2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 素質論インストラクターのフォローアップに行ってきます | トップページ | 緊急検証!衝撃、成宮寛貴さん、芸能界電撃引退 »

2016年12月 8日 (木)

検証!青山学院大学陸上競技部、原晋監督

駅伝、マラソンシーズンの到来です。国際大会、地方大会、若年層から青年層、年齢を問わず、週末になれば、必ずと言っていいほど日本の各地でマラソン大会がありますね。

私の地元静岡でも先週は市町村対抗駅伝、今週末は袋井クラウンメロンマラソンが開催します。

学生陸上界では、学生駅伝三冠と箱根駅伝三連覇も懸かっている青山学院大学が注目されてます。その青山学院大学陸上競技部を率いているのが原晋監督です。ちなみに、原晋監督は、今年の7月の3連休の祝日に静岡市で講演をされていました。私は、残念ながら仕事で講演を聞けませんでしたが、スポーツ好きの知人からは、箱根駅伝の裏話も非常に興味深く面白い内容だったと好評でした。今回は、原晋監督を検証します


原晋:789-000-789-7898-F-c-g-8-2-3(12月8日)


原監督のCANCODEから第一印象を推測すると、柔和な雰囲気や温厚な姿、怒る事があまりない、私はそんな姿をイメージしていますが、心の中は非常に厳しい一面を持っているというのが第一の感想です。原監督は、青山学院に来る前は、某電力会社の新会社の営業マンで、陸上の指導経験は皆無でした。


・なぜ、青山学院大学が箱根駅伝優勝まで選手たちを導けたのでしょうか?

結論からお話ししますと、ビジネスで成功したノウハウを陸上に持ち込んだからです。実は、原監督は営業マンの時に、新事業の立ち上げに関わり、その事業は中国地方のグループ会社内で単独トップの営業利益を上げる会社になっていました。そこで実績、経験を積み重ねていくことによって、相当の自信を得ていたと思います。


ファーストエレメントに789を持っている人は、このように1つの大きな自信や経験が、ある時を境に、その後の人生までガラッと変えてしまうほどの出来事になっている事もあるそうです。さらに、ファーストエレメントに789を持っている人は、態度は控えめなのですが、実績や経験を積み重ねてきたという存在感を出すために、例えば、その分野の事を話す時は、語気が強かったり、普段話す時より流暢だったり、クールだったり、強烈な自負を感じさせる時もあります。


原監督の選考基準は、まず「人間性であって強さ」です。タイムが若干遅くても出場した大会で「優勝」や2位、3位と常に上位に入る選手に魅力を感じるそうです。この視点は、素質タイプ789の「存在感」ですよね。大会におけるその選手の存在感、どんな展開でも上位に食い込む存在感、あと粘り強さがある選手をスカウトしています。


そして、もう1つの選考基準が能力を開花させる人材は「オーラ」を放っている、よく言えば「光って見える」という事です。この視点もセカンドエレメント000、素質タイプ000は素質ベクトルAに属しています。


セカンドエレメントにベクトルAを持っている人は、人前では、いつも光り輝いている自分と思われたい傾向性が強くなります。そのような傾向性を持っている方の視点が現れていますよね。選手選考は、まさに原監督の素質の傾向性が強く出ている基準だと思いました。


・青山学院大学を強くした原監督のマネジメント

原監督のマネジメントにも素質が現れています。このマネジメントの仕方こそがベースポテンシャルF、それに続くポテンシャルcとgです。


ベースポテンシャルFは、「自分のことは自分で」という精神性や細かい数字を入れないと気が済まない精神性が強くなります。原監督の方針で、練習のメニューはマネージャーに考えさせたり、目標設定も数値を入れて選手に考えてもらっているんですね。


そして、ベースポテンシャルFを踏まえ、組織として強くしているのが、ポテンシャルのcとgです。ポテンシャルcは表現力を示し、ポテンシャルgは、目的を持った組織を作り上げたり、持続力のある組織を作り上げる能力を持っています。選手やマネージャーとのコミュニケーションを大事にして、強い組織を作ることができるのも原監督の素質からも裏付けが取れます。


・タイムコードだけ気になります

駅伝ファンの方は、学生三冠も箱根駅伝三連覇も期待したいですよね。私も期待しています。しかし、レース当日の原監督のタイムコードがあまりよくないです。何かを派手にやろうとして、しくじってしまう・・・そんな感じです。ただ、青山学院大学は力がある選手がそろっています。選手の力でカバーしてくれるかもしれません。選手に真の実力があった時に、三冠と三連覇があると思ってます。



素質論を勉強した人も、ぜひこの本を読んでみて下さい。原監督の素質の検証もできますし、チームビルディングの勉強にもなります。

参考文献:フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

« 素質論インストラクターのフォローアップに行ってきます | トップページ | 緊急検証!衝撃、成宮寛貴さん、芸能界電撃引退 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/68752690

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!青山学院大学陸上競技部、原晋監督:

« 素質論インストラクターのフォローアップに行ってきます | トップページ | 緊急検証!衝撃、成宮寛貴さん、芸能界電撃引退 »