2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月26日 (金)

Lie To Me 嘘は真実を語る

今年から、山の日という祝日が入り、お盆休みも例年より長く取れる方が多いようですね。お盆やお正月の長い休みの時は、親戚の家に行ったり、同窓会があったりで何かと人と会う機会が増えますよね。

素質論を習った方は、ぜひこれを機に検証を進めていきましょう!

と言いたいところですが、実は「検証」の仕方がわからないという人がいます。まず、検証とはどんな作業かをお話しします。


・検証とは?(以下、広辞苑から)
①実際に調べて証明すること

②ある仮説から論理的に導き出された結論を、事実の観察や実験の結果を照らし合わせて、その仮説の真偽を確かめる事

素質論における検証の目的は、素質論にある特徴と実際の人と会い、照らし合わせていくことによって、身の回りの方とのコミュニケーションに活かす事を目的としています。基礎理論を勉強した方は、テキストに「ホログラフィー化」と書いてありますよね。ホログラフィー化、わかりやすく言えば、カラーで動画です。


このホログラフィー化していく中で、参考になる海外ドラマがあります。


その海外ドラマがLie To Meというドラマです。このドラマ自体は、精神行動分析学者の主人公が、「微表情」と呼ばれる一瞬の表情や仕草から嘘を見破ることで、事件を解決していくサスペンスドラマです。ドラマの中で、実際の写真をフラッシュバックさせて挙げたり、登場人物のセリフで微表情や仕草の解説をしています。そして、このホログラフィー化していく過程が素質論の検証とよく似ています。このような検証を続けていくと、なぜ、そういう表情をしたのか、なぜ、あのような行動を取ったのかなど、相手の素質で行動や出来事、心理を把握できるようになり、色々な対応方法が考える事ができるようになります。そして、その対応にも幅が出来るようになってきます。


事例を挙げますと素質タイプ919を持っている人が、真剣な話をする時は、男女問わず眉間にしわが寄り、こちらの目を一点に見つめる傾向があります。これは、相手の言っている事、話している事を全て拾おうと意識しているから、あのような目になるのです。ですから、素質タイプ919の人に真剣な話をする時は、こちらも相手の目をじーと見て話をするようにします。


比較的発見しやすいものならば、素質ベクトルAを持っている人は、興味があったり、話す事によって興味が出てきたものには、目の瞳孔が上に開きやすい傾向が見られたりします。


検証の仕方がわからない人にとってLie To Meはおススメです。素質論だけでなくNLPや日々の会話の中でも活用できますので、ぜひご覧になって下さい。Lie To Meのドラマ自体はシーズン1が一番面白いと思います。

2019年4月18日 (木)

平日夜活第2弾! 居酒屋DE交流会 IN 自由人

先週に引き続き、今週も静岡県東部で行われた交流会に参加してきました。いきさつは、前回のじげんさんで行われた交流会で知り合った方から、直接オファーをいただきまして参加する事になりました。主催者の方とお店自由人さんには感謝してます。


前回のじげんさんで行われた交流会のブログ
http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2019/04/post-a24ae1.html


さてさて、交流会が行われる場所は清水町長沢、私は母方の実家が三島なので、この辺でも土地勘はあったんです。でも、距離感を過信してました・・・ 本当に過信してました。

交流会が行われるお店の最寄りの駅が大岡駅(ここは沼津市)なんですね。そこから一旦は南下して大通りを目指し、大通りへ出たら東へ向かい、駿東郡清水町へは黄瀬川を越えなければならないのですが、歩いても歩いても、黄瀬川が見えない・・・ 

やっとの思いで黄瀬川を超えた時点で、既に駅から歩いて20分弱。さらに歩いて15分後には無事にお店に着くことができました。お店に着くなり、皆さんに驚かれました。


「静岡市から着た事」      「大岡駅から歩いてお店まで着た事」

二重の意味で驚かれましたし、皆さんから歩いてはいけない距離ですって突っ込まれますよね(笑)


・じげんさんの交流会で知り合った女性

交流会参加目的の1つに、この女性に素質論で診た分析シートをお渡しして、色々お話しを伺うという目的がありました。彼女のCANCODEはプライベート上の事がありますので、ここでは秘密にしたいと思います。前回、初めて会った時からも、自分の事をよく話してくれる印象がありましたので、ピ~んときました。

「もしかしたら、自分の事を本当に知りたがっているのか?」
「自分が、今の性格のままでいいのだろうか?」 「私のこの性格はどこから成り立っていたのだろうか?」


おそらくはワクワク感と不安感が入り混じったような気持ちだったと思いますし、性格が露わになってしまう怖さもあったと思います。

ブログ読んでいる皆さんだって、占いとかしてもらう時、ワクワク感と不安感、怖さってあると思うんですよ。でもね、そのような感情を持つのは至って普通です。普通の感情です。

彼女の素質をみて、ありのままをお話ししました。むしろ、ファーストエレメント全開で話してくれていましたので、私としてはホッとしましたね。会って2回目で、あれだけ全開で話してくれたら、何があっても大丈夫だと思いますよ。女性は、セカンドエレメントだけで生きている方が多いですし、悲しい現実でもありますが自分の本質的な部分を知らずして、生涯を終えてしまう女性が多いです(後日、ブログに書こうと思います)

あのシートをよく読んで、ご自身の心の深層まで理解して、受け入れてくれれば、能力も発揮できるようになりますから、まずは自分ありきであってほしいと思います。ただし、「私、こうだから!」と言って、免罪符代わりにしてはダメですからね!あくまでも、自分を深く理解して受け入れるためのシートとして持っていてほしいと思います。


・知らない人と飲むのは楽しい

帰りも大岡駅まで歩いていこうと思ったのですが、自由人オーナーからのご好意で車で送ってもらう事になりました。少しの時間でしたが、お話しをさせてもらったところ

「以前は交流会や何かを企画するなんて考えもしなかった。でも、じげんさんの飲み会に参加して、自分もこういう事をやってみようと思った。知らない人と飲むのも楽しいですよね」

この言葉が印象的でした。

私も人見知りではあるのですが、知らない人と飲むのも楽しいです。この意見については全くの同感。私なんか、静岡市で飲んでいても面白くないから(げんた会は別)西部、東部、時間と予算が合えば出かけて、そこに住んでいる方の話を聞こうと思っちゃう。

私は素質論は静岡県で広めたいと思っていますので、機会があれば、また足を運んで、皆さんの話しを聞こうと思います。最後になりますが、主催者の方、自由人オーナー、じげんつながりの方もありがとうございました。楽しかったです!


お店の場所 静岡県駿東郡清水町長沢620 創作ダイニング 自由人 055-973-0099

 

2019年4月14日 (日)

メンタルヘルスは難しい?


今年だけは、GWが10連休ありますから例年以上に五月病が多くなるかもしれません。

最近は、皆さんの会社、職場でもメンタルヘルスの簡易検査が浸透しています。


メンタルヘルスと言っても、少々わかりにくいですよね? 私も、皆さんと同じ意見でわかりにくいと思ってます。なぜ、わかりにくいのでしょうか?私は主な理由として2つあると考えています。

①数値化されない、または数字で表現しづらい
②ご本人の調子や感覚に頼る部分がある

これだけでは、ピンと来ないかもしれませんので、もう少し詳しく話します。


①数値化されない、または数字で表現しづらい

例えば、風邪を引いて熱が出たとしましょう。風邪を引くと、熱が出ていないかどうかを確認しますよね。そして、体温計で熱を測ったら38度ありました。人間の体温は、個人差はありますが35度~37度くらいであれば平熱と呼ばれます。熱を測って38度という事は、明らかに熱がある状態です。たまに、38度あっても元気な人はいますし、集中力を保っている状態では気づかない場合もありますが・・・

体温が37度以上であれば、熱が出ている状態で風邪の可能性がありますよ、と数字から客観的に判断ができますよね。

ところが、メンタルヘルスの場合は「○○以上あったら、○○ですよ」という客観的な数字だったり、客観的に判断できるボーダーラインがありません。と言うより存在しません。


②ご本人の調子や感覚に頼る部分がある

メンタルヘルスの質問事項に「最近、よく眠れていますか?」という質問がありますが、例えば睡眠時間が5時間でもよく眠れてると答える人もいれば、7~8時間でも眠れていないと答える人もいます。

また、仕事中に些細なトラブルであっても、イライラしやすい人もいれば、何事もなかったかのように涼しい顔してトラブルシューティングする人もいるでしょう。他人からみれば、どこも調子が悪く無さそうに見えても、本人が調子が悪いと言えば、調子が悪いと受け止めざるを得ないですし、そこは本人の感覚の問題なんですよね。


時期を見て、私から皆さんに下記のストレス調査票を渡すかもしれません。ぜひ、興味のある方は一度、このストレス調査票に従って答えてみて下さい。調査票からのアドバイス・カウンセリングも受け付けております。




Cimg0465


Cimg0466

 

  

2019年4月11日 (木)

平日夜活!居酒屋DE交流会 IN じげん

当日、唯一のお知り合いの方が欠席・・・ でも、全然大丈夫です。


そんなわけで、自分一人で静岡県の東部(沼津市)の異業種交流会に出かけてきました。一人だろうと、別に構いません(笑)どこでもいっちゃいます。

素質論を習ってよかった~ こういう時に思うんですよ。人見知りすることはあっても、コミュニケーションを取る事に不安がないですから。誰とでも話しができてしまう。ちなみに格好はいつもと同じ、シャツにジーパン。フランクな交流会でしたから、構える必要も全然ないですよ。

県西部は、何度も行ってますけど、県東部は1年ぶりですね。私は県東部については、保守的なイメージがありましたが、昨日の交流会でそのイメージは薄れましたね。ドットツリーやみしま未来研究所のコミュニティーが出来たからか、東部も元気!元気! 皆さんとお話しして元気や活力をもらいました。今度は、私が素質論で、皆さんのお役に立てるようにしたいですね。


当日の仕事の都合で、当初の予定人数よりも若干少なかったのですが、それでも20人くらいで会場は大賑わいでした。あいさつもそこそこにして、お互いに名刺交換。

「素質論」ってインパクトありますよね。物珍しかったのか、ほとんどの方が興味を示してくれました。自分の話よりも、お相手のお話しも聞きたかったですし、全員初対面ですから、名刺交換した相手の話しをしっかり聴いてコミュニケーションを取る事に終始しました。


1つだけわかった事は


県東部でも交流会や出会いの場というのを、求めている人が潜在的に多いんだなって思いました。東部は、街と街の距離が離れていて、人が集まりにくい環境だからこそ、出会いを求めている人が多いのかもしれません。


昨日の出会いで、一人お店を切り盛りしている方と知り合いまして、その方からうちの店で交流会する時は来てくださいというオファーもいただきました。場所は清水町ですが、予定がつけば参加してみようと考えています。今度はどんな人たちに会えるのかな~?


じげんさん、会場提供ありがとうございました! 料理とても美味しかったです!もし、沼津でセミナーする機会があったら、セミナー後の懇親会で利用したいと思います。


会場 鶏屋じげん 沼津市大手町5-12-3 アライビル1階

2019年4月 6日 (土)

似て非なり

似て非なり


ちょっと見た限りでは、似ているが、実際は全く違う事。

素質論を勉強したり、日常生活で活用し続けていると、似て非なりの場面によく遭遇します。素質論においては何が似て非なりなのか?

それは一見すると行動が似ていても、心の中では全く違う事を考えていたり、心理が全く逆であったりすることがあります。これは、素質論を勉強した方、私の素質論アドバイスを受けた事がある方ならご存知かと思います。


一言で言ってしまえば「その方が生まれつき持っている価値観の違い」です。生まれつき持っている価値観の違いが、その時の行動、言葉の選び方が変わってくるからです。

先日、こんな事がありました。


ここは、私も何度か参加している朝活なんですね。改めて参加者の皆様に、話をうかがうと

「幹事の方がガツガツと営業らしい事をしないので、私たちも参加しやすい」
「幹事さんの物腰が低いので、みんなが気軽に話せる雰囲気を作ってくれている」

など、好意的な意見がほとんどでした。

私も何度か参加してますが、確かにそうです。確かに・・・ 皆さんの言ってる通り、そう見えるんです。


この朝活は、幹事さんが二人います。偶然にも幹事さんの生年月日を知る機会がありまして、二人の素質を調べたらお一人は、皆さんが思っている通りで、物腰が低くて自分の事よりも、相手を立てたり、相手の事を考えて、相手の気持ちを優先していていく、そんな人です。

もう一人の素質を調べたら、朝活や交流会のように、人が集まる場は少々苦手という方です。この人の心理を考えると、ちょっと切なく聞こえてしまうかもしれませんが、人が集まる場が少々苦手なので、敢えて隅の席に座り、自分からあまり言葉を発せず、雰囲気作りに徹したのではないか、と私は考えています。


  「物腰が低くて自分の事より相手を立てた」    「人が集まる場が苦手なので、自分からはあまり言葉を発しないようにしてた」


傍から見ますと、二人とも隅の席に座り、営業らしい事もせず、皆さんが話しやすい雰囲気を、初めての方でもまた参加したくなるような雰囲気を作ってくれているのです。同じように見えるんですよ。カッコ内を比較すると、全然深層が違いますよね。


このような違いは大事ですよね。微妙な違いではありますが、営業のポイント、接客のポイントになる事もあります。

4月は、歓送迎会のシーズンでもありますし、多くの人と会いやすい季節でもあります。日常の人間関係を注意深く見ていくと、思いもよらない発見があるかもしれません。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »