2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« タイムコード検証② | トップページ | 水曜NIGHT 炎のギター »

2017年3月23日 (木)

検証!ハリルジャパンはW杯アジア最終予選を突破できるか?

WBCは、アメリカ悲願の優勝で幕を閉じました。

気持ちを切り替えて、今度はサッカー日本代表(侍ブルー)を応援しましょう!今年は、日本代表にとっては、W杯が懸っている勝負の年でもあります。


ここまで日本は、3勝1敗1分けで勝ち点10、グループB2位につけています。しかし、1位から4位まではほぼ団子状態で、一戦の結果次第で大きく順位が入れ替わる可能性があります。


実は、ハリルホジッチ監督のタイムコードを読み込んでいくと、最終予選で結果を出しながらも重要なミッションがあると思いました。もしかしたら、カンの鋭いサポーターなら感づいていたかもしれません。


そのミッションは「世代交代」です。

ここで、ハリルホジッチ監督のCANCODEを確認してみましょう。

ハリルホジッチ:100-024-025-1008-B-e-d-7-3-9(タイムコード表記は、左からYear、Month、Dayとしています。7-3-9は2017年3月23日現在です)


タイムコードの数字が7の時は、エクスパッションと呼ばれる時で、自分自身が周りの環境を大きく転換して、器を広げたくなる時です。今までの日本代表は本田選手、香川選手、岡崎選手、長友選手、そしてキャプテンの長谷部選手、この5人がメインで日本代表を引っ張てきました。しかし、今シーズンはレギュラーで試合に出ているのは、この中では長谷部選手だけです。最近、岡崎選手も試合に出るようにはなりましたが・・・ 本田選手、香川選手、長友選手はリザーブに回る事が多いですよね。長谷部選手は、直前の試合でケガの影響で、離脱してしまいました。

その代わりに、大迫選手、原口選手が台頭してきました。このような新しい戦力を融合させながら、ゆるやかに新旧交代を図っていく、サッカー日本代表にとって、今年は「転換」「変動」の年でもあります。

今まで考えていたベストメンバーが組めない中で、最終予選を戦わなければならないかもしれません。そういう時だからこそ、新戦力が台頭してきたり、チームを変革することも必要になってきます。


それでは、最終予選が行われる月とハリルホジッチ監督のタイムコードを載せて検証していきます。


①2017年3月 UAE戦(7-3-9)  タイ戦(7-3-6)

世代交代は将来的に必要な事ですが、3月の2試合で急にというわけではありません。無理に世代交代を進めるのではなく、次に備えて現状を大事に育てていくのが基本路線です。

特にUAE戦は、久しぶりの代表の試合が、最終予選で、かつ、AWAYで環境が大きく変わる中での一戦ですから、物事が順調にいかない可能性も十分あります。常に客観的に事実を把握して、周囲の状況を冷静に判断していくのが望ましい時です。


タイ戦は、ホームで試合ができますし、もし、UAE戦で勝ち点を取りこぼすような事があったとしても、私は、取り返す事は十分可能だと思います。ただし、相手も国の代表ですから、決死の覚悟で試合に臨んできます。油断は大敵です。B組各国の結果次第では、予選突破の確率が高くなったり、または新戦力にメドがつく事も有り得そうです。


②2017年6月 イラク戦(7-8-1)

AWAYで中東ですから、実力差があっても何が起こるかわかりません。勝ちにいくことは大事ですが、リスクマネジメントを基本とした堅実路線、現状維持で精一杯ではないでしょうか。収穫にしたい事もあるかもしれませんが、労多くして益少なしも有り得ると思います。

勝ち点3を取りにいくも、勝ち点1にとどまってしまったり、勝ち点3を取ったはいいが、重要な選手のイエロー累積で次節に出場停止、けがによる突発的なアクシデント、試合内容次第では、レッドカードの退場で10人での戦いを余儀なくされるかもしれません。こういうときこそベテランの力が必要な時でもあります。


③2017年8月、9月 オーストラリア戦(7-0-2)  サウジアラビア戦(7-0-5)


7-0は、長期にわたる努力が実を結びやすい月です。ここで、決着をつけるつもりで2試合を戦いぬいてほしいです。この予選を戦い、結果を出した新戦力が、今後の日本代表のレギュラーに定着する可能性も考えられます。

オーストラリア戦は、ホームですし、当然勝ち点3を狙いにいくと思います。ただ、この日だけは予想外の事が起こりやすいです。後半のアディッショナルタイムに勝ち点を取りこぼす方なのか、3-0の日本圧勝の方なのか、取りこぼしだけは避けてほしいです。


サウジアラビア戦は、ある意味で大一番になるかもしれません。予選1,2位決めか、予選突破かプレーオフか、それとも1位~3位までの三つ巴で、結果次第になるのか、こればかりは全くわかりません。ただし、大陸間のプレーオフに回ってしまうと、ハリルホジッチ監督のバイオリズムが一気に下がります。選手のモチベーションにも影響を与えますから、絶対に9月で予選突破を決めて下さい。


UAE戦に勝って、早くこちらが主導権を握れるかどうかがポイントになりそうです。

« タイムコード検証② | トップページ | 水曜NIGHT 炎のギター »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/70023838

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!ハリルジャパンはW杯アジア最終予選を突破できるか?:

« タイムコード検証② | トップページ | 水曜NIGHT 炎のギター »