2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

検証!世界最高GK ノイアーが失点シーンで腕を引っ込めた理由とは?

以前、エスパルスに関するブログの中に、あいちゃんのための企画で素質論でゴールキーパー特集をします、みたいな事を書いていたと思います。確か、下記のタイトルの中に宣言?していますね。

過去の記事 → 検証!Jリーグ開幕直前 清水エスパルスはJ1残留できるか?


密かに、ゴールキーパー特集の企画を進めていまして、GW中にドーンとこのブログで発表しようと思ってたんです・・・ 

そして、世界各国の優秀なGKを検証していたところ、あまりにも、マヌエル・ノイアーがすごくて!・・・

先に、ノイアーだけ書こうと思っちゃいました。検証のシーンは下記の通りです。その前にノイアーのCANCODEを載せておきますね。このワンプレーにノイアーの凄さと素質を感じました。

マヌエル・ノイアー:888-001-000-8888


UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ第2節 バイエルン・ミュンヘンVS A・マドリードと対戦して、結果は0-1でバイエルン・ミュンヘンが負けました。試合後、バイエルン・ミュンヘンのGKノイアーが「スカイ」の取材に応えたコメントを検証していきます。ただ、この試合のゴールシーンですが、入るか入らないくらいの差でしたけど。

「腕を引っ込めた?もちろんボールを通すためではなく、ゴールポストから跳ね返った場合に備えるためだよ。シュートに届かないのは分かったので、より早く立ち上がれるために、手を地面につけたのさ。そうしたらグリエズマン(相手チームの選手)がセカンドボールを狙っていた場合、決定的になり得た0.1秒早く反応できたかもしれないからね」

「ポストに当たるのかは予想できないが、自分がボールに手が届くか届かないかは分かる。ゴールの位置も把握しているし、非常に厳しい事は覚悟していた。ボールが跳ね返る可能性も想定していた。なので、早く立ち上がるために手を地面につけた。腕を伸ばしたら、その後の状況に対応できなくなってしまうからね」


こんなコメントをしているんですね。このコメントを聞いた時、ある事を思い出しました。


素質タイプ000は「物事が立体的に見えている時がある」


GKとFWの違いはあれど、ゴン中山さんや岡崎さんも似たようなシーンがあります。ちなみに、お2人のCANCODEですが

中山雅史:000-555-012-0007

岡崎慎司:000-108-000-0007


ゴンさんや岡崎さんも「えっ!?その高さなのにダイビングヘッドしちゃうの?」「なぜか、いいところにポジションを取っていて、ゴールを決めてしまう」とか、特に、サッカーファンの方、サッカーの試合をよく見る方は、何度もこのようなシーンを目の当たりにしているはずです。これもフィールド上にいる自分の位置とボールとの空間的な位置、密集地帯であってもボールがこの角度であそこから入ってくるというのを3Dのように把握していなければ、あのような動きは出来ないと思っていたからです。

更に、素質タイプで共通しているのは、3人とも素質タイプ000を持っていますよね。


以上の事を踏まえて、ノイアーのコメントに戻りましょう。

ノイアーもゴールの位置と打たれたシュートが手に届くか届かないかはわかっているんです。これは練習で感覚を磨くことができると思います。

私が、ノイアーの素質を感じたのは、その後に続く「早く立ち上がるために手を地面につけた。腕を伸ばしたらその後の状況に対応できなくなってしまう」ここなのです!

ノイアーは、ファーストエレメントとサードエレメントがベクトルAです。ベクトルAを持っている方は、物事を先へ先へと考える特徴があります。更に、サードエレメント000を持っています。サード000を持っている方は、何事も合理的に考える、瞬時に判断できる手際の良さがあります。追い込まれた時でも瞬時に解決できる、どのような状況でも素早く的確な判断ができるのも特徴的なところです。


ノイアーの心中を慮れば、腕を伸ばしてボールを弾き出しても、相手に詰められて失点するなら・・・ 次のプレーに備えよう。とっさの合理的な判断が


私は、素質論からみた「腕をひっこめた」の真相だと考えています。

素質タイプ000を持っている人は、時々ではありますが、物事が立体的に見えている。この答えもYESです。


ちなみに、ノイアーのCANCODEは、サッカーならGK、FWが一番合っていると思います。GKってあまり制約がなさそうじゃないですか。ファーストエレメントにある素質タイプ888は、自分がやりたいようにやらせてもらえるとモチベーションが上がりやすいです。飛び出すスタイルもリベロのように動き回るのも888の「一杯動き回る」ところからきているかもしれません。セカンドエレメントの素質タイプ001は、マイペースを許される環境やポジションですと、力を発揮しやすいです。サッカーでGKはオンリーワンの存在ですよね。「オンリーワン」これは素質タイプ001の人は、モチベーションが上がるポイントです。サード000は、先の説明の通りです。


後日のゴールキーパー特集も楽しみにして下さい。驚愕の事実がありましたけどね。今日はこの辺で

参考記事: www.goal.com

2017年4月23日 (日)

ビジネスマン気楽勉強会

先日、久しぶりのビジネスマン気楽勉強会に参加してきました。実を言うと、このビジネスマン気楽勉強会は、mixiのころから、その時の自分に合いそうなテーマの時や私の知人、友人がセミナーする時も参加していました。今回は、2年ぶりの参加です。このビジネス勉強会自体は、東京、名古屋、静岡で15年以上の開催実績があります。


この勉強会のいいところは、何と言っても人数が少ない事!人数が少ないと

・セミナー内容も通常より細かく伝えてくれて、奥深いところまで納得できる

・質疑応答は、その方の営業や実践に特化して、実践に即したことをお伝えしてくれる

・参加者同士の個人とのつながりを持ちやすい

・タイトル通り気楽に勉強ができ、色々な知識、知恵が得られる(笑)

上記のようなメリットがあります。


今回の講師は、このビジネスマン気楽勉強会自体の主催者でもある鈴置貞治さんです。

鈴置さんは、経営創研株式会社の取締役でもあり、ジャガービジネスコンサルティング代表でもある方です。この度、鈴置さん自身の出版記念講演を兼ねながらの勉強会でした。


私は、この手の営業セミナーは行きません。以前もこのブログで営業セミナーに行かない理由を語ってました。それは、今となってもこの手のセミナーに積極的に参加しようとは思いません。しかし、それでも参加しようと思ったのは主に3つです。

・目移りしてしまうくらい、色々な素晴らしい営業セミナーがありますが、今の自分の立ち位置なら鈴置さんの話が一番ヒットするだろうと思った

・接客販売ってどんな販売なのかを知りたかったし、私自身が、いつもこれをするわけではないけども、私以外の誰かに、この知識がきっと役に立てるだろうという確信があった

・素質論の中でも活かせる事がきっとあるはず!と思った


セミナー内容についての全部をここでは書きません。私が、感銘を受けたのは、販売は自己発揮が必要という事と、論理的な話し方と情緒的な話し方について学んだ事です。情緒的に話すのは、あまり得意ではありませんので、これから取り入れて、より多くの方に素質論を知ってもらえるようにしていきたいと思います。また、鈴置さんの著書がありますので、最後に著書の紹介をしますね。ここで書いているブログは、素質論に関することなので、このセミナーを聞いて、素質ベクトルや素質タイプ別に、活用できそうなクロージング事例を3つだけ紹介します。


①希少性(主にベクトルEタイプ、素質タイプ025、素質タイプ789の人に有効)

文言として該当するのは、「数量」「制限」「時間」「季節」「限定品」以上の5つです。特に、ベクトルEタイプのみしかない方は、コストとの兼ね合いもあるでしょうが、これらの言葉が並ぶと、気持ちが動いてしまいますよね(笑)

②ステータスの活用(主にベクトルAタイプ)

トークとしては、女優の○○さんも使っている、この○○は、イギリス王族が使っていたもの・・・ こんな感じです。これは、ハロー効果もありますが、その先にある思いは「間違いない」「私もこれを身に着けて○○さんのようになりたい」という思いを抱くから、ベクトルAタイプに有効なんですね。

③コスト分割(主にリスクマネジメントをしてから、物事を判断するタイプ)

まず、素質論ではリスクマネジメントしてから、物事を判断するタイプをケアタイプと言っています。(素質タイプ100、555、789、125、024、025)
コスト分割は、支払いが大きい場合に限ります。大きな金額であれば、購入すること自体に大きな心理的負担がかかり、躊躇してしまう事もあります。そのような時に、月々払い等の分割払いにしたりして、リスクを分散させることによって、意思決定をしやすくする方法です。


この他のクロージング事例としては、ザイオン効果(主にベクトルH)やフレーミング効果、未来志向があります。クロージングは、急がず、気持ちに余裕をもって、お客様をスムーズに導きましょう。


まずは「どんな商品でもしっかりアピール・演出することが必要」です。今でも、営業に必要な事はお客様を探す、定期的にフォローするという考え方に変わりはありません。ここで、得た事、著書の中にある事を実践のレベルまで積み重ねていこうと思います。


もし、ビジネスマン気楽勉強会に参加してみたい方は、FBページで「ビジネスマン気楽勉強会」で検索して下さい。


そして、今回講演してくれた鈴置さんの著書もあります!

「誰でもスゴ腕販売員になれる接客販売のコツがよ~くわかる本」 出版元:秀和システム
                                          定価:1500円+税



        営業にも活かせる素質論講座の申し込みはこちらからどうぞ 

                        ↓

                https://goo.gl/6A/pnp6

2017年4月18日 (火)

異業種交流会 ディア・ジャパン

今年も毎月1回以上は、必ずどこかの異業種交流会に参加する事をノルマとしています。

今回、参加したのはディア・ジャパンの異業種交流会でした。実は、この交流会は昨年9月に参加しようと思っていたのですが、仕事の打ち合わせが長引き、泣く泣く当日にキャンセルせざるを得ませんでした。


このディア・ジャパン異業種交流会は、東海4県で主に愛知県名古屋市を中心とした異業種交流会で、静岡県で開催したのは、まだ4回目です。4回(そのうち2回は浜松)ですから、静岡市の方でも知っている方は、少ないかもしれません。当日も静岡市で開催されているのに、浜松からお越しの方が参加者の半分くらいおりました。


ディア・ジャパン交流会はこんな流れで進行していきます。この日の司会・進行の方のハキハキとした進行で和やかな雰囲気でした。

①最初は着席方式で、お互いの対面の方からの名刺交換からスタート。

②名刺交換して、数分経ったら順番に席を移動。

③ ②の繰り返しで、余った時間で名刺交換していない人と名刺交換をしていく


このブログを見ている方で、EXEOというお見合いパーティーに参加した事ある方はいますか?もし、いらっしゃれば、EXEOの異業種交流会バージョンと認識していただければ、間違いないと思います。開催歴が少ない交流会にはメリットがあります。


開催歴が少ない異業種交流会はこんなメリットがありますよ!

・開催歴が少ないと、交流会にありがちな独特の色(株、投資等)がついていないので、誰でも気軽に名刺交換ができる

・様々な職種の方と出会いやすい

・人数が少ない時なら、1人に時間をかけることができ、濃密な話ができるので、後日お会いした時も覚えてもらえている(多少の努力は要りますが・・・)

・会費が安い

・ディア・ジャパンさんの場合は、1人1人と確実に名刺交換できる


ディア・ジャパンさんの交流会は、ネットワークビジネスしている方もOKです。中には「え~!?ネットワークビジネスの人いるの!?」と拒絶反応を示す方もいると思います。

ここから先は、ネットワークビジネスのお話しします。

ネットワークビジネスでは、その場ではあえて話さず、セミナーで聞かせるという手法を取る事があります。ここで、あなたの事を誘う相手が、セミナーに誘う目的を伝えずにセミナーに連れて行ったり、会社名や報酬プランを伝える前に勧誘する事は、特定商取引法で違法となっています。俗に、ブラインド勧誘と呼ばれてます。

特に、美容関係!お前らの事だぞ!ちゃんと守れよ!


また、騙して連れて行かなくても、相手が断っているのにおがみ倒して、強引にセミナーやABCなどに連れていくのは、消費者取引法の違反です。


ネットワークビジネスしている方、ちゃんと会社名と目的を話しましょう。相手に話すのはそこからですよ。会社名を堂々と言えないようならば、そのビジネスは怪しいという事になりますからね。


ネットワークビジネスの法律に関して、ほんの一部ではありますが、このような法律になっています。どうしてもなら、しっかり断りましょう。「交流会には興味あるけど、ネットワークビジネスの人達がいるとねえ・・・」という方もいますので、ここで防衛策だけお話ししておきますね。だから、皆さん安心して交流会に参加して下さいね。


交流会や出会いの場は、行ってみたいなと思った時が、タイミングです。


興味のある方、行ってみたいと思った方は、FBページで有限会社ディア・ジャパンで検索してみて下さい。


6月4日 静岡市で開催される素質論講座の申し込みは

                                          
 こちらからどうぞ →  https://goo.gl/6Apnp6

2017年4月17日 (月)

検証!個人未来予測 4月

先月からの新企画、個人未来予測です。


企画の趣旨は、ある特定の方に未来予測のモデルになってもらい、1年間のタイムコードを見て、毎月のタイムコードから、この方に予測される出来事、対処方法、考察、当人はどう考えているのか、私がどうアドバイスしたかをこのブログで紹介していく内容です。


新企画に乗っていただいたのは、大阪にお住いのSさんです。Sさんとは、素質論アドバイザー育成講座が、ご縁で今でも月に1,2回は連絡を取り合う仲です。

ちなみに、前回のブログでSさんの就職活動と書いてしまいましたが、正しくは、Sさんはフリーランスで仕事をバンバン取っている方です。就職活動と言ってしまうと、会社を探すというイメージが定着してしまいます。この点だけ訂正とSさんにお詫びを申し上げます。前置きはこのくらいにして、3月に起こった出来事を簡単に振り返りたいと思います。


①3月に起こった出来事(2-0-6)

Sさんが仕事を取ろうとしていたところは、ことごとく決まりませんでした。私も、あそこまで打つ手が外れるとは・・・ 前月のブログにも書きましたが、0-6という組み合わせは、事を起こしたり、決めようとしたり、始めたりするときはあまりいい時ではありません。更に言えば、SさんはUniverseが2なので、体力、気力が落ち気味になってました。


なかなか仕事が取れなくて、精神的にも重く、かつ、焦りを感じていたと思います。ご本人いわく、このままではマズい!と思って、方向転換をしようかと考えていたそうです。Sさん自身が、全ての事でタイミングが悪く重なっていると感じていました。


②4月に起こる出来事、起こった出来事(2-0-7)

今月は「皆さん」5日でMonthのエネルギーが変わっています。不思議なものですよね。エネルギーが変わったとたんに、Sさんの身の回りに起こる事も急展開しました。

4月6日:新たな事業所の面接を受け、即決(2-0-7-6)

4月10日:配属先への「いきなり」の出向辞令(2-0-7-0)

4月13日:配属先に初出勤(2-0-7-3)


即決で決まったのも、書類を見てくれた人が、事業所の次長、センター長、副責任者という組み合わせでした。それはSさんのキャリアなら、誰が見ても即決ですよ、って言いたくなりましたけど(笑) ただし、報酬の減額の話しがありました。

私は、4月になれば、物事がドドッと動く可能性があるとSさんに話していました。その辺りは読み通りでしたが、減額の話は・・・ 読めませんでしたね。Universeの2が効いているかもしれません。


それと配属先に「いきなり」っていうのもです。急展開すぎますよね。Sさんの仕事は主に教育関係ですが、もし、このブログを見ている学校等の教育関係者の方がいたら、教えて下さい。


◎学校間や委員会の打ち合わせや調整等がなく「いきなり」配属される事はあるのでしょうか?


③今月のバイオリズム、予測される出来事


・自分を取り巻く環境が、プラスに変動、改革が進む可能性が高く、周囲からの賞賛され信用を得られる可能性が高いと思います。

・環境が変化するので、新しい考えやワク組みが必要になるかもしれません。また、環境が変わるからこそ、どんな事にも対応できる役割分担、人材戦略が必要かもしれません。

・取引先や部下、同僚などの面倒で、出費が多くかさむ事も有り得ます。

・いい事も悪い事も早めに対処しましょう。


停滞気味な流れでしたが、今月、来月で、若干は安定してきますので、ここでしっかり体を休めて次の展開に備える事が、今後のカギを握るかもしれません。

2017年4月12日 (水)

検証!華原朋美の決心

華原朋美さんが出場した馬術国内大会「ジャパンオープン」で優勝した事が、今年1月の「炎の体育会TV」で放送されました。私は、残念ながら見逃してしまったのですが、テレビをご覧になった方もいると思います。


華原朋美さんといえば、90年代は小室ファミリーの一員で、しなやかで伸びのある高い歌声が特徴的でした。そんな歌手華原朋美さんが、なぜ馬術に挑戦しようとしたのか?私はそこに興味を持ち、素質論で検証してみたいと思いました。華原さんのCANCODEは下記の通りです。


華原朋美:000-100-000-0007


華原さんは、ファーストエレメント、セカンドエレメント、サードエレメント、全て素質ベクトルAタイプ、かつ、ファーストエレメント、サードエレメントに素質タイプ000を持っています。テレビで見ると、自由な感性と何となくのフワフワ感があり、どこかつかみどころのない印象があるのは、束縛やワクにはめられるのを嫌う素質タイプ000の影響が出ていると私は感じています。


華原さんは、高校在学時に馬術部に所属しており、国体にも出場して4位という成績を残した実力者でした。とはいえ、国体出場から20数年ブランクがあり、練習を再開して1年足らずで優勝するのは、まぐれではあり得ません。やらせではないか?という疑惑の声もありましたが、断じてありません。素人が馬に乗って、華麗な飛越ができるか?できません!素人が乗ったら、馬はブロック塀2枚分の高さも飛んでくれませんから。

もう1度、馬術という競技に挑戦するという決心をされたことが、本人とっての重大な決心だったかもしれません。


私は、ここに華原さんのセカンドエレメント100とサードエレメント000が強く表れていると思いました。まず、セカンドエレメント100を感じた部分は、「やる」と決めた事は、完璧にやりとおすこと、些細な面も気にして完璧にしていきたい精神性が強くなります。小室さんが提供した曲とはいえ、私はこのような精神性があったからこそ、ミリオンセラーを取れたのだと思います。


また、サードエレメント000は、今までしてきた事、取り組んできた事であっても、「これをやろう」「あれをやってみたい」と思ったことは、スパッと切り替えて、全く新しい発想で物事に着手できるのが特徴です。


華原さんの曲には、I believeとI'mproud、ミリオンセラーになった曲が2つあります。Save Your Dreamはシングルで初のオリコン首位を獲得した曲でもあります。


I believeの曲の中にGive Me a Chance♪ これからの未来へ向かう戦い♪やSave Your Dreamの始めの部分で、大空を高く飛べる~ イメージ♪ くじけたことがあった あの丘 もう一度こえることが必要♪ ・・・

ご自分で歌っている曲ですが、馬術に取り組んでいる今の華原さんのテーマソングにピッタリのような感じがします。


4月15日、4月16日の両日、掛川のつま恋で馬術の大会があります。興味を持った方は、現地で観戦してみてはいかがでしょうか。


6月4日、私の素質論講座の申し込みはこちらから


https://goo.gl/6Apnp6






2017年4月 9日 (日)

静岡で素質論講座をします!

素質論を本格的に勉強してみたいという方に朗報です!


静岡市で1年ぶりの集合学習形式での、基礎理論Ⅰを開講します。その間は個別で教えていましたが、今回は受講希望者に集まっていただき、皆さんで素質論を学ぶスタイルにしました。

日時:6月4日 13:00~17:00

場所:レイアップ御幸町ビル CSA貸会議室 6階 会議室6-A


私にとっても、集合学習形式は久しぶりです。何といっても集合学習のメリットは

①その場で素質ベクトル、素質タイプが理解できる事

②受講生の色々な価値観の違いをライブで理解できる事

③わからない事や疑問点が、すぐにその場で聞ける事(過去には、受講生同士で素質ベクトル、素質タイプの違いで、話し合い、お互いがお互いを理解し合った事もありました)

④お友達や、一緒に受けたい人も誘いやすい

勿論、この他にもたくさんメリットはありますよ。

基礎理論Ⅰでは、素質ベクトル3タイプ、素質タイプ12タイプ、9ケタの数字で構成されたCANCODEの読みこみ方を勉強します。私のブログで、著名人を検証する時に出てくる数字とアルファベットだけのあのコードです。


CANCODEが読めるようになったら、生年月日がわかれば、その方の価値観や性格がわかるようになります。ぜひ、人間関係やコミュニケーションで悩んでいるあなたに、お伝えしたい内容です。


素質論を勉強してみたい方は、この機会をお見逃しなく!

申込は、こちらからどうぞ → https://goo.gl/6Apnp6

2017年4月 6日 (木)

たまには、自分の事を

いつも人の事ばかりを書いていますので、たまには自分の事を書こうと思います。


例年、2月4日になると必ず「あけましておめでとうございます」というタイトルで、ブログを書きますが、2月4日は1年に1度のバイオリズムのエネルギーが大きく変わる日でもあります。実を言うと、2月4日を境に、例えば急に体の調子が良くなったり、悪くなったり、今まで全然声かけられなかったのが、急に声がかかったり、お誘いが増えたりしている人もいるかもしれません。それは、タイムコードの影響を大きく受けている可能性が高いです。


素質論では、バイオリズムのエネルギーを10分類で表現したものをタイムコードと呼んでいます。10種類のエネルギーが、10年毎、10ヶ月毎、10日毎というように、Year、Month、Dayの組み合わせで繰り返されます。


前置きは、このくらいにして・・・

私の今月のタイムコードは2-9で、ブログを書いている今日は2-9-8です。実は、2月4日を過ぎてから徐々に勢いに陰りが見えたり、体も疲れやすい日々が続いていました。3月末日までは、何とか踏ん張りましたが、今月に入ってやはり、2の影響を強く受けていると感じます。タイムコードの数字が2の時は、トライアルと呼ばれていて、何かと精神的に重くなったり、気力や体力も落ち、投げやりになりやすい時でもあります。


こういう事を書くと、引き寄せ系の人に怒られるんですよね(笑)そんな事を思ってるから、精神的に重くなるんですよ!って。言っておきますが、この流れは、しょうがないですよ。誰でもありますからね。大事な事は

「こういう時に何をするか、何を心得ておくか」

これが一番大事です。このような心の準備をレジネスと言います。さあ、話を戻しましょう!


今月に関しては、今まで頑張ってきた分の精神的な疲れが出やすい月です。世間的な事として、4月は体制が新しくなったり、生活様式が変わったり、新しい事に慣れなければいけなかったり、何かとストレスを生じやすい月でもあります。そのような事を組み合わせると、精神的なストレスが溜まりやすい状態です。今月気をつける事は主に2つです。


①仕事はムリをしない、ペースをゆっくりにして十分休息、休日を取る

②現状維持、良くて微増を目標とする。むしろ、表に出ていない部分の充実を図るようにしていく(将来への展望に立った計画も立てておく)

その他で考えられる事としては、予定外の出来事に対応させられてしまう事もあるだろうと推測しています。


今月は、攻めるより守りに入ろうと思ってます。自分の羽を広げるより、羽をしまって力をつけ、時を待とうと思います。朝活や交流会に全く出ないわけではありません。私とお会いしたら声をかけて下さい。元気でやってますから!ブログも週一で更新しますので、ご愛読下さい。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »