2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

検証!蛭子能収さんの「ひとりぼっちの哲学」

先日、mixiニュース(元は、Withnews)の中に、蛭子能収さんが語る友達について

「友達は無理につくらなくてもいい」 「ひとりぼっちでもいい」

このような事を話していました。極論にも聞こえてしまいますが、その心を紐解いてくと、蛭子さんの素質がそのまま表われているんですよね。今回は、発言の真意とひとりぼっちの哲学を蛭子さんの素質から検証していこうと思います。

蛭子能収:125-555-789-1250

外見だけで見ると蛭子さんは、フワフワしてるように見えるかもしれませんが、素質から見ると非常に我慢強い性格です。素質タイプ125は、最後に勝つ自分をイメージして、日々鍛錬をしている特徴を持っていますし、素質タイプ555は、これだ、と思った事は絶対にあきらめません。更に素質タイプ789は、自分の体を張ってでも限界まで頑張れる精神性があります。

各タイプによって解釈に違いはありますが、これらを統合して一言で言えば「粘り強さ」「我慢強さ」なのです。テレビのバラエティー番組で見かけたり、BSのバス旅を見てるとおちゃらけた感じに見えるんですよね(笑)

素質タイプ125の特徴である「最後に勝つ自分をイメージ」ですが、実は、蛭子さんは中学校でいじめに遭っていました。いじめを受けた人を敵役にして、めちゃくちゃに倒すという漫画を描いてました。125の負けず嫌いな部分も垣間見えますよね。

・ひとりぼっちでもいいと考えるのは、蛭子さんの素質が影響している

素質タイプ125、555もベクトルEに属します。ベクトルEは、「自分」という存在感を大切にします。自分という軸をしっかり持っていますので、人に合わせると自分らしくいられなくなってストレスを感じてしまう、結果、人に合わせるのがしんどくなってしまいます。

友達といれば、その人に合わせなくてはならない場面も出てきます。記事の中では「グループが好きではない」「無理して他人に合わせていると疲れてしまう」という事も話していましたが、蛭子さんの素質を見たら、十分納得できます。

だからといって、友達は全く必要ないとも言ってません。蛭子さんは、この人なら絶対安全だと分かった時に、ちゃんとした友達をつくればいいと話してます。これも蛭子さんの素質789の影響を受けてます。素質タイプ789を持っている人は間違いのない安全性にこだわる傾向があります。特に、789が入ってる箇所は、サードエレメントと呼んでおり、無意識でいる時に出やすい行動や精神性、姿として現れやすいところです。

「この人なら絶対安全」というのは、蛭子さんのサードエレメントの影響を受けているのかもしれません。

・本音で話してあげるのがやさしさ

受けて側の素質にもよると思いますが、「友達なんか無理してつくらなくてもいい」「ひとりぼっちでもいい」という発言ですが、蛭子さんは共感を得ようと思って発言はしていません。というのもこれも蛭子さんの素質が関係しているからです。

素質タイプ125、555もベクトルEに属しています。ベクトルEの人は、本当の事を本音で話してあげるのが「その人にとっていい」と思っているからです。ハッキリ言わないと気づかない、ハッキリ言って気づかせてあげる、ベクトルEの人が思っている思いやりでもあるのです。柔らかくいってほしいベクトルHの人、つらい時は、なるべく放っておいてほしいベクトルAの人にとっては、信じがたいかもしれませんけどね。


私は学生時代に出来た友達は、今でも付き合いがありますし、皆さんの中でもそういう方は多いと思います。社会人になってからの友達は、例えば趣味が同じ、愛好会で知り合った等、性別や世代をあまり問わない気がします。あなたと同じ方向を向いて、日々頑張ってる人、同じような価値観、考え方で仕事に取り組んでいる人だって、いつのまにか友達になっていた場合もあると思います。

最近では、本当に10代の子供の自殺が増えてます。原因のほとんどが学校生活での人間関係によるものです。

ぜひ、多感な時期である10代のお子様がいる親御様、親子で友達について、どう考えていて、友達があなたにとって、どのような存在なのかを話し合ってみるのもいいかもしれませんね。

元になった記事: https://withnews.jp/about

2018年8月27日 (月)

ホームパーティー!

久しぶりのホームパーティーにお呼ばれしましたので、掛川のあるお宅にお邪魔してきました。招待していただきましてありがとうございます!

ホームパーティーと言えば、海外ドラマや海外映画の1コマにも現れますよね。正に、ブログを読んでいる皆様がイメージしている通りで、その日本バージョンです。

お互いに初めて知り合った人同士なので、お互いの事をよく知りません。なので、このホームパーティーでは、

・来た人から簡単なネームカードを作成してもらう
・自分を表すキーワードを1つから3つまで書いてもらう

出来あがったのが、こちら (記念に持って帰りました)
Cimg0428

これを基に、参加した皆さんと交流を始めます。そして! 実は、ネームカードに書いた事を英語で話してみる、英語で自己紹介をしてみる、裏の目的もありました。今後私も、それが出来るように挑戦しようと思います。

というのも、このホームパーティーに参加したのも、英語で自分の事を話す、英語で自分がしている仕事を外国の方に知ってもらう、素質論を英語でなんて言ったらいいんだろう?また、

「決めた事を最後までやり通す初志貫徹な性格」
「客観性が優れている」
「何でも話し合って、公平に決めたい性格」など

性格やその人の特徴を表す日本語はたくさんあります。ただし、これらを英訳したときにどのような表現になるのか?という素朴な疑問もあったからです。


もう1つ参加した理由はジェラードをたくさん食べたかったからです(笑)自分一人でこんなには食べませんよ!皆さんと分けながらです。美味しくジェラードを食べているうちに、参加者同士で自然と話も盛り上がり、気づけばいい時間になってました。

Cimg0427

ジェラードを売っているお店の名前はジェラテリアコリーネ。場所は菊川市にある「さわやか」の近くです。

Cimg0426

このホームパーティは、こういう方にお勧めですよ。

・知り合いや友達を増やしたい人
・なんか楽しい事がないかな~と探している人
・個人で仕事をしていて、宣伝したい人
・科学実験や英語、海外生活に興味がある人、海外経験がある人 ←ここ重要!
・子連れであっても、楽しいイベントに参加してみたいママさん ←これも重要!

興味が湧いてきましたら、私に連絡いただければと思います。

最後になりましたが、主催していただいた方には、色々とお気遣いいただきまして誠にありがとうございました。私も、新しい視点を得られた貴重な会でした。

2018年8月24日 (金)

みんなで楽しむ「幸せのマグロの会」

この会は、行きたくて行きたくて・・・

とにかく、獲れたてのマグロを食べたくてしょうがなかった!過去2回は、いずれも仕事で断念せざるを得なかったのですが、ついに念願がかないました。「卓べぇ」先生の美味しいマグロ料理でお腹いっぱいでした。卓べぇ先生美味しかったです!ありがとうございます。

Cimg0420
Cimg0421
Cimg0423_2
Cimg0424

会の途中には、静岡を拠点に今では全国で活躍する山作戰さんのミニライブもあり、大いに盛り上がりました。実は、ライブも非常に楽しみにしていました。山作戰さんのライブは、2年前のTemboo会以来で、あの時は山作戰さんのライブは初めてで、とても情熱の籠った声量に圧倒されました。この会も、初めは皆さん、写真を撮っていましたが、歌を聞いてるうちに、写真を撮る時間さえ惜しいくらいに聞き入ってしまいました。

Cimg0422



僕が、山作戰さんの歌が好きな理由は、

普段の日常生活でも、恋愛でも、言葉の中に深みがある曲が多いからです。もちろん、皆さんで一緒に楽しめる歌、曲もありますし、それも好きなんですよね。また、つい共感してしまう曲も多いですから、初めて山作戰さんの歌を聴く方でも、きっと楽しんでもらえると、僕は確信しています。一人で参加しても、絶対、楽しいですから!

来春に、静岡市駿河区にあるグランシップで、春のヤマサクセン祭りというタイトルで1000人規模のライブを行う予定ですので、お友達や知人を誘ってライブに来て下さい。


僕も、初めて聞いたのが、アストロジカルカウンセラー。見てもらおうと思ったが、ご予約一杯で聞けなかったので、また次回にします。WEBはhttp://www.maribrengael.net ご興味のある方はWEBをのぞいてみてはどうでしょうか?思わぬ自分に遭遇して、ビックリするかもしれませんよ。

山作戰さんにしても、卓べぇ先生にしても、ご自分の能力、特技や技術で人を喜ばせたり、楽しませたりすることが出来る人を僕は尊敬しております。自分もそのような人間を目指したいと思いました。

2018年8月17日 (金)

検証!故水野晴朗氏の名言

今は、スカパーの映画でも簡単なナレーションのみです。気がついたら、いつのまにかテレビで映画を解説する際のコーナーもなくなっていました。90年代、00年代はそれこそ、テレビで映画を見る事も多く、各曜日に味のある解説者がいました。

その中でも、私が印象に残ってるのは、水野晴朗さんです。水野晴朗さんと言えば、映画が終わった後、満面の笑みで

「いやぁ~ 映画って本当に〇○ですよね!」

先日、ある書店で水野晴朗さんが書いた本があり、この名言が私の頭の中でよみがえりました。そして、よみがえったと同時に、彼の素質を調べたくなりました。

水野晴朗:024-108-108-0242-A-a-g

水野さんの素質を見て、素質タイプ108があります。108を持っている人は、男性も女性も笑った時の表情が柔らかい方が多いです。特に、男性で素質タイプ108を持ってる方は、大人になってからモテるとも言われてます。水野さんの場合は、セカンドエレメントに108があります。セカンドエレメントは、対人関係や仕事関係の時に出やすい姿です。柔和な笑顔もある意味でテレビ向けだったのかもしれません。

・知ってるあなたは通!

「いやぁ~映画って本当に〇○ですよね」 実は、このセリフは3種類あるのです。そして、3種類に分けて映画を評価していました。

①「いやぁ~映画って本当に素晴らしいものですね」 ☆☆☆

②「いやぁ~映画って本当に良いものですね」  ☆☆

③「いやぁ~映画って本当に面白いものですね」 ☆


・素質にある性格的な部分と能力的な部分との矛盾

私は、セリフを3種類に分けて映画を評価していたのも、水野さんの素質が関係していると思います。セカンドエレメントに素質タイプ108を持ってる人は、思った事をすぐに口にする事はなかなか難しいです。そのような事で極力、ケンカをしたくない事も特徴ですからね。

しかし、水野さんはベースポテンシャルA、ポテンシャルaがあり、自分の意見を言う、主義を貫き通す、押し通していくような力があります。また、評論家は自分の意見を言うのが仕事という一面があります。

水野さん自身も、素質からくる性格的な部分と、ポテンシャルに秘めた能力的な部分では、自己矛盾や葛藤を感じやすいです。私は、このセリフが生まれた背景は、水野さんが、どうやって映画を評価していくか、伝えていくかで相当な葛藤の末に生まれたものではないかと思いました。

・セリフを分けて評価した水野さんのやさしさ

お亡くなりになる前のある雑誌のインタビューで

「駄作を面白いと素晴らしいとも言いたくはないので、良いものですって表現する事にしました」

このコメントからもわかるように、どんなにつまらない映画でも褒めちぎるやさしさと愛情が感じられますし、水野さんがいかに映画を愛していたかもわかります。それは、素質論にも通じるところがあります。

人間関係を良くしていくための知識は必要です。その人が今、何を考えているのか、どうしたらいい関係を築けるか洞察も必要です。そして、何よりも愛情、思いやりを持って人に接する事を、これからも継続していきます。


最後になりますが、皆さんが好きな映画、気に入ってる映画を水野さんがどのような表現していたかが気になりますよね。

2018年8月 7日 (火)

ドライブや旅行はその人を深く知るチャンス

今年は、プロモーションの年であるせいか、色々な方から声をかけられたり、交流会やパーティーのお誘いをよくいただきます。もちろん、エスパルスの試合も観戦に行ってます。

先日、気心知れた人達とある所にドライブしてきました。十分、楽しんだ後は、街の夜景が見下ろせる温泉(みはらしの丘、みたまの湯)に行き、リフレッシュして静岡まで戻ってきました。

ドライブ、または旅行というのは、気心知れた人達を検証するにも絶好の機会です。それは、普段見られない事が見られたり、ドライブ、旅行にしてもハプニングやアクシデントは、ある意味でつきものですよね。その時に、この人はどう対処するのかな?どうするのかな?その方の突発的な事案に対する処置の仕方、素質論でいう、サードエレメントを検証するのに適した状況なのです。

サードエレメントは、無意識の時に突発的に出やすい行動、また極度に集中していたりする場面で出やすく、かつ、それはなかなか自分では意識しづらいところでもありますし、気心知れた仲ですと、余計につかみづらい箇所かもしれません。受講生からも、サードエレメントを捉えるのが難しいという声もチラホラ聞きます。また、ドライブや旅行は、皆さん色々なお話ししますし、無言で終えるというのは・・・ あまりないと思います(笑)

そんな時、ドライブや旅行はいい機会です。


もうすぐ、お盆休みが始まります。気心知れた仲間と一緒にBBQしたり、観光地へ行ったり、スポーツ観戦する人もいると思います。素質論を勉強した方は、サードエレメントの検証を、勉強したことがない方でも、仲間の意外な一面を発見してみたらいかがでしょうか?

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »