2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

告知です。静岡市で素質論基礎理論Ⅰを開講します!

ブログを読んでいただいている皆さま、年2回しか開催しない素質論講座の告知です。

6月17日ですが、静岡市で素質論基礎理論Ⅰを開催します。告知するのが「遅いよ!」という声もありました。

その通りです。ご指摘は真摯に受け止めます。

Cimg0358





講座のテーマは、「仕事の人間関係を良くするためのツボとコツ」です。人間関係を良くするためのツボは、自分を知り、相手をよく知る事です。人間関係を良くするコツは、相手に対して自分がどのような対応していくか、どのように人間関係を築くかです。

本来なら、何年、何十年の時間の積み重ねが必要ですが、それがたった4時間でわかるようになったら、いかがでしょうか?例えば、営業職の方ならば、

初めて会うお客様に不安なく会えるとしたら、どのような自分が想像できますか?お客様に対し、堂々とした自信に満ちた自分でしょうか?明るくハキハキと好感が持てる自分でしょうか?

婚活中の男女でも、自信を持ってお付き合いができるようになるには、彼(彼女)の性格や特徴を理解する事が大切な要素ではないでしょうか?そして、相手に合わせた対応していく事が恋愛上手へのコツですよね。

こんな事でお悩みになった事はありませんか?

・営業の成約率が上がらない
・得意先のお客様がどんな人かわからない
・職場の上司、仲間と人間関係がギクシャクしている
・彼(彼女)・夫婦の事がよくわからない

日常生活の人間関係でも「あ~なったらいいな」「こうなったら悩みがなくなるね」という悩みの改善や願望が1つ、2つは皆さんの中にきっとあると思います。

そんな方に最適な講座です。


日時:2018年6月17日(日曜日)
場所:レイアップ御幸町ビル CSA貸会議室 6階 会議室6-A
受講料: ¥20000(教材費と税込で、当日集金いたします)
定員: 10名

ある事情により、Facebookでの告知は行いません。もし、講座を受講したい方がおりましたら、私から直接、チラシをもらった方かこのブログからのお申込みになります。教材の発注等もございますので、受講をご希望される方は、「必ず」下記のURLからお申込み下さい。

                        お申込み先は
                           ☟
                     https://goo.gl/6Apnp6


お一人で受講されるもよし、人間関係に悩んでいる人と一緒に受講されるもよし、これを機に人間関係に悩まない自分になってみませんか?

2018年5月30日 (水)

言葉が乏しくなった現代

「今の人たちは通じる言葉を持っているが、人を動かす言葉ではない」 出久根達郎

Cimg0357



ご覧になった方もいるかもしれませんが、5月18日の静岡新聞夕刊の特集欄に載っていた記事です。私もブログを読んで下さっている皆さまにより正確に、より簡潔に伝えるようにするために、言葉については勉強や研鑚を積んでいかなければなりません。私もまだまだですので、このような記事が目についたのだと思います。

色んなセミナー、勉強会に参加するとパワポ、進化したプレジを使ったものが多く、大変見やすいし、1つにまとまっているから、ポイントも整理されていて分かりやすいです。それが、今のセミナーの主流です。

私も、素質論インストラクターとして素質論講座を開催しますが、4時間の講座の中で、ホワイトボードに書くことは少ないです。テキストに書かれている事以外の事例を紹介したり、事例を紹介しながら受講生と対話したり、質疑に答えたりしながら、体感的に学びながら、講座を進めているせいもあるかもしれません。

セミナー、講座、勉強会等の名目で、登壇してお話しした事のある方ならわかるかもしれませんが、一番難しいのは「つなぎの言葉」をどうするか?ここに一番神経を使うのではないでしょうか。講師をされている方は、特に言葉を勉強する必要がありますし、講師業をしていない方だって、写真の真ん中にあるように、自らも会話をして言葉を口に出していく事も重要なのです。


・記事の中で気になった事が2つあります。

1つ目は言葉の種類が少ないと書いてありました。何とかの1つの覚えのように、特定の語を繰り返し用いる傾向があります。若者言葉が特に貧弱で、

めっちゃ、マジ、やばい、草食系、最近ですとエモいとか・・・

気が付けば、これだけしか話していない人もいますよね。

2つ目は冒頭にも書きましたが、「今の人たちは通じる言葉を持っているが、人を動かす言葉ではない」この一文を見た時に、頭を殴られたような感じでした。まだまだ、私には言霊が弱いのです。言葉で伝える仕事に関わっている以上は、もっと語彙力を高め、何より相手に寄り添ったコミュニケーションを適切に取れるようにしなければ、言葉で伝えられません。

・最近、歌を聴くのも歌詞を見てから

10数年前まで、メロディー重視でCDを買っていましたが、今は詩を見て購入しています。いい歌はメロディーよりも詩が心に響くんですよね。何ていうか・・・詩を聞いて、心が澄んだ気持ちになるものもありますし、詩から自分たちが住んでいる場所、関わっている人の愛情を感じたりもします。

それは、私も歌手も言葉を紡ぎ出す者同士だからこそ、理解できるのかもしれません。

これから私もたくさん本を読んで、たくさん人の話を聞いて、たくさん自らも話して、語彙力や言葉の精度を上げていきたいです。

2018年5月24日 (木)

交流会あれこれ

昨日は、浜松の異業種交流会に参加してきました。月に1回以上は、異業種交流会に参加する事を決めて、今年も様々なところに顔を出そうと思ってます。

「石川さんは、フットワークが軽いですね~」
「石川さんは、初めてのところでも緊張しないのですか!?」
「石川さんの社交術を見習いたいです」

中には、うれしいお褒めの言葉をもらうこともあります。

そんな私でも、初めてのところに参加するのは、正直に言いますと若干、緊張します。特に、自己紹介付きのところでは「何て言おうかな?」と思ったりもするのです。また、このような会に初めて参加する方、個人事業主になって間もない方、法人を立ち上げて間もない時ですと、もっと積極的に名刺交換をしなければ・・・という思いで参加している方がいますが、私はそのような心配は必要ないと思ってます。


・積極的に名刺交換するだけが交流会の目的ではない

誤解をしないでいただきたいのは、本来なら、交流会は積極的に名刺交換する場でもありますし、積極的に自らが動く方がチャンスが生まれやすいのは確かです。月1回など、定期的に開催される会でしたら、2,3人でもいいのでじっくりとお互いの話しを聞き、人間関係を丁寧に築く事だって、考え方としてはありではないでしょうか。会場の雰囲気や参加している方々にもよりますが、ガツガツ営業して参加者に不愉快な思いをさせては、本末転倒ですよね。

・無構え、聞き8、話し2

私が、意識している事でもあります。まだ、意識が足りていないと自分の中では思ってます。無構えとは、文字通り無構えです。リラックスした自然体そのものです。あとは「傾聴」とかですね。あれ話そう、これ話そうとすると、つい力んじゃうのが人間なのですね。自分から話したい事がなければ、相手の事を聞いてあげればいいと思います。意外に、これが相手のニーズを把握できたり、相手が好印象を抱く可能性が高いです。

・あなたの素質タイプも影響してるかもしれません

これは、素質論を勉強した人ならば、わかるかもしれませんが、素質タイプで言えば、012、108、789、555、100、001、ある意味で「人見知りをしやすい」方の素質タイプをお持ちの方に、「積極的に」と言われても、少々辛く聞こえてしまうかもしれませんよね。

・あなたは「船」、もしくは「港」の方か

交流会の参加者の動きを海に例えて言いますと「船」のように積極的に動く人と、「港」のように一つのところ、席にとどまって動かない人もいますよね。どっちがよくて、どっちが悪いというのはありません。自分が「船」なのか、「港」なのか、はたまた状況に応じて両方出来るタイプなのか(私は、両方の方ですが)これについては、ご自分の素質タイプを知るとハッキリわかります。ただ、参加者や会場の雰囲気によっては、全員「船」、全員「港」のケースになってしまう時もありますけどね。


今回のテーマは、ある方の悩みでもありましたが、もしかしたら皆さんの中で同じことを悩んでいた人もいるかもしれません。ブログを読んで、異業種交流会に対して心配事や不安が少しでも緩和されたらいいなと思っております。SNSが発達してもリアルに人と会う事は、とても大切な事だと思います。

2018年5月21日 (月)

検証!KANさんの「愛は勝つ」

先日、ある喫茶店に入った時に、偶然ですが、KANさんの「愛は勝つ」がBGMで流れており、つい、聞き入ってしまいました。なぜか、気に入ってしまい、曲を聞いているうちにKANさんの素質を知りたくなりました。

KAN:789-000-555

当時、歌ってる姿もインパクトありましたよね。白のスーツに黒のグランドピアノ、ピアノを弾きながら歌うスタイルは、当時あまり見られなかったように思います。存在感を示す素質タイプ789がこの場面で出ています。また、素質タイプ789ならではの物腰の柔らかそうな雰囲気もあります。

この歌が生まれた背景は、自分に恋愛相談をされたけど、「お前、それはどう転んでも上手くいかないだろう」と思っていた。でも、「歌の中では上手くいけばいいな」と思い、作曲されたそうです。愛は勝つの歌詞の中にもKANさんの素質を垣間見ることができます。例えば

「どんなに困難で、くじけそうでも、信じる事を決してやめないで」 
「どんなに困難で、くじけそうでも、信じる事さ、最後に愛は勝つ」

素質タイプ789の特徴である粘り強さ、まだ頑張れるエネルギーがあるという思いもあり、また、「信じる事さ、最後に愛は勝つ」も努力した先に報われる、素質タイプ555のなせばなる精神性も表れているフレーズです。

「愛する切なさに、少し疲れても」
「夜空に流星を見つけるたびに、願いを託し、僕らはやってきた」

ずっと想い続けていても、すぐに行動に移せない切なさ、報われない努力をしている自分に疲れてしまいますよね。瞬間、瞬間の気持ちが出やすい素質タイプ000が表われてます。自分を束縛してしまっているのが嫌なんですよね。夜空から始まるところは、唯一の空想シーンでもありますが、ここだけ他の歌詞と違うんですよね

恋愛って、本当にどうにもならない事が多くて、ブログを読んでいる皆さんも、つい、夜空にお願いしてしまった事ってありませんか?

そして、Carry Onも実行という意味があるのですが、中断した後とか、困難にもめげずに続けるという意味も含まれているんですよね。

恋愛は困難なものだけど、めげずに続けよう!というのを歌詞の中で、手を変えて訴えているわけです。恋愛は「あ~なったらいいな!」「こうなったら盛り上がるよね」自分の理想を実現したくて、日々の生活に張りが出てくる人もいますし、そういう思いが何事も頑張れるモチベーションを保つこともできるわけです。

その一方で、自分の理想だったり、好きな人に対しての思いを上手に表現できずに、モヤモヤ感や自己矛盾を抱えている人もいます。そうした事を不安に考えてしまう皆さんに

「心配ないからね、君の思いが誰かに届く」

と訴えている優しさも感じます。

KANさん自身、素質ベクトルH(789)、E(555)、A(000)を全て持っており、自己矛盾を抱えやすい素質でもあります。「愛は勝つ」も自分の理想と自己矛盾から生じる葛藤から生まれた曲ではないでしょうか。ストレートな歌詞とクリアな曲調も若者の気持ちを捉え、かつ、あのころは、バブルで勢いのあった後押しもあって、大ヒット曲になったと思います。


私自身、この曲をバカにしていた時期もありましたが、今となっては後世に残したい名曲の1つです。この時代は、名アーティスト揃いでしたね。

KAN 愛は勝つ https://www.youtube.com/watch?v=wODkBl2w9Lc

2018年5月17日 (木)

アニマ、アニムス

アニマ、アニムス 

ユングの心理学にあるものです。心理学、カウンセリングに携わるものならば、一度は聞いた事があるかと思います。仮に、携わっていないものでも、美容院や飲み屋さんなどの店の名前で聞いたことあるかもしれません(笑)

アニマ:男性のうちで意識されていない(抑圧されていた)女性的な部分

アニムス:女性のうちで意識されていない(抑圧されていた)男性的な部分

アニマの部分で、事例を挙げるとすれば、男性であっても美容やコスメなどに気を遣っている人、男性ですが、女子力がなぜか高い人もいますよね。こうした事例が、アニマの部分が目に見えて表われている事例です。アニマの発展の時期は、早い人なら30歳くらいから、大体が35歳~40歳以後と言われています。アニマは、どの男性もあります。

「男性的自我、男性的要素を持つ人が、今は足りない女性的要素と出会った」

そして、アニマと正しく向き合い、上手に統合できた男性が、いわゆる女子力が高い男性なのかもしれません。


その一方で、アニムスを事例に挙げるとするならば、女性の方が現実を見たり、現実的に考えます。また、恋愛でも腹をくくれば女性の方が、バッサリと冷たく別れる方が多いのもアニムスの影響であると私は考えています。何にでも正確な判断を下そうとする姿勢は、自分も人も赦さない心として現実に表われているのです。

また、男女同権をうたいながら、よく聞いてみると、女性を蔑視していたり、女性性を殺しているのを、目にすることも度々見られます。よく言われる「女性の敵は女性」もアニムスの影響かもしれません。

・成熟した大人の男性、女性になるために

アニマ、アニムスをうかつに同一化してしまうと、男性は服装だけが、女性的になったり、内面で言えば、女々しいだけのものになったり、女性は女性らしさを失ったものとして、男性からも女性からも非難されてしまいます。

男性も自分の内なる部分の女性的要素、女性も自分の内なる部分の男性的要素を意識したり、向き合う事は、始めのうちは悩んだり、葛藤があったりすると思います。私の経験で言えば、ピンク色のシャツを着るのは、若干の抵抗がありました。私の中で、ピンク色は女性的な要素だと考えていたからです。もちろん、その方にとって、アニマ、アニムスの捉えどころは違うと思います。

先にも書きましたが、最初のうちはアニマ、アニムスに向き合うのは、苦しいかもしれません。それでも、自身の中のアニマ、アニムスを上手に統合していく必要があると思います。
その過程の先に、成熟した大人があると思います。


皆さんの中に潜むアニマ、アニムス、一度、自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか?

2018年5月10日 (木)

検証!TOKIO記者会見

昨年からですが、ジャニーズ事務所関係はSMAP解散、敏腕マネージャーの退社、TOKIO山口さんの強制わいせつ問題と、世間を揺るがす問題が多いです。

TOKIOに関しては、女性のファンはもちろんですが、鉄腕DASHに代表されるように、日曜大工やバンド活動など、男性でも憧れる部分が多く、ひそかにTOKIOを応援していた男性も多いかと思います。

しかし、山口さんのしてしまった事は、これまで築いてきた事全てが水泡に帰してしまいました。紆余曲折があったにせよ、山口さんを抜いた4人で被害者に対して謝罪会見を行いました。4人の素質を下記の通りです。

城島茂:108-888-012

松岡昌宏:012-108-012

国分太一:555-125-919

長瀬智也:125-789-000

中でも、松岡さんは時折、涙を見せながら、「被害に遭われた方と親御さんはどういう心境なのかと思いました。自分だったら、絶対に許さない」と厳しい言葉で叱責している姿には驚きましたが、松岡さんの素質を見た時に、納得できる事がありました。

松岡さんは、素質タイプ012と108しか持っていません。012も108も素質ベクトルHに属します。ベクトルHを持っている人が嫌いな事は、自分が嫌われたり、人から裏切られる事を最も嫌います。松岡さんは、山口さんの事を「兄い~」と呼んで慕っていました。慕っていた事に対し、裏切られた気持ちの表れが、あのような厳しい言葉と涙する姿だったのではと思います。また、ベクトルHを持っている人は、信頼関係がなくなった瞬間にサヨナラです。

もし、TOKIOに山口さんが復活したとしても、松岡さんは以前のように接する事は、なかなかできないと思います。

国分さんの素質は、素質タイプ555、125、919で構成され、これらは素質ベクトルEに属します。他の3人と違う所は、素質ベクトルHがありません。国分さんは、朝の情報番組では厳しい言葉で山口さんを突き放しているかのように思える発言をしていましたが、会見の中では

「自分の心の片隅に手を差し伸べてしまいそうになることもあります」

コメントだけを聞くと、国分さんが積極的に山口さんを助けるような感じに受け取られますが、これは山口さんが立ち直ったら手を差し伸べるというニュアンスで発言しています。

ベクトルEの方が言うタイミングは、この人にとってのタイミングなのです。今回のケースでは、国分さんの考えてるタイミングは、山口さんが立ち直り、罪を償った時だと考えているのではないでしょうか。

「今やっている仕事は逃げてはいけない仕事だと思っている。いろんな番組で、この報道が出ると思いますが、それをひっくるめて今のTOKIOなんだと思います」

これも自分の力で乗り越える、自分だけでも頑張る、そのような決意の表れのようなコメントです。ベクトルEらしいいさぎのよさが表われています。


私が一番印象に残ったのは、長瀬さんのコメントです。

「僕らは、23年間バンドをやってきた。ひとつの音がなくなってしまうという事は、そういう事なんだと思います。TOKIOの楽曲は、彼ひとつの音がないと全く形にならない。」

音は感覚的なものですよね。感覚をイメージしてコメントしているのが、他の3人と比べると少々異質に聞こえますが、長瀬さんならではのコメントです。長瀬さんは、素質タイプ000を持っています。000を持っている人は、直感やイメージ力が優れ、1つのキーワードから色々な事を連想するのが得意です。5人で音楽をしている時を思い出して、コメントしていたかもしれません。


・個人的には2点だけ心配しています

①あまりにも山口さんが自分を追い込みすぎて、薬物使用や自傷行為に走ってしまうのではないか

②TOKIOのファンが、被害者が山口さんをジャニーズ契約解除にまで追い込んだと「曲解」して、ファンが被害者を攻撃するのではないか


それでも山口さんは十分反省し、被害者へ罪を償い、そして、社会復帰を果たすようにしてほしいと思います。

2018年5月 6日 (日)

検証!松坂大輔投手の勝負勘

日本球界復帰で、実に4241日ぶりの勝利です。

今シーズンこれまでも好投はしていました。なかなか勝敗に結びつかずでした。この日も好投を続けて、内容は6回、1失点、与四球8の内容でした。唯一の失点が5回でしたが、この局面での松坂投手の思考が明暗を分けました。試合経過と試合後の松坂投手のコメントも非常に興味深いコメントでした。今回は、試合経過と松坂投手のコメントを検証していきたいと思います。松坂投手の素質は、下記の通りです。

松坂大輔:025-888-919

試合経過から

5回表、DeNAの攻撃、連続四球でワンアウト満塁、中日側は大ピンチ、4番打者ロペスはサードゴロでツーアウト、満塁でピンチである事に変わりはない。

続く打者は、昨シーズン首位打者の宮崎選手、この日も2本ヒットを打っている。結果はストレートの四球を与えて押し出しになり、1点を与える

試合後の松坂投手のコメント

「彼(宮崎選手)のところで打ち取れればいいですけど、最悪押し出しでもいいかな、とは頭にありました。甘く入って、長打を打たれるよりは、押し出しで1点をあげてもいいかな、というのはありました」

素質論では、物事を判断する意思決定の優先順位の事をマネジメントと呼んでいますが、マネジメントには、ホープ(現実を前向きに捉える)、ケア(リスクヘッジを優先する)の2種類があります。

「」のコメントは、1点をあげても次を押さえればいいというホープの思考と長打を打たれたくないというケアの思考が両方あるんですよね。

松坂投手は、素質タイプ025を持っています。素質タイプ025を持っている人の強みは「客観性と冷静な判断」それが、ここではいかんなく発揮されているシーンでもあります。
状況としては、中日が3点リード、投手として一番やってはいけない事が長打を浴びて同点、逆転を許す事、この日の宮崎選手は2本ヒットを打っている。ここは無理に勝負にいく相手ではありません。

そして、押し出しを与えた後の梶谷選手を1球で仕留めています。これに対して、松坂投手のコメントは

「勝負は早いと思ったので、チェンジアップでしたけど、1球で仕留めるつもりで投げました」

野球では、四球の後の初球を狙う事はよくあります。打ち気になる打者の心理の逆を突く、冷静に見極めている025の特徴も見られますし、素質タイプ888の先々をイメージして、合理的に判断する事、1球で仕留めるのも、いわゆる短期間で結果を出したい時に、現れやすいのがセカンドエレメントです。松坂投手は、セカンドエレメントに素質タイプ919を持っています。919を持っている人は、ここ一番の咄嗟の判断のよさ、勝負強さを生まれつき兼ね揃えています。

思えば、松坂投手は甲子園春夏連覇、決勝のノーヒットノーラン、ルーキーでの最多勝、WBC2大会連続MVP,ワールドシリーズ制覇、数々の大舞台を経験してきました。松坂投手がこれだけの大きなタイトルを獲得できたのも、今回のシーンとコメントに代表されるように

「ここ一番で、その通りに投げられる後天的な努力、元々生まれつきの素質からも、客観性を持ち、冷静に試合展開を見極められる事、投手として合理的な結論を出せる事、それに加えて天性の勝負強さ」

これらの事が相まって、日米で165の勝ちを積み重ねることができたのだと思いました。先に挙げたように、このシーンは、松坂大輔投手の全てが集約されているシーンです。


松坂投手と同年代の私ですが、彼の事は応援していきたいと思いました。

2018年5月 4日 (金)

緊急検証!阪神タイガース藤浪投手は本当にイップスなのか?②

①では、主にイップスがどのような症状なのかという事を取り上げました。②ではお互いの素質の違いを比較して、どんな対応方法がいいのか?を検証してみようと思います。

緊急検証!阪神タイガース藤浪投手は本当にイップスなのか?①
http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2018/04/post-c005.html



イップスは技術的な要因と語る人もいれば、心因性にもよるものだと言う人もいます。技術的な要因については、さておき、お二人の素質から、性格や特徴など主な事を箇条書きにしてみました。

藤浪晋太郎:012-012-025-0125-H-a-g

・何かの物事に対して、気の合う人と一緒に頑張りたい

・人前で恥をかきたくない(いつも周りの目を気にしているところがある)

・結果だけではなくプロセスも評価してほしい

・どのような時でも自分の味方になってくれる人がいい(失敗しても声をかけてほしい)

・信用に傷がつかないように、いつも細心の注意を払っている


金本知憲:919-919-024-9190-C-c-h

・自分で頑張って結果を出したい 妥協は絶対に許さない

・プロセスより結果だけに目がいってしまう(結果だけを評価する傾向にある)

・結果を素直に伝えるのがいいと思っている

・言葉を言葉通りに言い、稀に奔放的な発言をしてしまう時がある

・失敗しても、いきなり声をかけず、この人のタイミングで声をかけるのがやさしさだと思っている

上記に挙げただけでも、お二人の素質から性格や特徴、心理が全く違う事が理解できると思います。サラリーマン社会ですと、今回のケースは、金本監督が部長クラスの上司で藤浪投手は部下にあたります。もし、金本監督が藤浪投手に立ち直ってほしいとするならば、金本監督も藤浪投手に対し、接した方を変える必要も出てくると思います。接し方の事例としては

・悪い結果で途中で降板させても、労いの言葉はかける

・「この試合はお前に任せた!」「今、うちのチームで頼れるのはお前だけ!」あなたを頼っている、あなたが必要なんだという事を言葉に出す

・その日の投球が悪くても、悪いところはマスコミに言わず、藤浪投手と2人きりの時に、悪かった点だけを話す

特に、藤浪投手の素質からは、人前で恥をかきたくない、周りの目を気にする傾向が強い特徴があります。

そして昨シーズン、調子が悪かった藤浪投手を9回まで投げさせた懲罰的な采配、最近では「バントさせたらオールセーフ」のマスコミに向かっての発言等、藤浪投手からしたら、「恥をかかされた」と思い込み、監督に対して信頼がないかもしれません。この事に加えて、お互いの性格や特徴があまりにも違い過ぎる事も、イップスと疑われるようなメンタルの不調を招いている一因かもしれません。


皆さんの中でも飲み屋で「あの上司が~」「今度、入った部下がね・・・」等の愚痴は聞いた事があると思います。コミュニケーションギャップが深刻になると、人間関係の不和、うつ病、そして今回のようなプロスポーツの選手でさえもイップスと疑われる事態に陥ってしまう事さえあります。

イップスの心因的な要因の1つには、お互いの素質からくる性格や特徴等があまりにも違い過ぎ、改善する対応方法が見いだせず、メンタル的に深刻な不調を招いてしまう事もあると思います。

藤浪投手が移籍を決断するならば、セ・リーグならヤクルト、パ・リーグなら日本ハムがいいと思います。思い切って環境を変える事も1つの手であると思います。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »