2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« リクエスト検証! 清水エスパルス 山室晋也社長 | トップページ | 人間関係の組み合わせの妙② »

2020年2月21日 (金)

リクエスト検証! 素質論で診る清水エスパルスの2020シーズン RE-FRAME①

「RE-FRAME」

今シーズンは、このチームスローガンで戦う事になりました。昨年末、社長、GM、監督を総入れ替えするという大刷新を行いました。
Cimg0543_20200221211901

毎年、Jリーグの開幕直前になると私はドキドキします。今シーズンの清水エスパルスは、社長、GM、監督が代わったことは周知のとおりです。そこに、クラモフスキー監督はJリーグで初めて指揮を執る、スーパーエースのドウグラスはいない。ルヴァン杯を見た限り、

「あ~やっぱり・・・」

去年あれだけ苦戦した守備の改善がされていない・・・

不安な点を挙げたら・・・不安な点しかないと考えるサポーターもいてもおかしくありません。下記にクラモフスキー監督の月ごとのバイオリズムを出してますが、改めて覚悟はしておいて下さい。

 2月 ☆☆☆
 3月 ☆☆
 4月 ☆
 5月 ☆☆☆
 6月 ☆
 7月 ☆☆☆
 8月 ☆
 9月 ☆☆
10月 ☆☆
11月 ☆☆
12月 ☆☆☆

例年は、○月、○月がポイントになるその理由や気をつけてほしい注意事項、こんなことが起こりやすい、と書いていました。

今シーズンのエスパルスのチームスローガンは「RE-FRME」です。私もチームスローガンに沿って、フレームを変えて皆様に今シーズンのエスパルスをお伝えしようと思います。


突然ですが、静岡県で今の時期に美味しい果物を挙げて下さい。


イチゴ、みかん、一部の地域でメロン・・・


エスパルスのチームカラーはオレンジですから「みかん」にしましょう。

みかんの実をたくさん取りたかったら、みかんの苗や木を買ってこなければなりません。でも、その前にする事があります。

「みかんの木が育つように畑を耕したり、土壌改良することです」

畑を耕したり、土壌改良しなければ、いくらいい種を捲いても、いい肥料を使っても植物は育ちません。


クラモフスキー監督は就任会見で「チャンピオンになろう」と言いました。J1制覇という明確な目標を立てたならば、まず、J1制覇できるような土壌にしなければなりません。今シーズンは、まさにその時期です。そのために社長、GM、監督を代えたわけですよ。会社として、クラブチームとして、エスパルスは2020年から数年は大きな転換期を迎えます。


転換期を迎える中で、何が一番大事か?と言われたら最初が大事なのです。げんた会では茶化し気味に言いましたけど、最初なんです。果物でも、植物でも、最初を間違えたら芽が出てこないじゃないですか!?それと同じです。今シーズンは2月、3月が大事になります。

また、クラモフスキー監督の素質(888-012-125-8888-A-d-j)も関係してきますが、監督の持つ888はチャレンジ精神があり、自分の可能性、チームの可能性を広げる事に自分らしさを感じます。012も物事のスタートを大事に考える特徴があります。だからこそ、最初が肝心なのです。

たとえ、結果が芳しくなくても最初のうちに「このチームならいける!」「よし、俺が何とかしてやる!」ってクラモフスキー監督に情熱を持ち続けられるチームであることが大事。情熱を持ってくれている間は、七転び八起きの精神だから大丈夫。ただ、結果があまりにも本人のイメージと違っていたり、ひどければ途中で投げてしまう可能性も十分にあり得ます。4月、6月がちょっと怖いです・・・心労や助っ人の思わぬ離脱、予期していなかった自身のトラブルが考えられるけど怖いな~・・・


◎一番変わってほしいのは選手たち!

あのね、静岡学園と藤枝順心が高校サッカーで頂点に立ったわけです。エスパルスのユースチームもそれなりの成績を出しています。若い子達が、いい結果を出したわけですから、次は大人の番だよ!今度はプロの選手がサポーターの期待に応える番ですよ!言ったことをきっちりやるのが大人の世界です!

私が、一番変わってほしいのは選手!かつ、選手のメンタル!ここは、変わらなければダメ!でもね、もし、変わる事ができたら、それだけで覚醒する選手は何人かいるから。(特に立田)このサッカーを続けるには、相当なメンタルとタフさを求められる。去年のように、点を取られても下を向いている暇はないです。ただ、ルヴァン杯を見て思ったのは、あのサッカーは終盤にガス欠する可能性もあります。春先、夏場が心配です。

監督をガッカリさせたら、このチームは終わるから。監督が選手やチームに可能性を感じている間に、選手が覚醒して一皮化けてほしい。ここだけは、どんな統計学でも予測不可能なヒューマンファクターですので、プラスに働いてほしい。


◎最後は希望的観測で

今シーズンJリーグの監督でクラモフスキー監督と同じようなバイオリズムの監督があと3人います。そういうシーズンは滅多にありません。例年は1人が多く、たまに2人いるくらいです。また、昨シーズンの上位8チームは、1つの時代、キャリアなど、物事の終わりを示す充足期に差し掛かっています。シーズン半ばにはモタつく事も十分考えられます。昨シーズンの上位チームよりも下位チームの方が勢いがあります。


希望的観測になってしまいますが、モタつきの間隙を突いたり、上位に食らいつくことが出来ればベスト10まではいけると思ってます。今年もこれで、1試合1試合動向はチェックします。

Cimg0544




« リクエスト検証! 清水エスパルス 山室晋也社長 | トップページ | 人間関係の組み合わせの妙② »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リクエスト検証! 清水エスパルス 山室晋也社長 | トップページ | 人間関係の組み合わせの妙② »