2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月18日 (水)

叱れない親が急増中!

あるSNSで叱れない親が増えているという記事がありました。子供の頃、親から叱られた経験がない人が、親になって我が子を叱る事は、難しく感じるかもしれません。ほとんどの方が、「叱る」ということを「大声を出して怒鳴る」とか「感情的に物事を言う」事と勘違いしています。叱るというのは、その人の方向性を変える、変容を促すのが一番の目的です。叱るだけではなく、時には褒めることも重要です。



・お子様の素質3ベクトルに沿った褒め方、叱り方がある

子育てのアドバイスやカウンセリングをして、よく相談に出てくることが、我が子にどんな事を言っていいのかわからない、どんな言葉がけをしたらやる気やモチベーションが出てくるのか、私にだけ反発してくるなど、これは、親と子供の素質ベクトルの違いによるコミュニケーションギャップから発生しています。例えば、素質ベクトルEの親と素質ベクトルHの子供がいるとしましょう。「本当にあなたは駄目ね!」「あなたじゃ無理!」みたいに結果をだけを見て、子供に言ってしまいますが、素質ベクトルHの子は、結果だけではなくプロセスも見てほしいと思っています。この場合の叱り方としては「あなたがちゃんとやっていたのは知っている」「一緒にやってみようか?」など、そばにいて見守っているというスタイルで接すると愛情が感じられ、子供も親の言葉を受け入れられるようになります。



・ファーストエレメント、セカンドエレメント、サードエレメントも関係している

子供を褒める、叱るにしても様々な状況が考えられると思います。その時々に応じて、どのエレメントにアプローチするかが変わってきます。

①子供のやる気を育てるために褒めたり、叱ったりする場合はファーストエレメント

②子供が自分らしく行動できるように促すために褒めたり、叱ったりする場合はセカンドエレメント

③心を安定させるために褒めたり、叱ったりする場合はサードエレメント




子供を効果的に褒めたり、叱ったりすることによって子供も正しいことを覚え、それが能力の向上や開発にもつながっていきます。こういう時こそ、素質論を活用していい親子関係を築いてください。

2015年11月 8日 (日)

ふもっとぱらで婚活?

Cimg0197


Cimg0200


Cimg0199


残念ながら、人数がそろわなくて婚活にはなりませんでした。せっかく集まっていただいたので、予定を変えて身内で、BBQをしながら異業種交流会みたいな形で行われました。元々は、アウトドアの出店も兼ねたイベントも行われており、婚活のイベント以外でもたくさんの人で賑わっており少し圧倒されました。

・地域によって男女の集まり方が違う

今回のイベントは、ほぼ全員が泊まりでした。こういう時の夜って、少年に戻ったような感じがして妙にワクワクするんですよね。そんな状態だから、皆さん、仕事が終わってきて疲れているはずなのに、寝ない。寝ない(笑) 話題は男女の婚活の話、エク〇○に行ったときの愚痴、男女の価格で一番ベストはいくらかの話などを話していました。一番、私が気になったのは地域によって男女の集まり方が違う事でした。私は、静岡市に住んでおり、中部地域です。自分の経験からですが、例えば、中部地域で婚活パーティーを開くと告知したとします。女性は定員、または定員以上に達する事もあるのですが、男性はなかなか集まりません。今回、このイベントに参加して頂いた男性陣は富士、富士宮、三島で県東部に住んでいます。話を聞くと東部では男性がすぐに定員に達しますが、女性が集まらず、ひどい時は男性の半分以下の時もあったそうです。

・なぜ、このような格差が生まれるのか?

この背景にはいくつか理由があります。分かっている事だけ書きますが、富士、富士宮はいくつかの大きな工場があり、そこに勤めている男性が非常に多く、出会いの場が少ないです。女性は、大学進学、就職、結婚など上京して戻ってきません。沼津、三島、伊豆北部は女性の雇用の場がなく、静岡市へ来たり、上京して戻ってこないケースがあるそうです。

これと逆転現象が起きているのは中部地域です。静岡市を始め、焼津、藤枝、島田もそうですが、中部地域の女性はこの地域から出たくない志向があります。男性は、保守的な面もあり、友達と一緒でないと婚活パーティーに参加しづらかったり、後押しの後押しが必要な男性も多いのが現状です。

・地域間格差をなくすには

これからアイデアも出していくので、どの案がベストかはわかりませんが、一度、実験的にしてみたいのが、男性は東部限定、女性は中部限定にしてみる。同地区で解決できない事は、違う地区を選んで、開催場所は中部、東部の中間地域にしてみる。話し合ってみれば、本当に色々なアイデアが出てくるのではと思います。

昨晩は、皆さんで色々な話で盛り上がってとても初めて会ったとは思えないくらい楽しい夜で充実してました。勿論、参加者全員にCANCODEで、その方のファーストエレメント、セカンドエレメント、サードエレメントの特徴や素質コアなど、また恋愛だったら、こんな女性が見つかると長続きしやすい事まで話しました。皆さん、それぞれ納得したようです。

2015年11月 3日 (火)

ブログを更新する理由

ブログは毎日書かなければダメ!みたいな事を言われた事もありました。毎日は無理でも定期的に話題は提供していこう!という思いはありました。

最近は、読んでくれる方が増えてるのが、励みになっていて続ける原動力にもなっています。第2回目のブログでも書きましたが、素質論=占い、これを変えたい。いまだに言われてるんですね。それは私たちの資格者の問題でもあるかもしれません。基礎理論講座も各ネットワークビジネスの会社の有名ディストリビューターや上位ディストリビュータの1つの金儲け手段になっているケースもしばしばで、そのような受講生は、素質論を全く活用できないままで、実に勿体ないなと実感したこともありました。


私は、教えるだけでなくもっと素質論を活用してもらいたい。そんな思いもあります。

・目指すは素質論のNUMBER化

このブログで自分しか書けない事を書いていこうと始めました。ところで、皆さんは、スポーツ雑誌「NUMBER」を知っていますか?スポーツ好きな方、観戦する方は知っていると思います。私もNUMBERは大好きで購読しますが、NUMBERの魅力は、読者を惹きつけるような文章のタッチや出だし、タイトル決め。そして、取材や調査、分析に基づいた読み応えのある文章です。もう少し女性にも読んでもらえるような努力もしていかなければなりません。努力をしてもこのブログには、ランチやディナー、食後のデザートの写真が載ることはないと思ってください(笑)



まだまだな部分がありますが、ブログを更新していくことを継続していこうと思います

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »