2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あけましておめでとうございます | トップページ | バレンタインデー事件簿 »

2017年2月 7日 (火)

検証!自分でチラシを作ってみます

自分で・・・なんて言いながら、ちゃかりデザイナーに頼みました。何てたって私は美的、芸術的センスはゼロです。小・中学校の美術の成績は1,2しかありません。そんな私にデザインを考えてチラシを作れというのは、ムリゲーに近いです。


今回、チラシ制作を頼んだ方は、サラコーデ代表 小林千春さんです。参加した方もいると思いますが、去年、藤枝朝食会主催でチラシ勉強会をしました。そこで講師を担当した方でもあります。また、このブログでもチラシ勉強会というタイトルで書かせてもらいました。


私自身は、過去に恋ナビ婚活パーティーの時に、素晴らしいチラシを作っていただいた経験から、素質論講座を開催する時のチラシも小林さんに頼もうと決めてました。ついに、その時がきたのです。


チラシ制作にあたって、小林さんに見せたデータがあります。それは、恋ナビ婚活パーティーに参加した全員のCANCODEから、ファーストエレメント、セカンドエレメント、サードエレメントと3つのエレメントに、素質ベクトル3タイプがどのように分布しているか等を見せました。打ち合わせでは、ブルー、グリーン、ピンクと表現しましたけどね。


あのような形で出したのは、多分私が初めてだと思いますので、とても興味深く見てたのが印象的でした。私も改めて客観的に物事を把握する事ができました。


データを見ていて、ある部分が弱い事に気づきました。今回のチラシは、それを補うためにある事をするようにします。それは、普段からセミナーをしている人にとっては、当たり前の事かもしれません。その「当たり前」が、なぜ必要なのか?その「当たり前」がどんな人たちに効果をもたらすか?この事を自らがチラシを作って素質論で検証してみようと思います。見る人にとっては、えっ!どこを変えたの?と思われるかもしれませんけどね。


私の中で、ある仮説があります。その仮説は・・・講座が終わってからこのブログで書こうと思います。皆さんの言う「当たり前」を検証して、自分が考えた仮説が正しければ、それは確証になります。また、デザイナーである小林さんにとっても、今後コンテンツを生み出したり、配信していくうえで非常に有益な情報になります。逆に、仮説が成り立たなかったとしても、相関性がなかったです、チャンチャンと。それで終わりですから。


どんなチラシが出来あがるのか、今から楽しみになってきました。

« あけましておめでとうございます | トップページ | バレンタインデー事件簿 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/69519947

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!自分でチラシを作ってみます:

« あけましておめでとうございます | トップページ | バレンタインデー事件簿 »