2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 検証!W杯特別編① ドイツ代表を沈めた メキシコ代表オソリオ監督を検証する | トップページ | 検証!W杯特別編③ W杯優勝国は全て自国の監督である »

2018年6月30日 (土)

検証!W杯特別編② 苦渋の選択の深層

ベスト16が出揃い、今日からノックアウトステージのトーナメント戦が始まります。ベスト16には、日本も入ってるわけですが、勝ち上がり方が物議を醸しだしました。問題のシーンとそれまでの試合経過をおさらいしておきましょう。

問題のシーン

ポーランドに1点先制された後、後半35分過ぎから試合終了まで0-1で負けているにも関わらず、自陣でボールを回すようになった。試合結果は0-1のまま、日本は敗戦。観客から大ブーイングを浴びる

試合経過とこれまでの勝ち点の経緯

・この試合の前まで、日本とセネガルが勝ち点4で首位、コロンビアが勝ち点3で3位、ポーランドが勝ち点0で、敗退が確定している。最終戦は、日本VSポーランド、セネガルVSコロンビア 日本が引き分け以上なら、グループリーグ突破が確定

・前半は、積極的にゴールを目指し、押し気味の展開だったがスコアレスで後半へ

・後半開始早々、岡崎が負傷で交代、大迫が入る

・後半14分、ポーランドのFKから先制される。この時点で暫定3位

・2人目の交代枠で宇佐美に代えて乾を投入

・後半29分、セネガルVSコロンビアでコロンビアが先制、コロンビアが暫定で首位、日本とセネガルが勝ち点で並ぶ

・勝ち点、得失点、総得点、当該チーム同士も引き分け、フェアプレーポイントで順位が決定、この時点で日本は2位

・後半37分、長谷部を投入して、残り時間は攻めずにボールをまわしをはじめる。問題のシーン

・セネガルは同点にすることができず、コロンビアが首位で、日本が2位で決勝トーナメント進出

問題のシーンが世界中の物議を醸している。何と負けているにも関わらず攻める事を辞めてしまったのだ。


◎日本には負けるが勝ちということわざがある

日本国民は相手に勝ちを譲る事によって、結局は、自分が勝つ事にある種の意識を見出してきた民族です。どんな場合でも、相手と対等の立場に立たず、そこに密かな優越感を感じながら、相手に勝ちを譲ってやるという考えです。相手に花を持たせながら、指導権は自分が握るという、ある種の利他的な行為でもあります。

◎なぜ、外国人に負けるが勝ちが理解しにくいのか?

日本人より外国人の方が自己主張に強いと言われています。「勝ち」の意識に違いがあります。広い国で生きる人達が、いちいち相手に勝ちを譲っていては、自分の身が危うくなります。負けるが勝ちは、一種の特殊な日本の考え方かもしれません。

しかしながら、負けるが勝ちは、勝ちを意識した考え方であること。

負けて勝つ、試合に負けて勝負に勝つ。この考え自体、実は欧米にはない考え方なのです。事実、負けるが勝ちは外国語でどう訳すか、翻訳家の方はいつも頭を悩ませるそうですよ。

負けるが勝ち、こちらの物差しでは確かに負け、この価値観だったら勝ち、そこには一瞬の価値観の転換があります。このような発想があまり外国人には理解できないそうです。

◎負けるが勝ちで得たもの、犠牲にしたもの

得たものは、決勝トーナメント進出でしょう。これに尽きますよね。もし、セネガルが同点に追いついたなら全てのプランがパーになってしまいます。反対に、犠牲にしたものは何でしょうか?

犠牲にしたものは、西野監督の理想的なサッカー、サポーターの期待、試合を現地観戦した方々の期待など、挙げたらキリがないくらいたくさんあると思います。

そして、試合を進めていく選手、試合が終わってからでも、激しいブーイングと批判にさらされます。それでも、決勝トーナメントに進める可能性があるならば、全部を犠牲にしなければならないことがあります。西野監督が「究極の選択」であったと試合後にコメントしていますが、そういう意味あいも含まれていたと思います。

◎この決断は西野監督だからこその決断では?

素質論からの観点からすれば、私は、この決断ができたのも西野監督の持つ素質が影響していると思います。西野監督の素質は

西野朗:025-012-789-0255-H-c-h

西野監督の持つ素質タイプ025は、客観的な物事の見方で、現実的にできること、できそうな事の判断力に優れた方、色々な情報を基に、シミュレーション能力に長けた方が多いです。

シミュレーションしていた事は、あの日の試合会場の気候、試合展開、選手の状態、他会場の状況、自チームの交代枠、コロンビアとセネガルの地力の比較などを含めて、試合経過と共に、試合終了まで日本がチームとしてすべき事だったと思われます。最後の最後までシミュレーションした結果、日本が決勝トーナメントに進むために、一番確率の高い結論が

「0-1の敗戦を受け入れ、リスクを冒さず、ボール回しをして、コロンビアに命運を託した」

当の西野監督も試合後のコメントで「全くこのことは想定していなかった」と話しています。攻めきる、1点を取りに行く!少なくてもコロンビアが先制するまでは、そういう姿勢だったのではないでしょうか。それは、交代メンバーからも推測できます。

もし、西野監督が初めに決めた事を完遂したい素質タイプ001や素質タイプ555を持っていたり、勝気にはやる素質タイプ919や素質タイプ888でしたら、このままでいいという指示は無かったと、私は思っています。

西野監督の決断もすごいですが、それを実行した選手もすごいです。「そうあるべき」と思うくらいの強いメンタルが無ければ、これはできなかったと思います。いずれにせよ、もう1試合日本代表の試合が見られるわけですから、その機会を作ってくれた事に素直に敬意を表したいです。


決勝トーナメント1回戦の相手はベルギー、ステージは違えど、泣きの1試合はあるわけです。ここで、正々堂々と戦って、胸のすくような試合を期待しています。私は、西野監督がどんな采配を揮うか楽しみです。

« 検証!W杯特別編① ドイツ代表を沈めた メキシコ代表オソリオ監督を検証する | トップページ | 検証!W杯特別編③ W杯優勝国は全て自国の監督である »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/73776153

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!W杯特別編② 苦渋の選択の深層:

« 検証!W杯特別編① ドイツ代表を沈めた メキシコ代表オソリオ監督を検証する | トップページ | 検証!W杯特別編③ W杯優勝国は全て自国の監督である »