2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「了解します」は本当に失礼なのか? | トップページ | A≠B »

2019年5月17日 (金)

東大を出ても、ある日突然バカになる

今回はタイトルが過激です。

「バカ」とついてるタイトルは、週刊!素質論の300回近い連載の中でもおそらく初めてです。タイトルが過激と言われても、最近のニュースの中で、政治、経済、一部のスポーツを見ているとバカと言わざるを得ない出来事ばかりです。


私が、ブログを書くトリガーとなった出来事は丸山議員の例の発言です。その前にも豊田議員の秘書へのパワハラ事件もありましたよね。ここ数年、世間的に賢いと言われてきた人達が、バカな事をしでかして、自らの政治生命を危うくしている事案がたびたび起こってます。

そして、ワイドショーなんかを見ていると、コメンテーターが傲慢ではないかと指摘する人もいるのですが、私は、エリートと言われる人には確かに傲慢な人もいますが、一概にそうではないと思ってます。

世間からエリートと言われるまでは、本当に努力をしてきて、誰もが遊びたい時代に、一生懸命勉強して難関大学に合格することを夢見て頑張ってきたわけです。自己コントロールに関しては、私と比べても、世の中の人たちと比べても遥かに高いです。ところが、実際はそうではありません。


・不安や怒り、このような感情が人をおかしくする

怒りは、皆さんも経験があるかもしれませんが、時として常軌を逸した心理状態になりますし、その時の行動は破壊に満ちた行動を取りがちですよね。大変怖いです。最近ではアンガ―マネジメントという講座もありますよね。どうやって怒りを鎮めていくか、怒ってしまった自分にどのように向き合えばいいのか、確かに怒りという感情に身を任せて判断すると、とんでもない事をしでしかします。だからこそ、アンガ―マネジメントは、一昔前よりも注目されて重要性が増しているわけです。

その怒りよりも怖いのは、過度に恐れる「不安」の方だと思います。最近のニュースから事例を挙げますと、大手企業の不祥事とスポーツではJリーグの誤審(特にゴール判定)の多さが挙げられます。

大手企業のリコール隠しから始まり、不正検査、不正会計と立て続けに不祥事が起こってます。背景や心理を考えていくと、そこにあるのは過度に恐れる不安であると考えられます。正直に数字を発表すれば、株主から突き上げられる不安が不正や隠ぺいの温床となっています。その時は上手に隠したつもりが、時を経て、明るみに出て釈明に追われる。こんな事を繰り返しているうちに、企業へのイメージダウンにつながり、顧客は離れ、売上・利益は激減する。賢い選択とは思えないですよね。

Jリーグの誤審では、特にゴール判定での誤審が多いのですが、これも過度に恐れる不安からではないでしょうか。ゴールは直接、当該チームの勝ち負けと勝ち点に影響してきます。要は必要のないプレッシャーや不安によって、まともなジャッジができていないように思います。

大手企業、上場企業の役員は、誰もが知っている一流大学の出身者が多いです。それでも、不安という感情が彼らをバカにしてきたと言ってもいいのではないか。


・賢いと言われる人でもバカになる瞬間はある


私も経験があるのですが高校の受験対策の時、学校の定期テストの成績、進学模試の成績はよかったのですが、なぜか、進路を決める要素になる出文テストでは点が取れませんでした。出文テストの試験当日、私はバカになったんですよね。要因は、プレッシャーや不安によってケアレスミスばかりをして、今考えてもありえない失点が多かったです。もしかしたら、ブログを読んでいる皆さんも、受験の時、そのような経験をした人もいるかもしれません。

これは、事前対策というかトレーニング次第では克服できます。事前にケアレスミスをしそうな所にチェックを入れて、どうすれば防げるかを考え、事前にトレーニングすればいいだけの話しです。営業職の方なら、営業マンと顧客のロープレも有効な対策の1つでしょう。

しかし、受験で失敗する賢い人は、自分がバカになることへの、バカになる瞬間の対策やケアをしていません。自らの力を過信して、墓穴を掘ってしまいます。

アメリカの経営者は、自分のお抱えの精神科医やカウンセラーを持っています。それは、メンタルヘルスだけでなく不安や怒りの感情が、判断を間違ったものにしてしまうという事をよく知ってるからです。それを防ぐために、自分の感情を客観的にモニタリングしたり、改善したりする目的があって、専属のカウンセラーを雇うわけです。


確実に言える事は、どんなにバカになる瞬間はあるという事です。人間が人間である限りそうならないことはないと言えるでしょう。前にも書いたように、不安や怒りの感情が先行すれば、利口でもバカになる事があります。

« 「了解します」は本当に失礼なのか? | トップページ | A≠B »

勉強会、心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「了解します」は本当に失礼なのか? | トップページ | A≠B »