2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 緊急検証!ハリルホジッチ前日本代表監督の解任劇② そして西野朗監督就任 | トップページ | 緊急検証!阪神タイガース藤浪投手は本当にイップスなのか?② »

2018年4月26日 (木)

緊急検証!阪神タイガース藤浪投手は本当にイップスなのか?①

「イップス」

この言葉を聞いたことがありますか?野球やゴルフをした事がある人、野球やゴルフに興味を持っている人は聞いた事があるかもしれません。つい、最近の広辞苑では、新しく言葉に追加され、市民権を得ている言葉でもあります。

イップスとは何でしょうか?

イップスとは精神的な原因などにより、スポーツの動作に支障をきたし、突然、自分の思い通りのプレーや意識ができなくなる症状の事を言います。また、局所性ジストニアの関連性もあります。

局所性ジストニア: 不随意で持続的な筋肉収縮を引き起こす神経疾患、事例を挙げますと、これまで普通にしていた動作がある日突然できなくなる。

イップスを技術的な問題と考える人もいれば、心因性のものだと語る人もいます。いずれにせよ、イップスの正確な原因というのは未だ決め手がないのが実状です。


そのイップスではないか?と、にわかに疑われているのが阪神タイガースの藤浪投手です。イップスの技術的な問題は、私よりも野球に詳しい人にお任せしたいと思います。私は藤浪投手がイップスであると疑われても、おかしくないシーンがあった事を覚えています。

昨シーズンの話しですが、藤浪投手の手からボールがこぼれ落ちたシーンがありました。(インターネットで検索すれば、このシーンが出てくるかもしれません)いつも通り投球モーションに入った藤浪投手の手から途中で、ポロッとボールが落ちたんですよ。いくら力を抜こう、抜こうと意識してもプロの投手なら、ボールが途中で落ちる事はあり得ない動作です。

ここに藤浪投手の苦悩が集約されています。正体のつかめない何かが原因で、精神的に追い詰められている何よりの証拠のシーンです。

元々、藤浪投手は「荒れ球」を武器にしている面もあります。事実、2014、2015年シーズンは与死球がセ・リーグで一番多かったです。2016、2017年シーズンは負け越しです。藤浪投手がイップスではないか?と疑われたのは、この頃からです。2016年からは、金本知憲氏が監督に就任しました。

金本監督の藤浪投手に対するコメントや談話を聞いているうちに、藤浪投手が今のようになってしまった遠因の1つに、金本監督のこのような接し方にも原因があるのでは?と考えるようになりました。お二人の素質を調べた時に、ハッキリした事がありました。


②へ続きます。

« 緊急検証!ハリルホジッチ前日本代表監督の解任劇② そして西野朗監督就任 | トップページ | 緊急検証!阪神タイガース藤浪投手は本当にイップスなのか?② »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/73377007

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急検証!阪神タイガース藤浪投手は本当にイップスなのか?①:

« 緊急検証!ハリルホジッチ前日本代表監督の解任劇② そして西野朗監督就任 | トップページ | 緊急検証!阪神タイガース藤浪投手は本当にイップスなのか?② »