2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 検証!個人未来予測12月 | トップページ | 検証!サンデーモーニング張本勲さんと上原浩治さんとのやりとり »

2017年12月20日 (水)

検証!激怒の真相

いつもですと、ブログを更新するとFBでアップしますが、この記事をFBにアップすると勘のいい読者は、誰の事かわかってしまいます。特定のグループのプライベートの事ですし、そこの人間関係にも踏み込んでいます。

それでもブログに書いた理由は2つあります。

①日常生活でも、よくありがちなリアリティーがある事例、素質の違いで起こるコミュニケーションギャップ、または当人の思い込みもあり、誤解が生じてしまった

②皆さんの人間関係でも、例えば○○さん、○○君のように特定の人、○○社、○○部署等の社内、社外において言わなかった、案内状、招待状を送らなかった、若しくは忘れてしまったがために、後にトラブルになってしまった典型的な事例

では、本題に入ります。

激怒しているのはある男性です。細かいいきさつはわかりませんが、事前情報として

・激怒している男性は、ある夫婦(旦那様が企画していたイベント等)によく参加していた

・結婚する事も知っていた

激怒している男性のCANCODEは、012-108-108-0125です。素質論を勉強した方ならば、この男性が激怒した理由に「察し」がつくかもしれません。この男性が激怒してしまった理由を男性のCANCODEから推測してみます。


実は、私もこのご夫婦が参加しているイベントに参加していました。ただ、今年に入ってから、忙しくて1回も参加できませんでした。私には、ご招待がこないのは当然だとして(笑)この男性は自分には、招待がくるものだと思い込んでいたものが来なかった、呼ばれもしなかった事に相当なショックを受け、裏切られたという感情が沸いたのかもしれません。


男性のCANCODEを見ると、ファーストエレメント、セカンドエレメント、サードエレメントがオール素質ベクトルHですよね。素質ベクトルHは、信頼し合える人間関係がベースになっています。そして、重要な予定ほど必ず知らせてほしい、と考える傾向があります。

なぜ、重要な予定ほど知らせてほしいかと言われれば、「仲間外れにされたくないから」で、激怒の中に「一人にさせないで」「構ってほしかった」という悲しみの感情も含まれていると思います。

また、ファーストエレメントに素質タイプ012を持っています。素質タイプ012は、みんなが知っていて、自分だけが知らない事は、冷めちゃったり、プライドが傷つけられたりします。
会えば会うほど、その人との関係性が深くなり、信頼関係が増していく傾向もあります。

自分の方が、イベントに参加したり、よく会ったりしていて、ご夫婦との関係性が深いはずなのに、自分よりもご夫婦との関係性が浅い人達を呼んで、自分が呼ばれないのはおかしい!こんな思い込みもあったのかもしれません。


・激怒してしまった後、どんな対応がベストであってベターだったか?

激怒の背景を考えれば、突発的な問題によって生じた感情です。突発的な問題に対処する時は、サードエレメントを意識する事です。この男性はサードエレメントが素質ベクトルHです。サードエレメントに素質ベクトルHを持っている人への対応としては、失礼のない常識的な対応をするのがベストです。

この場合でしたら解決方法の1つとして「主催者、ご夫婦からなぜ男性を呼ばなかったのか?声をかけなかったのか、しっかりと本当の理由を話す事ではないでしょうか」 もしかしたら、呼びたかったけど会場、式場の都合で呼べなかったかもしれません。私個人の意見を述べますと、男性のFB上の何気ないマイナスつぶやきも、夫婦との疎遠を生んだ遠因の1つであると考えています。


ベクトルHの方ですから、う~ん、信頼関係が無くなった瞬間にサヨナラというケースになってしまう事もあります。私としても心苦しいですが、何とか吹っ切れて立ち直ってほしいと思います。

このように、お互いの素質が違うために、コミュニケーションギャップが誤解を生んでしまった。人間関係が気まずくなってしまった、そんな経験は皆さんも少なからずありますよね。そんな時、素質論は役に立ちますよ。

 

« 検証!個人未来予測12月 | トップページ | 検証!サンデーモーニング張本勲さんと上原浩治さんとのやりとり »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/72503025

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!激怒の真相:

« 検証!個人未来予測12月 | トップページ | 検証!サンデーモーニング張本勲さんと上原浩治さんとのやりとり »