2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月20日 (日)

エスパルスJ1昇格おめでとう!

やった~!怒涛の9連勝で清水エスパルスJ1昇格です。まずは、選手の皆さん、小林監督、それを支えてきたチームスタッフ、エスパルス大好きサポーターの皆さん、本当におめでとうございます。上がれてよかった!ありがとう!エスパルスには感謝しかありません。

今日は思いのまんま書きます。乱文すいません。


このブログでも開幕前と7月の決起集会の後と2回に分けて素質論で小林監督とエスパルスを検証(とは言っても未来予測)させてもらいました。


過去の記事はこちら

週刊!素質論2016年2月号 検証!エスパルスは1年でJ1昇格できるかどうか①


週刊!素質論2016年7月号 検証!エスパルスは1年でJ1昇格できるかどうか②



応援してくれているサポーターの皆様は真剣ですから、私も真剣に検証しました。適当に見えたかもしれませんが、結構真剣でした。何せ、サポーターの方々から1年で昇格するという熱意を感じてましたから。

紆余曲折はあるだろうと思っていましたし、調子落ちする月でも、何が悪いのかをしっかり予測して伝えれば、仮にそうなってしまった時も心の準備ができます。心の準備さえ出来ていれば、浮足立つことがなくなりますし、冷静に対処もできます。知ることによって危機を回避できる可能性が高くなるのです。

それでも、伝える側からすれば、タイムコードの悪い時に「悪い」と言うのは辛いです。素質論でタイムコード検証すると、

「あ~やっぱりそういう展開になった」って思ったり、感じたりした事が過去にたくさんありました。私は、素質論に携わってもうすぐ10年になりますが、タイムコードに関してはある種の怖さを肌で感じてます。7月は6試合ありました。でも、4試合終わった段階で、勝ち点は5点しか上積みできなかった時は、泣きそうになりましたね。だけど、調子落ちする月に、どれだけしぶとく勝ち点を積み重ねられるかが終盤に生きてくるから、食い下がる事が大事と書きました。

エスパルスも10月、11月は絶好調と書けたのも、それなりの確証があったから、絶好調と書けました。エスパルスだけの話しではありません。今回も札幌だって、10月半ばから調子がおかしくなったり、山雅も11月に入ったら危ないかな~なんて思ったら、案の定でしたからね。


エスパルス昇格のターニングポイントは、私は7月だったと思ってます。7月は結果だけを見れば、3勝2分け1敗でした。しかし、試合内容と併せれば1勝3分け2敗が妥当な結果だと思います。中でも、ジェフ戦の後半ATに2点取っての逆転勝ち、負けてしまう流れで、この勝ちが大きかったと思います。


自営業の方、士業者、小規模ながらでも会社を経営されている方、会社ならば、プロジェクトリーダーのような立場の方のタイムコードを知る事は大事な事なのです。もちろん、自分自身だって「いつ、どんな周期に入り、何をすべきか」を知るのも大事ですよ。


サポーターの皆さん、苦しい時に何をするべきか?何を優先したらいいのか?今シーズンのエスパルスの選手の戦いぶりから学びましたよね?皆さん、それぞれに意見や価値観があると思いますから、十人十色だと思いますし、思う事はたくさんあると思います。その中でも私は、改めて2つの事を学びました。


①苦しい時こそ、敢えて目標を絞り、一点突破に集中する

②苦しい時こそ、仲間を大事にする、または仲間を見つける


気の早いサポーターは来年のエスパルスはどうか?なんて言ってくるかもしれません。

すぐにブログに書くのは野暮というもの。もう、しばらくこの余韻に浸りたい。

2016年11月17日 (木)

検証!トランプ次期大統領 ロシア接近

ほんの一週間前までは、アメリカ大統領選挙もヒラリー・クリントンが勝つだろうと思った方が多いと思います。しかし、蓋を開けてみればトランプ氏の勝利で幕を閉じました。

まずはお詫びです。


週刊!素質論の期間限定企画で「トランプは、なぜ選挙に勝ったのか?」「ヒラリーはなぜ、負けたのか」というネタをいただいた方、申し訳ございません。


素質論で色々な角度から検証しましたが、これについては、アメリカ国民の気質、州における民族性の違い、アメリカを取り巻く経済環境、社会など、あまりにも後天的な要素が大きすぎ、お二方の生まれ持った性格や特徴だけでは、言い表せない事がたくさんありすぎます。今回は申しわけありませんが、いただいたネタはお蔵入りとします。


本題に入りますが、最近になって、トランプ次期大統領とロシアのプーチン大統領が電話協議をして「関係改善」というニュースが流れました。このニュースを見てトランプとプーチンの素質に興味が湧き、さっそく調べたところ、この2人が急接近したのも理解できました。2人のCANCODEは下記の通りです。

ドナルド・トランプ:012-100-108-0126

ウラジミール・プーチン:025-024-012-0256


この2人は、ファーストエレメント、セカンドエレメント、サードエレメントの素質ベクトルが全く同じなのです。また、トランプはファーストエレメントに素質タイプ012を持っており、プーチンはサードエレメントに素質タイプ012を持っています。素質タイプ012は、心理学でいう○○の法則(会えば会うほど親密性が上がる、会えば会うほど仲良くなる)が、一番顕著に表れやすい素質タイプでもあります。初会談にもかかわらず、感覚的に馬が合うと思ったかもしれません(笑)

さらに、プーチンはファーストエレメントに素質タイプ025を持っています。素質タイプ025も素質タイプ012と同様に話し合いを重視する傾向があります。一部の報道では、電話会談の中で、直接会って話す事も決めたという報道も流れていますが、2人のCANCODEから考えたら、直接会談も十分あり得ます。


CANCODE以外の要素として、忘れてはならないのが、クリミア問題でアメリカは、ロシアに経済制裁を与えています。その関係を打破したいトランプが次期大統領に当選した事は、ロシアにとって追い風なのです。


選挙中は、過激な発言で物議を醸すことがありましたが、トランプのCANCODEから考えると、トランプはどの国とも仲良くしたいと思っているのではないでしょうか?


トランプのCANCODEを見ると、ファーストエレメント素質タイプ012は、話し合いを重視して、スマートにリーダーシップを取りたい、公平に考えたい精神性を持ち、そしてサードエレメント108も誰からも可愛がられたい、周囲にいい顔したい精神性を持っています。端的に言いますと極端な実力行使は好きではないと、私はそう考えております。



米露が上手く手を取り合うことができれば、紛争は少なくなると思います。一国の元首であっても同じ人間です。生まれた国や受けてきた教育が違っても、首脳同士がしっかり話し合い、平和な世界を築いていく事は、大国の責務でもあります。


日本の場合は、北方領土の問題や日米安保の範囲がどのように変わるのか、難問が続きますが、新たな手立てを考えるきっかけになると思います。

2016年11月11日 (金)

ウイルス人間

寒くなってきました。

この時期になると、多くの方がインフルエンザの予防接種を受けると思います。ワクチンを打ち、免疫体を作ることによってインフルエンザウイルスから守るわけです。ちなみに、私は予防接種はしません。手洗いとうがいのみです。


人間関係にもインフルエンザとまでは言いませんが、中にはウイルスのような人間もいます。では、どんな人間かと言えば、例えば仏教でいう「貪」「瞋」「癡」この3つを三毒と言ってますが、その三毒が多い人です。(人間は、誰しもが三毒は持っています。健全な人は、三毒が少ない人です)

「貪」 欲張りな人

「瞋」 自己中心的な人

「癡」 実体のないものを真実のように思い込む人

このほかに挙げるとするならば

・人の人脈を平気で奪う人

・あなたにいつもピンチを持ってくる人

・暗い人

・教わるばかりで与えない人

う~ん、まだほかにもありそうな気がしますが、皆さんの中で色々な価値観、経験側もあると思いますし、ここで挙げた事以外にも出てくると思います。


私は、このような人達を一括りに「ウイルス人間」と呼んでいます。不用意に接すると、こちらがウイルスに感染してしまいます。なぜか、わかりませんがウイルスに感染されるとピンチにさらされる事が多くなるのです。

さらにあなたがウイルスに感染してしまうと、あなたの周りにいる人達にもウイルスが感染していきます。

もしかして、私感染してるかも・・・と思った方、まずすることは、自分にウイルスを持ってくる人間との関係を責任を持って断ち切り、自分から親しい人間にウイルス感染させないことにも責任を持ちましょう。


ウイルス人間と付き合ってもいいのは、あなたがワクチンを持っている場合だけです。素質論でアドバイスする時も、対象者がウイルス人間ではアドバイスが役に立たない事もあります。むしろ、そのような人と付き合うなら、関係性を断ち切った方がいい場合もあります。どうしても付き合わなければならない場合は、自分の人脈や立場が被害を受けないように付き合いをすることは可能です。


素質論でその人がウイルス人間かどうかまで判断はできません。私も生年月日だけで人を視るのではなく、会った時の印象や話した時の会話の感覚、相手の表情など、素質論以外の要素も大事にして、たくさんの人と会っていこうと思います。

2016年11月 2日 (水)

検証!ピース綾部祐二NY行き決断の深層

今月1日のブログで期間限定企画を発表しました。早速、話題提供をいただきました。

と言いたいところですが、実は、フライングで藤枝朝食会メンバーの一部の方に、この企画内容を伝えていました。今回の話題は、藤枝朝食会幹事の女性からいただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

では、本題へ移ります。


先月、お笑いコンビのピース綾部祐二さんが緊急記者会見をしました。その記者会見の場で、来年の春からはNYに住んで俳優を目指したいという内容でした。今回は、綾部さんの記者会見の内容と深層を綾部さんの素質から検証していきたいと思います。


ピース綾部祐二:789-888-125-7891


綾部さんの記者会見を聞いて、印象的だったコメントが2つありました。

「以前から、アメリカで勝負したいと思っていまして・・・最終的には、ハリウッドスターになって、レッドカーペットを歩きたい」

このコメントに、綾部さんの全てがあるように感じます。存在感や目立ちたい願望がある素質タイプ789、チャレンジ精神を大事にする素質タイプ888の精神性と夢や目標を持つことがモチベーションが上がる原動力になる素質タイプ125の精神性がよく表れていると思いました。


このコメントだけを聞くと、綾部さんってすごいな~ 綾部さんって思い切った決断するよねなど、同意や賛同している方も多いと思います。ただ、私は、綾部さんの素質から考えた時、このコメントは若干の本心も混じっていると思いますが、記者会見ならではの表向きの理由のような気がしました。

そして、気になったコメントの2つ目です。

「決断の理由の1つに、自分はそのままでいいのかという思いが強くなった」


私は、これが本心ではないかと思います。その理由は、綾部さんのファーストエレメント789に関係があります。ファーストエレメントに素質タイプ789を持っている人は、組織でもグループでも、コンビでも自らの「存在感」溢れる自分になるために、毎日をコツコツ頑張って、実績や経験を積んでいます。そのような精神性からか、相手の実績や経験を聞くと見る目が変わる特徴を持っていますし、存在感を失くされるような事を嫌います。


お笑いコンビピースは、又吉さんが芥川賞を受賞するまでは、綾部さんの方にスポットライトが当たることが多かったのです。しかし、又吉さんが芥川賞を受賞した火花は、累計200万部を超え、又吉さんが小説で実績を残したことによって、綾部さんの中で又吉さんに対する評価が変わったのです。そして、立場まで逆転してしまいました。この時から、コンビで出てもスポットライトが当たるのは、又吉さんの方が多かったように感じます。


私は、ファーストエレメント789を持っている綾部さんにとって、ピースというコンビで出ても自らの存在感が無いのが嫌だったかもしれません。また、存在感なく甘んじている自分が許せなかったのではないかと。又吉さんと肩を並べるには、俳優で成功してレッドカーペットを歩くくらいの存在感がないと、又吉さんには並べないと思ったかもしれません。たとえ、それが綾部さんの中で無意識であったとしてもです。


これが、綾部さんの素質から検証したNY行き決断の深層ではないかと私は思いました。


そして、この記者会見を静かに見守っていたのが相方の又吉さんです。コンビだから一緒に出てくればいいのに・・・と思った方もいると思います。私は、又吉さんの素質から考えると彼なりの配慮があったと考えています。

ピース又吉直樹:555-100-125-5553


又吉さんには、素質ベクトルHがありません。素質ベクトルHを持っている人の特徴の1つに、一緒に何かをする。周囲と一緒に頑張るなど、一緒に○○をする、こういった事を好む方が多いのに対し、ベクトルEの方は、自分一人の力で頑張る方が多いです。頑張っている方に、さりげない気遣いをしてくれます。そのさりげない気遣いが、綾部さんの存在感を出すためには、自分が出てはいけない事だったかもしれません。


様々な意見があると思いますが、綾部さんの決断を皆さんはどう考えますか?

2016年11月 1日 (火)

週刊!素質論 期間限定企画

今年も残り2ヶ月となりました。お知らせがあります。

まず、週刊!素質論をご愛読いただきましてありがとうございます。今日から11月30日までですが、読者からの話題提供という形式でブログを書こうと思います。例えば

・有名人のカップルや恋愛事情

・芸人、お笑いコンビの相性

・プロスポーツ選手や監督の名言、言葉学、チームビルディングの方法、目標設定の仕方

・リーダーに向いている素質タイプは?

・ハリルジャパンはW杯アジア最終予選を突破できるのか?


以上の事例にあることを素質論で検証できることがあれば検証してみようと思ってます。


注意事項

・政治家、市議、県議員の方は、有権者にあたる可能性がありますので対象外とします。

・お手数ですが、検証してほしい方の生年月日については、話題提供者が調べていただくとこちらも助かります。

・相談ではございませんので、身内、友人、知人等、ご自分の身の回りの方についてはご遠慮下さい 


直接メールで話題提供したい方は、下記の連絡先までお願いいたします

連絡先 good-cool@ck.tnc.ne.jp

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »