2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

未来年表から読み解く経営のあり方

「未来年表から読み解く経営のあり方」

先日ですが、浜松市で大変興味深い勉強会がありましたので参加してきました。この勉強会は、2月も参加しているのですが、3月も参加しようと思ったのは、参加者が変われば、参加者の視点、物の見方、考え方、価値観などが変わりますから、アイデアもたくさん出てきますし、それは絶対に自分の将来のためになるだろうと思い、参加しました。

勉強会参加者も自営業の方、会社員で会っても世の中の動向に強く関心を持っている方、自分から世の中に発信したい、何かをしたい方などが集まり、会場が意識の高いエネルギーに満ちていました。

皆さんは「経済」という言葉が略語であった事は、ご存知でしたでしょうか?

恥ずかしいですが、私は知りませんでした。「経済」という言葉の正式名称は「経世済民」なのです。世を経めて民を済う(よをおさめてたみをすくう)のが経済です。

しかし、今は同業者はつぶしあい、取引先はしぼるだけしぼる、従業員を駒扱い・・・

そうではなく、同業者も取引先もかけがえのないパートナー、同業者にも取引先にも、その先には尊い家族がいる、従業員は家族と一緒。主催の方が、力強くおっしゃっていた事が心に響きました。


この勉強会に参加した方だけが手にすることができる未来年表があります。残念ながらブログを通しては、お見せする事ができません。その年表書かれている事を何度目を通しても、難局な時代がくるだろうと予測せざるを得ませんでした。

だからこそ、世代も、男女も、住んでいる地域も関係なく、あの場に集まっていただいた参加者同士で、議論して、アイデアを出して共有したり、参加者の中でも視点、価値観の違いはあれど、共通の命題について話し合う事はとても大事です。

未来年表を見せられないというより、私は見せたくないのが本音です。あの場で議論した事、出てきたアイデアは、参加者だけの宝物にしたいです。


気になった方は、ぜひ、次回開催される時に参加してみませんか?皆さんの1人1人が考え、未来に向き合い、様々なアイデアを出し共有する、自分の意見、考えを持っている方なら大歓迎です。興味のある方は、ご連絡下さい。


主催の方、この勉強会のために、膨大な資料を集めたり、作成などの費やした時間を想像すると、本当に頭が下がります。色々な事に気づく機会を作っていただき感謝しております。ありがとうございました。

2018年3月20日 (火)

検証!1つの事が終わる時

プロ野球は、日本もアメリカもオープン戦が終盤に差し掛かり、いよいよ開幕へ向けての準備です。サッカーは欧州はシーズン最中ですが、Jリーグは開幕して1ヶ月が経とうとしています。

FAにしても移籍にしても今までいたチームから、過去に所属していたチームに復帰する選手もいますよね。その選手の素質を調べたら、ちょっとした共通点がありました。

イチロー: 000-012-108-0008 (マーリンズからマリナーズ)

内田篤人: 024-000-025-0248 (ウニオン・ベルリンから鹿島)


この2人に共通しているのは、タイムコードのYearが今年から0(アナリシス)です。この年は、ターニングポイントになる出来事が起こったり、物事が過去に存在していたところに戻るという特徴があったりします。

余談ですが、9(サミングアップ)と0(アナリシス)は充足期と言って物事に整理をつけていったり、物事が1つの終わりを迎えたり、1つのキャリアの終わりの時期を迎えていくなど、原点に帰ったり、次の事に向けて、次のキャリアに向けての準備の時でもあります。古巣に戻ったのも、ある種の必然だったかもしれません。


・話しは逸れますが、皆さんが知っている大物女性アーティストも・・・

安室奈美恵: 108-555-919-1087

安室さんも今年はサミングアップの年なんですよね。だから、今年引退をするのもタイムコードの影響が大いに関係しているかもしれません。


スポーツ選手や芸能人ではなく、皆さんと同じビジネスマンで考えると、新しい仕事を始めるために会社を辞めたりする事も考えられます。特に、自営業の方や士業の方は年間と月間でタイムコードを出してみるのもいいかもしれませんね。




2018年3月18日 (日)

恋愛と素質論②

6年前に書いた事でもありますが・・・

この間も婚活関係者や男女間の悩み、夫婦間の悩みを聞き、アドバイスしてきました。改めて恋愛と素質論というタイトルでもう1度書こうと思います。


・女性は男性よりも一目ぼれゾーンが少ない!

脳の割合の問題で、恋愛に関してですが、全体を10とすると男性は女性に対して、一目ぼれゾーンは30%~40%、この女性なら一緒にお食事したり、飲みに行ったりしてもいいなと思えるゾーンは、40%~55%、生理的に受け付けないゾーンが10%くらいです。

女性の場合は、男性に対しての一目ぼれゾーンは10%くらいで、生理的に受け付けないゾーンが30%~40%なのです。始めから生理的に受けつけないゾーンに入ってしまうと、ほぼ逆転不可能です。


・お互いをよく知る事から始まる

お互いに出会って、この人なら一緒にお食事に行ったり、飲みに行ったりしてもいいなと思えるゾーンに入ったとしましょう。

上手な恋愛をするために必要な事は「相手の恋愛観、基本的な価値観を知る」次に、「自分の恋愛観、基本的な価値観を知る」双方の恋愛観、基本的な価値観の違いを知り、その違いを理解する。対処方法を知る事によって、恋愛が上手になる確率は上がると思います。

素質論ではCANCODEというコミュニケーションツールがあります。CANCODEを学ぶ事によって、相手の特徴、好きな事、嫌いな事などを理解できるようになります。最近では、つきあいは長いけれど、結婚には至らない、別れたいけど泥沼は嫌だと、そんな相談内容も多いです。


・恋愛もステージによって、出てくるエレメントが違う

出会って間もない時は、お互いをよく見せようとするので、セカンドエレメントが強く出やすい時なのです。セカンドエレメントは、初対面やまだ人間関係が浅い時に出やすいエレメントとされています。恋愛では、付き合い始めて間もない蜜月期です。

ある程度の時間が経ってくれば、お互いファーストエレメントの自我や素の部分も出てきますよね。この部分が出てきた時に、すれ違いが出てきてしまうのか、受け入れられるのかが運命の分かれ道です。世間では倦怠期と言いますよね。

倦怠期を超えると安定期になります。安定期になるのに、一番大事なのがサードエレメントです。サードエレメントは、心が不安定な時に出やすいです。この部分を安定させる事によって、充実した恋愛ができるようになります。お付き合いして結婚までを考えるなら、相手のファーストエレメントとサードエレメントの環境を整えたり、特徴、どんな事されたら好きか、嫌いかなどを把握しておく事も重要ですよね。


あと、誕生日が同じでも、男性と女性では価値観が違いますよね。春は出会いの季節でもあります。素敵な出会いが皆様にありますように。

2018年3月14日 (水)

Sさんからお礼のメールをもらいました

1年間個人未来予測のモデルになってもらった大阪にお住いのSさんからお礼のメールをもらいました。

「1.docx」をダウンロード(1年の未来予測を行う中で)


読んでいただければわかると思いますが、私もタイムコードは単純にいい、悪いだけでは言えない奥深さを改めて認識しました。

2018年3月 6日 (火)

後からでないと絶対身につかない事

CANCODEの事を話したり、教えたりしていると

「石川さんは、人の心に関して何でもわかるのですか?」と聞かれる事がありますが、答えはNOです。素質論もCANCODEもいくら勉強してもわからない事はたくさんあります。むしろ、私はCANCODEで分かる事は、人の事がわずかに分かるくらいの認識でいます。

CANCODEで分かる事

・その人が生まれつき持っている心の傾向性

・その人が生まれつき持っている潜在的な資質、能力

・その人が生まれてからのバイオリズム

特に、バイオリズムに関しては目には見えませんが法則的な動きを観察する事もできます。

CANCODEで分からない事はどんな事があるでしょうか?・・・

・お金持ちであるかどうか   ・お金持ちに自分がなれるかどうか

・病気に強いか弱いか     ・寿命は長いか短いか

・背が高いか低いか      ・善人か悪人か

上記に挙げた事以外にもたくさんありますが、後天的な努力によって変えられるものや宇宙的なリズムと直接関係のないと思われる事は、CANCODEでは分かりません。


アドバイス・カウンセリングのお問い合わせがあり、その方と初対面の場合もあります。私は、その時は、相手方の素質だけでなく、生い立ち、家族構成、住んでいた地域や学歴などもお聞きしています。

誰にでも言える事ですが、これだけは後からでないと身につかない「決定的」な事が1つあります。


◎人を見る目は後からでないと身につかない!

私は、月1回以上は異業種交流会に参加しております。参加する理由はたくさんの人と出会い、初対面であっても、どんな立場の人であっても、適切なコミュニケーションを取るように心がけていますが、もう1つは「人を見る目」を養う目的もあります。

もしかしたら、近い将来、スマホのアプリでこの人の言っている事は本心から言っているのかが、読み取れるような事が分かるような時代がくるかもしれませんが、人を見る目を養いたいのであれば、自ずと人が集まる所に出向くのが、一番の近道で手っ取り早いのではないでしょうか。

過去のブログにも書きましたが、人を見る目を養うのに、参考になる海外ドラマがあります。

Lie To Me 嘘は真実を語る
http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2016/08/lie-to-me-b103.html


春は出会いの季節でもあります。いい人材と出会い、いい人間関係を築くには絶好の季節でもあります。多くの人に会いにいこうと思います。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »