2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 月刊!素質論から週刊!素質論へ | トップページ | 検証!金本監督の懲罰采配の是非 »

2016年7月 4日 (月)

緊急検証!小池百合子氏、都知事選出馬の決断

7月10日は参議院の選挙です。今年から選挙権は18歳からになり、また選挙区によっては「合区」が出来たり、何かと初モノが多いです。東京都民の方は、選挙でもう1つ初モノがありますよね。それは「女性都知事」の誕生なるかどうかで、注目度の高い選挙になりそうです。


その都知事選に出馬を表明したのが何と小池百合子さん。自民党、都連幹部、都連自民党は、寝耳に水。小池さんが出馬を表明した段階では、まだ誰も出馬してませんでしたから、見事な先制攻撃だったように思います。今回は、小池百合子さんの都知事選出馬の決断を素質論で検証しようと思います。

小池百合子:012-108-025-0129-F-f-a-5-3-1(タイムコードは6月29日)


小池さんの素質は、外見からもわかるように若々しくて、物腰の柔らかそうな雰囲気があります。物事は、情報をよく集め、用心深く判断する傾向があります。小池さんはファーストエレメント、セカンドエレメント、サードエレメントがオールベクトルHで、さらにセカンドエレメントに素質タイプ108を持っています。CANCODEの並びから、相手の懐に入るのがとても上手です。「政界の渡り鳥」なんて言われたりもしていますが、それは小池さんの素質によるものだと推測できますし、打算もないように感じます。


しかし、初めての事に関しては、「私、やります!」的な感じよりも、むしろ周りの出方を伺い、周りに必要とされて「なら、私やってみようかしら」となる方が自然なのです。さらにベースポテンシャルとポテンシャルにFを持っているので、物事は慎重に用心深く判断する傾向が強いです。用心深い方が、先出しジャンケンをしてきた・・・私は、小池さんが出馬を表明したとき、よほどの勝算があるのでは・・・と思いました。



・決め手はリスクマネジメントではないか

素質論では、物事を判断する意思決定の優先順位をマネジメントと言ってます。このマネジメントには、2種類あり「ホープ」と呼ばれるものと「ケア」と呼ばれるものがあります。ホープは意思決定の際、希望や可能性を優先する傾向があり、ケアはリスクヘッジを優先する傾向があります。素質タイプ012と108はホープで、素質タイプ025はケアにあたります。


出馬会見を聞いていて、1つ気になったのが「しかるべき人に相談した」と言ってました。心が不安定だからしかるべき人に相談したわけです。人は、心が不安定な時はサードエレメントが出やすくなります。そして、小池さんはサードエレメントに025を持っていますよね。サードエレメントに025を持っている方は、何か困り事があって、相談する相手は「この人に相談したら間違いない人」を選んで相談する傾向が強くなります。その相手は、今の自民党内にいない、若しくは党内にいたとしても与党幹部ではないという事になります。


小池さんは、出馬をしても自民党の推薦は受けられない事を予測していただろうと思います。事によっては、自民党除名すらあります。それでも、出馬表明をしたのは、ここで自ら手を挙げて名乗り出る方が、世間の好感度も上がるし、櫻井パパも出なくなる、野党は知名度も実務も経験も小池さん以上の人を出さなければ、勝負になりません。分裂選挙で増田さんが出て来ても、勝てる見込みが大きい。いずれにせよ世間に存在感、自民党内には存在価値を高めたと言えるでしょう。このあたりのシミュレーション能力と用意周到さもサードエレメント025によるものだと推測できます。他にも色々な事を考え、リスクマネジメントができたから出馬表明したのでしょう。



・居心地の悪いところにいつまでもいない

一部の週刊誌によると、小池さんは自民党内ではあまり好かれていないという記事がありました。もし、これが本当だとするならば、これも出馬の理由ではないかと考えられます。小池さんは、オールベクトルHです。ベクトルHを持っている方は、人から嫌われる事を気にしますし、仲間はずれになることは何よりも嫌います。ベクトルHの方は自分が嫌われている環境の中で、仕事をすることは苦痛に感じます。今の自民党は、本人にとって居場所ではないと感じていたかもしれませんね。だからこそ、現在の与党幹部に都知事選出馬を相談しなかったのも頷けますし、小池さんの素質からも符号が一致します。




・選挙に出れば小池さんに軍配が上がる

このブログを書いている時点では、本当に選挙戦になるかわかりません。もし、選挙になれば小池さんに軍配が上がる可能性が高いと思います。小池さんの今年のタイムコードは5(インタラクション)。5の時は、人間関係が大きく発展して、人の力を借りれる時です。選挙になったら、都民の力や思わぬ支援者が現れて小池さんをバックアップしてくれるかもしれません。


今後の動向に注目したいと思います。


7月6日追記

7月6日の夕方に東京都知事選に正式に立候補すると表明しました。小池さんのタイムコードは5-3-8です。明日から月の数字が4(イノベーション)に変わります。イノベーションの時に、気を配らなければならないのは人間関係、人材の安定です。選挙を戦っていくうちに、様々な人間と出会う機会が多くなることが考えられます。なかには、色々な妨害を仕掛けてくる輩もいるはずです。

もし、私がアドバイスするとすれば、物事を冷静に判断して、周囲と十分にコミュニケーションを取り、寛大な気持ちでいる事。直情的、感情的な言動や行動は避けるようにする。ネガティブキャンペーンは避けて、堂々と都民に政策やビジョンを訴えれば、おのずと結果はついてくるのではと思ってます。あとは、金銭トラブル(事務所費、経費関係)は注意してほしいです。ここでトラブルになると後々尾を引きます。


これで、失うものは何もないので、正々堂々と戦えると思います。私は都民ではありませんが、期待はしたいですね。

« 月刊!素質論から週刊!素質論へ | トップページ | 検証!金本監督の懲罰采配の是非 »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/66348051

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急検証!小池百合子氏、都知事選出馬の決断:

« 月刊!素質論から週刊!素質論へ | トップページ | 検証!金本監督の懲罰采配の是非 »