2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ネットワークビジネス Contents2-1 なぜ、嫌われているビジネスに手を出すのか? | トップページ | ネットワークビジネス Contents2-2 なぜ、嫌われているビジネスに手を出すのか? »

2019年10月 5日 (土)

検証!ラグビーW杯② ウイング(WTB)に向いている選手も素質論で検証しました

昨日のサモア戦、後半最後の1プレーで松島選手がトライを奪ったシーンはしびれました!興奮冷めやまぬうちにブログを書いています。

ラグビーW杯の特集第2弾、今回はウイングです。

前回のスクラムハーフの選手を素質論で検証しました。素質論で検証したところ、スクラムハーフの選手は全体を見渡せる事が得意な選手、客観性、「間」をつなぐことが得意な選手が多かったですね。

http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2019/09/post-500274.html

スクラムハーフ同様、ウイング(WTB)のポジションも特殊なポジションと言われています。

まず、ラグビーの基本的なルールの中に、ボールを前に出してはならない、ボールを前にこぼしてはいけないルールがあります。前者は、スローフォワード、後者はノックオンという反則を取られます。キック以外は、ボールを前に出す事はできません。そういうルールの中でも、トライを取る重責を担うポジションがウイングです。


特殊だからこそ、得意、不得意が分かれると思いましたので、ウイングの選手も素質論で検証してみました。世界的なスピードスター、トリックスター、日本代表の選手の素質を調べてみました。ここまできれいに揃うとは・・・思いませんでした

・スピードスター

ジョニー・メイ (イングランド)125-888-555
セヴ・リース (ニュージーランド)025-919-108
チェスリン・コルベ (南アフリカ)001-012-888

・日本代表

松島幸太郎 (日本)919-919-024
福岡堅樹 (日本)025-024-125
アタアタ・モエアキオ(日本)125-888-100

・トリックスター

エリオット・デイリー (イングランド)555-108-888
スチュアート・ホッグ (スコットランド)789-125-555
サム・ケレビ (オーストラリア) 888-100-100

パッと見て気が付く事あると思います。それは、素質タイプ888を持ってる選手が多いですよね。

ウイングの選手がトライを取る時、パスワークからタックルをかわしてトライもあれば、大男のいる密集の中を、一瞬のスピードで置き去りにして、トライを取るシーンも見られます。


なぜ、素質タイプ888の選手にウイングが多いのか?と言えば

素質タイプ888の特徴で、誰よりも一瞬先に判断ができるという事、一瞬でゴールまでのイメージが湧く事、可能性を感じる限り、諦めず挑戦する七転び八起きの精神性もトライゲッターとして、必要な特徴と精神性を生まれつき持っている事が、ウイングの選手として大きなアドバンテージに繋がっていると思います。

敵がどう抑えてくるか、抑えに来る前にどう対応するのか?を味方よりも先に判断ができるから、相手を抜けるし、置き去りにもできるわけです。

個人的には、素質タイプ919の選手もウイングに向いていると思います。松島選手は、サモア戦大きな仕事をしましたけども、919の特徴はチャンスに強い事、とっさの状況判断に優れている特徴もウイング向きであると思います。


一瞬の判断力に優れ、誰よりも先に判断できる選手がウイングの選手として向いているのかもしれませんね。

生まれつきの素質と同じくらい大事な事は、足が速い事が絶対条件です ← これは本当に大事! 南アフリカのコルベ選手のような独特のステップが武器の選手もいます。特徴にプラスして「技」を磨く事によって、身長が低くても世界に通用する可能性もありますし、これからラグビー選手になる少年達にも、参考になる点が多いのではないでしょうか。


10月13日のスコットランド戦は、ベスト8を懸けた大一番ですね!レイドロー選手と、先に挙げたスチュアート・ホッグ選手をどう抑えるかが勝敗のカギとなりそうです。

« ネットワークビジネス Contents2-1 なぜ、嫌われているビジネスに手を出すのか? | トップページ | ネットワークビジネス Contents2-2 なぜ、嫌われているビジネスに手を出すのか? »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネットワークビジネス Contents2-1 なぜ、嫌われているビジネスに手を出すのか? | トップページ | ネットワークビジネス Contents2-2 なぜ、嫌われているビジネスに手を出すのか? »