2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« サッカー名監督、超一流の思考に学ぶリーダーシップとは? | トップページ | いよいよコロンビア戦 »

2018年6月17日 (日)

検証!こちらも開幕!Fリーグ・アグレミーナ浜松の今シーズンは?

W杯が開幕して、世界中が熱狂している最中、国内ではFリーグが開幕しました。最近は、フットサルをする方も増えてきました。趣味でフットサルをする事はあっても、実際に日本国内にプロチームが存在していた事を知っている人は、あまりいないように思います。私もその一人でした。

フットサルのプロチームが、静岡県浜松市にあったんですね。チーム関係者には、申し訳ありませんが、今年になって初めて知りました。知るきっかけ、選手と会うきっかけになったのも、浜松のエニシア交流会という場でした。交流会で出会ったからこそ、ブログで何か1つでも、アグレミーナ浜松に関する事を書きたいという思いに駆られました。

そこでですが、今回は開幕直前という事もありますので、アグレミーナ浜松の今シーズンはどうなりそうか?このテーマで書きます。Fリーグは初の試みです。

アグレミーナ浜松ですが、元々は、田原フットサルクラブとして活動していて、2011年までは東海地域1部リーグで活動していました。2012年-13年シーズンから、Fリーグ昇格となり今シーズンで7シーズン目になります。


そのアグレミーナ浜松の監督は、豊島明氏です。豊島監督の素質は下記の通りです。

豊島明:125-024-025-1250-J-b-g-8-8-0(Fリーグ開幕戦)

まずは、今シーズンの事をお話しする前に、豊島監督が開幕前の静岡新聞の記事に「常に挑戦」という事をお話しされていました。「挑戦」という言葉に集約されていますが、少し視野を広げれば「競争心」「プロ意識」「向上心」これらの言葉もニュアンスに含まれていると思います。

豊島監督から見たら、練習でも試合でも、常に競争心を持って取り組む選手、自分のスキルアップにつながるなら、取り入れて実行する選手、文字通りでプロ意識を持って取り組む選手、気持ちを前に出してくる選手は、もしかしたら、豊島監督の好みの選手にあたるかもしれません。

「レギュラー争いがあり、いい緊張感がある」

とも話していましたが、ある意味で競争を好む監督の性格からも符号は一致しています。

さらに言えば、豊島監督も意見を言うが、選手、テクニカルスタッフ等の意見も取り入れて、何年か先を見据えたチーム作りをしてくるだろうと推測していますし、段階を経て着実に成果を出してくるのではないでしょうか。「短期間で成果を」よりも「長期間で確実に」の方が得意かもしれません。


では、本題のアグレミーナ浜松の今シーズンですが、豊島監督のバイオリズムとFリーグの全日程を照合させて検証してみました。(検証というより未来予測に近いですが・・・)

バイオリズムは、不思議なもので企業でも組織のトップにあたる社長、経営者のバイオリズムは、その組織に影響を与えます。これはプロスポーツの監督も例外ではありません。
アグレミーナ浜松の今シーズンがどうなるかを結論からお話ししますと

「もしかしたら、今シーズンは、Fリーグ参入以来のシーズン最高位で終わる可能性があると考えられます」

今年の豊島監督は、ここ数年の中で一番の好調な年で、今まで取り組んできたことの成果を出す年でもあります。さらに、月ごとでバイオリズムを星の数(星5つが最高評価)で評価していきますと

6月 ☆☆☆☆ (7月1日の試合を含む)
7月 ☆☆
8月 ☆☆☆☆ (9月2日の試合を含む)
9月 ☆☆☆
10月 ☆☆   (11月4日の試合を含む)
11月 ☆☆☆☆ (12月1日の試合を含む)
12月 ☆☆
1月 ☆☆☆☆
2月 ☆☆☆☆

一番ポイントになりそうなところが9月、10月になりそうです。

9月は、一度、チームとしては完成しているものの、完成期を通過したあとの不安要素が出やすく、10月は1年で一番調子が落ちやすい時期に差し掛かっています。かつ、試合数が一番多く、湘南、大阪と強豪チームとの対戦もあります。連戦が多いのでケガ人続出や季節の変わり目なので、選手の体調も気になります。

シーズン最高位を目指すのも、入れ替え戦にまわらないためにも、この2ヶ月でいかに踏ん張って勝ち点を取れるかが、今シーズンのカギになると予測しています。

昨シーズンの上位との戦力差はありますが、豊島監督が掲げる「常に挑戦」という気持ちを持って、全力で試合をこなす事によって、上位との差も少しづつ縮まると思ってます。小石峰選手も

「攻撃的で個性の強い選手が多い。うまくかみ合えば上位を狙えるはずなので、後方からしっかりとまとめていきたい」

と話していました。私も全てが上手くかみ合えば、Fリーグ参入以来のシーズン最高順位で終わると思ってます。選手の皆さんの奮闘ぶりに期待しています。

« サッカー名監督、超一流の思考に学ぶリーダーシップとは? | トップページ | いよいよコロンビア戦 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/73698412

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!こちらも開幕!Fリーグ・アグレミーナ浜松の今シーズンは?:

« サッカー名監督、超一流の思考に学ぶリーダーシップとは? | トップページ | いよいよコロンビア戦 »