッロ監督は、規律と組織を重視して、負けないチームを作るにはどのような選手が適任なのか、誰をどのポジションで起用するのか、誰をポジションの予備として起用するのか、そこまで考えてチーム作りをしていたのではないでしょうか。


サードエレメントに素質タイプ789ですので、実績のある選手、経験値を持っている選手を無意識に選ぶ傾向もあります。特に、素質タイプ555(または素質タイプ001)を持っている監督は、メンバーが固定されやすい、自分がいいと思ったメンバーを変える事がなかなかできません。

なぜか?と言えば、選手やシステムを変える事によって失敗をしたくない、失敗したくないから徹底的なリスク管理をして、自分がコントロールできる範疇に収めたい精神性があるからです。ここで1つだけ疑問が出てきます。


◎では、なぜ、あの大事な試合にトッティを変えて中田を起用したのでしょうか?

この疑問を解くカギは、セカンドエレメントにある素質タイプ000です。セカンドエレメントは人前や対人関係で表れやすいエレメントとされていますが、手法として、手段としても表れやすいエレメントです。

素質タイプ000は、その人の勢いやエネルギー、雰囲気を敏感に感じ取る傾向があります。事前に中田のコンディションの良さを感じ取っていたかもしれません。また中田はペルージャ時代、ユベントス相手に得点をしています。サードエレメントは土壇場で表れやすいエレメントで、そこへ素質タイプ789の実績重視が、交代の決断に影響を与えていたかもしれません。

0-2で負けていて、試合をひっくり返さなければいけない状況だったわけですから。

事実、この試合に関してトッティはすごく悪かったです。素質タイプ555も000もいいか悪いか別としてダメなら、スパッと変える決断ができます。


表向きは、神がかり的な采配でスクデットを大きく引き寄せた試合ですが、裏を見るとカペッロ監督の素質も関係しているとも考えられます。そして、正しいタイミングを理解して選手を変えた事も大きいです。

それにしても期待に応えた中田選手はすごい!この一言につきますね。

2020年4月25日 (土)

バーナム効果

皆さん、占いは好きですか? 好きな方は、どんな占いが好きですか? タロットでしょうか?星座でしょうか?血液型でしょうか?

そこは、人それぞれ好みがあると思います。よく、合コンで盛り上がるのが血液型占いですよね?合コンの場で聞いた事がある人もいるかもしれません。血液型占いでは

A型 几帳面
B型 自分中心
O型 おおざっぱ
AB型 二面性、奇人・変人

血液型占いは、日本では最もポピュラーな占いです。これでも、うわ!?当たってるって思う方もいるわけです。その時の心情にもよりますが、当たってる事を言われると、その人を信用したくなりますよね?一度だけでなく二度、三度続けば、その人に対する信用度も上がってきます。


ちょっと待って下さい!冷静に考えましょう。


人間って多数の人が几帳面な一面があり、自分中心な面もあり、興味のない事は大雑把になりがちですし、本音と建て前、表の性格、裏の性格の二面性で悩む人もいます。

そして、誰にでも当てはまりそうな性格などの特徴を言われた人が、ずばり当てはまっていると勘違いしてしまうわけです。

この現象を心理学ではバーナム効果と呼んでいます。人が占いにはまる理由などを研究したバートラム・フォアの名前からフォアラー効果とも呼ばれています。

バーナム効果の凄さ(恐ろしさ)は、知らない間に騙されたり、その気になってしまうところです。特に、占いの場合は、お店やブースによっては「占いの館」「○○の占い部屋」のように、独特の場と雰囲気もありますから、その気になりやすいですよね。

皆さんが、お世話になりたくないところでは警察署の取り調べ室も、これに該当します。


◎バーナム効果を発揮するには「当てる」ではなく「外さない」が大事

もし、あなたが心理学の本を読んで、バーナム効果を知ったとします。中にはバーナム効果で人間関係を良くしたり、信頼を得ましょうみたいなキャッチフレーズを見ますが、生兵法は大怪我のもとという諺があるように、そのまま活用しても、けがをしますし、ムリがあります。

どうしてもバーナム効果をモノにしたいという方もいるでしょう。そういう方に1つだけアドバイスをします。


それは「当てる」ではなく「外さない」事が大事です。その表現方法が、どのようにも解釈できる言い方です。マルチプルアウトと言っています。例えば

「何かに悩んでいるようですね?」

と言われたら、全然悩んでいません!と答える方もいれば、はっ!?として誰にも言っていないはずの悩みを見抜かれたと考える方もいるでしょう。悩んでれば大当たりですし、悩んでいなくても、私でよければ、いつでも話は聞きます。と言えば問題ありません。エンターテイメントにマルチプルアウトを取り入れてる人もいます。


◎コロナ禍で気を付けてほしい事

今、中小企業の経営者、小売店のオーナー、士業者は、コロナ禍で先行きが不安で、苦しい思いされている方もいると思います。そのような時に、カルト宗教の関係者から

「今、あなたは明るく振舞っていても、心の中ではすごい不安を抱えている」

SNSや迷惑メール(実際にきた文章)でも

「わずか1か月、1日20通のメール。たったそれだけで自ら1億円以上稼ぎ、さらにはクライアントにも5億円以上稼がせた人の頭脳を取り入れて、好きなだけお金を稼げる人生を歩んでみませんか?」

あっ図星!だと思うと、言ってくれた人に傾倒したり、心酔していきます。特に、今は先が見づらいです。カルト宗教は、そのような心の隙間に入ってくる可能性があります。そして、マルチプルアウトに騙されやすいのは自分を責めてしますタイプの方ほど、注意していただきたいのです。

傷つきやすく、自分を理解してくれる相手や救ってくれる相手を求めるほど、詐欺師や悪質な占い師がマルチプルアウトを活用して、あなたのこと分かってますよ、と錯覚させて、疑うことなく救いを求めてしまう危険性が高いです。この状況ですから、用心はしてほしいですし、たとえ嘘とわかっていても、状況が状況です



普段から、接している人たちにはバーナム効果、マルチプルアウトはあまり使わない方がいいです。なぜかを言えば、接している時間が長ければ、いずれあなたの本性が出てきます。ボロが出てメッキが剥がれていくんですよ。


私は、自分の力で相手から真の信頼を得られるように、普段からコミュニケーションを磨くようにしていきたいです。









2020年4月16日 (木)

Zoom飲み会体験

7都府県に緊急事態宣言が出されてから10日が経ちます。今日の夕方のニュースでは、5月6日まで全国で緊急事態宣言を出すようです。宣言が発令される前から、不要不急の外出(特に、仕事が終わってから)は控えていました。今も控えてます。

まずは医療従事者、警察、消防、保育士、電気・ガス・水道のインフラを整備する作業員、こんな時でも空港や公共の施設を守る警備員、毎日のごみを収集してくれる作業員など、私たちが暮らしやすい社会を支えてくれる人たちに感謝です。

この場を借りて、深く感謝を申し上げます。こういう方々がいるからこそ、自分もできること、守れることを守ろうと思います。仕事を終わっても、不用意に遊んだり、街中まで行って飲むのは、自らが感染してしまうリスクもありますし、コロナウイルスと戦っている患者さん、医療従事者の事を考えると自責の念も湧いてきます。


話は変わりますが・・・


それこそ今、密かな広がりを見せているのがZoom飲み会です。自分も体験してみました。

わかりやすく言えば、パソコンでもスマホでも、オンラインにつないで画面を通して皆さんと飲む。周りに人がいるわけではなく、話すときは画面に向かって話すような感じです。

最初、話すときも画面に向かって独り言を言っているような感じで違和感がありました。皆さんの話もオンライン画面を通して聞こえてきます。慣れの問題なのか、だんだんと違和感もなくなってきました。終わると、妙なむなしさみたいのが残りました。体験の感想ですが、やはり皆さんとリアルに会って、乾杯した方が自分には合っているな、と思いました。

家の中にいても、やるべきことありますし、コロナウイルスにかかりにくくする免疫を維持するために、不必要な夜更かしもしたくありませんから、申し訳ありませんが、今のところ私は応じる事があまりできません。


◎Zoom飲み会は逃げ場がない?


どういう事か?と言いますと、コロナショックの前は飲みに行くとなると、皆さんがイメージしてた事は、お店に行ってそこでお酒を楽しむ事だったと思います。うそ、本当はさておき、行きたくなければ

「何らかの理由をつけて断る」

事が簡単だったんですね。例えば習い事があるから。子供の宿題の面倒を見なければいけない。夫(妻)の体調が悪いから早く帰らなければ行けないなど、正当な理由があれば誘う方もあきらめがつきました。

しかし、周知のとおり今は不要不急の外出は自粛です。このような状況ですから、Zoom飲み会は誘われてしまうと逃げ場がありません。21時までに家事、用事を済ませてZoomで飲み会!なんて言われてしまうと、気が滅入る方もいると思います。何せ逃げ場があまりないですから、断りづらいですよね。


ただでさえ、自粛で思う様に外出できないのに、そこへZoom飲み疲れみたいなのが出てきてしまうのではないか、と個人的には心配してます。


◎お願いがあります!

Zoom飲みは、楽しい人にとっては楽しいはずです。遠慮なく盛り上がってください。苦手な人もいます。苦手な人には、深追いをしないで下さい。

コロナウイルスが終息したら、皆さんと会って楽しく飲みたいじゃないですか!私だって皆さんと飲みたいし、食事も楽しみたいですよ。だからこそ、苦手な人にも配慮していだたけたらと思います。



2020年4月10日 (金)

呆れ笑いに見る想像力の欠如

コロナウイルス・・・ 猛威を振るってますね。早く終息を願うばかりです。終息したら、知り合いの飲み屋さん、ラーメン屋さん、カレー屋さん、お好み焼き屋さんに行って、親しい友人、知人の皆さんと食事を楽しみたいです← 今、一番やりたいこと!

先日ですが、東京、大阪を含め他5県は緊急事態宣言が発令されました。緊急事態宣言の時の会見を見た方もいると思います。私も見てました。

コロナウイルスが猛威を振るっていて、緊張感を持って臨まなければいけない会見でした。「会見でした」というのは、会見の中で不自然なワンシーンがあったからです。


◎緊張感を持ってのぞまなければいけない状況で笑みは必要ない

会見の不自然なワンシーンというのは、安倍総理が笑みを浮かべた一面があったのです。その笑みが、ジャーナリスト江川紹子さんが質問をしたときだったと記憶してます。私も、江川さんの質問内容を完全に把握しているわけではありません。江川さんの時だった事は確かです。

江川紹子さんを知ってる方、テレビで見たことがある方ならわかると思いますが、冗談を言うような人には見えませんよね。ましては、憲政史上初の緊急事態宣言であり、国民に緊急事態である事と緊張感、危機感を持たせなければいけない会見です。笑いは一切必要ありません。

この笑みは何だったんでしょうか?

この笑みの正体は、呆れ笑いです。あきれ笑いに共通していることがあります。

政治家だけではありません。企業の不祥事でもそうですが、私たち世間とかけ離れた暴言、失言をよくする人は、どんな会見でもヘラヘラしてしまう人が多いです。最近ですと、麻生財務大臣が記者からコメントや返答を求められている時の顔や態度をよくみて下さい。ヘラヘラしていたり、あからさまに記者を見下したような態度を取ってる時もあります。

呆れ笑いは、想定していた質問とはかけ離れた時に出やすいものです。その心理は

「そんな低レベルの事を俺に聞くなよ!」
「もっと勉強してから質問してこい!」

完全に相手を見下している心理が働いています。最近の安倍総理も、特にその傾向が強く見られます。そういえば辻本清美さんの質問も

「意味のない質問だよ!」

野次気味に一蹴した場面を覚えている人もいると思います。それは、あの会見での江川さんの質問に対して笑ってしまったのも意味のない質問だと思ったからではないでしょうか。なぜ、このような事を聞くのだろう?という頭がないんですよね。想像力が著しく落ちていると言わざるを得ません。


◎想像力が欠けたトップは、危機対応で必ず失敗する

緊急事態下では、想像力が欠けた状態が恐ろしい事態を招きます。すでに、15000人近い死者を出しているアメリカを見ればわかります。最初、トランプ大統領は新型コロナウイルスを風邪のようなものとして、このような事態になる事を全く想像していなかったでしょう。ダイヤモンド・プリンセス号の日本の対応を嘲笑し、対岸の火事くらいに思っていた事でしょう。これは欧州各国にも言えます。

そして、悲しい現実ですが日本のトップも想像力が欠如しています。

インパクトがあったのがマスク2枚ですよね。その後は色々と出てきますが、現金30万給付と言っても全世帯の8割、9割が対象外、野球に例えると、国民がのぞむストライクゾーンに一切投げられない、ノーコン投手(党首)です。ストライクゾーンに投げるつもりもないかもしれません。

想像力が欠如しているから、国民が何をのぞんでいるかもわからない、今、一番何を必要としているかもわからない、だから党略でしか物事を見れない、まあ、この人の場合は周りがお友達という事もあるかもしれませんが・・・

最悪の事態をイメージして迅速に行動する、危機管理は想像力の勝負、想像力の賜物でもあります。危機管理は、最初にドンとやって後から徐々に緩める事が普通です。


◎このまま無関心でいると・・・


皆さんが、政治に興味を持つ、持たない、選挙に行く、行かないは皆さんの個々の判断に委ねようと思います。このままですとどうなりやすいかだけ簡単に話します。

このまま放っておくと、ますますファシズムに陥って暴走するようになります。既に暴走している傾向も見られますけどね。特に、緊急事態下では、ファシズムに走りやすいというのは戦争で体験しているのです。そうならないようにするために、皆さんができることは1つ。

それは、皆さんもおかしいと思ったらおかしいと声を上げる事が重要です。無関心を装ったり、批判を許さない空気が出来上がってしまうと、ファシズムになる可能性は十分にあります。

「私が責任をとればいいというものではない」

現に、こんな発言してますし、無能無策を法律に転嫁して、さらなる強権を得ようと画策してるかもしれないですから。


今回のコロナウイルス危機で誰が役に立って、誰が役に立たないかは、皆さんの中で見極めることができたかもしれません。次の選挙では、しっかり人を見て投票しましょう。

2020年4月 1日 (水)

私、キャバクラに行ってました 前編

この話は、僕の26~29歳前後の話です。

キャバクラに行ってました。というより通ってました。必ず週1回、多いときは2回行ってました。今でこそ、表には出ていないと思いますが、この当時

「女性と話すのが、大の苦手でした」

僕とお会いした方は嘘つけ~!なんて、叫んでいるかもしれませんが(笑) 本当なんです。去年、小中の同窓会がありまして、散々、女性陣から責められましたよ。

「石川君から名前で呼ばれたことがなかった。おい!お前!とか・・・私も、そう」同調が続いて、冷や汗かきました。

四半世紀ぶりに会って、最初の会話が上の「」です。印象が強かった事と、その裏ではタイムマシンがあったら、あの時の自分を後ろから思いっきり頭をはたきたいです。女性に対して、おい!とかお前!とか、ねえ・・・という呼び方は20代前半まで治りませんでした。


僕は、高校の時理数系のクラスにいましたし、大学も工業大学出身ですので、学生時代に女子と話すこと自体があまりなかったんです。普通に女子と話せる男子が、うらやましかったですし、自分も見習って女子に話そうとしてもうまくいかない。当時の最大の障壁が

「照れ」

照れちゃってうまく口が回らない。最悪、どもる・・・ もどかしい、それでも、コミュニケーションを取らなければいけない状況になってくると苦し紛れになって、おい!お前!とか呼んじゃってました。


今は問題ありません。今のように話せるきっかけになったのは、前の会社の先輩に連れられて行ったキャバクラでした。


キャバクラに初めて行く前までは、ぼったくりバーと一緒のように考えていて、キャバクラ行こうなんて全然思わなかったんです。初めて行った感想は、女の子が派手できれいで、ソファーも豪華で、心配事はお金がいくらかかるんだろう、ぼったくりバーじゃないよな~なんて事考えていました。

僕にとって、衝撃的だったのはきれいな女の子が自分の隣に座った事ですね。向こうは仕事ですから当たり前なんですけど、自分にとって、隣に女子が座るというのは、それはそれは小学校の席替え以来ですよ。

隣を見ると、先輩は場慣れしているせいか、ごく自然に話している。僕は、終始ぎこちないまま。女の子が丁寧に話題をふってくれていても、上手に話せない。もどかしい気持ちで、その時間を過ごしたことを覚えています。先輩もその事を気にしていて

「石川君!なんで話さないんだよ、こういうところ来たら話さなきゃだめだよ!」

逆に、なぜ先輩は臆せず話せるのか、なんて思ってました。

今の自分があるのも、この初キャバクラがターニングポイントになっています。それは、ある事に気づいたんです。


後編へ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »