2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月29日 (土)

検証!Jリーグ再開直前、清水エスパルスはJ1残留できるか?②

先週の第6回げんた会参加者の皆様、お疲れ様でした。げんた会でもお伝えした通り、シーズン後半戦のエスパルスを素質論で検証しました。

エスパルスは、ここまで5勝6分け7敗、勝ち点21の12位につけております。後半戦の見立てを話す前に、まずは、この位置で粘っている選手の皆さんと小林監督には感謝しております。残留争いどころか、シングルも狙える位置にもいますからね。チームも着実に実力はついていると思います。


特に、小林監督については、思うようにいかない事が多く、試合でも「今日は勝ったかな」と思うと、突然、不可解な判定で勝ち点を逃したり、自分自身を試されているような出来事ばかり起こっているのに、この位置で粘っている手腕は、私は評価したいと思います。

前置きはこのくらいにして、シーズン後半戦の小林監督のバイオリズムを☆評価(最大5個)で各月を評価しました。

 7月 ☆
 8月 ☆☆☆☆
 9月 ☆☆☆☆☆
10月 ☆☆
11月 ☆☆(12月2日の試合は11月で評価します)


結論から話しますと、私は4分6で残留はできると思ってます。小林監督の11月までのバイオリズムとシーズン後半戦の対戦相手の組み合わせ、戦績から受け取れるメッセージは1つだけです。


「9月末までにJ1残留のミッションを果たしなさい」という事です。

残留へのポイントになりそうなのは、7月29日の横浜FM戦からの10試合だろうと考えています。それでは、10連戦が行われる7、8、9月を詳細に伝えていきます。


①7月(4-4)

7月は☆1つ評価です。現在12位で残留争いから一歩リードしている感がありますが、まだ油断大敵です。様々な局面で右か、左かという選択、決断を迫られる事が多くなる月です。また、主力選手の突然の流出、ケガにも十分注意してほしいです。現にチアゴ選手の件でひと悶着ありますしね。まだ、薄い氷の上に足を乗せている状態で、思わぬ事案が発生すれば、一気に崩れてしまう事も考えられますので、細心の注意を払って事を進めてほしいと思ってます。

発展途上のチームですから、上位へ行くためには避ける事ができない障害があったり、我慢を強いられる展開が多くなるという判断です。ガンバ戦のように我慢強く戦う事によって、いい結果が出る事もあります。全く結果がでないわけではありません。

8月からの好調期を向かえる前に、実力で上がれる力があるかどうかを試されています。本当に29日の横浜FM戦は大事です。


②8月(4-5)、9月(4-6)

8月、9月の2ヶ月は昨シーズンほどではないですが、好調期と見ています。8月は上位チームとの対戦、得点も入っていて、エスパルスより上位であっても、苦しめている相手でもあります。こういう時に、今シーズンの成長株が出てくるかもしれません。

そして、9月は今年一番の好調月で、かつ、今シーズン負けてない相手です。チーム状態が噛み合ってくれば、4連勝、5連勝もあり得ますし、「今シーズン最高〇位!」とか「10戦負けなし」とか、努力してきた事、種をまいてきた事が成果となって現れやすい時期でもあると思います。一番の結果は残留確定させる事ですよね。ここまでの10試合で勝ち点17以上なら、ほぼ残留できると考えてます。決めるところで決めないと「ドロ沼」にはまる可能性もあります。願わくは、ここで決めてほしいと思ってます。


③10月(4-7)、11月(4-8)

両方の月とも☆2つです。何て言いましょうか・・・巡り合わせの怖さを感じました。好調期と打ってかわって、バイオリズムが下降線を辿っていく中で、戦績のよくないチームとあたるんですよね。ここで対戦する6チームの戦績は1勝5敗で、そのうちシャットアウト負けが4チームあります。

バイオリズムが落ちて、対戦成績も悪く、残留争いの直接のライバル、決めたい時に決められなかったetc、こんなスッタモンダの条件で試合をしたら

「あってはならない事」が起こってしまう可能性が出てきますが、9月で残留を決められなかったとしても、追試のつもりでジュビロ戦で残留を決めてくれれば問題はないと思ってます。


これは、私見ですが、9月までに残留を決めていれば、次のステージに向けての準備の2ヶ月にしてほしいです。


・素質論以外で気をつけてほしい事

A 残り16試合ですが、連敗はしない事

B 点を取った後の試合マネジメント(攻めるのか、しっかり守るのか)の徹底(点を取った後、すぐに点を取られるので)

シーズン前のブログで、開幕からの2ヶ月でJ1で通用しない事、選手、戦術などをキチッと白黒つけておくことが次の発展に大きく影響すると書きました。その時は、何の事なのかわかりませんでしたが、今になって考えるとBの事だったのかもしれません。


他チームではありますが、ベガルタとFC東京は徐々に下がってくるかもしれません。逆に、サンフレッチェとアルディージャは、噛み合って来たら上がってくる可能性があります。

選手、監督、サポーターの皆さん、そしてフロント陣も我慢を強いられるシーズンであって、エスパルスが、これから上にあがれるかどうか試されているシーズンでもあります。チームとしての成長期を温かく見守っていただければと思います。


最後になりますが、今シーズン終了時ベスト10に入ったら、小林監督の契約を2019年までに延ばしてほしいです。これから発展期に向かう方を解雇する理由はありませんよね。

2017年7月23日 (日)

第6回げんた会レポート

昨日は、半年に1回のエスパルスサポーター同士の交流会(通称:げんた会)でした。私も去年の第3回から定期的に参加させてもらってます。今回は初参加者が4名という事もあり、いつもと違って新鮮な感じがしました。


私の時もそうでしたが、この会は初参加でも気軽に参加できるのが特徴です。エスパルス博士、サッカーマニアである必要はありません。和気あいあいですが、景品交換のじゃんけん大会は、男子、女子、年上年下関係ない仁義なき戦いにもなります。

・サッカーの事も知らなくてもよし

・高校の時、サッカー部ではなく野球部でもよし

・今のJ1チーム全て言えなくてもよし

・ただ、ひたすらお酒を飲むもよし

・じゃんけん大会の景品目当てでくるもよし(意外に、豪華賞品や掘り出し物がそろいます)


まあ、いつもこんな感じで、エスパルスの事を憂いつつも、ただ楽しくお酒を飲む、そんな会です。ちなみに、仁義なきじゃんけん大会の私の景品は、この会のオフィシャル?Tシャツでした。これを着て、藤枝朝食会、鐘壱さんにでも行こうかなと(笑)

ここで、私は素質論で今シーズンのエスパルスはどうか?という事をお話ししています。後日、ブログにUPしますので、お楽しみにどうぞ。次は、新年会も兼ねて来年になると思いますが、このブログ、他の参加者のブログを見て、ぜひ、参加したいという方がいらっしゃいましたら、来年、お会いできるのを楽しみにしております。

2017年7月20日 (木)

のんびり型でもビジネスに向くか?③

人間にもせっかち型とのんびり型があるように、企業にもこれに似たタイプがあります。

結論が速く、経営方針が短期でコロコロ変わる外資系はせっかち型です。役職があっても短い期間で業績を判断され、結果が出なければ解雇や事業を撤退するのは、日常茶飯事です。これに対してすぐに結果を求めないのんびり型だったのは、旧来の日本企業でした。

たとえ、業績が振るわなくても忍耐強く浮上を待てる気長な体質があり、終身雇用で家族のように従業員を育てていく労働環境がありました。


外資系の会社は、合理的な発想に基づきスピード感を求めます。例えば、ある商品を開発したとしましょう。商品に一定の不良が出る事はわかっていても、それが想定内のエラーで、クレームが発生しても対処可能と判断されればゴーサインを出す、スピード重視ですから、そこまでの精度は求めていないのが外資系企業の実状です。

日本企業はある意味で完璧主義です。自分たちが作る以上は、絶対に不良品を出さないという気概を皆さんが持っています。高い倫理観を持って仕事に携わり、時間を費やす丁寧さがのんびり型として受け取られかねません。


のんびり型と言えば、聞こえは悪いかもしれません。

私は、主体的に丁寧に倫理観を大事にしながら、いいものを生み出そうと仕事に取り組むことは、様々な職業にも活かせる強みとも言えると思います。


最近、現場に入れば職長、会社でも面接を行う時もあります。その時に思うのは「お客さんや取引先、現場の職人方や監督さんに可愛がられるような、愛嬌のある人を採用したい」と思う時があります。

スピードだけを重視するならAIに頼ればいいわけで、どんどん機械が人の仕事を代用していく中、最後まで置き換えられないのは、人を気持ちよくさせる人間性や誠意でもあるような気もします。

私は、スピードはビジネスにおいて非常に価値の高いスキルだと考えています。こうした考え方が、世界標準の考え方になっていくものだと思います。

もし、あなたがのんびり型だとしても「のんびり型だから・・・」と決めつけて、ビジネスからドロップアウトするのはやめましょう。のんびり型でも主体性を持って取り組む事、今、あなたがしている事業や仕事が、いつ結論や結果が出るかわからないような仕事ならば、のんびり型の方が向いています。大丈夫です。私ものんびりですから(笑)そのお陰で素質論を10年やってこれました。生年月日と行動科学を日々検証して、ここまで来ましたからね。

また、誰も手掛けていない事を手掛けている人も、のんびり型に多い気がします。のんびり型だから、ビジネスに向かないと可能性を限定してしまう方が、何よりも勿体ない話です。


そして、今後、時間はかかっても高品質なものをつくったり、人の心を温めるサービスを提供できる人材が、あらためて評価される時代が必ずやってくると思ってます。

2017年7月13日 (木)

のんびり型でもビジネスに向くか?②

せっかち型とのんびり型、仕事では、ついスピードを求めて前者に仕事を頼んでしまうケースもあるでしょう。時代の流れはあっても、のんびり型の長所が開花する仕事が多いのも確かです。では、どのような仕事でしょうか?


例えば、開発の仕事です。いつ結論が出るかわからない課題を、辛抱強く実験したり、検証し続けなければなりませんので、のんびり型に向いていると思います。また、レアな肩書を持っている、レアな職種、誰も仕事にしていないような事を仕事にしている人も、のんびり型の方が向いている気がします。

余談ですが、私の素質論インストラクター・アドバイザーもレアですが、本当に私の周りの人の肩書も引き出物プランナー、贈り物コーディネーター、アーユルベーター式ベビーマッサージ、お手紙屋さん、住宅購入専門のFP等、レアな人達しかいません(笑)


そして、これから急速に増えるであろうお年寄りを相手にする仕事も、話を辛抱強く聞けるスキルが求められますので、重宝されるはずです。逆にせっかち型の人は、途中で話を遮りやすく傾聴姿勢が足りない傾向にもありますので、そこは不得手になりやすいと思います。


・話を戻して、皆さんの職場環境について考察しましょう


せっかち型・のんびり型が交じる職場において、管理職は両者の特性を考慮しながら、仕事を与え、総合的に結果を出すことを求められます。では、どうアドバイスすれば異なるタイプを活かせるのでしょうか?

せっかち型は、1つ1つの判断が速くても、間違ったり、早合点をしてしまう事がよくあります。のんびり型は判断は正確でも、スピードがありません。ここで前者に「ミスが多い」後者に「判断が遅い」と責めるのは、お門違いです。

私の場合は、その人のよさに言及します。せっかち型であれば「1つ1つの判断は早いから助かる時がある」そのあと「2つ、3つ先を読んで連続性の中で判断できるようにしよう」とかCANCODEの組み合わせによっては「スピードだけでなく、トータルで判断できるように何をすればいいか考えよう」と次の目標を話す時もあります。


人間にせっかち、のんびりがあるように、実は企業にもこれに似ている2つのタイプがあります。それは外資企業と日本企業です。


のんびり型でもビジネスに向くか?③に続きます

2017年7月12日 (水)

のんびり型でもビジネスに向くか?①

ビジネスはスピードが命とも言われています。それは真実だと思いますし、今は効率が求められる時代でもあります。スピード優先の時代に、のんびり型は肩身が狭いですよね。

時には「のんびり型はビジネスに向いていない」なんてでたらめな事を言う経営者やビジネスマンもいます。果たして、のんびり型は本当にビジネスに向いていないでしょうか?私は、NOだと考えています。


このブログを読んでいる皆様に1つ聞きたい事があります。

「せっかち型とのんびり型、もし、あなたの職場に両タイプの部下がいたら、あなたはどちらに仕事を頼みますか?」


私は、スピードは非常に価値の高いスキルだと考えています。例えば、事務職で求められるのは正確さとスピードです。効率よくスピードを上げる事を否定する業界、企業はほとんどないでしょう。世界的にもビジネスでは、スピードを重視する傾向にあると言ってもいいでしょう。冒頭の「」の質問に、仕事が速いという理由で、せっかち型を選ぶ人は多いかもしれません。

しかし、こういう流れの中でも、のんびり型を高評価するケースも多いです。私の会社でもそうですし、皆さんの会社でもそうかもしれません。もしかして、このブログを読んでいる企業の人事の方もそうかもしれませんが、面接で必ず確認しようとする絶対軸があります。


それは主体性です。


自分が当事者だという考えのもと、仕事をやりぬいてくれるかが何よりも重要です。また、指示待ちタイプの人もいますが、これを戦力として育てるのは、至難の業です。だから、命令・指示にわかりましたと、すぐに動く人はスピーディーではありますが、主体的ではなく、反射的によく考えずに動いてしまい、早とちりしたり、速さにこだわりすぎてミスを犯すかもしれません。

一方、主体性のある人は、少々時間がかかっても、きちんと理解してから動くという行動特性があります。もし、あなたがのんびり型だったとしても、この特性に該当するのであれば、評価はおのずと高くなります。


トロい事を嫌い、スピードを求めるせっかち型、多少の事があってもどっしりと構えて、反応が鈍いとさえ見られるのんびり型、つい前者に目がゆきがちですが、近年は、後者の長所が活きる仕事も多いです。


のんびり型でもビジネスに向くか?②に続きます。

2017年7月 5日 (水)

最近

今年もあっと言う間に半年が経ちました。最近の出来事を振り返ると、ある共通項があります。

それは、今まで絶対的な存在だったもの、絶対的な地位を築いてきたもの、絶対的な事がぽろぽろと音を立てて崩れていくような出来事が多いです。それに代わって出てくるのが、新興勢力、新しいもの、新しい集団です。


例えば、政治の世界では、安倍1強だったのが森友の問題から始まり、加計学園、秘書に暴行する女性議員、閣僚の失言等で軒並みに支持率を下げて、先日の都議選では大惨敗を喫しました。周知の通り、それに代わって出てきたのが、都民ファーストの会ですよね。


視点を変えると、スポーツの世界でも同じことを感じます。

Jリーグは、このブログを書いている時点では、C大阪が首位で、レイソル、アントラーズと続いています。C大阪は、昨シーズンは、J2でしたからね。開幕前の予想では、優勝候補のチームはレッズ、アントラーズ、ガンバだろうと言われていました。少し前まで、圧倒的に強かったサンフレッチェが、今は17位で森保監督が辞任してしまいました。レッズも好不調が激しく、なかなか上がってこれません。


今、競技中ですが、ツールドフランスも絶対的王者だったサガンが失格、それに対抗できるカベンディッシュもリタイア余儀なくされました。


棋士界でも加藤一二三さんは引退しましたが、代わりに藤井聡太さんが出てくるなど、このような動きが各方面で出ています。


このような事は偶然のように見えて、ある種の必然のようにも感じます。今年は世の中が大きく変わり始める元年かもしれませんね。

2017年7月 1日 (土)

検証!個人未来予測7月

個人未来予測ですが、4回目になります。6月のタイムコードは2-0-9ですが・・・

先月、ある事で変化が起きました。この方のタイムコードが6月のある日を境に、Universe2から7になりました。これからのタイムコード表記は、2-0-9から7-0-9になります。


Universeは、年、月、日のように規則的に変わるものではなく、「大局」という大きな流れの意味を持っています。その年全体への影響を与えるベースのエネルギーの事を表しています。YearはUniverseの影響を受けます。モデルの方を事例で挙げますと7-0になっています。この7-0は、どんな年になりやすいか?


一言で言えば、様々な変化が起きやすく、かつ、これから決めなければならない事が多くなってくると予測しています。また、止まっていた案件が一気に動いたり、再起、再開もあり得るかもしれません。いずれにせよ、これから変化が訪れるのではないでしょうか。

ここからの変化についていけるように、2-0の時に体を休めて体力を温存してあれば、おそらくは、流れについていけると思ってます。


さて、6月に起こった事と7月に予測される出来事ですが、最近、大事件がありました。

事の発端は、ある事を始めた事がきっかけだったのですが、それが上役の怒りを買ってしまいました。しかし、ご本人が始めた事は、本来、皆さんが当たり前の事としてやらなければならない事です。指導される側がしないのは、仕方ないにしても、教育する立場の人間が、それを放置するのは言語道断です。

当人も上役への言い方がまずかったと反省しておりますが、こんな事を放置している所に先はないとも感じたようです。そんなモヤモヤ感があるなか、ここを去る事を決意し、3日に話をするつもりです。3日のタイムコードは7-0-9-4、物事に思い切って白黒決着つけてもいい日だと思ってます。私が、我慢ではなくスパッと決着つけてもいいと思ったのは2つあります。

・7-0-9のうちに、今のところにケリをつけて、清算をし、新しいところにいくべき

・民間企業なら中間決算、決算月の関係上「残留」という手もありますが、教育機関は4月スタートで始まって2ヶ月、人が大幅に動くとは考えづらい


9(サミングアップ)の年、月は発展期の中で起こった事の清算をする機会が多くなるのが特徴です。現象としては、考え事が多くなったり、気が定まらなかったり、過去の事を振り返る事が多くなります。このような時に、イケイケの気持ちになる事は難しいと思いますし、ご本人は、理想と現実の不一致で悩んでいたと思います。


さて、7月ですが予測される出来事は2つ

・仕事面に不安があり、安易に他の事に手を出しやすい

・今までやってきた事、ポジションが大きく変わる可能性がある

対処方法

・あらゆる方向性をから考えて、よりよい進展のために決定していく

・将来のために、冷静に現実を受け止めて、事前準備を十分にする


7月は現状維持、微増でよしとして、次にタネを蒔くための準備の時、反省するところは反省して精神的な深化を図ってほしいと思います。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »