2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

検証!スポーツ界の40代レジェンド選手特集②

今回のレジェンド選手特集は、スキージャンプの葛西紀明選手です。葛西選手と言えば、海外では「レジェンド」と呼ばれるくらい、世界のトップ選手から尊敬され、または称賛されています。FISワールドカップに転戦しているのは、葛西選手よりも一回り歳が違います。そういう選手たちと鎬を削りながら、長期間安定して一定の結果を出し続けています。

史上初のワールドカップ500戦、最年長表彰台、最年長優勝、7大会連続五輪出場など、ギネスブックに載っている記録もあるんですよね。では、今も第一線で競技を続けるその情熱はどこから湧き上がってくるのか?葛西選手の情熱をCANCODEで検証しました。

葛西紀明:012-555-001-0125-I-i-e



葛西選手の顔を見た時、素質タイプ012を持っているだろうなと思っていましたが、案の定でした。素質タイプ012を持っている人は、男女問わず顔が見た目の年齢よりも若く見える方が多いです。身の回りに素質タイプ012を持っている方の顔を思い浮かべてみて下さい。葛西選手に関しては、若く見えるのは顔だけではありません。ストイックな生活を続けているためか、身体年齢も若く、20代前半からほとんど変わらないそうです。


素質タイプ012は、素質ベクトルHに属します。ソチ五輪のジャンプ団体戦で銅メダルを取った時にこんなコメントをしてました。

「個人では銀メダルに涙はなかったが、団体で銅メダルを取った時は涙が・・・団体戦にみんなで一緒に戦ってきてメダルを取るなら、こいつらという思いが強かった。後輩達にも絶対にメダルを獲らせたいと思った」このコメントからも仲間を思う、仲間と一緒に頑張るベクトルHの精神性が表れていますね。



リレハンメル五輪は、手中に収めかけた金メダルがこぼれおちた悔しさの方が強い銀メダル、ソチ五輪は「みんなで」という思いでもぎとった銅メダル、仲間と取った銅メダルの方が価値があるように感じます。



・金メダルを目指したい

ソチ五輪の個人ラージヒルで、競技が終わった後の共同インタビューで「金メダルを目指して・・・」と言って、周囲が驚きました。私は、この会見を聞いていて冗談でもリップサービスでもないように聞こえました。私はこの会見にも葛西選手の素質をいくつも感じました。


素質論では、心的傾向性を60分類したものを素質コアと呼んでいます。ファーストエレメントの3ケタのコードに1ケタの数字が追加されています。素質コアは、自分らしさの究極の性質で、能力を発揮するのに一番の原動力となるものです。


葛西選手は、素質コア0125です。0125の方は、思い込んだら絶対に譲れない素朴な信念と不屈な面を持っています。不屈という言葉を辞書で調べると「どんな困難にぶつかっても意志を貫く」と載っています。金メダルを目指す、この言葉の深層は、素質コアだけではなく、サードエレメント001の金メダルを獲るという初志貫徹の精神性が潜在的にあり、病気で戦っていた妹さんに金メダルを見せたかった責任感、義理を果たしたいセカンドエレメント555も関係しているかもしれません。



・ジャンプし続ける事が僕の人生

金メダルの思いがいくら強くても結果を出し続けなければ競技を続けることはできません。まず、過酷な努力を何年も続けてできるメンタルの強さが必要です。メンタルの強さ以外で可能にしているのが、素質コア0125から続いているベースポテンシャルIとポテンシャルiだと思います。ベースポテンシャルI、ポテンシャルiは、何かを生み出したいという気持ち、知的好奇心旺盛の方が多いのが特徴です。形として見えるのは、モモンガのような飛型です。

スキージャンプには、度重なるルール改正がありました。それがあっても新しい発想、最先端のトレーニングを取り入れたりして、ルール改正にも上手に対応できたのは、葛西選手の素質からもうかがえます。また、後天的な要素で、リレハンメル五輪の銀、長野五輪で団体メンバーから外れた悔しさを今でも持ち続けている事も競技を続けている理由になっていると思います。



私は、葛西選手が競技を続けられる秘密は、生まれつきの先天的要素と後天的な要素が上手く混ざっているからだと思いました。ぜひ、2年後のピョンチョンで金メダルを獲ってほしいです。

「金メダルを目指す」とたった1文からでも、CANCODEで検証していくといくつもの深層心理を垣間みることができました。

2016年6月26日 (日)

週末Cafe~成果の8割は週末の2時間から始まる

今日は、いつも行く藤枝朝食会と違い、初めて参加する朝活の方へ行ってきました。その朝活がタイトル名の通りです。


発起人は、静岡駅の朝食会、隔月の異業種交流会で知り合った鈴木さんです。この朝活の目的は、1週間を振り返る習慣づけをすること。会社勤めの方なら、1か月単位でその月を振り返り、来月の事業計画をどうするか考えた事がある方もいると思います。実は、私、目標を立てる事はあまりありません。というか苦手なのです。出来る事は全てやって天命を待つのが、今までの私のスタイルです。



・ブログを「月刊」から「週刊」にしたい

そもそも目標を立てるのが、あまり得意でない私がなぜ参加したのか?それは、このブログを「月刊!素質論」から「週刊!素質論」に格上げしたい思いがありました。しかし、思いとは裏腹になかなかできませんでした。何かを変える必要が出てきたわけです。この朝活に参加し目標の立て方やプランニングを学びました。プランニングに沿って、月刊から週刊にしようと思います。



・1つ1つの意識から変えていく

物事を一気に変えようと思っても無理が生じてきます。さっそく始めようと思うのが、ブログに書いてある通りブログを週1で更新していく、まさに「週刊!素質論」を実践してみようと思います。今年も半年しかありませんので、まずは半年挑戦してみます。



・目標は人それぞれ、プラン二ングの仕方も人それぞれ

目標をプランニングしたら、参加者全員でそれを発表しあいました。ポジティブで前向きな参加者同士の集まりですから、場は必然的にいい空気になりますし、リラックスした雰囲気にもなりやすいです。話を聴いていると参加者の素質の違いがモロに出やすいところですが・・・それは、さておき、今日の朝活で、皆さんが発表していただいたものに優劣はありません。個人がどのような人生を過ごしたいか、それにはどのような目標を立て、何をすべきかが大事です。人間は、目的を持ったら達成するスピードが上がります。少し先の先まで考える習慣を持とうと思います。




静岡に住んでいる皆様、週末の貴重な時間で1週間振り返ってみませんか?週末CAFEに行きたいと思った時が、あなたのタイミングですよ。

2016年6月19日 (日)

検証!スポーツ界の40代レジェンド選手特集①

Cimg0201_3











今のスポーツ界では、年齢が40代であっても活躍している選手が多いです。今回から数回の連載シリーズで40代の現役選手を素質論で検証していきます。


通算勝利数は3800を超え、GⅠも100勝を超え、今、競馬界でレジェンドに近い騎手は武豊騎手だと思います。連載の第1回目は武豊騎手を検証したいと思います。

競馬は「馬が競う」と書き、馬七人三の割合で勝敗を左右するとも言われています。いい馬に乗ることが勝ち続けるための必須条件です。ある意味では努力のしようのない職業とも言えます。それでも、他力本願な性質のスポーツで頂点の座を維持しているのが武豊騎手です。


そんな武豊騎手のCANCODEを調べてみました

武豊:025-125-919-0256-H-i-a


物腰が柔らかそうな雰囲気と親しみやすさは、素質コア0256が出ているなと感じます。また、武豊騎手がインタビューや雑誌の対談の時の服装や格好は、いつもピシッとしていて外から見られている自分を常に意識しているような面も見られます。素質コア0256とベースポテンシャルHの相乗効果で「品行方正でまじめ」な印象を受けます。また、競馬ブックという雑誌の中に、騎手の成績表があるのですが、その成績表に自分の名前が上にあると気持ちがいいと感じるのは、素質タイプ125と919の競争心からきているものかもしれません。


先ほどにも挙げましたが、競馬は馬七人三の割合で勝敗が左右します。ディープインパクトのような強い馬やいい馬に乗れば必然的に勝つ確率は高くなりますが、気まぐれな動物ですから思いもよらない大敗を喫してしまうことだってあります。それでも武豊騎手が勝ち続けるのは、馬以外の要素もあるのではと思っていました。そして、ある著書を読んだときに、武豊騎手がなぜあれだけ勝てるのかがわかりました。同時にそれこそ武豊騎手の素質が出ていました。



・よく勝てるのはシミュレーション能力の高さから

結論から言いますと、武豊騎手が勝ち星を積み重ねられるのはシミュレーション能力の高さにあると思います。武豊騎手は、馬をよく研究して乗るタイプであると推測できます。研究するのは馬だけでありません。


競馬には、コース、距離、芝、ダート、斤量、出走頭数、レースの格、枠順、馬の体調、その馬の持ち時計、血統、脚質、気性、他馬との力関係など様々な要素が絡んできます。武豊騎手は、レース前にそれらのデータを徹底的に検証しているのです。例えば、血統も血統辞典に載っているような捉え方ではなく、自分だけの言葉で自分との関係においてどうかといった点を中心に頭の中で整理しているのです。素質タイプ025の「客観性」が出ていますね。また、コースについてもどの競馬場が、直線何mで、レースの格や頭数に応じて通過ラップがどう変化するか、その上で東京の芝コースは、開催時期によって直線で内、外どちらが伸びるかガラッと変わる・・・こんな具合に彼だけの捉え方をしています。



これこそが素質タイプ025のシミュレーション能力の高さと客観性です。それが武豊騎手の主たる性質なのです。元々、好きな競馬ですからこれだけの事をしてもおそらく苦にしていないと思います。すごいですよね。



・負ける事は考えない

競馬というスポーツは、GⅠにもなると自分の馬に数十億のお金を賭けられて、競馬場には10万を超す大観衆の声援を受けます。その中で大本命の馬に乗るとなると普通でしたら、負けたらどうしようとか考えてしまうものですが・・・武豊騎手には、そのような事を考えた事がないそうです。これも彼のCANCODEの影響を受けていると思います。


「もし、負けるとしたらどんな展開ですか?」と聞かれると露骨に嫌な顔をします。負けるために馬に乗り続けているわけではありません。わざわざ悪いイメージを持つ必要がありません。また、床についてレースのシミュレーションをする時も、何があろうと自分の馬が勝つように持っていく、大きく出遅れようが、道中ひどい不利を受けようがゴールを一番に駆け抜けているのは自分の馬だとイメージしているそうです。ここに負けず嫌いの素質タイプ919と125の精神性が出ていますし、最後に勝っているのは自分の馬だというのも、素質タイプ125にある「最後にヒーローになりたい」精神性かもしれません。




・もっと上手くなりたい

武豊騎手を突き動かしているのは、素質タイプ025のスキルアップというモチベーションとポテンシャルiではないかと思います。ポテンシャルiを持っている人は、絶えず何かを追及していきたい気持ちが強い人が多いです。武豊騎手も騎手として上手くなりたい、競馬をもっと追及していきたい、その潜在能力が騎手を続けていく上で重要な要素となっていると思います。




いつか、日本馬で日本人騎手で凱旋門賞、アメリカのブリーダーズカップ、アスコットのキングジョージを勝ってほしいと思っています。その前に通算勝利数が4000を超えるでしょう。


最後に私の個人的な主観ですが、競馬界のレジェンドは岡部幸雄氏、公営では佐々木竹見氏だと思っております。

2016年6月 7日 (火)

検証!夢は更新し続けていくもの

先月ですが、このブログで初めて月間で1000PVを超えました。日々、色々な方がブログを見ていただいたり、時には書くネタまでいただきましてありがとうございます。今回、ネタを提供していただいた昌谷(さかや)様ありがとうございます。

基礎理論Ⅰを習った方は思い出して下さい。基礎理論Ⅰでは、頑張り方の違いが3タイプある事を習います。実は、夢を実現するのにも3タイプあります。

①少しずつ実現を積み重ねていくコツコツ型

②自分ペースが大事なマイペース型

③想いが実現しやすいイメージ型

基礎理論Ⅰを習った方は、①~③を読めば、どれがベクトルHでどれがベクトルEなのか、何となくわかると思います(笑)エレメントは、ファーストエレメントコードで考えて下さい。まずは、夢を実現させるために2つの事をしてほしいです。


・夢を実現させるには、まず自分の「型」を知る事

もう1度聞きます。皆さんは、先に挙げた3つの型の中で、どれが一番しっくりきますか?どれが自分に一番合ってそうですか?もしかして、2つの型の合わせ技でしょうか?その人の価値観によって違ってくると思います。「皆さん、同じじゃないんですか?」と思っている方もいると思います。断言しますが、皆さん同じではありません。強いて言えば、同じ場合もありますが、違う場合もあります。気をつけてほしいのは、人と違っても「違って当たり前」という事も理解しておいて下さい。自分の価値観に合った型を知ることが大事なのです。

よくこの手のセミナーにいくと、講師の言葉にAさんはすごく反応がよかったが、Bさんはあまりいい反応ではなかったなんて事があります。こういう現象が起こるのは、価値観の違い、様々な事における考え方、言葉の選び方が違ってくるために起こる事なのです。

イチロー選手も「大事なのは自分の型を持っていないといけない」と言っています。誰にでも最高の力を発揮できるその人の「型」が必ずあります。足りないところを嘆くより、自分の夢を実現させるには、どの型がいいかを理解する方が早く夢にたどりつけます。

・サードエレメントの環境を整える

本来なら、ベースポテンシャルも関係してきますが、ベースポテンシャルの関わりについては、いつかブログで挙げたいと思います。

それはさておき、次にすることはサードエレメントコードの環境を整えていきましょう。サードエレメントコードは、突発的な出来事や無意識のうちに現れやすいコードとされています。サードエレメントは本人でさえも無意識であることが多いです。また、サードエレメントは「心が不安定な状態でも出やすい」コードです。



人間は、不安がよぎっている時は、何かをしたいとは思いません。夢や未知の事に挑戦しようとする時に、心が不安定では実現できそうな事も実現できなくなってしまう事もあります。だからこそ、サードエレメントの環境を整えて、心の安定化を図ることが大事なのです。例えば、サードエレメントにベクトルHを持っている人ならば、いざという時、頼りにするのは「人」にいく傾向が強く、安心できる環境を求めます。気になる方は、ご自分のサードエレメントの素質ベクトル、素質タイプが何かを調べてみて下さい。




何度も言いますが、夢を実現していくためには、自分の「型」を知る事です。夢を実現させるのに自分の「型」を知りたい方、知ってみたい方はぜひ一緒に素質論を勉強しましょう。

今回、話題を提供していただいた昌谷(さかや)様のブログです。

http://ameblo.jp/yaemon7644/(障害者の貿易商やえもんの独り言)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »