2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 検証!素質論で診る2019年Jリーグ 清水エスパルス 飛躍の先のカーテンコール① | トップページ | 鬼上司になるのもハードルは高い »

2019年2月22日 (金)

検証!素質論で診る 2019年Jリーグ 番外編

ブログを書いている最中も神戸対C大阪の試合が着々と進んでいます。

清水エスパルスの事は、エスパのサポーター目線で思いっ切り書きましたので、少しだけ他チームの事も書いてみようと思います。

というのも自分のチームはどうなの?優勝なの?降格なの? と聞いてくる方もいましたし、私も今シーズン、このチーム強そうだな~ とか 逆に皆さんが思うほど強くはないよ、というチームもあります。


・リーグ全体

昨シーズンのように、中断期間がなく、淡々とリーグ戦が行われます。そういう中でルヴァン杯、天皇杯もありますので、当たり前ですが選手層が厚いチームが有利になりやすいでしょう。

鹿島アントラーズ、浦和レッズの2チームが中心になるかもしれません。鹿島も浦和も最後はキツイ流れですから、どこまで頑張れるかでしょうね。

多くの方が、川崎フロンターレの3連覇を推していますが、私の個人の考えでは、3連覇は赤に近い黄信号だと考えてます。それでも、地力があるチームですから上位は必至だと考えてます。

昨シーズン2位のサンフレッチェ広島、4位のコンサドーレ札幌は去年ほどの勢いはありませんから、リーグの展開次第では大幅に順位を下げる可能性があります。

鹿島、浦和、川崎の3チームが開幕から総崩れしたら、去年同様、大波乱の可能性も十分あります。

・気になるチーム

気になるチームは、C大阪とベガルタ仙台

C大阪は、攻撃的な主力が抜けたりはしていますが、ロティーナ監督が恐い存在だと思ってます。ロティーナ監督は昨シーズンJ2の東京Vを3位まで引き上げてきた実績があります。

この人の組織をまとめあげる力、組織を管理する力は侮れませんね。攻撃陣が抜け、守備陣も年齢が上がりましたが、組織力を発揮して、いい方に変わったら怖いチームだと考えてます。

ベガルタ仙台は「え~!?」って思った方もいるでしょう。昨シーズンは、バイオリズムが断トツに悪かったチームで、私は降格候補に挙げていたのですが、入れ替え戦にも回らず11位フィニッシュでした。

ベガルタサポーターの皆様、「参りました・・・」 苦しいシーズンをものにしてきたチームですし、バイオリズムがいい方に変わった今年は飛躍しても不思議ではありません。


ヴィッセル神戸は、監督は大してよくないのですが、それを選手の力でカバーしてしまうのか・・・表裏一体であまりつかめませんね。


松本山雅は、もし、今シーズン残留したら、J1に定着する可能性があります。降格候補にはなってしまいますけどね。


最後に、個人的にはあまり挙げたくないけど、知りたい方もいるので、降格候補を挙げます。降格候補は、サガン鳥栖、松本山雅、横浜Fマリノス、ジュビロ磐田、名古屋グランパスですかね。


Jリーグの選手名鑑は買いましたが、戦力比較はしてません。J118チームの監督を素質論のバイオリズムで見ただけですから、あくまでも参考程度にして下さい。

« 検証!素質論で診る2019年Jリーグ 清水エスパルス 飛躍の先のカーテンコール① | トップページ | 鬼上司になるのもハードルは高い »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検証!素質論で診る 2019年Jリーグ 番外編:

« 検証!素質論で診る2019年Jリーグ 清水エスパルス 飛躍の先のカーテンコール① | トップページ | 鬼上司になるのもハードルは高い »