2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

素質論と精神分析学の融合④

精神分析学の中で、素質論と融合できるのは「性格構造論」です。

性格構造論は人間の性格・心的な世界はエス(イド)、自我(エゴ)、超自我(スーパーエゴ)の3層で構成されているとする考え方です。エス、エゴ、スーパーエゴについて簡単に説明します。


エス・・・エス(イド)は、原始的自我。無意識の外にある「それ」という意味で、無意識的なものの代表格「~がしたい」「~が欲しい」といった欲求衝動の解放だけを求めるために、エスは「本能衝動の座」とも呼ばれている。エスは無意識の中にあることが多い。


自我・・・心の中心領域で外界と接触し、知覚、思考、判断、学習、記憶などの現実的思考(二次過程)が機能する(外界を的確に把握し現実に適応する領域)外界とエスとの仲介をしてパーソナリティーを統合する役割であることから「知性の座」とも呼ばれる。


超自我・・・乳児期の両親のしつけや社会的規範が内在化されてできる領域 「~してはいけない」「~しなくてはならない」といわゆる「良心」である。自我に対して、道徳的判断を下す(自我が道徳的なことをしているかどうかを監視)部分である。


自我がエスのパワーをコントロールして、その自我を超自我が監視しているような図式になります。エスと自我の戦いは必ずしも自我が勝つとは限りません。エスは、原始的自我と呼ばれるだけあって、とても根強いものです。自我が押され気味になり、そこに超自我が加勢してくるために、自我と超自我が協力した結果、エスを押さえることが出来るわけです。3種のパワーのバランス感がフロイトの「力動論」なのです。

エスが一番強くなると・・・社会的に未成熟な身勝手な人になります

自我が強くなると・・・とても我の強い人になり、周りの人からは嫌われてしまいがち

超自我が強くなると・・・道徳的な面が強く、些細なことも許されない頭の硬い人になりがち


エス(イド)は素質コアで言うと、1,2,3,4,5番帯に多いですね。スーパーエゴで押さえつけられているのは7,8,9,0番帯を持つ素質コアに多いです。5,6番帯はありのままが多いです。5番帯はエスの方にあるのですが、ありのままといのうがエスかスーパーエゴなのかがわからないのです。職業にも関係しているのですが、エスが強い方の素質コアの人は、自営業だったり、中小企業でエース級で活躍している人が多く、スーパーエゴが強い方の素質コアの人は、大手企業、公務員など、組織の中で活躍している人が多いように感じます。



ぜひ、皆さんの周りの人たちの素質コアを調べてみてください。

2015年2月19日 (木)

素質論と精神分析学の融合③

前回では、防衛機制と防衛機制との種類について書きました。

防衛機制については、前回のブログで書きましたが、簡単に言えば「逃げ」であって、言い訳にもつながります。それは心がつぶれないようにするための心理的な働きなのです。

今回は、防衛機制の中で、最も素質の傾向が出やすいものについて書こうと思います。例えば、「仕事の中で、あなたはミスをしたとします。しかし、そのミスはあなたに過失はありません。ですが、上司に説明しなければならないとき、何と言ってそのミスを説明しますか?

この時、働く防衛機制は「合理化」です。実は、この合理化は素質ベクトルによって大きく分かれます。

ベクトルH・・・一般常識やモラルに逃げようとする

ベクトルE・・・こう言ったじゃないか、こう言っただろ

ベクトルA・・・今の~じゃあしょうがない。あくまでも自分の適用外、想定外、自分のせいにできない傾向が強い。


ある素質ベクトルにだけ多い防衛機制もあります。ベクトルHは反動形成が多いです。皆さんの周りのベクトルHの方を思い出して下さい。いつもにこにこしていて、温かい雰囲気を持った方が多いと思います。ですが、怒りたい時であっても、「怒る」という欲求が行動になってしまわないように、それと正反対のことをしている時もあります。


これらの防衛機制が働いたときは、その人が言う事も心理を理解することも大事ですが、一番は、受け入れる事だと思います。そのような対応を取ることで防衛機制をさせないで済む事もあります。皆さんも、よくその人が言う「言い訳」を聞いてみて下さい。その内容によっては、素質ベクトルを見極める一つの方法でもあります。参考にしてみて下さい。

2015年2月17日 (火)

素質論と精神分析学の融合②

本日も素質論と精神分析学の融合について書こうと思います。

精神分析学の中に防衛機制というのがあります。防衛機制とは、不安や抑うつ、罪悪感、恥などの不快な感情の体験を避けることによって、心理的な安定を保つために様々な心理的作用のことです。防衛機制には次の種類があります。

①成熟した防衛(抑制、昇華)

抑制・・・不安や苦痛の原因となる欲求や感情などを無意識の中に抑え込むこと

昇華・・・直接的に表現すると不都合が生ずる欲求や感情を社会的に認められた形で表現すること

そのほかで愛他主義などがあります。


②神経症的防衛(知性化、反動形成、合理化)

知性化・・・抑圧されている欲求や感情を知的に客観化すること

反動形成・・・ある欲求が行動化されないように、それと正反対のことをすること

合理化・・・自分の失敗を認められず、何らかの口実を作るなどして正当化すること

そのほかに隔離、抑圧、置き換え、解離など


③心象歪曲的防衛(同一化)

同一化・・・自分がある対象と似てくるようになること

そのほかに理想化、分裂、価値引き下げなど


④未熟な防衛(投影)

投影・・・抑圧された感情や欲求を他人ものとみなすこと

そのほかに受動攻撃性、行動化、空想など


⑤精神病的防衛(否認)

否認・・・外的な現実を拒絶して、不快な体験を認めないようにすること



このように防衛機制だけでも5種類あるのですが、実は、素質別に大きく分けられます。それは次回にします

2015年2月10日 (火)

素質論と精神分析学の融合①

今回から、素質論と心理学の融合について書いていこうと思います。心理学にも、色々なジャンルがあります。とても全部はまかない切れませんので、日常生活の中でも取り入れやすいもの、かつ理解しやすいものをピックアップしていきます。

まず、「心理学」という言葉を聞くと、大半の方は、心の深層を読み解くものであるというイメージを持っています。それらの方が思っている心理学というのは、フロイトやユングの精神分析学の、ほんの一部分であることが多いです。心理学は「人間の行動についての科学」であり、人の脳波の分析や流行、世論調査など社会現象にまで広がっているものなのです。今回のタイトルにある精神分析学はあくまでも心理学の一分野にすぎません。


精神分析学は、ユダヤ人である神経病の開業医であったジークムント・フロイトによって創始された心理学です。フロイトは、患者を観察していくことで、「ヒステリーの研究」を通して「無意識」を発見し、精神障害の原因は、その人自身の心にあるということを「心の科学」である心理学に持ち込みました。


では、素質論と精神分析学はどのように融合できるか考えていきます。

素質論CANCODEの読み込みにも精神分析学で当てはめていくことが出来ます。各タイプの場面毎の精神性を理解する時に、意識、前意識、無意識の違いが見られることが多いです。意識、前意識、無意識の違いについて説明します。


意識・・・ 今、この瞬間に自覚している心の働き。例えば、自分の特徴について「このような面はありますか?」と聞いて、「ありますよ」と、本人が十分に自覚しているケース。


前意識・・・ 今は、意識できないが、思い出そうとすれば意識できる心の働き。自分の特徴について「このような面はありますか?」と聞いて、初めは「どうだろう?そんな面はないように思うけれど」と言っていたが、事例を挙げて話すと「あ!それならわかる。ありますよ」と過去の記憶から手繰り寄せることができるケース。


無意識・・・ 本人が意識できない心の働き。自分の特徴について「このような面はありますか?」と聞いて、「それはないと思います」と否定するが、周りの人に聞いてみると「○○さんは気づいていないかもしれないですけど、よく目にしますよ」と、周りは気づいても本人は気づいていないケースや周りも本人も気づいていないケース。


このように意識、前意識、無意識という3つの精神分析学の視点を融合することによって、クライエントでさえ、気づいていない心の奥の声に耳を傾けることができるようになります。また、自分自身の無意識の領域については、ご家族、ご友人など、あなたのことをよく知っている方に聞いてみて下さい。初めは抵抗してしまうかもしれませんが、新しい自己の発見にも繋がります。ぜひ快く受け入れてください。   

2015年2月 5日 (木)

いつ変わる?

タイムコードの話をしていると、必ず聞かれることは「月のタイムコードはいつ変わるのですか?」と聞かれます。聞かなくても暗黙の了解で勝手に毎月の1日で変わると思い込んでいる人もいます。毎月1日で変わると思った方、答えは違います。

タイムコードの月間のエネルギーが変わる日は、毎月決まっております。これを節日と呼んでいます。また、昨日2月4日のように大きくエネルギーが変わる日を節入日と呼んでいます。人が生まれながらに持っているバイオリズムは、旧暦が大きく関係しています。旧暦は月の周期で計算されていて、その月の周期は約29.5日です。旧暦カレンダーを見ると、理解いただけるのですが、旧暦には小の月と大の月があり、小の月は29日、大の月は30日としています。これを新暦で考えていけば、おのずといつ変わるのかが予測できるわけです。新暦の3月の節日は6日、4月は5日が節日になります。ここからは、毎月5,6日に節日を迎えることになります。



ぜひ、この見方は参考にしていただければと思います。

2015年2月 4日 (水)

あけましておめでとうございます

ようやく新しい年が始まりました。「ようやく」という言葉が出てしまうのは、1年が長く感じましたからです。実は、今日は、年に1度大きくバイオリズムが変わる日です。素質論を知っている方だけではなく、ブログを読んでいる皆さんもです! 


旧年の私の年のタイムコードは9(サミングアップ)。この年の傾向は、過去の事が気になり、思い悩むことが多くなる。精神的にスッキリせず迷いが生じやすい。様々な事を整理し、リストラして前に進むときでした。こういう状態なので、みんなと一緒にいるよりかは、一人で物事を考えたりしていた時が多かったように思います。タイムコードを知っていたので、10代、20代の時のサミングアップの年よりは、上手く過ごせました。10代の時は、自殺願望がありました。20代の時は会社を辞めたりもしました。今、考えるとタイムコードに翻弄され、自分がすべき事、心がけるべき事をしていなかったので、流れに逆らってしまったのだと思います。


気になる今年ですが、今日で9から0(アナリシス)へ。この年のキーワードは「研究」「準備」「反省」「結実」サミングアップの時より、幾分か気分はいいのですが、まだ行動に移す時ではないように感じます。昨年の苦しいシーズンを上手に乗り切ったことによって、自分に自信がついてきました。しかし、自信を持ちすぎてしまえば、楽観的になってしまい思わぬミスで足元をすくわれることにつながります。常に気を引き締めて事に当たることを心がけていきたいです。もう1年、外に出ることよりも内面を磨くようにしていこうと思います。だからと言って、全く外に出ないわけではないので、異業種交流会等で見かけたら声をかけて下さい(笑)去年より多分明るいですよ(笑) もし、タイムコードを知りたい方がいましたら、合わせて生年月日も教えていただければと思います。



恋愛も昨年同様、不用意な誘いや誘惑には気をつけなければいけませんね。今年は精神修行だと思って1年を過ごす方がよさそうです。 

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »