2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 全国から書店がなくなる | トップページ | 受動的攻撃性(パッシブ・アグレッション) »

2020年3月25日 (水)

検証!立憲民主党 山尾志桜里議員の造反

コロナウイルスの最中でも、国会は通常通りです。少し前になりますが、コロナウイルスを含めた新型インフルエンザ等特別措置法の改正案が可決されました。

改正特措法案では、緊急事態宣言が出されると、

・まず住民の外出、自粛の要請
・学校、保育園、老人ホームなどの使用制限、禁止
・イベント・催事の中止

このほかにもありますが、懸念されていることは人権が著しく制限されることなのです。そして、回数に制限がなく、いつまでも戒厳令のような制限が続く可能性も考えられます。

この法案は、与党のほか共産党を除く野党が賛成しましたが、その中で法案に反対票を投じた議員がいました。どなたか覚えてますでしょうか?

立憲民主党の山尾志桜里議員です。最大の理由は、党の方針と折り合わなかったという事でしたが、山尾議員がこだわっていたのは、国会の承認が必要という事にこだわっていました。承認が不要では歯止めが利かなくなる危険性があると考えていたからです。政府にすべてを委ねるのではなく、野党議員も賛否を通じて、責任を負うべきと考えていると、インタビューで話されていました。

私は、この理由とこだわりに山尾志桜里議員の素質が関係しているのでは?と思い、山尾議員の素質を調べたところ、やっぱり・・・と思える点がいくつかありました。山尾議員の素質は

山尾志桜里:919-789-919-9193-D-f-i

国会の質問でも、舌鋒鋭く迫る姿は素質タイプ919の方によく見られるのですが、私が注目したのは9193の部分とアルファベット小文字のiです。この9193の部分は、素質コアと呼ばれ、絶対に譲ることができないその人の核となるものです。9193の人は、ピュアで純粋な一面があります。また、仕事では問題に向かって真っすぐに取り組む姿勢、物事にも執着します。

また、小文字の部分はポテンシャルと呼ばれ、その方の潜在能力を表しています。iを持っている山尾議員は、何かを追求したい気持ちが強く、1つのものを追い求める強さがあります。アイデアや意見を出していく方が得意なのです。

国会で舌鋒鋭く迫る姿は、素質コア9193とポテンシャルiの相乗効果なのかもしれません。


次に、注目したのはアルファベット大文字のD、小文字のiです。大文字のDはベースポテンシャルと呼ばれていて、その人の潜在資質、人生観を表しています。Dを持っている人は、職人気質で正義感が強い方が多いです。今回の改正特措法案は、国民の人権が著しく制限されてしまう可能性があります。だからこそ、国会の承認にこだわり、時の総理大臣の無用な濫用を防ぎ、国民の人権を守る正義を貫くためには、党の方針に従うことができなかったのではないでしょうか。そこはどうしても妥協できなかった。


つまり、反対票を投じた決断の背景には、党の方針と自らの正義感の葛藤があったと考えられます。


山尾議員は、元は検察官なんですよね。検察官は真実のみを追求して、積み重ねて被告人を起訴していくのが仕事です。素質タイプ919の人は、真実がわかったり、見つかったりすると強く出れる特徴があります。かつ、山尾議員のベースポテンシャルとポテンシャルならば、一層力が発揮されていたのでは、と思います。


私は、山尾議員が今でも検察官でしたら、もしかしたら難事件も解決できる、起訴できる、スーパー検察官になっていた可能性は十分考えられます。その理由は、検証した通りで山尾議員の素質にあると思ってるからです。

しかし、政治家は自分が心よく思わない展開、物事でも清濁併せのまなければならない器用さを求められます。守勢に回っても、しっかりと立ち回ることができれば、政治家としても大丈夫だと思います。


« 全国から書店がなくなる | トップページ | 受動的攻撃性(パッシブ・アグレッション) »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全国から書店がなくなる | トップページ | 受動的攻撃性(パッシブ・アグレッション) »