2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 逆らう事も時には必要 | トップページ | 9月1日② »

2019年8月21日 (水)

検証!市井紗耶香さんは本当に政治家に向いているのか?

れいわ新撰組、N国が躍進した夏の参議院選挙から1ヶ月経ちました。

今回の選挙も元タレント、著名人と呼ばれる方々が立候補していました。選挙になると、著名人、タレント候補は悪だ!みたいな声が上がってきますが、私は投票率を上げるという意味では悪い事ではないと考えています。ただ、選挙なので、タレント候補、著名人候補が良かれ悪かれ当選する確率も存在します。

選挙が終わってから、放っておくというのであれば、皆さんが考える通りただの集票マシンにすぎません。当選後もしっかりと面倒を見なければいけないと思います。


さて、今回の選挙ですが、元タレントの市井紗耶香さんが立候補していたのは、周知の通りですよね。今回の検証で市井紗耶香さんを素質論で検証してみようと思います。まず、市井紗耶香さんの素質です。


市井紗耶香:001-100-555-0010-A-d-a


市井さんの素質論CANCODEでポイントになりそうなのが下記に挙げる3つにあります。

①一つの事を続けるほうが結果を出しやすい
②正直言って、チームワークを求められるのはあまり得意ではない(一人で何かをしたい気持ちが強い)
③自己矛盾を抱えやすい

①~③を順を追って、解説していきます。


①についてですが、最初に注目したのはファーストエレメント001、セカンドエレメント100です。素質タイプ001を持っている人は、自分でじっくり納得するまで考えた事は、最後までやりとおしたい精神性があります。自分を確立していくセカンドエレメント100は、些細なことでも手を抜かず、完璧なものにしたい精神性が強くなる傾向があります。


また、アルファベット部分であるA-d-a、これは大文字の部分はベースポテンシャルと呼ばれ、その人が生まれつき持つ潜在資質、潜在資性、人生観を表し、小文字の部分はポテンシャルと呼ばれ、その人が生まれつき持つ潜在能力を表します。

ベースポテンシャルAを持ってる方は、独立心が高く、仕事に関しても自分が決めたことを最後までしたいというスタンスです。ポテンシャルdの後に続くポテンシャルaも最後までやり通す実行力を備えています。


②については、素質論を勉強した方なら、やっぱりそうか・・・と思うでしょう。②に関しては、彼女のモーニング娘時代、モロに出てる現象で心当たりがある方もいるかもしれませんね。

覚えている方もいるかもしれませんが、市井さんはモーニング娘時代にプッチモニというユニットグループを結成した事がありました。プッチモニでセンターになって、さあ、これから!って時に、自分で辞めたことがありました。さらに、ハッピーサマーウエディングも発売直後で不自然なタイミングで急に辞めています。

そして、市井さんは、バンド活動、モデル、女優活動、さらにはアロマセラピストの資格まで持っています。一見、アクティブにうつるようにも見えますが、自分一人でやりきろうとする素質タイプ001、ベースポテンシャルA、ポテンシャルaの精神性と不安に感じるからこそ、準備や段取りに余念がないサードエレメント555の精神性も出ています。

以上の事を踏まえると、ユニットよりもソロ、一人で何かをしたい気持ちが強い素質であると考えられます。


③についてですが、市井さんに限らず、素質論CANCODEの並びによっては自己矛盾を抱えてしまう素質があります。市井さんの場合で考えるとサードエレメントが555ではなく、888、919、001のように、目標を決めたら一直線に突っ走れる素質タイプならば、自己矛盾は少ないです。しかし、市井さんは素質タイプ555なので、不安に感じると事前の準備に時間をかけたり、事前に起こり得る問題を予測して手を打とうとする傾向が見られます。

つまり、ああしたい、こうしたいと思っても、予測できない事に関しては、心にブレーキがかかりやすい素質でもあるわけです。自己矛盾を抱える素質は何も活かせないと、全部中途半端になりやすい傾向があります。そのような傾向から、①で述べたように腰を据えて1つの事に取り組むのも自己矛盾を解消できる1つの方法です。


もし、市井さんが本当に政治家を目指していて、勉強不足と感じたなら次の選挙までに猛勉強して、どんな事にも答えられるように知識、知恵を身につけ、経験を積めばいいと思います。国政でなくても市議、県議、自治体の首長に立候補して、身近なところから政策を発信していく事も重要だと思います。

政治家よりもNPO法人や一人で経営ができるなら、子育てサロンなど、自力でも出来る事の方が向いている可能性もあります。それでも、政治家を目指すなら、政治はある意味で数の世界です。人の力を借りなければいけない時も出てくると思います。

市井さんが政治家になる為の宿題として、まずは勉強、そして、自身の自己矛盾をどう活かすかもポイントになりそうな気がします。細かな人間関係でもフォローしてくれるスタッフも陣営に加われば心強いと思います。

以上の事に加えて市井さんの素質をフルに活かせれば、彼女は存在感のある女性政治家になる可能性もあります。

« 逆らう事も時には必要 | トップページ | 9月1日② »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆らう事も時には必要 | トップページ | 9月1日② »