2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4月23日 基礎理論Ⅰの受講生の方へ | トップページ | 検証!大塚家具、親子騒動の決着② »

2016年4月26日 (火)

検証!大塚家具、親子騒動の決着①

ようやく、この騒動も法廷では決着をしました。これで終わりという雰囲気でもなさそうです。すったもんだは、まだまだ出てくると思います。いくら会社経営とはいえ、あまりにも価値観に違いがありすぎて、気になっていました。私が気になっていたのは、父と娘の素質で株価ではありません(笑)大塚勝久氏と大塚久美子氏の素質を調べてみたら意外な事実が判明しました。まずは父の勝久氏の経営方法や会社の方針をCANCODEで検証してみましょう。

大塚勝久:100-012-108

・記名を求め、従業員が同伴して接客する会員制

・お客様にまとめ買いをしてもらう

・高級感

・新会社の匠大塚は社員の結束力をPR

・会見は、社員数人と同席

・情に訴える

大塚家具という会社を一流のブランド、高級感があり、誰からも認められる会社にしたかった素質ベクトルAの影響が強く出ていますよね。先日、私の基礎理論講座の後に言われて気づいたのですが、会見の時に数名の社員と同席で会見していました。このシーンはベクトルHの周囲と一緒に頑張る精神性が強く出ていました。指摘されるまで、気が付かなかったです。


次は娘の久美子氏の経営方法や会社の方針をCANCODEで検証してみましょう

大塚久美子:919-919-125

・流行の品ぞろえを充実してお客様に気軽に入店してもらう

・値下げやお詫びセールの実施

・現実路線

・会見は一人だけ

・2つの「り」きちんとした理論と利益を追求する。

一方の久美子氏は、お客様のニーズやニトリやIKEAに価格で対抗できるように買いやすい家具をそろえるなど、現実路線で店づくりをしています。素質タイプ125の特徴がよく出てますよね。また、記者会見では、一人でしましたよね。これは、特にセカンドエレメントがベクトルEの特徴である一人になりたい時とベクトルEの頑張り方にもある一生懸命、自分の力で頑張るんだ!という決意の表れでもあります。

素質論を勉強した方は、お気づきかもしれませんが、この2人はお互い同じ素質ベクトルを持っていません。根本的な価値観の違いをお互いに深いところまで理解できていなかった事もここまでの騒動に発展してしまった要因かもしれません。


でも、これは1つの大企業だけのお話しではありません。実は、これから先、皆さんの周りでも起こり得る事です。その事は次回のブログでお話しします。

« 4月23日 基礎理論Ⅰの受講生の方へ | トップページ | 検証!大塚家具、親子騒動の決着② »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/65181989

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!大塚家具、親子騒動の決着①:

« 4月23日 基礎理論Ⅰの受講生の方へ | トップページ | 検証!大塚家具、親子騒動の決着② »