2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 交流会あれこれ | トップページ | 告知です。静岡市で素質論基礎理論Ⅰを開講します! »

2018年5月30日 (水)

言葉が乏しくなった現代

「今の人たちは通じる言葉を持っているが、人を動かす言葉ではない」 出久根達郎

Cimg0357



ご覧になった方もいるかもしれませんが、5月18日の静岡新聞夕刊の特集欄に載っていた記事です。私もブログを読んで下さっている皆さまにより正確に、より簡潔に伝えるようにするために、言葉については勉強や研鑚を積んでいかなければなりません。私もまだまだですので、このような記事が目についたのだと思います。

色んなセミナー、勉強会に参加するとパワポ、進化したプレジを使ったものが多く、大変見やすいし、1つにまとまっているから、ポイントも整理されていて分かりやすいです。それが、今のセミナーの主流です。

私も、素質論インストラクターとして素質論講座を開催しますが、4時間の講座の中で、ホワイトボードに書くことは少ないです。テキストに書かれている事以外の事例を紹介したり、事例を紹介しながら受講生と対話したり、質疑に答えたりしながら、体感的に学びながら、講座を進めているせいもあるかもしれません。

セミナー、講座、勉強会等の名目で、登壇してお話しした事のある方ならわかるかもしれませんが、一番難しいのは「つなぎの言葉」をどうするか?ここに一番神経を使うのではないでしょうか。講師をされている方は、特に言葉を勉強する必要がありますし、講師業をしていない方だって、写真の真ん中にあるように、自らも会話をして言葉を口に出していく事も重要なのです。


・記事の中で気になった事が2つあります。

1つ目は言葉の種類が少ないと書いてありました。何とかの1つの覚えのように、特定の語を繰り返し用いる傾向があります。若者言葉が特に貧弱で、

めっちゃ、マジ、やばい、草食系、最近ですとエモいとか・・・

気が付けば、これだけしか話していない人もいますよね。

2つ目は冒頭にも書きましたが、「今の人たちは通じる言葉を持っているが、人を動かす言葉ではない」この一文を見た時に、頭を殴られたような感じでした。まだまだ、私には言霊が弱いのです。言葉で伝える仕事に関わっている以上は、もっと語彙力を高め、何より相手に寄り添ったコミュニケーションを適切に取れるようにしなければ、言葉で伝えられません。

・最近、歌を聴くのも歌詞を見てから

10数年前まで、メロディー重視でCDを買っていましたが、今は詩を見て購入しています。いい歌はメロディーよりも詩が心に響くんですよね。何ていうか・・・詩を聞いて、心が澄んだ気持ちになるものもありますし、詩から自分たちが住んでいる場所、関わっている人の愛情を感じたりもします。

それは、私も歌手も言葉を紡ぎ出す者同士だからこそ、理解できるのかもしれません。

これから私もたくさん本を読んで、たくさん人の話を聞いて、たくさん自らも話して、語彙力や言葉の精度を上げていきたいです。

« 交流会あれこれ | トップページ | 告知です。静岡市で素質論基礎理論Ⅰを開講します! »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/73583413

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉が乏しくなった現代:

« 交流会あれこれ | トップページ | 告知です。静岡市で素質論基礎理論Ⅰを開講します! »