2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月27日 (土)

第10回げんた会レポート

恒例の時期がやってきました! 主催者のげんたさんと幹事の立林さんには感謝しております。お二人には、敬意を表して2か月分のバイオリズムシートをプレゼントしました。

毎度、楽しみにしている年2回のげんた会の季節です。でも、今回はちょっと行きづらいな~という気持ちもありました。というのも、素質論でエスパルスの事を予想して、現時点で大外しをしてしまったから、げんた会の皆さんには、期待させてしまった分申しわけないな~と思ってます。

その大外しのブログがこちら(読み返しても恥ずかしいくらいの事書いてますけどね)

http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2019/01/post-j-3d28.html



これにつきましては、げんた会の主であるげんたさんからも、他のエスパサポからもリクエスト検証が届いてますので、なぜ、ヨンソン監督が予想よりもパッとしなかった事と篠田監督になって残りのシーズンがどうなるかを、後日、ブログにUPしようと思います。


げんた会の参加条件は、老若男女問わず、純粋にエスパルスを応援してる方です。そして、皆様が主役です!

「ひたすら選手の事について語るもよし」
「推しメンは誰がいいかを教え合うもよし」
「スタジアムグルメについて語るもよし」
「エスパルスのアウエー観戦記を聞くもよし」
「げんた会景品にレアなものがあるので、それを狙うもよし」「ただ、皆さんと楽しく飲んで語るもよし」Cimg0474
「今シーズンのエスパルス、他チームの戦力を語るもよし」

人それぞれで、それぞれの楽しみ方がある会なのです。初めての方でも気軽に参加できますよ。過激な人はいませんから参加したいと思う方は、ぜひ、参加して下さい!

私も、皆さんの話しを聞くことに精一杯で・・・ この会は、毎回選手名鑑持参です(笑)シーズン中やシーズン後に素質論で検証したい事、検証したい選手いますので、顔がハッキリ映ってる選手名鑑は、私にとって宝です。


こちらも、恒例となっているじゃんけん大会ですが、今回は元18番さんからのプレゼントでした。このじゃんけん大会は、私はいっつも最後まで残ります(笑)

Cimg0475









Cimg0476_20190727095301









河合選手のカードコレクションです。河合選手が推しメンの方には羨ましいプレゼントをいただきました。元18番さん、貴重なプレゼントありがとうございます!


そして、いつも美味しいそばを提供していただける鐘壱さん!大鐘本部長ありがとうございます。個人的にこれも楽しみなんですよ。
Cimg0477








盛り上がってる中、私の禊の時間がきましたが、まあ、外してしまった事はごめんなさいという事で、何とか許しを得て次はびしっと決めようと思います。

時が経つのも忘れてしまうくらいとは、まさにこの事で、気づけば終了の時間がやってきてしまいました。締めは、さわやかなイケメンげんた君に締めてもらいました。

ヨ~ バン ババン ババババババン
ヘイ!
バン ババン ババババババン
ヘイ!
バン ババン ババババババン  よいお年を アイスタで会いましょう!


「皆さんが主役」のげんた会に参加してみたい方も絶賛募集中です。
 

2019年7月22日 (月)

副業カフェ

大手の企業でも、続々と副業を解禁しています。雑誌でも取り上げられています。10年前は考えられもしなかった事ですが・・・

もしかしたら

「自分も何か副業しようかな」
「副業ってどんなものがあるかな」
「何かできることやってみたいな」

皆さん、色々な思いがあると思います。

そこでですが、FBで繋がっている知人が「副業カフェ」という副業について皆さんが語り合う場を設けてくれました。

・これから副業を考えている方
・既に副業している方
・おススメの副業を教えてくれる方
・この副業を始めた理由、ストーリーを語ってくれる方
・確定申告の仕方、税金の事を知っている方


などなど、皆様の副業に対しての考え方、思いを語って下さい。私もお話しを聞いてみたいし、知りたい気持ちがあります。

リアルにお金の事がメインになる事も考えられますし、このような機会だからこそ、仕事とお金の事を見直してもいいのかもしれません。ぜひ、我こそは!と思う方、ご参加お待ちしております。


注意!!!!!


ネットワークビジネスをしている方も参加OKとしています。中にはネットワークビジネスをしている方が苦手、会いたくないという方もいると思います。参加する、しないはご自身の判断とお気持ちにお任せします。ルール上、この会で過度なアプローチは禁止にしております。私は、ネットワークビジネスは肯定も否定もしていません。ネットワークビジネスをしているなら、堂々と自分のしている事を話してからアポイント取りましょう。

相手に知らせないで、全然知らない人から説明させるのは法律違反になります。またの名をブラインド勧誘と言ってます。気を付けましょうね。

2019年7月21日 (日)

検証!れいわ新撰組 山本太郎代表 れいわの躍進はあるか?

本日、7月21日は参議院選挙の投票日です。すでに、期日前投票をすませた方もいるでしょう。私も今日の朝投票してきました。投票をしても変わらない、意味がない、と思ってる方、諦めている方もいると思いますし、投票したくても出来ない人もいます。政治に興味を持つ事は、一般の市民にとって、少々ハードルが高いかもしれません。それでも、まずは投票に行く事から始めてみてはいかがでしょうか?

いきなり変わるのは無理がありますから、少しずつでいいので、自らの行動起こしてみて下さい。

その参議院選挙で、都市部でひときわ注目を浴びているのは、れいわ新撰組を率いる山本太郎代表ですね。今回は、素質論で山本太郎代表とれいわの政策を検証していこうと思います。素質をみたときに、あ~やっぱりブレない人だなと思いました。


山本太郎:555-001-024-5556-F-g-h-1-3-1 (1-3-1は2019年7月21日の山本太郎代表のタイムコード)


れいわ新撰組からの立候補者の名簿を見ても、政策を見ても奇想天外だと思いました。まず、ここに素質タイプ001が持つオリジナリティー性があり、他人と同じでは嫌だという発想の持ち主の方が多いです。また、素質タイプ001があるところは、セカンドエレメントと呼ばれ、対人対応する時や仕事に対しての方法論、メソッドを言う時に出やすいエレメントです。展開も戦略もオリジナリティー性を感じます。

どこに感じるかと言えば、特定枠の1位に難病ALS患者ふなごやすひこ氏、2位に重度障がい者木村英子氏を指定しました。山本太郎代表が国会議員に返り咲くには、比例代表で3議席以上を獲得しなければなりません。

しかし、得票率で2%以上ならば公職選挙法により、れいわ新撰組は政治団体から「政党」へ格上げされ、山本太郎代表は党首として存在できます。賭けではあっても、ロジック性を感じる賭けでもあり、パワープレーでもあり、切羽詰まった状態で出やすいサードエレメント024の特徴も感じます。

ここで、簡単ではありますがれいわ新撰組の公約をおさらいしておきましょう。

①消費税廃止
②最低賃金1500円
③奨学金徳政令
④公務員増
⑤一次産業戸別所得補償
⑥トンデモ法一括見直し
⑦辺野古基地建設中止
⑧原発即時廃止


上記に挙げた公約、一見むちゃくちゃな政策もありますが、中には一定の合理性を有しているものもあります。この政策を他党と見比べてみると、山本太郎代表が持つトータルバランスに優れている素質タイプ555の特徴、素質タイプ001のロジック性が存在します。


まず、ロジック性についての事例として①の消費税廃止について話しましょう。
Cimg0473









グラフは、わかりやすく言えば消費税の累計は282兆円、それに対し法人税減税は255兆円、つまりは消費税増税は法人税減税分に回っていた事にもなるわけです。この消費税廃止は、有権者の間でも共感が広がりを見せています。

消費税廃止は、絵空事のように思えても事実、経済プロの間でも実現性が高いのでは・・・として注目されています。

トータルバランスについては、②の最低賃金1500円と③の奨学金免除を事例に挙げて説明しますと、最低賃金1500円は共産、社民両党、奨学金免除も立民、国民民主党の給付型奨学金の拡充などの野党の政策に共通しています。

れいわ新撰組の政策は、自民党支持者、公明党支持者が見てもど真ん中をついているものもありますし、②、③でもわかるように敵の票を奪ったというよりは左翼、左派の現状批判票も取ったという、まさに政策がトータルバランスに優れたものだからだと私は思います。


・有権者に潜むルサンチマン

山本太郎代表の潜在能力的な部分であるポテンシャルg-hも注目しました。ポテンシャルgもhも組織やグループ、団体を上手にまとめる人が多いです。細かな違いで言えば、ポテンシャルgは組織を拡大したり、人材を上手に運用していく力があり、ポテンシャルhは、グループ、組織内の不満をすくい上げて、統制を図ることが出来る力を持っています。

私は、山本太郎代表がれいわ新撰組を立上げ、短期間で政治団体を築くことが出来たのも、ご本人の熱意と情熱、ロジック性のある政策はもちろんですが、山本太郎代表が持つポテンシャルによる力も大きいと思うんですよね。組織、団体、グループをまとめていく上で、絶対に欠かせない要素を生まれつき持っているんです。そして、もう1つの忘れてはならない要素があります。


ルサンチマンっていう言葉をご存知でしょうか?

ルサンチマンとは、ニーチェの用語で、かつ、哲学用語でもあるのですが、弱者が支配者や強者への憎悪や妬みを内心にため込んでいる事を言います。

れいわ新撰組の政策を読んでも、有権者に潜むルサンチマンを上手にすくい上げ、支配者層、富裕層を仮想敵に設定して、有権者の溜飲を下げる事ができているので、有権者である我々も共感ができる部分があるのだろうと思います。


あと数時間後で選挙結果が出ますが、私はれいわ新撰組は2議席確保で、上手くいけば得票率で山本太郎代表が党首になる可能性もあると思います。

2019年7月14日 (日)

自分の事を「親友」のように扱いましょう

自分自身に対して「大切な親友」のように言葉をかける


自分に語りかけるときに使っている言葉について考えてみて下さい。

「私は重要な人物。この地球を変えてみせる」と言ってますか?

「誰も私のアイデアに賛成してくれなかったらどうしよう・・・うまくいかなったらどうすればいい?」

鏡を見た時に、自分に向かって「私は大切な人」と言ってるのか、「誰もかまってくれない」と言っているのか、自分に向かって何と話しているのか、これは非常に重要な事です。


あなたは、地球のために何か大きなことをしたり、友人を作ってハグしたり、語り合ったりしているかもしれません。あるいは、募金をしたり、富を築き上げたりして、この世界を作り上げてきた人々、たとえば、ダライ・ラマ法王や7つの習慣のスティーブン・コヴィー博士などのような人達から学んでいるかもしれません。


けれど、家に帰って自分を嫌い、自分に疑問を感じ、自分の能力を否定し、「自分は欠陥人間」だと思ってしまったら、全てが台無しです。

そんな事にならないように、この瞬間から「自分自身を大切な親友のように扱う」ようにしましょう。


ショーン・スティーブンソンの言葉、一部を抜粋して引用

2019年7月11日 (木)

Wedge 漂流する部長課長②

前回のブログはこちら 漂流する部長課長①

http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2019/07/post-c433a3.html


前回のブログの最後に若者に蔓延しているある考え方、で終わってました。


まず、その考え方を話す前に・・・ 40代、50代、またはそれ以上のシニアの方には、どのような心構えが必要になってくるかを考察します。


・キャリアと働き方を作り直す覚悟が求められている

40代、50代の方にとっても、これからのキャリアは現役労働者と同じように多様化してくると思います。

どのキャリアを取るにしても、同じ企業で働く場合であっても、社外で働く場合であっても、キャリアを転換することは

「自分の能力の売り方を変える」


つまり、何ができるかを考える、重要な事は2つあります。

①これまで経験した事が、そのまま活かせる場を見つけることは難しい事をある程度理解しておく事

②企業、あるいは労働市場の人材ニーズをみながら蓄積してきた能力のどの部分を活かせるかを見極める事

40代、50代、シニア労働者は「何ができるか」を考える必要が出てきますし、会社の中での役割を明確にする事も必要になってくるでしょう。最初に40代、50代のキャリアについて


・やりたい事とできる事は違う

「やりたい事を仕事にしよう!」 「好きな事を仕事にしよう!」

最近、この手のセミナーが多い気がします。参加している人も、シニアよりも若い人たちが多いです。

好きな事を仕事にすることは、大変素敵な事です。特に、若い人たちに言いたいのは「やりたい事」「好きな事」も大事ですが、「できる事」自分には何ができるのかを考えてほしいのです。私の素質論アドバイスで、学生の就職相談を受けることもありますが、同様の事を話すようにしています。先にも書いたように40代、50代、シニアの人も「できる事」を考えて・・・いや考え抜いてほしいです。

「やりたい事」「好きな事」だけで、仕事になるまでは時間がかかります。だからこそ、自分にできる事も考えてほしいのです。いくら好きで始めた仕事でも嫌いになってしまう瞬間もあります。せっかくの好きな仕事が嫌いになってしまっては、元も子もありませんよね。しかし、ビジネスでは、そのような事だって十分起こり得るのです。

まだ、若くて人生経験もない人達が「やりたい事を仕事に」「好きな事を仕事に」何となく得体の知れないキラキラ感に惑わされてほしくないですし、自分を見失ってはいけないと思ってます。もう1度言いますが

「好きな仕事でも嫌いになる瞬間は必ず訪れます」


それでも「やりたい事を仕事に」「好きな事を仕事に」しますか? できますか? 覚悟がある人なら大丈夫でしょう。

今、あなたが始めようとしているやりたい事、好きな事は10年間無報酬でも続けられるくらい情熱を持って取り組めることなら大丈夫です。お金は後からついてきます。

2019年7月 4日 (木)

Wedge 漂流する部長課長①

Cimg0468  

Wedge、タイトルを見たときに思う事がありましたので、立ち読みで済ませていました。でも、何か引っかかたんですね。気になってしょうがなかった。

翌日、立ち読みした本屋さんに寄って購入しました。改めて記事を読むと、明日は我が身と言いましょうか。5年後、10年後の世の中になるのか、わかりませんが、40代、50代の働き方の未来予想になるかもしれないなと思いました。まずは、見ていただきたいデータがあります。それは、大手企業で進む中高年社員のリストラです。


2018年7月 大正製薬 勤続10年以上の40歳以上の正社員が948人
2018年10月 NEC 45歳以上の勤続5年以上の正社員が2170人
2018年10月 富士通 45歳以上の正社員が2850人
2018年12月 エーザイ 勤続5年以上の45歳以上の正社員が300人
2019年2月 カシオ計算機 勤続10年以上の45歳以上の社員と50歳以上管理職が156人
2019年2月 ルネサスエレクトロニクス 35歳以上の社員が最大で900人

人数はあくまでも応募者数となっていますが、いやあ~ 人手不足と叫んでおきながら、生涯現役社会と謳っておきながら、中高年のリストラを着々と進める大手企業。確かに、高齢社員を雇い続けることで、給料、社会保険料の事業主負担も増加し、コスト負担が大きくなります。

そして、データからもわかるように、肝心の企業に受け入れる体力がなければ、生涯現役社会なんて実現はしません。

「経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っている」中西宏明・経団連会長の言葉は偽らざる本音だろう← Wedgeの記事をそのまま引用。

終身雇用というシステムがあったからこそ、社員一人一人が能力を上げ、会社のために奉公し、若い人も安心して働くことができました。しかし、上記のデータをみた20代、30代の若者が会社にずっといたいと思えるでしょうか?

私は、思えないと思います。


そして、20代、30代の若者の間に蔓延しているある考え方、私はこの考え方に対し、非常に危惧しています。

漂流する部長課長②へ続く




2019年7月 2日 (火)

リクエスト検証!カラテカ入江慎也さんの繋ぐ力

読者から、リクエスト検証がきましたので、今回はこのテーマで検証しますが、前置きがあります。

まず、本当のリクエスト検証内容は

「カラテカ入江さんは、なぜ闇営業に手を染めてしまったのですか?」

というリクエストでした。そのテーマでは素質論で検証が難しい事と、ワイドショーを賑わせている闇営業と反社会的勢力は別々で考えなければいけません。この事については後にします。

先に私は、

「なぜ入江さんが大勢の友人・知人を作れたのか?または友人・知人同士をつなぐことができたのか?」

そちらの方に興味を持っていました。また、素質論で検証するならば上記の「」を検証するほうが読者にとって納得しやすいのではないか、そんな事を思い、リクエストをいただいた方に私の思いを伝え、了承を得て検証することにしました。入江さんの素質ですが


入江慎也:108-012-888-1082-A-b-c


私は、入江さんの素質をみて納得しました。納得したポイントは主に2つです。

最初に注目したのは、108-012-888の部分です。結論から言ってしまえば、人を疑わなくて済むようないい人達に囲まれて過ごす事が自分らしい環境であると考える傾向があります。また、素質タイプ108も012もベクトルHに属します。ベクトルHの人は生涯にわたって、人脈拡大する環境、人脈拡大する環境で情報が手に入る環境、仲間づくりをしていく事に力を注ぐ傾向があります。

また、頼りにされる事をうれしく思いますから、人を紹介して人の役に立った経験がモチベーションになって、人脈をドンドン広げていったのではないかと、推測できます。

特に、ファーストエレメント、セカンドエレメントがベクトルHの人は異業種交流会に参加したり、自らが異業種交流会を主催するのも大好きな人が多いですからね。


次に、注目したのは能力的な部分であるポテンシャルb、ポテンシャルcです。ポテンシャルbは相手の話し、要求を上手に受け入れ、かつ、自分の意見を通していくねばり強さ、相手の話しをよく聞きますからかゆい所に手が届くんですよね。ポテンシャルcは言葉による表現力が上手です。

例えば、あなたがAさんをBさんに紹介したいシーンを思い浮かべて下さい。

BさんにAさんの事を知ってもらうためには、BさんにAさんの事を快く受け入れてもらうために、色々と考えますよね。メールであっても、直接会っても言葉は必ず必要です。入江さんはそのような表現力が長けているのだと思います。だからこそ、入江さんは大多数の友人・知人を繋ぐことができたのではないかと考えられます。


・このような事態になってしまった事も、入江さんの素質と表裏一体

素質タイプ108は、警戒心が強いタイプなので、ちょっとした空気の変わり目に敏感だったり、いい人なのか、悪い人なのかを見分ける能力は先天的に高い方なのですが、一度、いい人と思ってしまうと素性を調べずその人を信じてしまう傾向もあります。また、素質タイプ888の特徴として、軽はずみで物事を引き受けてしまう事があります。888のエレメントは、サードエレメントと呼ばれていて、何か突発的な事が起こって対処しなければならない時、無意識の時に反応しやすいエレメントでもあります。


先にも書きましたが、素質タイプ108も012もベクトルHに属します。ベクトルHを持っている人は、頼まれると断りづらい特徴があるんですよね。もしかしたら、雰囲気、挙動などで反社会的の人たちとわかっていたかもしれません。

本来は警戒心が強い方なのに、頼まれると断りづらい、軽はずみで物事を引き受けやすい特徴から、1回引き受けてしまったがために、引き下がれずズルズルといってしまった事も考えられますし、若しくは入江さん自身が何らかの事情で追い込まれていて、つながる人達の素性を調べずに反社会的の人たちとつながったままになってしまったとも推測できます。


素質論を知っている私からすれば、もっと他の事に能力を活かしてほしかったと思いました。残念でなりません。

入江さん検証しましたので、今度は矢部太郎さんのリクエスト検証があるかもしれませんね。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »