2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 検証!エスパルスは1年でJ1昇格できるか② | トップページ | タイムコード検証の意味 »

2016年7月16日 (土)

エニシアプレミアム交流会

暑くて忙しい夏です。


たまには、静岡を離れて未開の異業種交流会に行こうと思いました。そこで見つけたのが、昨日行われたエニシアプレミア交流会です。エニシアは「縁」という字に「幸せ」をかけあわせて、縁を持った人同士が幸せになっていく、そんな意味合いでつけられたそうです。私は、この語呂合いから神秘的なものを感じ取りましたね。


静岡でも色々な異業種交流会に足を運んでたくさんの仲間や知人ができました。素質論も私がインストラクターの資格を取ったころは、50人に声をかけて1人聞いたことがあるくらいのレベルでした。今は、20~30人に1人くらいは素質論の事を知っている方と出会います。


でも、まだまだ知らない人がたくさんいると思います。


なので、心地のいい静岡を出て、思い切って浜松まで行ってきました。FBのエニシア交流会のページを見て、あ~なんか楽しそうだなと思い、直感だけで参加を決めました。初参加で知り合いゼロ、完全AWAYです。この完全AWAYの中で、自分がどこまでできるだろう。どこまで初対面の人と1回で上手にコミュニケーションを取れるのか、自分を試したい気持ちもあり、出稽古のような気持ちで参加しました。交流会が始まり、素質論の事も話しましたが、何名かは、動物占いを知っていたようですが、それも素質論で言うセカンドエレメントまででした。


・サードエレメントを知らない

意外な事実で私も当事者もびっくりしたのですが、動物占いでは、ほとんどの本がファーストエレメントだけです。まれに素質コア60タイプの本まで出ているようです。ファーストエレメントとセカンドエレメントをわかりやすく言えば、同じ土俵に2匹の動物がいます。1匹は本音の自分、もう1匹は、建前や初対面の中で出てくる自分、3匹目は常に土俵にいるわけでなく、ある瞬間に出てきます。その瞬間というのは、無意識に突発的に何かに対処しなくてはならない時、追い込まれている時に出やすい自分なのです。だから、ご自分ではなかなか気づきにくく、人から言われて気づくケースも少なくありません。この3匹目を素質論では、サードエレメントと言っていますが、動物占いから入っている方は、このことをほとんど知りません。昨日の交流会で、お会いした方に、サードエレメントがあることをお伝えできた事だけでも、私にとってはよかったです。



・タイムコード 4-1-0-3

7月15日の私のタイムコードは4-1-0-3です。タイムコードは、時のエネルギーを10分類したもので、一番左の4がUniverseというその時の大きな流れ、左から2番目の1はYearは今年、左から3番目の0はMonthは今月、一番右の3はDayはその日という事になっています。

7月15日は、私にとっては今後の展開につながりそうな発展的な出来事に恵まれやすい日だったのです。この日は、私と名刺交換した各参加者が言うには、初参加だったにもかかわらず、初めてとは思えないくらいのオーラを放っていたそうです。気持ちにも余裕があり、名刺交換して頂いた方たちの話を聴くゆとりもあり、穏やかさがそのようなオーラを放っていたように見えたかもしれません。今後の事を考えると、非常に有意義な1日だったと実感しています。



この交流会を機に少しずつ浜松でも素質論の素晴らしさをお伝えしていこうと思います。素質論との出会いは絶妙なタイミングであなたにやってきますからね。

最後になりますが主催者の方も素晴らしい交流会を開いて誠にありがとうございました。



« 検証!エスパルスは1年でJ1昇格できるか② | トップページ | タイムコード検証の意味 »

異業種交流会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/66541599

この記事へのトラックバック一覧です: エニシアプレミアム交流会:

« 検証!エスパルスは1年でJ1昇格できるか② | トップページ | タイムコード検証の意味 »