2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 意外に関係あるかもです。 | トップページ | 男性と女性で恋愛において圧倒的に違う事 »

2018年10月10日 (水)

今村岳司氏 元西宮市長の「殺すぞ!」発言の深層

兵庫県西宮市元市長の今村岳司氏が、読売新聞の記者に対し「殺すぞ!」と言った事が、物議を醸しました。市のトップである市長が、いきなり「殺すぞ!」と言うのは、もちろんいけません。しかし、私は何か引っかかる事がありました。

そこで、元西宮市長の今村氏の素質を調べた時に、妙に納得してしまった部分がありました。早速ですが、今宮氏の素質は

今村岳司:555-555-100-5550

・選挙活動も今宮氏の素質が表れている

本題に移る前に、ここで今村氏の経歴を紹介しておくと、今宮氏はリクルートを退職して、西宮市議会議員選挙に無所属で出馬、最年少の26歳でトップ当選をしております。以後、4期連続で市議に当選して、うちの3回はトップ当選なんですよね。

選挙活動は、政策課題がびっしり書かれたチラシを毎月20万戸に配布して、市民への訴えにぬかりはありませんでした。

この選挙活動も今村氏の素質が現れています。まず、選挙活動の基本は、人と会い、そして、地道に自らの政策を訴え続けていく事です。今村氏の持つ素質タイプ555は、基本を理解すると徹底して取り組む傾向があります。さらに、今村氏はサードエレメントに素質タイプ100を持っています。

素質論で言うサードエレメントは、突発的な出来事に対し、無意識に反応してしまう姿として現れやすいとされていますが、実は、日ごろ潜んでいる問題意識の持ち方もサードエレメントが影響しています。

今村氏は、サードエレメントに素質タイプ100を持っていますので、毎月20万戸に配布したのも、広く市民に訴える日頃の問題意識を持っていたから、そのような手に打って出ただろうと考えられます。その結果が4回当選のうち3回のトップ当選なのかもしれません。

・「殺すぞ!」発言の深層

当時の報道や記事によると、文面は記者が不法侵入した、しないのやりとりがありますし、皆さんから見れば、公人なのか、私人なのかという見方もあるでしょう。

今村氏の素質から考えると、素質タイプ555は、マイペース指向であるがゆえのアポイントも取らず、いきなり取材を申し入れる、自宅の前で待ち伏せしてコメントを求めるなど、本人にとってペースを乱される事、しつこくされたり、迷惑をかけられる事は嫌いなのです。もっと言うならば、素質ベクトルE(001、555、919、125)を持ってる方については、自分のタイミングで物事を決めたいというのが根底にあります。

今村氏にとって、記者の行為は義理や誠意を欠いた行動に見えていたと考えられます。

また、サードエレメントに100を持っていますので、市長という立場で、特別意識が強く「選ばれた人間なのだから、もっと敬意を払え」と、悪い意味で上から見下していた事も否定はできません。

数ある記者からの義理や誠意を欠いた行動や質問、今村氏も悪い意味で上から見下していた、このような事が積もりに積もって、「殺すぞ!」発言に繋がってしまったのではないかと、私は考えているのです。


ただし、腹に据えかねない行為が続いたとしても公人でもある以上は「殺すぞ!」は、私は言い過ぎだと思います。ノーコメントとか、近日中に記者会見とか、取り繕う事もできたはずです。公職に就いている方だからこそ、そのような配慮があってもよかったのではないでしょうか。

政治家であっても、人間は嫌いな行為を立て続けにされれば、不快になります。私も人を不快な気持ちにさせないように注意を払いたいと思います。

« 意外に関係あるかもです。 | トップページ | 男性と女性で恋愛において圧倒的に違う事 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今村岳司氏 元西宮市長の「殺すぞ!」発言の深層:

« 意外に関係あるかもです。 | トップページ | 男性と女性で恋愛において圧倒的に違う事 »