2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 検証!大塚家具、親子騒動の決着① | トップページ | 検証!世界初のチーム、水球男子日本代表大本監督のパスラインディフェンス »

2016年4月27日 (水)

検証!大塚家具、親子騒動の決着②

昨日のブログでは、大塚勝久氏と久美子氏の素質の違いを事例に挙げてお話ししました。そして、この事は、単に一大企業の話しだけでなく、皆さんの身近にも起こり得る問題です。主に考えられる事は2つです。

①親子

父親と母親は、お互いの素質ベクトルを持っているが、子供には父親、母親にある素質ベクトルがない場合、事例を挙げると、父親がH-H-E、母親がH-E-E、子供がA-A-Aのケースが挙げられます。素質ベクトルはベクトルH、ベクトルE、ベクトルAの3タイプしかありません。当然、素質ベクトルに共通点がなければ、素質タイプにも共通点はありません。アドバイスやカウンセリングでお子様の相談を受けると、このようなケースだった事も過去にありました。両親から見たら、自分の子ではないのでは・・・という不安な気持ちになってしまうのも理解できます。ただ、単純に素質ベクトルで共通点がないだけで、親と子供の相違点を話して、対応方法やアプローチ方法を解説すると、ほとんどの親御さんが安心してくれます。また、子供が生まれつき持っている先天的な素質を伸ばしつつも、両親の教育次第では両親の素質のいいところも身につくようになります。これ、すごいことなんですよ!ハイブリッドです。


②相続問題

近年の「終活」ブームで、相続についてきちんと考える方が以前よりも増えています。ただでさえ、揉める要素がたくさんありますから。本当に相続に関しては、色々なご家庭の事情もありますから、全部と同じとは言えません。相続する方も相続される方も「根本的な価値観の違い」を理解していないまま、相続をしてしまう事もあります。場合によっては、傷害事件、殺人事件に発展してしまうケースさえあります。素質論で生まれつきの根本的な価値観の違いを押さえておく事によって、少しでも円満に相続問題を解決することは可能です。


この2つは、皆さんの家庭ですでに起こっている問題もあれば、これから起こるであろう問題もあると思います。興味のある方、ぜひ素質論を一緒に勉強しましょう。

« 検証!大塚家具、親子騒動の決着① | トップページ | 検証!世界初のチーム、水球男子日本代表大本監督のパスラインディフェンス »

検証」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/65198906

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!大塚家具、親子騒動の決着②:

« 検証!大塚家具、親子騒動の決着① | トップページ | 検証!世界初のチーム、水球男子日本代表大本監督のパスラインディフェンス »