2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ネットワークビジネス Contents2-2 なぜ、嫌われているビジネスに手を出すのか? | トップページ | 雪解け »

2019年10月18日 (金)

一夜漬けは有効なのか?

秋も深まってきたころですが・・・

受験生の皆さんにとっては、本格的な勉強シーズンがやってきましたね。

受験生だけでなく社会人になっても資格試験、企業によっては社内試験、昇級試験がある企業もあります。人生はずーっと勉強が続くんですね。

そこで、今日のテーマですが「一夜漬け」


「一夜漬け」と言うと、皆さんいいイメージは持っておりません。特に、学校では先生から一夜漬けをするくらいなら、毎日きちんと勉強しなさい、と教えられるほどです。確かにその通りです。


ですが、社会に出て働くようになると、例えば

「明日のプレゼンなんだけど、○○君の家族が不幸に遭って、○○君と明日のプレゼンを代わってくれないか?」
「仕事が忙しすぎて、明日の昇級試験の勉強がまだ何もしていない」

など、一夜漬けというのが必要な状況がが出てきます。


実は、私は一夜漬けは非常に有効、かつ、効率のいい時間の使い方でもあると思ってます。受験生の方もメモしておいて下さいね。一夜漬けを成功させるポイントは2つあります。

①試験範囲の問題、答案を一通り覚えるだけ覚えたら、すぐに寝る
②起きてから試験の直前までSNS、スマホゲームなどせず、試験までの時間は出来る限り試験の準備をする


この2つだけを守れば、一夜漬けの成功率はぐ~んと上がります。なぜか、簡単に解説をします。

①についてですが、寝ている間に記憶は熟成されて、整理ができるようになっていきます。また、寝る事によって外部から脳への余計な刺激を与えないで済みます。脳が何かを記憶しようとするとき、余計な刺激が入ると覚えられなくなってしまうのです。それを防ぐためです。

②については、余計な刺激を与えないという事もありますが、起きた直後であっても、2割くらいは忘れてます。昨日の復習をする事で、記憶を呼び起こし、記憶された事を確かなものにするためです。


私も、証券外務員2種の試験を受けましたが、どうしても間違いたくない問題は、この方法で一夜漬けをして合格しました。試せる機会がありましたら、ぜひ試してみて下さい。

« ネットワークビジネス Contents2-2 なぜ、嫌われているビジネスに手を出すのか? | トップページ | 雪解け »

勉強会、心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネットワークビジネス Contents2-2 なぜ、嫌われているビジネスに手を出すのか? | トップページ | 雪解け »