2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« エスパルスサポーター同士の交流会 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2016年2月 1日 (月)

検証!エスパルスは1年でJ1昇格できるか?

先日、エスパルスサポーター同士の交流会に参加してきました。交流会でも少しだけ小林監督の今年のバイオリズムを話しました。サポーターの皆様が気にしているのは「エスパルスは1年でJ1に昇格できるか」この1点です。そこで、今回は小林監督のバイオリズムとJ2の全日程を照合させて検証してみました。(検証というより未来予測に近いですが)検証で見えてきた事は、昇格へのポイントは3つあります。今回のブログは、あくまでもこうなるかもしれない、こういう展開が考えられるかもしれないという予測で書いていますので、サラッと読んで下さい。

素質論では、バイオリズムのエネルギーを10分類で表現したものをタイムコードと呼んでいます。今回のテーマはUniverseという大きな流れ、この時期、ある時期の数字も入れておきます。タイムコードは数字で表され、左から順にUniverse、Year、Month、Dayとなっています。これは、その人のその年のその月のその日がどんな日なのかを表しています。企業でも組織のトップである経営者や社長のタイムコードはその組織に影響を与えます。これは、プロスポーツの監督も例外ではありません。前置きはこのくらいにしてポイントになる所を解説していきます。参考までに小林監督のCANCODEも載せ、タイムコードに関しては左からUniverse、Year、Monthの順で表しておきます。

小林伸二: 000-000-888-0001-G-a-g-1-3-7-7(2月28日開幕節)

                          5-3-3-6(8月24日誕生日でUniverseが5)

ポイント① 開幕節から第7節まで

対戦相手を見ますとJ1降格チームと咋シーズンのJ2上位シームとの対戦が多いです。小林監督のタイムコードを見ると(2月は1-3-7、3月は1-3-8)3月は最も調子がいい月でもあります。この時に昇格のライバルになるチームに勝って勢いをつけられるかどうかが最初の関門になりそうです。ここでの勝ちは、勝ち点3以上の価値があると思います。


ポイント② 5月の5試合

私は、おそらくここが1番のターニングポイントになるかと思っています。小林監督の5月のタイムコードは1-3-0。タイムコードで0の年や月、日はターニングポイントとなる出来事が多いのが特徴です。ハッキリと結論が出せなかった事でも、なぜか白黒明確に結論が出てきます。開幕から調子がよかった事はそのまま続けて、悪いものはここでしっかりとピリオドを打っておく事が必要だと思います。未知な部分があるのですが、対戦相手もJ2の中では、力が落ちるチームと対戦が多いので、確実に勝ち点を積み重ねられる時です。もし、開幕から思うように波に乗れなかったとしても、ここで体勢を整えることが出来れば、上位追撃も十分可能です。よくも悪くも今シーズンのターニングポイントになりそうです。


ポイント③ 7月の6試合

この月の小林監督のタイムコードは1-3-2。1年で一番調子が落ちます。また、2のトライアルの月は直感は冴えるのですが、戦術や選手起用が裏目に出やすい時でもあります。季節も夏で、連戦の疲れによる故障者の続出も考えられます。選手間の移籍で主力が引き抜かれてしまう事も考えられ、いい調子できていても、ガクッとチーム力が落ちてしまう事も・・・耐えて勝ち点を上手に拾ってほしいですし、小林監督自身のマネジメント力が問われる月になりそうです。7月は、いい意味で予想が外れてくれることを願っていますし、何事もなかったが一番いいです。


・小林監督の誕生日を境にタイムコードの後押しも大きくなる

小林監督は、8月24日でUniverseが1から5に変わります。5のキーワードは社交、出入、流動、相互作用です。新しい人脈が開拓できる時で、スポーツでは、新しい選手やニューヒーローが誕生しやすい時でもあります。また、移籍した選手が戻ってきてくれたり、故障者が復活して、チームにいい影響をもたらす事も考えられるかもしれません。

小林監督の9月のタイムコードは5-3-4です。4のイノベーションの月と言うのは、成長していく過程の中で変革を求められる時です。監督自身もチーム自身も成長するために、何かを変えていくことが求められている時でもあります。場合によっては、思い切った選手起用も必要な時かもしれません。そして10月(5-3-5)、11月(5-3-6)と続き、選手、チームが成長して結果を残してきた先にJ1昇格が待っているかもしれません。


昇格するためには、まず選手が1試合1試合100%の力を出す事。次に、その1試合のためにチームとして100%の準備をすること。この2つが大前提です。私は、実力だけでしたら、昇格できる確率は30~40%、タイムコードの後押しを受けても50~60%位だと思っています。サポーターの皆様は、気持ち100%で応援してます(笑) 10か月後はサポーターの皆様と一緒にJ1昇格を喜べたらいいなと思います。

« エスパルスサポーター同士の交流会 | トップページ | あけましておめでとうございます »

検証」カテゴリの記事

コメント

早速拝読させて頂きました(=^ェ^=)げんた会ではぼんやりと夏場がターニングポイントどの展望を拝聴しましたが、今回はよりブレイクダウンした予測となっており興味深かったです。

エスパルスの昇格確率、客観的にはそんな所でしょう(;´Д`A 先日のU-23日本代表の様に自ら運命を切り拓き勝機を見出す逞しさを戦いながら背備える事が出来るかがポイントになりそうですね(・_・;

げんたさん、僕も夏場がヤマかなと思っていました。夏場はとにかくしぶとく勝ち点を拾ってほしいですね。J2に舞台を移して初めてのシーズンですから、思うようにいかない事もあると思います。シーズンを通してチームが大きな成長を遂げた時、昇格という大きなプレゼントがあると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/237746/63748902

この記事へのトラックバック一覧です: 検証!エスパルスは1年でJ1昇格できるか?:

« エスパルスサポーター同士の交流会 | トップページ | あけましておめでとうございます »