2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中国が団体競技に弱い理由 | トップページ | 3ヶ月ぶりの参加でしたが・・・ »

2016年9月30日 (金)

タイムコード①

週刊!素質論に改名して早くも3ヶ月が経ちました。この調子で年内は週刊!素質論で押し通そうと思います。


実を言うと、今月は肉体的にも精神的にもしんどかったです。例年、9月は夏の暑さからくる夏ばてのような感じになりやすいです。今年の9月は2のトライアルの月、気力も体力も下がりやすい月でした。また、脱力感や消極的な気持ちが入り乱れ、プレッシャーやストレスを感じやすかったです。

私は、月初めに必ずタイムコードをチェックしてます。組織のトップのタイムコードは、その組織に影響を与えやすいです。仕事では、責任ある立場でもありますので、月初めや日々のタイムコードを把握するように心がけているのです。


・いじめられやすい時もタイムコードが関係している時があります

近年は、いじめによる不登校や自殺が多いです。しかし、いじめに遭いやすい時は決まっています。それは、タイムコードが悪い時です。

なぜ、タイムコードが悪い時にいじめられやすいか?タイムコードが悪い時は、気力や体力が落ち込みます。調子のいい時なら、解決できる悩みであっても、ひとたび調子が悪くなるとその悩みを解決しようとしたり、物事に立ち向かっていく気力も減退します。

日々のバイオリズムを知ることはとても有効です。必要以上に振り回される必要はありませんが、ご自分が、いつ、どんな時に、どのような流れに突入するか、客観的に判断するツールとしてCANCODEは有効です。ご本人の意識、知恵でカバーできることもありますので、チェックすることをお勧めします。


特に、お子様のいる家庭は、一度、家族全員のタイムコードをチェックしてみてはいかがでしょうか?あくまでも参考程度ですが、チェックする価値は十分にありますよ。ご自分のタイムコードを知ることで、体調もマネジメントできますよ。

« 中国が団体競技に弱い理由 | トップページ | 3ヶ月ぶりの参加でしたが・・・ »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/67739722

この記事へのトラックバック一覧です: タイムコード①:

« 中国が団体競技に弱い理由 | トップページ | 3ヶ月ぶりの参加でしたが・・・ »