2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 検証!大谷翔平選手のMLB移籍記者会見と素質から見えた選ぶであろうチームと選ばないチーム(後編) | トップページ | 大局観 »

2017年12月 4日 (月)

エスパルスJ1残留・・・よかった

年内のJリーグ公式戦は全て終了しました。J1はフロンターレが初のリーグ制覇、ヴァンフォーレがJ1陥落、そのヴァンフォーレにシーズンダブルで何とか残留したエスパルス、J2からの昇格3チームすべてが、残留したのは史上初! ジュビロは、あと勝ち点3でACLでした。 

J1だけでなく、J3初参加の沼津は堂々の3位フィニッシュで、もうJ2ライセンスを取っておきましょう。

当然、光もあれば闇もあります。今シーズンのJ1で、リーグ戦中に監督が変わったチームは何チームあると思いますか?


答えは7チームです。言うならば7チーム「も」あるのです。この7チームの監督にはちょっとした共通点がありました。シーズン途中で交代したチームの監督と交代した月のタイムコード(TCと略します。数字の左が年、右が月)を載せておきます。


FC東京         篠田監督      9月 TC 2-4
サンフレッチェ広島  森保監督      7月 TC 3-3
浦和レッズ     ペドロビッチ監督   7月 TC 5-5
ヴィッセル神戸   ネルシーニョ監督  8月 TC 0-1
アルビレックス新潟  三浦監督      5月 TC 4-2
                              ロペス監督    11月 TC 4-8
鹿島アントラーズ   石井監督      5月 TC 2-0
大宮アルディージャ  渋谷監督      5月 TC 5-3


この7人の中で、年回りが悪かった監督は篠田監督、石井監督、アルビレックスのお二方です。タイムコードの年の数字が2,4である事に気づくと思います。タイムコードでいう2は、トライアルと呼ばれ、何となく精神的に重くなったり、責任感が弱くなったり、勝負事では勘は冴えるが、裏目に出やすく、そんな事が続くうちに生き方、将来に疑問や迷いが生じ、投げやりになりやすい時でもあります。

また、タイムコードで言う4は、イノベーションと呼ばれ、自分自身やチーム自身が力をつるために試される時でもあります。チームが変革を続ける中で、しっかりと形になってくる時でもあります。ただ、形になろうとしている中で、功を取ろうとして必要以上に焦ったり、何となく精神的にイライラしたり、それが人間関係の不和を呼び、人間関係でトラブルを招いたり、窮地に追い込まれたりもします。

タイムコードで言う5は、インタラクションと呼ばれ人を介して、自分の取り巻く世界に変化が見られ「相互作用」の効果があるのですが、成績や状況が芳しくなければ、悪い方に働いてしまいます。

無論、解任の原因は、これが全てではありません。チーム成績、状況、フロントの考え方、選手間同士の事、素質論では解らない後天的な要因もあります。


しかし、年回りが悪い監督でも生き残った監督が2人います!1人はサガンのフィッカンディティ監督、そしてもう1人がエスパルスの小林監督なんですよ!ちなみに2人ともタイムコードの年回りは4です。

エスパルスは、今シーズンの目標をトップ10以内と掲げていました。トップ10どころか、最後まで残留争いにモツレて14位でした。目標に届かなった事と、最後まで残留争いから抜け出せなかった事はマイナスです。

長期的な視点でみれば、私は大きなマイナスではないように思います。苦しいシーズンを乗り越えて、若手が大きく成長した事、残留した事によって得られた自信、チームのプライドは来シーズン以降の糧になるはずです。まだ、去就はわかりませんが、小林監督自身もJ1で采配を揮えた事によって、監督自身のイノベーションにも繋がっているはずです。


そして、タイムコードの凄さも怖さも知っている私だから小林監督に言える事があります。

「こんなタイムコードで、よくJ1にエスパルスを残留させてくれました。」選手にも監督にもスタッフ、関係者にもありがとうと伝えたいです。私個人としては、小林さんにもう1年やってほしい! ですが、関係者には来季続投を反対している人もいます。


窮地に追い込まれるかもしれない、と書きましたが、まさか来シーズンについて去就は白紙で、窮地に追い込まれてほしくはなかったけどなあ・・・ 


改めてですが、小林監督には感謝をしております。

参照ブログ:検証!Jリーグ開幕直前 清水エスパルスはJ1残留できるか
        http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2017/02/ii-0176.html


                検証!Jリーグ再開直前 清水エスパルスはJ1残留できるか
        http://first-emotion.cocolog-nifty.com/soshitsu/2017/07/ii1-al8a.html

« 検証!大谷翔平選手のMLB移籍記者会見と素質から見えた選ぶであろうチームと選ばないチーム(後編) | トップページ | 大局観 »

検証」カテゴリの記事

コメント

小林監督、解任と静岡新聞に出てましたね。一年間の積み上げの無さを考えると妥当に思えますが、1年でJ1復帰させ今年J1残留させてくれた功績には感謝しかありません。

途中までいい試合はするのですが、そこからあと一押しほしかったり、守るのか、攻めるのかがチグハグだったりした事もありましたからね。その点は仕方がないかなと思います。ブログを書いた翌日に事実上の解任になってしまいました。


それでも、J1に残してくれた事は感謝です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/72374492

この記事へのトラックバック一覧です: エスパルスJ1残留・・・よかった:

« 検証!大谷翔平選手のMLB移籍記者会見と素質から見えた選ぶであろうチームと選ばないチーム(後編) | トップページ | 大局観 »