2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 未来年表から読み解く経営のあり方 | トップページ | 久しぶりのところへ行ってきます。 »

2018年4月 5日 (木)

検証!努力する天才 松山英樹

このブログを書いた数時間後に、ゴルフのメジャー大会の1つであるマスターズが始まります。注目は、何と言っても世界ランク6位の松山英樹選手です。宮里選手も昨シーズンの日本ツアーで賞金王になりましたから、予選突破をしてほしいです。

実は、松山選手は数多いプロゴルファーの中でも、最も練習量の多い選手です。大会中であっても試合後は、ほぼ最後の一人になるまで練習場に残っている事が多いです。


では、なぜ松山選手がそれだけの練習をするのか?プロゴルファーという理由だけでしょうか?私は、松山選手のインタビューや談話を聞いていると、その理由は松山選手の素質にある気がしました。松山選手の素質は、下記の通りです。

松山英樹:789-001-555-7898-F-d-d


松山選手が、練習量が多い、若しくは練習量が多くなってしまう理由の1つとして挙げられるのが「納得」だと考えられます。私が、注目したのは松山選手のサードエレメントです。

サードエレメントは、自分でもわからないくらいに、物事に集中している時、自分の中にある心の声だったり、無意識に反応した時に現れやすい一面です。その部分に素質タイプ555があるという事は、「基本を徹底して取り組みたい」「始めから終わりまで一貫して取り組みたい」思いを無意識に持っています。

更に、素質タイプ555を持っている人は、物事の全体観を大事にして、自分が納得してから物事を始めたり、終えたりする事が自分らしいと考える精神性があります。

次に、注目したのが松山選手のファーストエレメント789です。ファーストエレメントは、その人の本質的な性格です。また、仕事においては長い時間継続してもストレスにならず、自分らしさを感じる状態でもあります。素質タイプ789の人が好きな事は、経験や実績を積み重ねる事です。ゴルフは、経験がモノをいうスポーツでもあります。松山選手は、練習であってもなるべく多くの事を想定しながら、練習し、経験を積み重ねていく事を苦にしない性質なのです。



・松山選手のポテンシャルから見ても、練習量が多いのは必然

ベースポテンシャル(その人らしさ、生き様につながる生き方)Fを持っています。Fを持っている人は、例えば、数字のちょっとした違い、日常生活の中のちょっとした風景の違いなど、細かいところでも気が付く方が多いです。Fに続くdは潜在能力を表しています。dは、感受性が鋭く、職人気質のような精神性があります。

潜在能力の視点から見ても、松山選手は「同じことをずっとできる」「時間をかけて技術力を深め、1つの事をやり続けられる」性質を持っています。このような視点から見ても、私は松山選手の練習量が多くなるのは、必然であると考えられます。

あるトッププロの方が話していましたが、松山選手はグリーンのアンジュレーション(傾斜)を読む力に優れていると話していました。これも松山選手が生まれつき持っているベースポテンシャルや潜在能力の賜物かもしれません。


・今年はマスターズ制覇のチャンス!

結論から言えば、私はタイトルを獲れると思ってます。松山選手にとって4月(タイムコード0-8)は、今年の中で一番バイオリズムがいい時でもあります。数シーズンにわたって、努力や展開してきた事の完成期とも言えますし、今まで練習してきた事が成果に結びつきやすい時なのです。この勢いを利用して日本人初のゴルフメジャー制覇をしてもらいたいです!

« 未来年表から読み解く経営のあり方 | トップページ | 久しぶりのところへ行ってきます。 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/73245587

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!努力する天才 松山英樹:

« 未来年表から読み解く経営のあり方 | トップページ | 久しぶりのところへ行ってきます。 »