2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月26日 (金)

素質論とゲシュタルト療法③

前回は、主にゲシュタルト療法における気づきの3領域についてお話ししました。今回は、ゲシュタルト療法の基本的な考え方についてお話ししようと思います。

・図と地の反転

ゲシュタルト療法の基本的な考え方の1つに「図と地の反転」というのがあります。人が1つの部分(図)に注目する時、他の部分は背景(地)となって見えなくなってしまいます。まず、ゲシュタルト療法では、意識に現れてくるものを「図」、それ以外のものを「地」と呼んでいます。人間の意識には、2つ以上の欲求が同時に現れてくるのもよくある話ですよね。例を挙げていきますと、明日までの仕事を終わらせたい、ご飯を食べたいし、眠たい、あっ!トイレにも行かなきゃ、などたくさん同時に現れたときは、「図」としてまとまらないし、それらの欲求に同時に応える事はできません。

ここで、多くの欲求の中で、今、自分にとって一番大切な欲求が何であるかを考え、それを「図」として選択することが大切になります。今は、高校、大学受験シーズンですね。例えば、ここまでに勉強を完成させたいが眠たい自分がいたとしましょう。受験勉強をした方なら、誰もが経験がある事だと思います。この時、明日までに勉強を完成させたい欲求と眠たい欲求と2つあります。ここまでの勉強をしようとしても眠たくて勉強に集中できません。この場合では、少しでも仮眠を取ってから勉強する等の手段を取りながら、その時々に一番大切な「図」を処理していくことで、スムーズに日常生活を続けることが出来るのです。


・各エレメントコードに影響

やりたいこと(WANTS)よりもすべきこと(SHOULD)を重視すると、どちらを「図」にするか選択できずに、やりたいことを抑えてしまうこともあります。抑えられたやりたいことは未完結の経験となり、何度も「図」に現れようとするので、常にどちらを「図」にするか悩み続けることになります。素質論の融合で考えると、ファーストエレメントやサードエレメントよりもセカンドエレメントばかりを意識しすぎたり、または意識せざるを得ない状況が続くような状態です。感情としては一旦「図」として表面に現れないと自分のなかで統合されていきません。このような状態がずっと続くと自分の中でバラバラになったり、ファーストエレメントを殺してしまったり、セカンドエレメントの自分が「本当の自分」であると思い込んでしまいます。本当の自分の欲求ややりたいこと、実現したいことが何かということすら分からなくなって、とうとう生きている実感が持てなくなってしまう事さえあります。


次回は、いよいよゲシュタルト療法に素質論的なアプローチ方法をお話しします。

2016年2月22日 (月)

やっと行けそうです

このブログを読んでいただいている方から、直接で基礎理論講座のご依頼がありました。本当に感謝の気持ちで一杯です。実は、過去にも基礎理論講座のご依頼は3回ありました。正確に言うならば、3人です。ただ、その3人の方のお住まいは、広島、岡山、大分、さあ、すぐに行くぞ!という場所でもなく、また、受講者と私の予定がなかなか決まらず、その時は丁重にお断りせざるを得なかったです。

しかし、今回のご依頼は東京在住の方からです。予定次第ですが、久しぶりの出張講座なので非常にワクワクしてます。ぜひ、実現できるように予定を調整して、依頼主が満足していただけるような講座にしたいと思っています。

2016年2月21日 (日)

素質論とゲシュタルト療法②

前回は、ゲシュタルトの意味となぜこの理論が創設されたのか?ゲシュタルト療法の気づきについてお話ししました。今回はゲシュタルト療法における気づきを深めていきたいと思います。

・気づきには3領域がある

ゲシュタルト療法における気づきは、外界の気づき、内界の気づき、空想活動、この3つです。例文を挙げてみながらお話しします

外界の気づき・・・目、耳、鼻、舌、皮膚等の五感を使って知る領域

           例) 今、ここで見る  この写真は鮮明だ

内界の気づき・・・身体感覚、自分の身体の内部で感じている「快」「不快」「緊張感」等の

           内観領域 「快」 例)お酒を飲んで気持ちがいい

空想活動・・・   過去・現在・未来等を自分の頭の中であれこれと考えを巡らす領域

           「思考」 例)どうしようかな 「心配」 試験受かるかな



     

心理的事実と具体的事実を組み合わせを気づきの3領域として捉える事によって「新たな気づき」があり「意識化」されていきます。そうすることによって観察自我(現実の自己を外から客観視する存在)が出来あがってきます。  


ここで初めてゲシュタルトが形成されます。人の心と身体の内部の統合していないものの統合を図り、時間的な流れと空間的広がりを持つ環境とその中にある人間との密接な関わりを「今、ここで」という一瞬において把握し、その時々にそれに気づき、または、そういう人であることを意識化します。


自分で言うのも難ですが、今回は難しいですね。次回、もっと掘り下げて書くようにします 

2016年2月20日 (土)

素質論とゲシュタルト療法①

素質論は心理学と融合させると高い効果を発揮できます。色々読んだ中で、今回はゲシュタルト療法と素質論の融合について考えてみたいと思います。

・ゲシュタルトって何?

まずは、ゲシュタルトが何か?って事ですよね。ゲシュタルトはドイツ語です。意味は姿・形・状態などを意味する言葉で、部分の寄せ集めではなく、それらの総和以上の体制化された全体的構造を指す概念。広辞苑からそのまま抜粋しました。数年前にゲシュタルトと名付けられた競走馬もいました(笑)

これだけでは、わかりづらいので踏み込んで解説します。人間というのを「全体」と捉えた時、ヴントをはじめとする実験科学としての心理学(実験により一つの細かな要素を集め、「人間はこういう時にこういう反応をする。こういう時にはこういう考え方をする」こうした組み合わせの要素主義に異議を唱えて出来た理論です。ヴントの構成主義の心理学に反対しています。また、ゲシュタルト療法は「気づきの療法」とも言われています。


・事例を挙げて説明すると

例えば「あることに対して怒っている」としましょう。この現象は「様々な要素が組み合わされている状況ではなく「全体としての反応」と考えます。人間の様々な要素を組み合わせれば、人間がわかるようになるはずというのではなく、人間はもっと複雑で「ブラックボックス」のようなものであり、何かの刺激(言葉、状況)にどのような反応をするのかはわからないということを示しています。



ゲシュタルト療法の気づきの中で一番大事なのは、瞬間瞬間の自分に気づくことです。この気づきについては長くなってしまうので次回にします。

2016年2月 7日 (日)

検証!清原和博の覚せい剤使用

元プロ野球界のスーパースターの逮捕は衝撃的でした。私よりも上の世代は、清原に憧れて野球を始めた方も多いです。2年前、本人は薬物使用はキッパリと否定していましたが、事実、逮捕となるとただ驚くばかりです。しかし、彼の素質を見た時に、覚せい剤に手を出してしまった理由も何となく理解できました。もう1度プロ野球のような皆が注目してくれて、豪華絢爛な世界に戻りたかったのかもしれません。改めて清原和博のCANOCDEを載せておきます。

清原和博: 100-000-025-1001-I-e-d-2-6-1(タイムコードは2月2日逮捕時で表記してます)

彼の素質を見ると1st100、2nd000がベクトルA、3rd025はベクトルHに分類されます。ベクトルAを持っている人は、自分でもコントロールできない人生の中に乗ってしまっている自分がいます。特に、2nd000は心のエネルギーによって物事の意思決定基準が変わってきます。心のエネルギーが高い時は、普段と変わらない清原和博でいられるのですが、エネルギーが低い時に、バラエティー番組の出演や解説の仕事を引き受けるのは辛かったかもしれません。とは言え、プロ野球も芸能関係も人気商売ですから、人前ではそのような弱さを見せずに無理やり自分を奮い立たせていたかもしれません。ここに1st100の素質「弱音を吐かない」「人前で気を張っている」を垣間みることができます。


私は、清原が出演しているバラエティーを見ていて気になることがありました。それは野球選手の時よりもふてぶてしさやワンマンさが無くなっていて、周りに迎合しようとする姿です。しかし、この姿は素質コア1001の本来の姿とは違います。素質コア1001は、自分の思い通りに生きていると、ふてぶてしさやワンマンさが出てくるのが本来の姿です。その姿は、プロ野球選手の頃の方が、ふてぶてしさやワンマンさがあったような気がします。そのワンマンになれた時に、大成をする人が多いです。成功している人ほど、ワンマンでタフに生きるのが1001を持った人なのです。プロ野球から身を引いて、今までのようにワンマンでいられなくなった事が、清原にとっては受け入れ難かったのかもしれません。


ある週刊誌によると夫人との離婚は、ある日家に帰ったら夫人と息子が居なくなり、家を出ていてしまったと報じられています。素質コア1001を持っている人は、ワンマンで外で気を張っているからこそ、プライベートでは「ホッとできる環境」を求めやすい傾向があります。それが、夫人と息子がいる家庭だったのかもしれません。また、息子をすごくかわいがっていたという報道もありましたが、これは3rd025が関係しています。025を持っている人は、この世の中でたった1人でも自分を信じてくれる人がいるならば、生きていける精神性を持っています。息子の存在が、清原に残っていた良心とのバランスを無意識に取っていたと思います。素質コア1001と3rd025を満たす環境が、息子の存在であって、家庭だったと思います。そして、その家族がある日突然家を出て行ってしまったわけですから、清原の精神的なダメージは相当大きかったと推測できるのではないでしょうか。


・タイムコードも影響している

逮捕された日の清原和博のタイムコードは2-6-1、日付が変わる間際を考慮しても2-6-2。タイムコードの一番左の数字はその年を意味していますが、2の年は気力、体力が落ち込みやすく、思い通りに行かない日々で心労は限界に達していたのでしょう。だから、簡単に気持ちを高ぶらせることができる覚せい剤に手を染めてしまったかもしれません。もし、彼の中で引退後もプロ野球のような華やかな世界、そうではなくても自分が一番になれるものが見つかっていたならば、覚せい剤に手を染めることはなかったでしょう。そう思うと残念です。

2016年2月 4日 (木)

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。今日は立春です。旧暦の正月ですから、この挨拶です。実は、今日皆さん重大な日を迎えました。それは何か?今日から今年1年の新たなバイオリズムのスタートが今日です。素質論ではその人が生まれ持っている人生のバイオリズムがあり、今日2月4日は、1年に1度大きく変化する日なのです。このブログを読んでいただいている方だけでなく、日本国民皆さん同じです。中には、今朝起きたらいい意味で「なんか違うぞ!」と感じた方もいるかもしれません(笑)

今年の私は、0から1(積極、実行、行動)の年に変わりました。Universeの数字を組み合わせて、今日の私を数字で表すと4-1-5-1です。

前回のブログで清水エスパルスの小林監督をUniverseの数字を入れて検証しましたが、今回は自分のタイムコードをテーマにして検証してみました。1月3日のブログでは、今年は計画してきた事を実行していく年とも書きましたが、積極的に行動を起こしていもいい時は、積極的にいこうと思います。基本路線は、現状維持に努めていきたいと思います。時には、受け身で自然な流れに身を任せてもいいくらいの気持ちも必要かもしれません。なぜ、このように考えを改めたかと言えばUniverseの4です。

確かに、何かをしたくて、成し遂げたくて、考えてきたことを実行したい気持ちはあるのです。ただ、それは焦りからきているのではないか、若しくは単純に今のままで満足していない気持ちではないのか、それと、タイムコードの数字3,4は「成長」の時でもあります。事を行っていく上で、まだまだ私は人間的に未熟だから、この時を機にもっと成長しなさいと言われているような感じがします。自らが成長するための何かを実行する、成長するために時には自然な流れに身を任せてみる事も重要な事かもしれません。4-1の組み合わせで、わがままも出やすく、ここは自分も要注意しておかないといけないと思ってます。



もし、事が起こっても心の準備ができていれば、しっかりと対応が出来るようになります。このような心の準備をレジネスと言っています。毎年、2月4日を迎えると今年はどんな年になるのかと考えます。素質論を勉強してからは、お参りも2月4日以降にしています(笑)

2016年2月 1日 (月)

検証!エスパルスは1年でJ1昇格できるか?

先日、エスパルスサポーター同士の交流会に参加してきました。交流会でも少しだけ小林監督の今年のバイオリズムを話しました。サポーターの皆様が気にしているのは「エスパルスは1年でJ1に昇格できるか」この1点です。そこで、今回は小林監督のバイオリズムとJ2の全日程を照合させて検証してみました。(検証というより未来予測に近いですが)検証で見えてきた事は、昇格へのポイントは3つあります。今回のブログは、あくまでもこうなるかもしれない、こういう展開が考えられるかもしれないという予測で書いていますので、サラッと読んで下さい。

素質論では、バイオリズムのエネルギーを10分類で表現したものをタイムコードと呼んでいます。今回のテーマはUniverseという大きな流れ、この時期、ある時期の数字も入れておきます。タイムコードは数字で表され、左から順にUniverse、Year、Month、Dayとなっています。これは、その人のその年のその月のその日がどんな日なのかを表しています。企業でも組織のトップである経営者や社長のタイムコードはその組織に影響を与えます。これは、プロスポーツの監督も例外ではありません。前置きはこのくらいにしてポイントになる所を解説していきます。参考までに小林監督のCANCODEも載せ、タイムコードに関しては左からUniverse、Year、Monthの順で表しておきます。

小林伸二: 000-000-888-0001-G-a-g-1-3-7-7(2月28日開幕節)

                          5-3-3-6(8月24日誕生日でUniverseが5)

ポイント① 開幕節から第7節まで

対戦相手を見ますとJ1降格チームと咋シーズンのJ2上位シームとの対戦が多いです。小林監督のタイムコードを見ると(2月は1-3-7、3月は1-3-8)3月は最も調子がいい月でもあります。この時に昇格のライバルになるチームに勝って勢いをつけられるかどうかが最初の関門になりそうです。ここでの勝ちは、勝ち点3以上の価値があると思います。


ポイント② 5月の5試合

私は、おそらくここが1番のターニングポイントになるかと思っています。小林監督の5月のタイムコードは1-3-0。タイムコードで0の年や月、日はターニングポイントとなる出来事が多いのが特徴です。ハッキリと結論が出せなかった事でも、なぜか白黒明確に結論が出てきます。開幕から調子がよかった事はそのまま続けて、悪いものはここでしっかりとピリオドを打っておく事が必要だと思います。未知な部分があるのですが、対戦相手もJ2の中では、力が落ちるチームと対戦が多いので、確実に勝ち点を積み重ねられる時です。もし、開幕から思うように波に乗れなかったとしても、ここで体勢を整えることが出来れば、上位追撃も十分可能です。よくも悪くも今シーズンのターニングポイントになりそうです。


ポイント③ 7月の6試合

この月の小林監督のタイムコードは1-3-2。1年で一番調子が落ちます。また、2のトライアルの月は直感は冴えるのですが、戦術や選手起用が裏目に出やすい時でもあります。季節も夏で、連戦の疲れによる故障者の続出も考えられます。選手間の移籍で主力が引き抜かれてしまう事も考えられ、いい調子できていても、ガクッとチーム力が落ちてしまう事も・・・耐えて勝ち点を上手に拾ってほしいですし、小林監督自身のマネジメント力が問われる月になりそうです。7月は、いい意味で予想が外れてくれることを願っていますし、何事もなかったが一番いいです。


・小林監督の誕生日を境にタイムコードの後押しも大きくなる

小林監督は、8月24日でUniverseが1から5に変わります。5のキーワードは社交、出入、流動、相互作用です。新しい人脈が開拓できる時で、スポーツでは、新しい選手やニューヒーローが誕生しやすい時でもあります。また、移籍した選手が戻ってきてくれたり、故障者が復活して、チームにいい影響をもたらす事も考えられるかもしれません。

小林監督の9月のタイムコードは5-3-4です。4のイノベーションの月と言うのは、成長していく過程の中で変革を求められる時です。監督自身もチーム自身も成長するために、何かを変えていくことが求められている時でもあります。場合によっては、思い切った選手起用も必要な時かもしれません。そして10月(5-3-5)、11月(5-3-6)と続き、選手、チームが成長して結果を残してきた先にJ1昇格が待っているかもしれません。


昇格するためには、まず選手が1試合1試合100%の力を出す事。次に、その1試合のためにチームとして100%の準備をすること。この2つが大前提です。私は、実力だけでしたら、昇格できる確率は30~40%、タイムコードの後押しを受けても50~60%位だと思っています。サポーターの皆様は、気持ち100%で応援してます(笑) 10か月後はサポーターの皆様と一緒にJ1昇格を喜べたらいいなと思います。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »