2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 交流会あれこれ③ | トップページ | 週刊!素質論 300タイトル達成! そして4年目に突入 »

2019年6月29日 (土)

緊急検証!J1清水エスパルスの反撃 篠田善之監督

シーズン開幕前に「TOP5」を掲げていましたが、第6節まで2分け4敗、未勝利、リーグ最多失点、第7節でようやく今シーズン初勝利。エスパルスサポーターにとって待ちわびた勝利でもありました。その後は、一時は最下位までに沈むも直近5試合で上位進出への追撃態勢を整えた、というところです。

開幕前にげんた会でお話しした事が見事すぎるくらい外れて・・・今まで何百という予想してきましたけど、ここまで外れたのも3例目です。その大外しのブログがこちら

http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2019/02/2019j-16b2.html


この結果につきましては、色々な方から言われましたよ。まあ、しょうがないですけどね。今度はバイオリズムの対象者がヨンソン監督ではなく、篠田監督になりますので、後半戦の対戦相手、リーグ全体の状況、展望を含め、改めて検証してブログに書こうと思います。

監督やヘッドコーチには、最初からチームに関わっていないと力を発揮できない人と途中から引き継いでも力を発揮できる人がいますが、篠田監督は後者のタイプです。(以前、FC東京在籍時も途中で監督に昇格して、結果を残してます)そして、これはどのチームにも言える事ですが、監督とヘッドコーチの関係は、似た素質を持つ者同士より、違う素質を持った者同士の方が局面は打開しやすいかもしれません。

WEBスポルティーバの記事にもあったように、エスパルスの浮上の要因に2つの事を挙げていました。

①篠田監督の取り組みとチーム、選手たちへのアプローチにあること

②チームのエースであるドウグラスの完全復活


今回の検証は、篠田監督の素質から上記の①を角度を変えて素質論の視点で検証してみました。まず、篠田監督の素質ですが


篠田善之:108-024-919-1081-F-a-h

監督が代わるという事は、当事者にとっては、○○しなければならない、絶対○○だ、という思い、精神性からファーストエレメント108よりもセカンドエレメント024、サードエレメント919の方が強く現れていると思いました。それは監督就任時の言葉に

「やるべき事をやらない選手は試合では使わない、走り負けない事、戦う姿勢を見せる事、攻守の切り替えの早さ、球際を激しくしていく」


走り負けないとか戦う姿勢、素質タイプ919が持つ競争心の強さ、やるべきことをやる、というのも素質タイプ024が求めるプロ意識や口よりもまずはやってみせよ、という精神性を感じます。監督就任時の言葉からも相応の覚悟、決意を持ってチームをを引き受けた事が推測できます。

ここ5試合の試合結果も、偶然の要素もあると思いますが、土壇場で試合をモノにしているのもチャンスに強い素質タイプ919の影響かもしれませんし、チャンスと見たら間髪入れず、勝負に出る勝負強さ、結果を出すための一番のベストを選択できるのも919の影響であると考えていいでしょう。

大きな物事の意思決定をするファーストエレメント108は選手起用に現れています。篠田監督になってから、スタメンにも若干の変化を感じます。素質タイプ108の人は、最後まで手を抜かず、頑張っている人を評価したり、責任感を全うする人を評価する傾向にあります。そのような事を見抜く細かさも備えているんですね。

ちなみに、ヨンソン前監督は、555-000-555-5559で素質タイプ555でしたから「実力のある人」を評価しやすい傾向にありました。げんた会の人たち、エスパルスサポーターも指摘していた選手交代が遅いのは、素質タイプ555を持ってる人は、自分が納得してからでないと物事を決められない傾向があります。おそらく、選手交代が遅いのもその影響からでは、と考えられます。


浮上の要因として、篠田監督の取り組み、チーム、選手達へのアプローチのほかに見逃してはいけない点があります。それは、篠田監督の持つ潜在的な能力です。では、なぜ、ここまで修正できたのか?私は、その能力がF-a-hにあると思います。

篠田監督の持つFは、細かい点に気づいたり、気を配れる人が多く、さらにそこから続くa-hで、ポテンシャルaは、自分が思った事、自分の意見を伝えたいという思いが強く、ポテンシャルhは、組織、グループ、チーム内でどこが問題になっているのか、どの部分が上手くいっていないのかなど、問題点を発見するのが上手で、かつ、それを修正しながら取りまとめる力を持っています。

篠田監督が、チーム、選手達へのアプローチを大事にして、普段の練習からも細部にわたって選手を観察する事も、試合でも上手くいっていない事があっても、システムを変更したり、選手を入れ替えたりして立て直す事も、勝てるチャンスとみれば勝ちにいく采配も、篠田監督の素質からうなずけると思います。


私個人として、篠田監督の素質から期待しているのは選手の育成です。ファーストエレメント108は人を育てる事が好きという事とポテンシャルhも部下を持つ事で能力が大きく伸びます。

今のエスパルスは活躍しなければならない選手がたくさんいます。加えて、静岡はよくも悪くも温厚で人柄がいいところです。のびのびと人を育てる環境には適している土地柄でもあります。


いちサポーターとして、後半戦も期待して激励のブログです。

« 交流会あれこれ③ | トップページ | 週刊!素質論 300タイトル達成! そして4年目に突入 »

検証」カテゴリの記事

コメント

なぜヨンソンさんがコケたのか?の分析もお願いします。笑

げんたさん

実はげんたさん以外の方からも、その件でリクエスト検証がきてます。ただ、書こうかどうか悩んでまして・・・ リクエストに応えたい反面、サポーターからすれば嫌な過去をむしかえしてしまう気もして、なかなか自分の中で消化できずにいます。

書くなら、エスパルスが調子のいい今のうちかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 交流会あれこれ③ | トップページ | 週刊!素質論 300タイトル達成! そして4年目に突入 »