2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 検証!宮里藍選手のモチベーション(引退会見から) | トップページ | 人儲けワーキングセミナー »

2017年6月11日 (日)

「魔」は存在する

このブログでも、タイムコードについては、何回か書いているのですが、事例を挙げながら検証していくと「やっぱりタイムコードは侮れない」というのが、私の率直な感想です。


タイムコードにも色々あって、その方のタイムコードがいい時は

・自分が気持ちよく過ごせる時

・打つ手がことごとく決まる時

・いい意味で思わぬハプニングに遭遇したりする事もある時

以上が挙げられますが、タイムコードが悪い時は、上記の出来事とは反対の事が起こり得ます。最悪は、病気になったり、自殺してしまうことすらあります。

更にいえば、素質タイプによってタイムコードの影響を受けやすいタイプもあれば、タイムコードの影響を受けにくいタイプもあります。これについては、もっと検証が必要なので、確証までに至ったら、このブログで事例を交えて書こうと思います。


ところで皆さん、こんな事を耳にした事ありませんか?


「魔が差す」「魔が差した」 

いわゆる「魔」という言葉です。私は、クライアントさんだったり、士業者、自営業の方、スポーツ選手、監督等のタイムコードをよく検証しますが、世間で言われる「魔」というのは、確かに存在しているように感じます。そこで「魔」について、事例を挙げてタイムコードの視点から検証していこうと思います。

☆注意書き

「魔」については、皆さんの中で様々な解釈があると思いますし、私もここで書いた事が「魔」の全てとは思っていません。素質論で言うタイムコードから追っていけば、考えられる事はたくさんあります。あくまでも1つの考え方、視点として捉えて下さい。


事例① 読売ジャイアンツ球団記録更新の13連敗

久米宏さんが「ニュースステーション」のキャスターだったころ、スポーツコーナーの時に「巨人負けてよかった~!」なんて言ってましたけど、そんな事も言えないくらいの深刻な事態になってしまいました。高橋監督のCANCODEは下記の通りです。

高橋由伸:125-125-125-1256-G-a-g-9-0-1(2017年6月11日)

今年の高橋監督は9(サミングアップ)の年です。連敗期間中の采配は、代打で力のある選手を出さなかったり、投手交代でも「?」マークがつくような起用だったり、菅野で勝てなかったり、チームも凡ヘッドが多く、高橋監督が迷いながら采配をしているように感じました。


事例② 2015年清水エスパルスがJ2降格

エスパルスサポーターにしてみたら「大事件」レベルの出来事です。よく暴動が起こらなかったと思います。あの時の監督が大榎監督です。大榎監督も当時のタイムコードを見ると9の年だったんですね。2016年は2(トライアル)の年でした。

大榎克己:001-125-555-0014-I-c-i-1-2-3(2017年6月11日)

これは、当時のフロントと選手の確執が激しく、降格の責任は大榎監督だけの責任ではありません。世代交代も進まず、チームとしてのビジョンがないまま補強や試合を積み重ねた結果が「降格」という悲劇でした。

そのようなチームを率いても、悪い意味で采配や選手起用に迷いは出てきます。試合を見ても攻め切るのか、守るのか、意志統一もされていないように感じました。結局、大榎監督はセカンドステージの4節で解任になってしまいましたけど、大榎監督にしてみれば「魔」以外に何もないです。


会社やチームを代表する方でないにしても、例えば営業職の方は、思うように成績が上げられなかったり、スポーツ選手ではケガに苦しんだりします。


・サミングアップの年の傾向と対策、今年の対象者は?

まず、サミングアップの年で一番恐いのは

「一旦崩れたりすると、歯止めが効かなくなったり、沈んでしまえば、浮上のきっかけがつかみづらくなってしまう事です」さらに言えば、突発的なアクシデントも起こりやすい時なので、場合によっては、落ち込みに拍車がかかることもあります。燃え尽き症候群にもなりやすい時です。

私が、9(サミングアップ)の年や月が「魔」と考えた理由は上記の事が起こりやすいからです。


対策としては、

①物事を堅実に進める事

②現状維持を目標とすること。時には、現状維持すら厳しい時もありますので、去年の7割~8割をベースラインで定める。

③理想を追わない、現状維持がしあわせと思って過ごす

④リフレッシュが大事


今年がサミングアップの年の対象者は、素質コアが0126、0256、9196、1256、0016、5556、コアの番号が6番の人です。「魔」が差しやすいタイミングなので注意をしてください。

« 検証!宮里藍選手のモチベーション(引退会見から) | トップページ | 人儲けワーキングセミナー »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/70828817

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔」は存在する:

« 検証!宮里藍選手のモチベーション(引退会見から) | トップページ | 人儲けワーキングセミナー »